LOVE さん プロフィール

  •  
LOVEさん: アダルトチルドレン、毒親を克服し、心豊かに生きる
ハンドル名LOVE さん
ブログタイトルアダルトチルドレン、毒親を克服し、心豊かに生きる
ブログURLhttps://love---peace.wixsite.com/happy/
サイト紹介文自分の心の中のアダルトチルドレン、毒親を越えて、こころ豊かに生きたい
自由文「相手のせいでも、境遇のせいでもなく、自分が自分のしあわせを決めている」という自覚を持ち、自分の人生に責任を持って、こころ豊かに生きていきたいなぁ…と
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 90日(平均1.0回/週) - 参加 2018/02/23 16:41

LOVE さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 母性本能をふりかざす母親は、横暴な支配者
  • 子どもに部屋を片付けるように言っても、ちっとも言うことを聞かなくなり、ますます反抗的になってしまいました。おたがいにイライラして怒鳴りあったり…… はぁ…… 親子関係は、まるで散らかし放題の部屋のように、どんどん荒れる一方。ホントは、おたがいの落ち度を責め合いたいわけではない。だって、おたがいに相手の自由意思を認め合っているときには、とても楽しい時間を過ごせるんだから。家族が元気に楽しく過ごせるよう [続きを読む]
  • 「ごみ屋敷」と「自分の心」に向き合い中
  • 「夫と子どもは どうして片付けてくれないの?!」って、いつも怒っていたけれど……ただ相手のせいにしているだけだった……ひたすら魔窟にたまっていた不要品を捨てながら片付けていたらいろいろ気づいてきました。中高生の頃に、母が勝手にわたしの物を捨ててしまったことを怒っていたからいまだに子どもの物を捨てることが嫌だったんだな……。だから子どもがどうでもいい物をどんどんためこんで足の踏み馬がなくなっても子ど [続きを読む]
  • 恩着せがましい幼稚さがあるから、毒を吐いてしまう
  • 子どもに対して「お母さんはこんなにやってあげたんだから、あなたもちゃんとやって」などと恩着せがましいことを言い放って、強制的にやらせようとしてしまいます。われながら気持ち悪いです。わたしだって、恩着せがましい人なんて嫌い……なんです。恩着せがましく言われた子どもは「お母さんがこんなにやってくれたんだから、自分もちゃんとやるね! いつもありがとう!」なんて素直に思うわけないですよね。子どもに罪悪感を [続きを読む]
  • 子どもにイライラしてしまうのは、自分の中に原因があるから
  • 子どもがわがままを言い始めたのがきっかけで、いったん怒りの炎が燃え始めてしまったら、怒りのエネルギーを燃やし尽くすまで、コントロールを失った強烈な怒りを子どもにぶつけてしまうことがある。もしも、感情のコントロールができない気分循環性障害やアダルトチルドレン (AC) が親になると、そういう毒親になってしまう危険をはらんでいる。「子どもが言うことを聞かないせいで、いつもイライラしてしまうのよ」と子どものせ [続きを読む]
  • 子どもなどの弱者に向ける攻撃的な怒りが、モラハラになる
  • 人間の感情(特に、怒りのようなネガティブな感情)は連鎖的に伝播していくある男が職場で上司から怒鳴られる。腹が立っても、身の安全を考えて、その場で上司に怒鳴り返すことはできない。 ↓男は持って行き場のない腹立たしさを抱えたまま帰宅して、妻に当たり散らす。 ↓妻は子どもにわめきたてる。 ↓子どもは犬を蹴飛ばす。 ↓犬は猫に噛みつく。このように人間は、ネガティブな感情を相手に直接向けることができないと、 [続きを読む]
  • 毒親を続けないためには、自分と親の異常さを認識する
  • 人を精神的に傷つけずにはいられない人そういう人が、モラハラをしたり、毒親になります。では、一体なぜ人を精神的に傷つけずにはいられないのか?子ども時代にアダルトチルドレンの親や毒親からモラハラを受けて、精神的に傷ついたときの怒りを抑圧しているから、いま目の前の人に対して、自分の内側の怒りをぶつけて傷つけてしまうのです。機能不全家族のなかで育ってアダルトチルドレンになり、そして毒親になってしまった自分 [続きを読む]
  • 「アダルトチルドレンで毒親のわたし」を乗り越えるために
  • 今日もまた子どもに暴言を吐いてしまいました。最悪な母親です。母親の資格なんてない。わたしは、典型的な毒親です。怒りにまかせて、子どもをなじったり、侮辱して、心を踏みにじってしまう酷い毒親。怒りをコントロールできない未熟な人間。今日は、子どもがずっとイライラ怒っていて攻撃的でした。わたしは大人のくせに、子どもの感情に同調して一緒になってイライラしてしまうから、うっかり怒りに巻き込まれて、激怒してしま [続きを読む]
  • 過去の記事 …