綜次郎 さん プロフィール

  •  
綜次郎さん: 綜次郎の書評ブログ
ハンドル名綜次郎 さん
ブログタイトル綜次郎の書評ブログ
ブログURLhttp://mystery1.hatenablog.com/
サイト紹介文ミステリ小説やラノベ、マンガ(主にジャンプ)ゲームの感想がメインです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 272日(平均3.6回/週) - 参加 2018/02/22 17:15

綜次郎 さんのブログ記事

  • 時計館の殺人 の感想
  • (上) (講談社文庫)" title="時計館の殺人(上) (講談社文庫)">時計館の殺人(上) (講談社文庫)作者: 綾辻行人出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/06/15メディア: 文庫この商品を含むブログ (14件) を見る(下) (講談社文庫)" title="時計館の殺人(下) (講談社文庫)">時計館の殺人(下) (講談社文庫)作者: 綾辻行人出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/06/15メディア: 文庫 : 1回この商品を含むブログ (10件) を見る時計館の [続きを読む]
  • ひきだしにテラリウム
  • ひきだしにテラリウム作者: 九井諒子出版社/メーカー: イースト・プレス発売日: 2013/03/16メディア: コミック購入: 1人 : 46回この商品を含むブログ (69件) を見るひきだしにテラリウム九鬼諒子全体的にシュールな笑いになっていて、私は設定や着眼点が好みではあるが話のオチや展開が気に入らない作品が多かったのですね。人をかなり選ぶようではあるようです。良くも悪くも特に気になった話の感想を少し書いていきます [続きを読む]
  • 続・終物語
  • 続・終物語 (講談社BOX)作者: 西尾維新,VOFAN出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/09/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (27件) を見る続・終物語西尾維新吸血鬼もどきになった主人公、阿良々木暦(あららぎ こよみ)が怪異(かいい)と呼ばれる存在に取り憑かれた少女たちを助けていく物語。「こよみリバース」のみ収録の巻になっています作中、ゆるい企画、という指摘は作者の自信のなさの現れなのかな?と最 [続きを読む]
  • 終物語(下)
  • 終物語 (下) (講談社BOX)作者: 西尾維新,VOFAN出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/04/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (30件) を見る終物語(下)西尾維新吸血鬼もどきになった主人公、阿良々木暦(あららぎ こよみ)が怪異(かいい)と呼ばれる存在に取り憑かれた少女たちを助けていく物語以下ネタバレですまず八九寺真宵(はちくじまよい)がメインの「まよいヘル」序盤、地獄の説明が入ったのが良かったですね「いや、あるじ [続きを読む]
  • 終物語(中)
  • 終物語 中 (講談社BOX)作者: 西尾維新,VOFAN出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/01/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (31件) を見る終物語(中)西尾維新吸血鬼もどきになった主人公、阿良々木暦(あららぎ こよみ)が怪異(かいい)と呼ばれる存在に取り憑かれた少女たちを助けていく物語この巻は「しのぶメイル」のみ収録された長編になっています。ざっと感想をいくつか述べていくと阿良々木暦が扇氏に長い話になるぜ、との [続きを読む]
  • 終物語(上)
  • 終物語 (上) (講談社BOX)作者: 西尾維新,VOFAN出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/10/22メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る終物語(上)西尾維新吸血鬼もどきになった主人公、阿良々木暦(あららぎ こよみ)が怪異(かいい)と呼ばれる存在に取り憑かれた少女たちを助けていく物語。忍野扇(おしの おうぎ)老倉育(おいくら そだち)登場回以下ネタバレありです第1話「おうぎフォーミュラ」不快指数が高めの、い [続きを読む]
  • 化物語
  • 化物語(上) (講談社BOX)作者: 西尾維新,VOFAN出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/11/01メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 37人 : 625回この商品を含むブログ (733件) を見る化物語(下) (講談社BOX)作者: 西尾維新,VOFAN出版社/メーカー: 講談社発売日: 2006/12/04メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 34人 : 167回この商品を含むブログ (552件) を見る化物語(上)(下)西尾維新吸血鬼もどきになった主人公 [続きを読む]
  • Another を読破
  • Another (上) Another (角川文庫)作者: 綾辻行人出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2012/09/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るAnother(下) (角川文庫)作者: 綾辻行人出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2011/11/25メディア: 文庫購入: 3人 : 15回この商品を含むブログ (56件) を見るAnother綾辻行人主人公榊原恒一(さかきばら こういち) は病気療養の為、亡くなった母の実家に身を寄せる [続きを読む]
  • シャム双子の謎
  • シャム双子の秘密 (角川文庫)作者: エラリー・クイーン,越前敏弥,北田絵里子出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2014/10/25メディア: 文庫この商品を含むブログ (7件) を見るシャム双子の謎(シャム双生児の秘密 やシャム双子の秘密 などのタイトルでも出ています)エラリー・クイーン作者と同名の主人公、エラリーを探偵とする国名シリーズの第7弾です。版元によって題名が少し変わっていますエラリーとその父であるクイー [続きを読む]
  • #姑獲鳥の夏 を読破 #京極夏彦
  • 姑獲鳥の夏京極夏彦戦後間もない頃を舞台としたシリーズ。20ヶ月も身ごもった女性、そして密室の中失踪したその夫の謎を解くため、京極堂が動くおそらくミステリの出来そのものはあまり高くはないとはおもわれるですが、この作品はそんなことを気にするような物語ではそもそもないのでしょう。このシリーズ最大のウリである、京極堂の脱線に次ぐ脱線、薀蓄からの薀蓄、これを楽しめるかどうかでしょうね。私が好きな京極堂の講釈は [続きを読む]
  • ミス・マープルと十三の謎
  • ミス・マープルと十三の謎 (創元推理文庫 105-8)作者: アガサ・クリスティ,高見沢潤子出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1960/05/06メディア: 文庫購入: 1人 : 11回この商品を含むブログ (7件) を見るミス・マープルと十三の謎アガサ・クリスティアガサ・クリスティの代表作の一つ、ミス・マープルものの第1作になります。イギリスの片田舎で平穏無事に過ごしているミス・マープルの元へ、様々な経歴の人々が毎週集まり [続きを読む]
  • 若い読者のための世界史
  • 若い読者のための世界史(上) - 原始から現代まで (中公文庫)作者: エルンスト・H・ゴンブリッチ,中山典夫出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2012/04/21メディア: 文庫 : 8回この商品を含むブログ (15件) を見る若い読者のための世界史(下) - 原始から現代まで (中公文庫)作者: エルンスト・H・ゴンブリッチ,中山典夫出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2012/04/21メディア: 文庫この商品を含むブログ (10件) [続きを読む]
  • 夜よ鼠たちのために
  • 夜よ鼠たちのために (宝島社文庫)作者: 連城三紀彦出版社/メーカー: 宝島社発売日: 2014/09/04メディア: 文庫この商品を含むブログ (9件) を見る連城三紀彦夜よ鼠たちのために特徴 ・どんでん返し系短編集 ・ミステリが好きな人以外では少 し人を選ぶアクロバティックな展開の作品ばかりを集めたミステリ短編集です。短編ゆえに強引な展開や無理があるとしか思えない設定もなかにはありますが、そういうものとして受 [続きを読む]
  • 戦略の不条理
  • 戦略の不条理?なぜ合理的な行動は失敗するのか? (光文社新書)作者: 菊澤研宗出版社/メーカー: 光文社発売日: 2014/07/11メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る戦略の不条理菊澤研宗(きくざわ けんしゅう)/光文社新書軍事戦略を経営戦略に取り入れろ、という比較的よくあるタイプの著書ではあります。ただこの著者の防衛大学校や慶應義塾大学商学部で教鞭をとっていたという経歴は、他の凡百のコンサル本とは一線を画してい [続きを読む]
  • 青春バスケ漫画、フープメン を読破
  • ?少年ジャンプ作品の中で、短期打ち切りでありながらも評価が高いフープメンを読みました。確かに構成力が高くて、話に入りやすかったです。主人公が語学力をいかし周囲とのコミュニケーションを図りながら自分のバスケの実力を向上させていく展開は、従来のジャンプ作品にはあまりなさそうでもあり、単行本全2巻で終わってしまったのは残念に感じられました。ただ短期打ち切りになる理由も感じられましたね?まず話及び絵柄とも [続きを読む]
  • 真実の10メートル手前 米澤穂信
  • 真実の10メートル手前米澤穂信特徴・太刀洗万智を主人公にした短編集 ・後味が......この作品、はっきり言って米澤作品の中では決して傑作ではないが、かと言って駄作とも言えない、敢えて言うならファンなら買い、という作品です『さよなら妖精』や『王とサーカス』の登場人物で、雑誌記者である太刀洗万智(たちあらい まち)をメインに据え、彼女が事実上探偵役になり事件の真相をその時々の相手役に語っていくスタイルにな [続きを読む]
  • 脱出ゲーム(5)
  • 脱出ゲーム【少女と雨の森】最も簡単な脱出ゲーム脱出ゲーム【開店!焼きたてパン屋さん】パン屋を舞台にした脱出ゲームであるのですが、店内が異常に広くて移動だけでも大変でハッキリ言ってク◯ゲーと言いたくなるレベルの作品でした。それ以外の感想はありません【がっこう脱出シリーズ 第5弾体育館からの脱出】比較的簡単でそして短い作品です【脱出ゲーム 海の家】かなり簡単でした。【unReal:origin 】純粋脱出ゲームのよう [続きを読む]
  • 脱出ゲーム(4)
  • 【Home Sweet Home】難易度 少し低めストーリー性 少しあり帰郷した主人公が家族のイタズラにより閉じ込められた、というほのぼの系?のストーリーによって進行していきます(と言ってもステージはオマケも含めて4個なのですぐに終わります操作性に少し難があるように感じはしたのですが、プレイを止めようとまでは思わない程度でした。難易度も全体的に高くはなかったのですが、カレンダーの色が多色過ぎて分かりにくかったですね [続きを読む]
  • 脱出ゲーム(3)
  • 【ウセモノターミナル】道具箱のパスワードはこれはちょっと厳しいですよねあいうえお 表を使ったパスワードはある程度分かりやすく、また自分好みでしたね錆び取りの過程が妙にリアルでしたね泣かせにきているのかな?と構えてしまってプレイしていたので素直に楽しもうとして楽しむべきなのかもしれませんね【脱出ゲーム school】数年前にも似たような名前の脱出ゲームがあったようですが、それはホラー作品とのことでコレは比較 [続きを読む]
  • 脱出ゲーム(2)
  • 脱出ゲーム【Baby】ここのメーカーのいつものパターンな良くできた作品です。ですが後半の馬をユニコーンにするのは分かりませんよ、さすがにね??【脱出 忘れ雪】難易度が少し高いような...。本当に暑い現在、気分的に涼しくなるためにもおすすめ。まぁまぁいい話。【Rime】エレベーター内のアイテムを見つけるのは不可能なのでは?双眼鏡の紐を机のナイフで切るのは難しいかもしれませんが、いい謎解きでしたねこれまでやってき [続きを読む]
  • いまさら翼といわれても /米澤穂信
  • いまさら翼といわれても米澤穂信いまさら翼といわれても作者: 米澤穂信出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2016/11/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (35件) を見る古典部シリーズの短編集です【箱の中の欠落】ホータローが里志からの伝聞のみで生徒会長選挙の不正を暴くストーリーです。トリックはまあまあですね【鏡には映らない】イジメ系の話でそしてホータローが嫌われ役を買って出た話で、ハッキリ言って最も嫌いなタ [続きを読む]
  • 空ノ鐘の響く惑星で 外伝
  • 空ノ鐘の響く惑星(ほし)で 外伝渡瀬草一郎/電撃文庫空ノ鐘の響く惑星で 外伝 -tea party's story- (電撃文庫)作者: 渡瀬草一郎出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス発売日: 2017/06/24メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る巨大な柱が中空に浮いていて、毎年ある時期になると空から鐘の音に似た音が降ってくる異世界で、王位継承権が形だけある第四王子フェリオを主人公にした戦記物語の後日談的短編 [続きを読む]
  • 空ノ鐘の響く惑星で (12) 完結
  • 空ノ鐘の響く惑星(ほし)で(12)渡瀬草一郎/電撃文庫空ノ鐘の響く惑星で(12) (電撃文庫)作者: 渡瀬草一郎出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス発売日: 2017/06/24メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る巨大な柱が中空に浮いていて、毎年ある時期になると空から鐘の音に似た音が降ってくる異世界で、王位継承権が形だけある第四王子フェリオを主人公にした戦記物語です少しネタバレありほぼ完璧な内容だっ [続きを読む]
  • 空ノ鐘の響く惑星で (11)
  • 空ノ鐘の響く惑星(ほし)で(11)渡瀬草一郎/電撃文庫空ノ鐘の響く惑星で(11) (電撃文庫)作者: 渡瀬草一郎出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス発売日: 2017/06/24メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る巨大な柱が中空に浮いていて、毎年ある時期になると空から鐘の音に似た音が降ってくる異世界で、王位継承権が形だけある第四王子フェリオを主人公にした戦記物語です期待していたメビウスがいわゆる完全 [続きを読む]
  • 空ノ鐘の響く惑星で (10)
  • 空ノ鐘の響く惑星(ほし)で(10)渡瀬草一郎/電撃文庫空ノ鐘の響く惑星で(10) (電撃文庫)作者: 渡瀬草一郎出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス発売日: 2017/06/24メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る巨大な柱が中空に浮いていて、毎年ある時期になると空から鐘の音に似た音が降ってくる異世界で、王位継承権が形だけある第四王子フェリオを主人公にした戦記物語ですいよいよラトニアがメインになってき [続きを読む]