メカ好きおじさん さん プロフィール

  •  
メカ好きおじさんさん: 初心者向けレザークラフト講座
ハンドル名メカ好きおじさん さん
ブログタイトル初心者向けレザークラフト講座
ブログURLhttp://greenleaf.ddo.jp/wp/leathercraft/
サイト紹介文レザークラフト初心者でもわかりやすいように、無料型紙や詳細な作り方のを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 76日(平均1.2回/週) - 参加 2018/02/22 01:16

メカ好きおじさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • まっかなミニサイズのランドセルを作ってみた
  • 手のひらにのる高さ10cnほどのミニ・ランドセルです。前回は黒のコードバンでしたが、今度は真っ赤な牛革で作りました。背中にはクッションを入れた白いピッグスエードを使いフワフワにしています。 この前はちゃんとした型紙を起こさずに現物合わせでしたが、今回は型紙を作って複数同時製作可能に。作りやすく一部を改良していますが、金具はどれも本格的なものを使用。 肩ベルトの内側にも白い保護革を貼ってあります。 かぶせ [続きを読む]
  • コードバンでミニチュア・ランドセルを作ってみた
  • ずっと前から作ってみたかったレザークラフト小物の「ミニ・ランドセル」少し前に革ベスト型のキーケースを作ってみて、今までのように財布やスマホケース、パスケースなどの実用品ばかりでないモノの制作も面白いなと思ってきました。ネットで「ミニチュア ランドセル」と検索してみると大きく二種類のサイトがヒットします。一つは実際に6年間使われていたモノを卒業を期にミニチュア加工する業者さんのサイト。もう一つは個人 [続きを読む]
  • 革ベストへのワッペンの縫い方
  • ハーレー乗りの全国的なイベント、「ブルースカイヘブン」でカドヤの革ベストを買ってからずっと、ワッペンを貼ろう貼ろうと思いながらなかなか出来ないでいましたが、せっかくの休みの土曜日なのに天気も悪くてハーレーにも乗れないので、この機会にようやく重い腰を上げて縫う事にしました。完成予定はこんなイメージです。H.O.G.のマイレージワッペンやブルスカワッペンは今後も増える予定です。 ワッペンの付け方ですが、ジー [続きを読む]
  • ノブスターは優れもの
  • レーシングポニーを作った時に使った「ノブスター」についてです。 「こんなモノはもう知ってるよ」という方はスルーしてください。革を挟む強さを調節するのにボルトを締めて行うのですが、いちいちレンチを使って締めたり緩めたりするのは不便です。そんなケースはいろいろな場面にあって、手でボルトやネジやビスを締めたり出来るようにしたものがいくつかあります。日常生活の中では、オフィス用の椅子の高さを調整するのに、 [続きを読む]
  • 自作したレーシングポニーの図面
  • 実はこのレーシングポニーを作ってからもう9年近く経ちますが、いまだに「レーシングポニーの作り方」や「スティッチングポニーの自作」で検索から来られる方が多いので驚いています。 以前の記事では写真の中にサイズを書いたり材料費などの目安も載せましたが、もう少しわかりやすい「図面」があったほうがいいかなと思って作りました。同じもののよりきれいなPDFデータは、下のところからダウンロード出来ます。  ↓コチラ作 [続きを読む]
  • レーシングポニーの一部改良と各サイズを表示(図面)
  • 先日作った「レーシングポニー」この前、初めてベルトポーチを作った時に使ってみて、ちょっとだけ気になった点があったので改良してみました。それは「革を挟む部分の幅が狭い」って事。 まあ、仕方ないって言えばそれまでですが、実はこの木材、ホームセンターの端材コーナーで1本10円で買ったもの。サイズは最初から決まっていて、幅40mmと細めでした。使う前からなんとなく「狭いだろうな」と思いつつ、作品を挟んで縫ってみ [続きを読む]
  • 革の手縫い用レーシングポニーの自作・作り方〜図面へリンクあり
  • 工具セットを買ってからなぜかそれだけで満足してしまって、実際の作品づくりにはちっとも着手していませんでした。これではイカン!と一念発起。本格的にレザークラフトを始めるつもりで、さてさてほかの人はどんな風に作っているのか調べようと主って、いろんな人のブログを見ていたらみなさん手縫いをする時に「レーシングポニー」という道具を使っているようです。革の手縫いは素材の革を体の正面に持ってきて、2本の糸で両手 [続きを読む]
  • レザークラフト作品第一号!制作工程(2)
  • いよいよ手縫いの始まりです。糸の長さは縫う場所の長さの4倍程度に、2本の針に通す15cm×2くらいが必要です。針と糸の処理は普通の裁縫のと異なります。一度針の穴に通した糸に、もういちど針を刺し、これを引いてよじって片側の出来上がりです。同じように、糸のもう一方の端にも針を刺して処理しておきます。 ここで前回紹介した、「自作レーシングポニー」の出番です。革の手縫いは左右から2本の糸を交互にくぐらせ、両手で [続きを読む]
  • レザークラフト作品第一号!制作工程(1)
  • いよいよレザークラフトを始めてみました。はじめに完成した作品をご覧ください。初めて作った作品としてはまずまず満足です。先日買った「革手縫い工具セット」に付いてきた「初心者キット」にトライしてみました。これは、1.6?厚のサドルレザー(300×150?)と、これを使って作れる型紙・解説書付きです。「カードケース横型」「 同 縦型」「ペンケース」「ベルトポーチ」の中から一つ選んで作れるのです。私は、バイクでも [続きを読む]
  • レザークラフトの材料購入
  • 先日の休みの日に、大きなクラフトショップでレザークラフトの材料を買ってきました。2.0mm厚のタンロー、30cm×90cmとコンチョ、ホック、そしてフェルトです。あとは角材(端材なので5円、10円です)と金具革って高いですね。自分で好きなデザイン、好きなサイズのものが手に入るし、何より「作る」という楽しみが大きいですけど、モノによっては完成品を買った方が安いこともありそうですね。(パソコンの自作も同じで、昔は自作 [続きを読む]
  • レザークラフトの工具セット購入
  • 最初にやったレザークラフトは30年前に革と革ヒモで編んで作った小物入れです。最近もバイク用小物を作っていますが、そのほとんどが革というよりフェイクレザーを使ったものです。でも、大物や耐久性のあるものを作ろうとするとどうしても革を扱う必要があります。今までは、カッターと穴あけポンチだけで、革ヒモで編んだり、普通の針でポリエステル糸を編んだりしてなんとかやってきましたが、どうせなら本格的にレザークラフト [続きを読む]
  • 過去の記事 …