よつの さん プロフィール

  •  
よつのさん: ゲイトーク!
ハンドル名よつの さん
ブログタイトルゲイトーク!
ブログURLhttp://gaykatariba.net/
サイト紹介文世代問わずのフツーのゲイの日常投稿型マガジン。投稿者に対し広告収益を分配還元!
自由文派手な人も地味な人も、年齢・体系・外見などなど関係なく、みんなが平等&なんでもOKの等身大ゲイの日常投稿型マガジン。それがゲイトークです。

また、もう一つの特徴として、投稿者に対し広告収益を分配する、還元型キュレーションサイトでもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 71日(平均1.3回/週) - 参加 2018/02/23 08:35

よつの さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ゲイ的に衝撃だったカミナリの漫才
  • 2016、2017年の2年連続のM-1ファイナリストで、飛ぶ鳥を落とす勢いの漫才コンビ「カミナリ」。所属事務所はサンドウィッチマンの所属するグレープカンパニー。2017年はテレビの出演数が5番組から235番組と激増し「2017年に最もブレイクしたタレント」として名を馳せました。一見強面だが、口を開くとどこか抜けている優しい坊主の好青年「まなぶ君」(ボケ)と強烈に頭を叩き、口達者に茨城弁で怒鳴る「たくみ君」(ツッコミ)のコ [続きを読む]
  • グレイテスト・ショーマン
  • ヒュー・ジャックマンと『ラ・ラ・ランド』の製作チームによる、感動のミュージカル・エンタテイメント『グレイテスト・ショーマン』。みなさんはご覧になりましたか?ユニークな人材を集めて観客の常識を超えたショーを世に送り出したP.T.バーナムの人生を、華やかな歌とダンスで描いた作品です。オープニングからラストまで、ゴージャスな演出でスクリーン狭しと繰り広げられる歌とダンスはどれも圧巻!ブロードウェイの舞台にも [続きを読む]
  • 『男が痴漢になる理由』
  • 痴漢の被害者は、なにも女性ばかりではありません。男だって痴漢の被害に遭うわけですが、痴漢被害に遭ったこと、ありますか? 『男が痴漢になる理由』という本を読んで、痴漢が「依存症」の一種だということを知り、とても驚きました。何かのはずみで他人の体に触れてしまった時の感触や快感が忘れられず、そこへ日常的なストレス(仕事がうまくいかないとか、大切な人を失うとか)が引き金となって、実際の行為に及んでしまう。 [続きを読む]
  • ミキと和牛のCOOLな鍋パ
  • 自分が好きなお笑い芸人「和牛」と「ミキ」。2017年のM-1の2位と3位の実力派の2組です。和牛お笑いナタリー矢継ぎ早に小理屈を次々に打ち込む水田信二さん(左)のボケをしなやかな口調で撃ち落とすツッコミの川西賢志郎さん(右)2年連続M-1準優勝という超実力派でもあります。水田さんはお笑いに入る前はプロの料理人だった事もあり(和牛というコンビ名もそのバイト先の和牛のステーキが目に入ったからだとか)料理芸人というテ [続きを読む]
  • RAW〜少女のめざめ〜
  • 肉の生食が厳しく規制されてから、もう何年になるでしょう。レバ刺しやユッケ好きの人たちは、食べたくなった時、どうしているのだろう?高いお金を出してでも食べているのかな? それとも我慢しているのかな??生肉は生肉でも、人肉の味を知ってしまった少女が、自分の本能にめざめていくフランス産のホラー映画『RAW〜少女のめざめ〜』。 人間の本能とは? そして理性とは?ブレーキのかけ方が下手だった頃(今もですが・ [続きを読む]
  • 羊の木
  • 自分の家の近所にどんな人が住んでいるのか?また、近所の人から自分はどんな風に見られているのか?考えてみることって、ありますか?『桐島、部活やめるってよ』や『紙の月』の吉田大八監督の最新作、『羊の木』は、知らない人をどこまで信じることができるのか?を考えさせてくれる深〜い作品でした。6人の元受刑者が富山県のある港町に移住するところから物語は始まりますが、その背景にあるのは、地方で起きている過疎化問題 [続きを読む]
  • 懐かしのファミコンソフト『マイライフ・マイラブ』
  • 自分は昭和のおっさんですが、ゲーム大好きっ子だったのでドラクエやマリオ、FFや桃鉄、女神転生やらのメジャータイトルから、マイナータイトルまで色んな思い出があります。このゲイトークで心に残ったレトロゲームの話も書けば。さて。『人生とは究極のゲームである』そんな名言(迷言?)もどっかで聞いた事がありますが、今回の思い出しタイトルは人生100年をファミコンで再現してみたという現在に続くゲーム史を見てもあまり [続きを読む]
  • トリコカレー(中野)
  • みなさん、カレーは好きですか? 自分は大好きです。今やカレーのジャンルも多彩で、インドカレーや欧風カレー、スープカレー、ベトナムカレーと様々なバリエーションが楽しめますが、やはり強いのはインドカレーやスープカレーのお店です。そんな中『日本のカレー』にこだわった、オススメのカレー屋さん、中野にある「トリコカレー」をご紹介します。中野駅から線路沿いを歩いて約6分。高円寺からも約8分という事で丁度中間あた [続きを読む]
  • 水元公園
  • 公園巡りが大好きで、休日はよく相方と公園を巡っています。そんな自分が東京で好きな公園の1つとして葛飾区の「水元公園」があります。千代田線「金町」駅から徒歩15分程度の場所にあり、とにかく広い公園で、ディズニーランドの約1.4倍という圧倒的な敷地面積を有します(しかし東京の公園では5位)広大に広がる平原やメタセコイアの並木道、大きく広がる川の風景は、どこかほっこりとさせられながらも清々しい気持ちの良さがあ [続きを読む]
  • 舞台「TERROR テロ」
  • 「私刑」とは、個人や特定集団により執り行われる独断的な制裁のことである。かつて日本でも「仇討ち」と呼ばれる「私刑」が行われていた。法治国家になるにつれ、それらの行為は否定されるようになり、法や公権力により裁かれるものとなった。人々は「行為」で人を裁くのではなくて、「犯罪に至った過程」にも耳を傾け、目を向ける。「TERRO テロ」と言う舞台は、この前提の元で幕をあける。テロリストが旅客飛行機をハイジャック [続きを読む]
  • 2017年の映画年間ベスト10
  • 2017年はどんな一年でしたか?・・・って、年が変わって2カ月目に入り、今さらな感もありますが(笑)、映画館で観た作品の年間ベスト10を選んでみました。1位  ハクソー・リッジ2位  パッセンジャー3位  スウィート17モンスター4位  ユリゴコロ5位  ちょっと今から仕事やめてくる6位  スノーデン7位  ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス8位  ラ・ラ・ランド9位  LION〜25年目 [続きを読む]
  • 映画は友達さがしに似ている
  • 映画を観るのは好きですか?どんなジャンルの作品をよく観ますか?いちばん最後に観た映画は何ですか?映画って、友達さがしによく似てると思っていて、自分とは生き方の違う人物と接することで、そこから別の人生を学ぶことができる出会いの場。生涯の友と思える作品に出会えることもあれば、その時の心の状態によっては二度と観たくない作品に思えてしまったり。リアルな友達とは違って、登場人物と一緒に飲みに行って語らうこと [続きを読む]
  • 生態系と外来種
  • 自分が気になっている社会問題は「特定外来種」への対応の問題です。まず根源的なこととして、「外来種」とは何であるのか、考え出すとキリがない部分があるのではないでしょうか。サケのように海と川を行き来する生き物では、海外の川か... [続きを読む]
  • 過去の記事 …