そまびと さん プロフィール

  •  
そまびとさん: 信州原村杣人の会
ハンドル名そまびと さん
ブログタイトル信州原村杣人の会
ブログURLhttp://somabito.sblo.jp/
サイト紹介文八ヶ岳西麓原村を拠点とする移住者を中心とした里山保全を目的とする杣人の会のブログです。
自由文移住者など薪ストーブユーザーのご参加をお待ちしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 125日(平均2.6回/週) - 参加 2018/02/21 09:43

そまびと さんのブログ記事

  • クルミを食べたのは誰だ?
  • 深山フィールドの薪棚の下に食べかけのクルミが散乱していましたコッソリ食べたのは誰だ? カラスの仕業? それともリス?クルミが好きなのは、人間だけではないんですねあとから、赤ネズミの仕業と判明しました。田舎の暮らしは楽しい。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ドングリハウスが雑草ハウスに
  • 「ドングリの苗が順調に育ち、看板も設置して応援していましたが、いつも間にやら雑草が繁茂して『雑草ハウス』になってしまいました。これではいけないと草取りをしました。炎天下のつらい作業でしたが、何とかドングリの苗が姿を現しました。」杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ウッドチップ
  • 杣人の作業現場です。木を切ると大きい物は薪にしますが、写真のように薪にならない枝がたくさん出ます。これを機械で細かく粉砕します。 これがウッドチップです。ウッドチップは畑にまいて肥料にしたり、庭の小道にまいて雑草除けにしたりします。元々は木なのでしばらくすると土に還ります。杣人の会はドングリで芽を出させるところから土に還すまで木の一生につきあいます。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ [続きを読む]
  • 杣人ハウスの設置
  • 念願の杣人ハウスを設置しました。11トンのクレーン車からあらかじめ準備した角材と鉄パイプにユニットハウスを下ろし、いよいよ作業開始です。数十センチメートル移動し、角材と鉄パイプを前方に移し、線路の上を動かすようにジリジリと目的地に向かっていきます。途中、向きを変えたりしながらついに予定した場所に到達。そしてジャッキを使い土台に載せ、水平もキッチリ取りました。これからは安全教室などに広く活用していきま [続きを読む]
  • 杣人の会の新しいパンフレットが完成しました
  • 杣人の会の新しいパンフレットが完成しました。私たちの会の目指すことやこれまでの活動内容が記載されています。公共機関、店舗、観光案内所等に置いてありますのでぜひお手に取ってご覧ください。一緒に活動を希望される方の入会申込書や薪の注文書なども封入されています。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • クルミの花
  • クルミの花の絨毯・・・・・虫ではありません。原村にはクルミがたくさんありますがほとんどはオニグルミです。昔はよく食べていたようですが、ヨーロッパから来たカシグルミに比べると小さくて剥き辛いので最近では地面に転がったまま放置されている実を時々見かけます。写真のように綺麗な花ではありませんが山の中の自然に生えてきた木にたくさん咲いているのを見ると結構感動します。クルミの実にはα-リノレン酸がたくさん含 [続きを読む]
  • セキレイの求愛ダンス
  • 深山フィールドに行くと、薪置き場で賑やかな鳥の声。見ると、セキレイが盛んに求愛ダンスを踊っていました。上ですましているのがメスで、すぐ下の動きが激しくてブレて写っているのがオスだと思います。数分後、話がまとまったようで二羽仲良く飛んで行きました。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ひまわり
  • 深山フィールドのズームライン沿いに270本余りのヒマワリの苗を植えました。大輪のヒマワリの花が咲くのを想像しながら、土手の雑草取りや肥料やり、汐(せんぎ)から水を汲み上げ、水やりをしました。夏が楽しみです。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ドングリの芽
  • 昨日見たらドングリが順調に大きく育っていました。杣人の会では間伐だけでなく植林も手がけています。八ヶ岳は縄文時代の首都で原村にもたくさんの遺跡がありますが、このドングリも阿久遺跡という大きな遺跡から採取したものです。縄文人が食べていたドングリの子孫かも知れないと思うと楽しいです。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • こごみ
  • 標高1500M辺りで見つけました。たぶんコゴミだと思うのですが、自信が無いので写真に撮るだけにしました。田舎で暮らしていると山菜が手軽に手に入りますが知識がないと少し怖い。ニラと水仙の葉を間違えて食べて亡くなった方もいらっしゃるし、行者ニンニクとスズランの葉もそっくりです。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • たらの芽
  • 一週間ほど前の写真ですが、庭に生えてきたたらの芽です。移住して来る前は、旅行先での天ぷらになった物しか知りませんでしたが、庭にあるとげとげの棒のてっぺんにあるものがたらの芽とはビックリでした。同じ木から二度収穫したら枯れるとご近所さんに言われましたが、収穫してもしなくても数年で枯れてしまいます。が、すぐに新しい木があちこちに生えてきますので我が家の庭は常時とげとげの棒が何本もあります。毎年数本は収 [続きを読む]
  • 長野県元気づくり支援金
  • 「杣人の会は昨年度、『木障をなくして美しい里山を作る』活動で長野県の元気づくり支援金を申請し、交付を受けることができました。支援金を活用して多くの機器類を調達することができたことで活動の幅も大きく広がりましたが残された課題も多くあるために今年度も支援金の申請を行いました。その結果、4月25日付で交付の内示を受けることができました。今後、提出された申請内容を精査して改めて申請書を提出し、交付決定が承認 [続きを読む]
  • 梅の花が咲き始めました
  • 植えて7年になる梅がたくさん花をつけてくれました。お隣では桜が満開ですが、この地では梅も桜も桃もコブシも一度に咲くので面白いです。標高が高いと果物の実がならないと言われていますが、昨年我が家の梅は1つだけ実をつけてくれましたので、今年はもっと期待出来そうです。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 薪 リョウブ
  • ツルツルした幹なので諏訪地方ではサルスベリと言われていますが、正式名称はリョウブです。この木を初めて見たのは御柱の時でした。 この木を御柱を動かしたり向きを変えたりする時の梃子としてよく使われています。https://ja.wikipedia.org/wiki/リョウブウィキペディアによれば昔は飢饉のときの救荒植物として利用されたと書いてあります。救荒植物(きゅうこうしょくぶつ)とは、飢饉、戦争その他で食料が不足した時に、それ [続きを読む]
  • 4月のなごり雪
  • 杣人の会は4月から新しい会員が9名増えました。薪割りも急ピッチで実施中で注文の多い雑木も割り始めました。今日は朝から雪交じりの天気で作業はお休みで深山フィールドはひっそりとしています。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 薪 ミズキ
  • これなんた゛か分かりますか?先月切った「ミス゛キ」の切り株て゛す。最初は透明た゛ったのて゛すか゛、なせ゛か鮮やかなオレンシ゛色の樹液に変わっていきます。ちょっとヒ゛ックリします。「木の切り傷から血か゛流れていた」という人もいます。触ってみると結構硬く、スライムのように柔らかくはありません。水分を吸い上け゛る力の強い木て゛す。水をと゛んと゛ん吸い上け゛るのて゛、栄養を含んた゛樹液溢れ出ます。切ると水 [続きを読む]
  • ふきのとう
  • 昔は蕗と言えばスーパーに並んでいる一種類しか知りませんでしたが、移住してきたら庭に小さな蕗がたくさん生えていました。山蕗または野蕗というもので、キャラブキにしたりします。 昨日ふきのとうが芽を出しましたので早速お味噌汁に入れていただきました。香りが強くてとても美味しいです。原村のあちこちで、もっと大きな蕗を見かけますが、あれは水蕗というものだと教えて貰いました。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 雪割草
  • 庭にはまだあちこちに雪が残っていますが、落葉の間から雪割草が顔を出しました。冬はマイナス20度にもなるのに寒いのが大好きな雪割草は今年も元気で冬を越してくれました。次に顔を出すのは、ふきのとうかな?各地で桜が満開のようですが、ここ八ヶ岳では桜はまだ一ヶ月くらい先になると思います。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 薪 シラカバ
  • 都会にいる時には旅先で白樺を見かけると感動したものでしたが、移住してきて驚いたのが、白樺は良い薪として活用されているということでした。 あんな綺麗な木を燃やすなんてもったいないような気がしますが、意外にやっかいな木なので間伐の対象にされることが多いです。●根が浅く倒れやすい。●樹液が甘くカミキリムシなどが幹に入り込んで、幹が腐ることがある。●成長が早いのですぐ大きくなる。●乾燥しやすく燃えやすい。 [続きを読む]
  • 薪ストーブ 山口家
  • 昔から薪ストーブは憧れでした。家の中で木を燃やすというのは都会では考えられません。炎を見ているとすごく安らぎます。火が消えた様に寂しいというのは薪ストーブユーザーの発想だろうかという気がしてきます。だからという訳だけでもないのですが、我が家では真夏の数週間を除いて一年中薪を焚いています。ストーブはアメリカのダッチウエストというブランドです。オシャレというより実質本位のようなストーブで、必ず上に何か [続きを読む]
  • 深山フィールドがよみがえりました
  • 冬の凍み上がりや融雪で、我々の作業場の深山フィールドはぬかるみ、車両も入れない状態でした。このため先日、会員総出でチップを撒いて補修しました。これで何とか車両の出入りも可能となりました。材の搬入や薪割り作業を本格化させることができます。杣人の会にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]