Megumi さん プロフィール

  •  
Megumiさん: 清水恵 透明水彩
ハンドル名Megumi さん
ブログタイトル清水恵 透明水彩
ブログURLhttps://watercolor0310.blogspot.jp/
サイト紹介文透明水彩で、国内外の風景を描いています。ときどき動物も(鳥類多め)。
自由文透明水彩画を描いています。穏やかで優しい絵が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 172日(平均1.2回/週) - 参加 2018/02/24 16:21

Megumi さんのブログ記事

  • 蓼科大滝
  • 2018.6.30 蓼科大滝アルシュ 340mm×540mm今回のスケッチの目的地・蓼科大滝。鮮やかな新緑と青く澄んだ水の色に、心が洗われます。風景画を描くときは、現地で描いた鉛筆スケッチと自分で撮影した写真・動画を参考に自宅で描いています。現地で仕上げることが出来れば一番なのですが、いかんせん虫が苦手なのであります。うっかり芋虫を見かけてしまったら即座に撤退です。山奥や湿った場所を描くことが好きなのに、まさに致命的 [続きを読む]
  • 蓼科大滝までの原生林
  • 2018.6.23 蓼科大滝までの原生林蓼科にある「蓼科大滝」のスケッチに行きました。大きくはないけれど、とても美しい滝です。蓼科大滝駐車場から小道を抜け、滝に至るまでは原生林が広がります。この日は曇天。あまりに鬱蒼とした雰囲気に、ビビリな私は立ち入ることを躊躇いました。でも、せっかくここまで来たんだし!と勇気を振り絞って原生林の中へ。しばらく歩くと晴れ間が出て、鬱蒼とした原生林は太陽の光を受けて神秘的な [続きを読む]
  • 蓼科大滝へ続く小道
  • 2018.7.10 蓼科大滝へ続く小道ウオーターフォード水彩紙 560mm×360mm久しぶりの更新です。今回は、太陽の光をうけてきらきらと輝く木々をテーマに描きました。現地スケッチからの自宅で着彩。光を描くために、マスキングを多用しました。今までマスキングを使うことは邪道だと感じて避けていたのですが、一度使ってみるとその有用さに感動です。とはいえ使い勝手が難しく、試行錯誤です。 [続きを読む]
  • 寝覚めの床
  • 2018.5.5  寝覚めの床(長野県木曽群上松町)アルシュ(細目) 560×360?滔々と流れる川と、大きな岩々が織りなす景色はまさに圧巻。浦島太郎がこの地で玉手箱を開け、そのまま晩年を過ごしたという伝説があります。大岩に登って川を眺めていると、架空の人物であるはずの浦島太郎の気配が感じられるようです。 [続きを読む]
  • 烏川渓谷
  • 2018.5.13 長野県安曇野 烏川渓谷ウォーターフォード水彩紙 560×360?苔むした岩と、そこに差す光が美しくて描いた1枚。描いてる最中はすごく良い絵が描けている気がしてテンション上がっていたのですが、いざ描き終わってみると、何だか絵の中の要素のひとつひとつがちぐはぐでまとまりがない絵に。もっと情報の取捨選択が必要なのかな。絵って難しいなぁ。今回の反省を踏まえて、次の絵に取り掛かろう。 [続きを読む]
  • 阿寺渓谷・狐ヶ淵2
  • 2018.5.10 阿寺渓谷・狐ヶ淵2ウォーターフォード水彩紙 360×560?5月6日にアップした場所を、別アングルから描いたものです。澄んだ水の動きと、木々の奥から光が差し込む雰囲気の表現に試行錯誤しました。いろいろ反省点はありますが、とにかく絵を描くことが楽しくて仕方ありません。次はどこに描きに行こうかな?? [続きを読む]
  • 天竜川上流
  • 2018.4.5 天竜川上流ウォーターフォード水彩紙 360×560?日が傾きはじめたころの川べりの景色です。夕方の光を受けて、ススキがきらきらと輝いていました。ここは四季おりおりの景色が楽しめそうです。もう少し季節が進んだらまた来よう。 [続きを読む]
  • 阿寺渓谷
  • 2018.3.14 阿寺渓谷アルシュ水彩紙(細目) 560×360?前回アップした「狐ヶ淵」から、上流に少し上ったところです。この場所も本当に美しく、何度描いても飽きません。絵の描き方のこと。私は、絵の中に影をつけることが苦手です。濃い色を置くと絵が壊れてしまいそうで思いきれません。絵の中の光と影をきちんと捉えることが、今の私の課題のひとつです。 [続きを読む]
  • 阿寺渓谷・狐ヶ淵
  • 2018.5.4 阿寺渓谷・狐ヶ淵アルシュ水彩紙(細目) 360?×560?長野県大桑村にある、阿寺渓谷。その下流に「狐ヶ淵」という場所があります。その昔、狐狸が自分の化け具合を確認するためにこの池を姿見として使っていたという言い伝えがあるようです。エメラルド色に透き通る水がゆっくりと流れる様は、本当に美しいです。水の美しさを表現したくて画面の大部分を水にしたのですが、ちょっと間延びてしまったような…。 [続きを読む]
  • 模写
  • 2010年 模写(Nita Engle氏)アルシュ 280?×360?8年ほど前、Nita Engleさんの画集に感動して風景画を描きたくなりました。工程はとても大胆なのに、いつの間にかとても繊細な絵が完成していて、まるで魔法のようです。私の憧れです。 [続きを読む]
  • 海辺の夕焼け
  • 2018年2月 アルシュ紙(560×360?)海辺の夕焼け久しぶりの更新です。絵を描くときに一番大事なことは「感動」だと思っているのですが、日々の生活に忙殺されて心に余裕がなくなるときがあります。しょっちゅうです。そんな時、海と夕暮れの絵を描くと不思議と気分がリセットされ、また頑張ろう!という気持ちになれます。 [続きを読む]
  • 千畳敷カール2
  • 気付けば前回のアップから早一週間が経っていました。ここ最近、仕事と家事の合間の時間を見つけては、ひたすら絵を描く日々。絵を描くのが楽しすぎて完全に睡眠不足です。先日アップした千畳敷カールを、別アングルで描いたものです。 [続きを読む]
  • 千畳敷カール
  • 海の絵が続いたので、今度は山を。2016年夏の絵です。長野県駒ヶ根市にある千畳敷カール。標高2,612メートルに位置し、夏でもちらほらと雪が残っています。晴れていれば富士山も望めます。初めて訪れたとき、その雄大さにただただ感動しました。 [続きを読む]
  • 波Ⅲ
  • またまた2016年夏の作品です。どれだけ海が好きなんだ。この頃からインスタグラムを始め、自分の絵の写真を撮るようになりました。こうやって過去の絵を振り返るのはなかなか楽しいです。にほんブログ村 [続きを読む]