実家のようなHANSHIN感 さん プロフィール

  •  
実家のようなHANSHIN感さん: 実家のようなHANSHIN感
ハンドル名実家のようなHANSHIN感 さん
ブログタイトル実家のようなHANSHIN感
ブログURLhttps://thankyou-anshin.com/
サイト紹介文阪神電車の車両・施設を紹介していくファンサイト。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 293日(平均2.4回/週) - 参加 2018/02/24 15:01

実家のようなHANSHIN感 さんのブログ記事

  • 5131F試運転
  • 阪神電車最後の電気子チョッパ車5131Fの試運転が11月30日に実施されました。今年になって故障が頻発していて今回も何らかの不具合により運用を離脱していたため、その関連の試運転だと思われます。既に下り線の高架化が完了している青木駅に入線。[撮影:もんすりー]この日はより長い時間走行させる為なのか、珍しく午前午後二回に分けての試運転となりました。復路の出屋敷駅にて。スラブ軌道を高速で走り抜ける。[撮影:もんすりー [続きを読む]
  • 8211F出場試運転
  • 11/8に神戸側ユニット,11/21に大阪側ユニットの出場試運転が行われました。今回の検査で転落防止幌の金具の側面は全て塗装され、前照灯はLEDへと換装されました。11/8 神戸側ユニット試運転(伴車:8523F大阪側ユニット)形態の異なる両者の連結面甲子園にて11/21 大阪側ユニット試運転尼崎にて8211Fは既に運用復帰済みです。 [続きを読む]
  • 24年ぶりの復活!西宮花火大会
  • 2018年11月11日。長年西宮の街から消えていた花火大会が再び打ち上がりました。9月の始めに西日本を中心に襲った台風24号の影響で当初予定されていた同月15日の開催は延期となったものの、2ヶ月後の11月11日に無事開催することができました。この記事では様々な場所からみた西宮花火と当日の会場の様子をまとめてみたいと思います。花火鳴尾浜撮影:ぶたきむち鳴尾浜からは阪神間の夜景とともに眺めることができます。また、今年は [続きを読む]
  • はんしんまつり2018レポート
  • 昨日11/10にはんしんまつり2018が開催されました。今回ははんしんまつり2018での展示車両などをざっくりまとめていきます。残り一編成となった5131形入口から奥に進んでまずはじめに5131形が間近に出迎えます。阪神最後のチョッパ車となった5131形。特徴的な床下機器を至近距離で見ることが出来るのはこれが最後となるのでしょうか。独特の形状を持った冷却風取り込み口など見どころ満載のチョッパ装置阪神電車を半世紀にわたって [続きを読む]
  • 8239F,7866F,8235F出場試運転
  • 長らく更新をサボっておりました…サボり続けるのは後々のためにも良くないので書きます()8239F試運転神戸側ユニットは9/10に8235と組成して試運転を実施しました。大阪側ユニットは9/26に試運転を実施しました。尼崎駅にて。7866F試運転7866Fは7864Fと組成し、10/10に試運転を実施しました。武庫川駅にて。8235F試運転神戸側ユニットは8233と組成して10/19に試運転を実施しました。尼崎駅にて。いずれも前照灯のLED化が施工されて [続きを読む]
  • “すべて”お伝えします−5000系リフレッシュ車
  • 山陽5000系リフレッシュ車の第一弾・5702Fが阪神線内にやってきました。この機会にリフレッシュ工事のメニューを見ていきましょう。エクステリア・インテリアの改良はさて置き、まずは床下についてです。床下リフレッシュ工事で床下の改良が実施されるのは、GTOサイリスタ使用のSIVを積んだ車両と、直流モーターを積んだ車両の2種類です。5702Fでは、旧5004号・5005号が対象です。5800形5000形のうち、特に編成中2両目に位置する車 [続きを読む]
  • 御影駅に拾う(2):連絡ホームの上家
  • 戦前に阪神電鉄が構想した「急行線(第二本線)」計画において、御影駅は在来線と新設急行線が分岐する駅として計画されました。現在も上りホームの山側に残る「使われていないホーム」は、急行線と在来線の乗換ホームとして計画された名残です。今も残る乗換ホーム。貨物用として使われたとの説もあるが、地上への昇降設備も見当たらないので不詳である。ホーム縁端は中央部が大きく削られており、線形の変更があったことを偲ばせる。キ [続きを読む]
  • 御影駅に拾う(1):孤高のピン柱脚ガントリー
  • 先日「まもなく見納め・特高ガントリー」ご紹介したピン柱脚タイプの鉄骨ガントリーですが、御影駅にも1基現存しています。下すぼまりの柱が特徴的な、御影駅西方のピン柱脚ガントリー。元々は奥に見える複線型ガントリーがあった。ご存知のように御影駅付近は1929(昭和4)年に完成した古い高架線ですので、鉄骨ガントリーも戦前製のものが多く残っています。しかし後年の設備改良に際して色々と改修が行われており、特に1954(昭和2 [続きを読む]
  • 【撮った】 復帰への一歩? 5131Fが試運転
  • 最近どうも調子が悪いらしい最後の電機子チョッパ車、5131F。7月30日、8月19日、そして21日と最近だけで3回は故障が確認され、臨時入庫していました。22日からはついに運用から離れてしまい、しばらく尼崎の車庫で調整が行われているようでしたが、ようやく本日31日の午後に試運転を尼崎車庫〜石屋川車庫で1往復しました。久寿川駅にて [撮影:けーてぃー]工事もたけなわの青木駅に入線する5131F[撮影:すのらび]曇天予報も一転、強 [続きを読む]
  • 【撮った】 8215F 出場試運転
  • 8/18に神戸側、および8/27に大阪側のユニットが出場、試運転が行われました。神戸側ユニット18日に行われた神戸側、8216号のユニットの試運転にお供したのは8227号、タイプⅡとタイプⅢが半々の組成となりました。大阪側に連結されたタイプⅢとの差は一目瞭然。[撮影:けーてぃー]8213F、8221Fは現在通常の組成でタイプⅡとⅢの混成編成となっていますが、今回のような編成の半分でぴったりタイプが異なる組成は稀に見られる暫定編 [続きを読む]
  • 甲子園駅に新たなドーム屋根の駐輪場
  • 大屋根風甲子園駅では数年に渡る大規模改良が実施され、昨年9月に全ての工事が終了しました。現在は、駅とその南側に位置する甲子園球場の間で再開発が行われています。一方、今回ご紹介する駐輪場は南側ではなく、駅の北側に位置するものです。今回新設されることとなった駐輪場は、改良工事の際に機材搬入の為に使われていた土地で、改良工事以前には阪神電鉄の住宅販売所と阪神百貨店の出張所があった場所に位置します。さらに [続きを読む]
  • 補遺:四本柱の特高ガントリー
  • 先日ご紹介した「特高ガントリー」の補足として、ひときわゴツい外観が特徴だった四本柱の鉄骨ガントリーをご紹介します。これは沿線の変電所や特高開閉所から特高送電線への引込部や、特高送電線が架空線から軌道脇のトラフ収納などに切り替わる箇所に設置されたもので、特に後者は1970年代以降の高架工事等で沿線各所に出現したものです。しかし、既述の通り特高送電線自体が順次廃止され、現在では野田駅に残るだけとなっています [続きを読む]
  • 高校野球100回記念関連
  • 今年で第100回となった高校野球。阪神電車は例年開催日に副標を掲出していますが、本年度より新しいデザインのものに変更されました。↑昨年までの副標↑今年の副標また、100回大会のロゴが8233Fの両先頭車貫通扉下に掲出されています。 [続きを読む]
  • 8000系の台車
  • 今回は、8000系の台車について軽く触れてみたいと思います。8000系は、製造時期によって様々な差異があります。特に8523編成は前後の顔が違うという大きな特徴を持っており、ご存じの方も多いと思います。このような大きな違いもありますが、今回は比較的細かい点であろう「台車」についてご紹介します。 大別すると、①8502、8002、8102      ②8217、8218、8219、8220③その他すべて             となります [続きを読む]
  • 9300系全編成の前照灯LED化が完了
  • 8/1に9505Fの前照灯がLEDとなり、全編成のLED化が完了しました。9300系の前照灯LED化は、2016年3月換装の9503Fに始まりました。暫くは9503Fのみでしたが、2018年1月に9501Fが、そして昨日9505Fも遂に換装され、9300系の前照灯は全てLEDとなりました。 ここ数年の間で9300系は・シングルアームパンタグラフ化(2013年夏〜)・ドア窓の注意ステッカー変更(2013年8月)・たいせつがギュッとステッカー貼り付け(2015年2月)・前照灯LED化( [続きを読む]
  • 1202F,1203F出場試運転
  • 6月に1202Fが、7月に1203Fが検査出場し、試運転を実施しました。1202F神戸方ユニット試運転(6/12)伴車は1201F大阪方ユニットでした。1000系は1201F,1601F,1602Fが一次車で、この一次車は車側灯や転落防止幌等に違いがあります。今回は一次車と二次車の混結となりました。1202Fは2016年4月に前照灯がLED化されている為、今回の出場でも前照灯に変更はありません。1202F大阪方ユニット試運転は6/26に実施されました。1203F神戸方ユニ [続きを読む]
  • 妻面化粧板分割構成(前編)
  • 妻面を構成する化粧板は一体どこで分割されているのかというお話です。前編は連結面の妻面について、後編では先頭部のとまとめについて記述します。ザクッと纏めると、今回はこんな話。阪神電車の冷房車は7001・7101形に端を発します。同形以来の新造冷房車と、その登場後、改造工事により冷房車となった既存車両には連結面の貫通路に引戸が設置されました。新造時からの冷房車と改造による冷房車のどちらでも、連結面の妻面のスタ [続きを読む]
  • 消えた車両シリーズ(5) 界磁添加励磁制御の急行車2000系
  • 高校野球の特急板を掲げて走る2000系2207-2208(199す2年)今回は2011(平成23)年まで活躍し皆さんのご記憶にも新しい急行用車両2000系を取り上げてみましょう。この系列はは1970(昭和45)年に阪神初の新製冷房車として登場した電機子チョッパ車7101形−7001形9編成36両と抵抗制御車7801形−7901形6編成12両を種車に更新改造したものです。改造は1990年に開始され、車番末尾01から12までの6編成は7101-7001形と7801-7901形を種車に、末 [続きを読む]
  • 阪神本線連続立体交差事業・甲子園駅(1-8・鳴尾工区)
  • 随分と長い間ご無沙汰となってしまいました。 三か月もの間更新が滞ってしまいましたね…(滝汗) 今回は甲子園駅上りホーム・下りホームの2008年〜2014年についてです。※本記事の写真は、特記がない場合は2013年12月9日に すのらび が撮影したものです。2013年までの変遷2011年7月9日に上り線が、2012年10月13日には下り線が仮線となり、それに伴い甲子園駅の配線も変更されました。(左写真:2010.09.23[撮影:けーてぃー] 右上写真 [続きを読む]
  • 【撮った】7/8 急行の延長運転
  • 昨日、甲子園球場にてプロ野球が開催されたため臨時列車が運転されました。しかしそれ自体は野球シーズンを中心に催し物が開催される際に混雑が見込まれると運転されますが、今回は定期列車の延長運転について取り上げます。 土休日の20時以降の急行は通常、甲子園行き 阪神本線の急行というと、梅田〜尼崎・西宮の往復のイメージが強いと思います。しかし平日の深夜に1本運転される急行「御影」行きや、平日早朝の急行「甲子園」 [続きを読む]