アメリカから見た日本 さん プロフィール

  •  
アメリカから見た日本さん: アメリカから見た日本
ハンドル名アメリカから見た日本 さん
ブログタイトルアメリカから見た日本
ブログURLhttps://yamatogokorous.com
サイト紹介文日本が世界からどう見えるかを学びたい、模索したい、行動したい日本人に有益な情報を発信するサイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 234日(平均3.3回/週) - 参加 2018/02/24 05:24

アメリカから見た日本 さんのブログ記事

  • テレビの過度な日本上げの裏に隠された意図とは?
  • 最近多い『日本がとても素晴らしい』コンセプトのテレビ番組は、日本人の我々が見ると気持ちが良いものだ。 しかし、テレビは反日活動を行うお隣とそのお隣の様子を隠す隠れ蓑にしたい意図があるように見えてならない。 「とりあえず日本人を喜ばせておけ」的なメディアの意図が背後にありそうで、手放しに喜んでおられない。 また、日本に帰った際に様々なチャンネルをざーっと回し見して驚くのは「ハーフ芸能人」(もしくは日本 [続きを読む]
  • トランプ政権の対中政策:何もしない日本はどこへ行く?
  • アメリカのトランプ政権が対中政策をガンガンと推し進めている。 ペンス副大統領がチャイナ政策に関する演説で、中国脅威論を展開した。 チャイナに対抗していくとはっきりと訴え、11月のアジア歴訪で「自由で開かれたインド太平洋」を支援する考えも示した。 ペンス氏は、、 「中国は(トランプとは)別の大統領を望んでいる」と述べ、11月の中間選挙で共和党にとって重要な州に介入していると指摘した。米企業や大学、シンクタン [続きを読む]
  • 草の根活動:グローバリズムとの闘い
  • 正論を極右とレッテル貼りで攻撃する人達は「本当に日本人か?」と疑問に思う事も多い。 普通の日本人の感覚はとにかく日本が「安全で清潔な国であって欲しい」だと思う。それを脅かすものを指摘するのは右も左も関係ないはず。しかし、、 今の日本はどう見ても危険で不潔な国になる政策を取っている。良いわけがない。 またツイッターを見ていても、海外にいながら日本ディスしかしていない日本人のアカウントに出会うことが多い [続きを読む]
  • 日本の帰化制度を厳重に:内部侵略に利用される法律の穴
  • チャイナ人から日本人に帰化された石平さんご自身で仰っているが、日本の帰化は異常な程、簡単でしかもあっけないものらしい。 彼は自分のチャイナ人のとしてのアイデンティを捨てて、違う国の人間になるのだから、もう少し感情的になるただろうと期待したようだ。しかし、、 一から十までとても事務的で、書類を揃えて、犯罪歴や滞在歴などを調べられ、何も問題なければ「はい、どうぞ。今日から日本人です」みたいな感じで少々、 [続きを読む]
  • 民主主義(デモクラシー)の虚構:騙され続ける私たち
  • 右も左も「民主主義」という言葉をさも素晴らしい物として乱用し過ぎなのが目立つので、民主主義とは何なのかいうのを今一度きちんと定義しておいた方がよさそうだ。 デモクラシー(民主主義)の語源はラテン語でdemokratia(デモクラティア)。demosは「人民」でkratiaは「権力」という意味がある。 ここで大事なのは、、、 人民と訳されるdemosには愚民という含蓄があることだ。 例えば、誰でも知っているdemon(デーモン)という [続きを読む]
  • 保守の言論封殺が始まった:戦後レジームからの脱却とは何だ?
  • 平和、平和と国内で叫ぶ「九条のお札の会」の方々に物申したい。 真の世界平和は八紘一宇の精神を国造りの大昔から伝統的に持つ日本国が筆頭で国際連盟のような国際的な連盟を作ることができた時に訪れるだろう。 しかし、残念ながら日本が今のこんなグダグダな状態ではその時は永遠に訪れない。 さて、日本を立て直すために「戦後レジームからの脱却」と言われても何のことか分からない人が大多数だろうと思う。戦後レジームから [続きを読む]
  • 謎の人物吉田清治と朝日新聞の不可解な関係
  • 最近になって「背乗り犯罪」の恐ろしい実態が明るみに出てきた。外国人がもうこの世にいない日本人(殺害されるケースもある)の戸籍ごと乗っ取るという恐ろしい犯罪だ。 死者の魂とか名前に込められた言霊とかそういうものに全く価値観を見出さない民族の犯罪であることがよく分かる。自分が殺されてその殺人者が自分の名前で生活しているところを想像するだけで身の毛がよだつ。 この背乗り犯罪は3.11の津波の後にも多く発生 [続きを読む]
  • アメリカのような愛国心:日本人が持つとネトウヨと言われる不条理
  • アメリカ人が「日本が大好きだ」と言ってくれるのはとても嬉しいことだが、同時に複雑な気持ちにもなる。 アメリカは小さい時から愛国教育を施すのでその時の「大統領が大嫌い!」(今だととても分かりやすくトランプ)と言ってもアメリカ万歳には変わりなく、左翼も右翼も関係なく国旗と国歌に愛着も持っている。 勿論、アメリカと言えど広いので、例外的な都市はあるにせよ、大抵の町では休日には必ず国旗が上がるし、家の前に飾 [続きを読む]
  • NHK:反日プロパガンダ放送局
  • アメリカのニュース会社のCNNはCHINA/CLINTONネットワークと別名で揶揄されている。つまりメディアが事実、真実を国民に伝えているのでは無く、金を融資しているスポンサー(チャイナやクリントン財閥)の意向に沿う様に番組が作られているということだ。 ん、待てよ?金を出している人。。 NHKは日本国民から金をふんだくってるが、全く意向は無視しているようだ。国民から金を徴収しながら反日放送し、中韓のプロパガンダに利用 [続きを読む]
  • キリスト教の労働観と日本人の労働観の決定的違いとは
  • アメリカはキリスト教が根強いので、そうでない私がキリストの恵みが受けられない可哀想な人のような目で見られることがたまにある。しかし、私は自分が可哀想だなんて思わない。 日本の神々はもっと広く善も悪も自然も動物も全てを包括して我々のそばにどこにでもいるのだから。 宗教の自由は多いに歓迎しているから「どうぞそちらも上から目線でこちらの宗教観を縛ろうとしないでね」と言いたい。 私は一つの宗教に属していない [続きを読む]
  • 南京大虐殺プロパガンダを鵜呑みにするな
  • 日本でも「南京大虐殺はあったんでしょ」という何となくの空気がまだ蔓延しているのは承知だ。 南京市の攻略の際に戦闘があったのだから一人も死んでいないわけはない。 当時、約20万人程度いたという市内で、国際法違反であった便衣兵(民間人のふりをした軍人)が紛れ込んでいたという事実もある。 しかし、、 チャイナ共産党が言っているのは 「南京で日本軍が入門から僅か六週間で民間人を三十万人虐殺」だ。 まあよくも、こ [続きを読む]
  • 911テロと神風アタック:特攻隊の意志を受け継ぐ
  • アメリカで911同時多発テロが起きた日、ビルに突っ込んだ飛行機の事を、アメリカの新聞が一面に 「Kamikaze Attack」と報じていて物凄い不愉快だったのを今でも忘れられない。 また、中東で起こる自爆テロを 『カミカゼ』と 表現する新聞、メディアもあり、そのせいで一般人の人も同じ様な認識をしているように感じられる。しかし、、、 神風特攻隊が一般人を標的としたり 、盾にすることは断じてない。 自分より遥かに高火力を [続きを読む]
  • 欧米と日本の死生観の違い:武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり
  • キリスト教の国、アメリカでは自殺はまず悪いことで(地獄に落ちる行為)という教えがある。どんな事があっても自殺してはならない、最後まで諦めず生き続けるのが神の子としての使命だ。 対して日本には、、 「死ぬことと見つけたり」の武士道が綿々と時代を経ても引き継がれており死生観の違いがまず圧倒的に違った。 アメリカ人はしばらくは何が起こっているのか理解できなかっただろう。 「一体、どんな奴がこんな恐ろしい攻撃 [続きを読む]
  • 日本とアメリカの国籍法の違い
  • ある海外に住む韓国人の方から私のツイートに関して苦情が来た。 そのツイートは在日外国人の犯罪の多さや日本国内での反日、反政府活動やデモについてのものだった。 日本と米国の国籍法の違いが公平でないから、、、 在日は差別されており、日本が在日に関して優遇措置(二重国籍を認める)をすべきだというのが概ね彼の主張だった。 それに対し、私が彼に言ったことは以下の三つだった。 1.日本は米国とは根本的に違う國體を [続きを読む]
  • わたしが国賊日本人??
  • 日本の愛国者の中にはアメリカ全体を憎む人がいるようで、私も住んでいるというだけで反日日本人の烙印を押される事がある。 「お前はメリケンの国に住んでいるんだから国賊日本人だ」とののしられたこともあった。 目を疑ったが、たくさんの人が絡み合うツイッターの世界では「自分には想像もつかないような考え方で生きている人がいるんだなあ」と改めて外交の難しさを痛感したりすることがよくある。 金太郎飴のように文化的に [続きを読む]
  • アメリカは同盟国か?
  • 何度でも言うがアメリカは友達ではない。中韓と何かあった時に日本の後ろにいると言ったトランプ。同盟国だから守ってくれるのだと喜んでいる日本人は頭を冷やして欲しい。アメリカは自国の国益のみに動く国だ。平和など本心はどうでもよくて、そう言う事で何か得することがあるのであれば言うだけ。 これをツイッターでつぶやいたら、、 多くの人は賛同してくれたが、中には「なに当たり前のこと言ってんだ?」と小馬鹿にするコメ [続きを読む]
  • フェミニズム運動で儲ける人達
  • 詩織さんという女性が山口記者との個人的問題で突如、世に躍り出てきた時にとても違和感があった。女性の直感というか、これは何か裏があるなと。。。 その事で特に彼女を糾弾するという口調でもなく、「何かおかしいな」くらいの反応をツイッターでつぶやいたら、すこい批判が見知らぬ人から殺到した。 「彼女を疑うなんて信じられない」とか「女性の敵だ」とか「彼女を私たちが守らないといけない」とか色々あった。殺気だった向 [続きを読む]
  • ラストサムライ小野田寛郎
  • 終戦後もフィリピンのジャングルで約30年も諜報活動を続けた一人の少尉がいた。 ラストサムライ小野田寛郎。 彼は陸軍中野学校出身で、フィリピンのルバング島では諜報員として配備された。 当時22歳。終戦後も日本に帰還しなかった彼は、もうすでに戦死しただろうと諦められ、、、 靖国神社にお祀りされていた。 しかし未だにジャングルに潜み活動を続けていることを聞いた家族は何度かジャングルの上空からビラをまいて出て [続きを読む]
  • 政治家に望むことと有権者の責任
  • 確信犯的に国家を壊そうとする勢力が日本にいることが近年多くの人に知られるようになったが、それでも過半数は興味が無いか、もしくは陰謀論で片付けている様子が、投票率の低さと選挙で国士が当選に程遠い票しか得られない事で推察される。 毎日、自分の生活で精一杯でそれどころではないとか、、 選挙に行く暇がないとか、どうせ誰に入れても同じだとか様々な意見を聞いてきた。 しかし、自分が一生懸命働いて稼いだお金から税 [続きを読む]
  • やおよろずの神の国が消える日
  • 日本を乗っ取ろうと画策する外国人達(主に中韓)は、もしくは目先の利益に目をくらませその人達のビジネスプランに乗って売国ビジネスをする日本人。 その人達は、その計画が成功し、例え日本列島を獲得したとしても、今と同じ様な快適な生活ができる訳でないことを分かっていない。 木も森も美しく生い茂っており、綺麗な水、動植物を愛でることができるのは日本人のご先祖が代々それらの自然形態を崩さない様にと大切に守ってき [続きを読む]
  • 話し合いが無駄なこともある
  • 政府の言う特亜の国とは「話し合えば分かる」があまりに非現実的な事は一般人の私でも分かる。悲しいかな、世の中には話し合っても無駄な人がいるのだ。 私は日本人の習慣、文化を継承し八千代に繋いでいきたいと強く思う一方で、、 反対側の人達はそこに全く価値を見出していない。 日本を多民族国家に仕立て一般日本人に我慢を強要することで金儲けをする政策を推す。守りたい物や得たい物が真逆の人に理解してもらおうとしても [続きを読む]
  • 歴史を直視して誇りを持つ
  • 中韓のみならず、世界の大国は捏造や脚色で塗り固めた歴史観を小さい時から刷り込む事で、国民を統合し誇りある国民を大量生産するのに必死だ。 「どれだけ素晴らしい国で、その国民であることを誇りに思うべきか」という教育が当たり前のようにほぼ強制的な形で行われている。 しかし、日本は真実、事実を追っていくだけでこの国の凄さが分かる有り難い国だ。 そういう誇らしい歴史があるのは全てご先祖のお蔭なのに、今の日本人 [続きを読む]
  • 「日本列島」に成り下がる
  • 日本のお花畑さんの割合など正確な数字は出せないだろう。どれだけ花摘みが好きかというレベルも色々ある。 しかし一番重要な「男系皇統の意義を理解していない」という基準でいくと99%以上が花摘み中という悲惨な状況だ。 英国人からすると、、 ロイヤルファミリーの女性(眞子内親王殿下)が民間人(小室圭氏)と結婚したらその地位を失う(臣籍降下)という感覚は理解しにくいだろう。 男性同士の覇権争いを自然に回避し、男 [続きを読む]
  • 朝日の罪は重すぎる
  • 朝日新聞が酷いのは何も戦後に始まったことではない。戦前は日本国民に戦争を煽っていた。 アメリカとの戦争に積極的でなかっか政治家や軍部を下から突き上げようと民衆を煽りまくっていたのが何を隠そう朝日新聞だった。 しかし敗戦後はどうだろう。コロっと主張が逆転して日本叩きを始め、日本を貶める記事を書き続け今に至っている。 紙の無駄だと多くの国民が思っているが、その姿勢が社是なら彼ら自身では絶対にこの流れを止 [続きを読む]