Taka さん プロフィール

  •  
Takaさん: Minigman
ハンドル名Taka さん
ブログタイトルMinigman
ブログURLhttps://www.miningman.ga/
サイト紹介文仮想通貨のニュース
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4168回 / 85日(平均343.2回/週) - 参加 2018/02/25 00:56

Taka さんのブログ記事

  • コインベースが銀行のライセンス獲得を模索?ミーの仮想通貨最新ニュース【5月20日】
  • 5/20本日の仮想通貨ニュースは米コインベースが銀行のライセンス獲得を模索!?スイスの自国発行通貨eフランの調査要求!ノルウェー独自のデジタル通貨CBDCを検討!スイスがブロックチェーン企業立ち上げ最適国1位に!等々をピックアップしています。5月20日の仮想通貨情報(ニュース)どうも!ママコイナーのミー(@me_memechan)です!本日の相場は午前は下げ相場でしたが、午後から持ち直してきています! [続きを読む]
  • 昨年度から20倍となった国内仮想通貨取引額:FX業界からの流入との指摘も
  • FX業界から仮想通貨業界へ流入? 2017年度の取引高は、現物と信用取引等合わせて約69兆円と昨年度の約20倍に膨れあがりましたが、日経新聞によると、FXの規制強化、また円相場の膠着といった要因で、仮想通貨取引に個人マネーが向かったと指摘されています。 FXから仮想通貨へ流入?日本仮想通貨交換業協会のデータによると、2017年度の取引高は、現物と信用取引等合わせて約69兆円と昨年度の約20 [続きを読む]
  • bitFlyer(ビットフライヤー)が選ばれる3つの特徴とは?
  • 日本有数の取引量を誇る仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」。ビットフライヤーはビギナーから上級者にいたるまで、数多くの仮想通貨トレーダーに利用されています。日本の大手仮想通貨取引所として存在感のあるビットフライヤーですが、なぜその他の取引所を差し置いて、日本有数の取引所となったのでしょうか?他の取引所とはどのような違いがあるのでしょうか?ここでは、ビットフライヤーがなぜ多くの仮想通貨トレ [続きを読む]
  • 米Coinbase社:銀行ライセンス取得へ向け規制当局と協議か
  • Coinbaseが銀行ライセンス取得へ向け動く 米大手機関紙のWSJは、Coinbase社が銀行ライセンス取得を進めるべく、米規制当局との協議を行なったと報道しました。同社は、規制当局と協力関係にあり、同社のサービス、プロダクトについても適切なライセンスの下で提供していくとの見解を示しています。 銀行ライセンス取得までの険しい道のり 同社が銀行ライセンスを取得することによ [続きを読む]
  • JPモルガンが暗号資産戦略部門を創設
  • 米大手銀行グループのJPモルガン・チェースが、暗号資産戦略部門を創設することを発表しました。積極的な仮想通貨の取引ではなく、新たな仮想通貨プロジェクトを見つけ出し、その指揮を執るのが役割となるようです。 [続きを読む]
  • クラウドマイニング企業Genesis Mining:ウォーレン・バフェット氏を揶揄する広告を打ち出す
  • ジェネシスマイニング社がビットコイン支持キャンペーン開始 クラウドマイニング企業であるジェネシスマイニングは、仮想通貨に否定的なコメントを発表した世界的投資家ウォーレン・バフェット氏を揶揄する広告掲示板キャンペーンを開始しました。GoogleやAmazonに投資しないという、バフェット氏の過去の判断ミスを指摘しています。 最も人気のあるクラウドマイニング企業であるジェネシスマイニ [続きを読む]
  • 仮想通貨取引所Yobit(ヨービット)の特徴・評判・取扱通貨・登録方法は?
  • 海外には数百種類もの仮想通貨を取り扱う取引所がいくつかあります。日本でも有名なBINANCE(バイナンス)が約80種類、Bittrexが約200種類、Poloniexは約70種類とその数は、日本の取引所とは比較になりません。有力な情報を入手しても国内の取引所では購入する事ができない通貨が多数あるため、日本人ユーザーの方も海外の取引所を利用する人が沢山いらっしゃいます。通貨を購入する際の手数料や取り扱う通貨の種類、各種サービス [続きを読む]
  • bitpointが6カ所目の海外取引所設立|CoincheckやbitFlyer等国内取引所の海外進出意欲高まる
  • bitpointがマレーシアで取引所サービスを開始 これでbitpointは6カ所目(香港、韓国、中国浙江省、台湾、サモア、マレーシア)の海外取引所を設立したことになります。 CoincheckやbitFlyerも海外進出へ意欲的 コインチェック有するマネックスグループの松本CEOは、仮想通貨事業の海外展開を検討している、とブルームバーグが報じ、bitFlyerはアメリカとヨーロッパで事業を開始し [続きを読む]
  • トム・リー氏:コンセンサス2018のBTC価格の強気予想外れる|価格上昇を妨げた理由とは
  • Thomas Lee氏、コンセンサス期間中のBTC価格上昇を予想 ファンドストラット共同創業者のトム・リー氏は、2017年のコンセンサス会議後にビットコイン価格が大幅上昇した事に触れて、2018年のコンセンサス会議期間中にも価格は上昇するだろうと予想しました。同社は仮想通貨価格に対して強気の予想をすることで知られています。 BTC価格は上昇せず/リー氏の仮想通貨に対する姿勢は依然として [続きを読む]
  • BNBが20%価格上昇、紹介ボーナスの倍増が影響か|相次ぐ取引所トークンの高騰
  • Binanceが紹介ボーナス制度の変更:BNBの大きな買い圧力へ Binanceは、新紹介報酬制度の導入を発表し、500 BNBを保有しているユーザーの報酬を従来の「手数料の20%」から倍増するとしました。紹介報酬の獲得を狙うユーザーがBNBトークンの買いに走り、今回の高騰に繋がったものと思われます。 急騰が相次ぐBNBトークン 5月は、いわゆる取引所系トークンが軒並み高騰しています。Hu [続きを読む]
  • 仮想通貨Nucleus Vision(NCASH)の特徴、価格、将来性、取引所は?
  • 2018年2月26日に世界最大の仮想通貨取引所Binanceに上場したばかりのNucleus Vision(NCASH)は、ハーバード大学発の仮想通貨として、多くの人の関心を集めています。注目のNucleus Vision(NCASH)とはどんなコインなのか、その特徴や価格と将来性、取り扱っている取引所について分かりやすく解説します。仮想通貨Nucleus Vision(NCASH)の特徴Nucleus VisionとはNucleus Visionとは、2014年にハーバード大学で設立の小売業者向 [続きを読む]
  • コインチックに上場廃止される仮想通貨・・・
  • 32: 2018/05/18(金) 14:00:32.04 ID:7E72TLnq廃止日:2018年6月18日 詳細内容:Coincheck上における一部対象仮想通貨の売買、入出金、保有、当社への貸し出しの廃止 対象通貨:XMR、REP、DASH、ZEC 1:取り扱い廃止に伴い、廃止日に保有している対象通貨は、市場価格で売却し、日本円に転換されます。 2:売却で取得する日本円は、Coincheckアカウントの残高に反映されます。 3:本案内により多数の送金申請をいただいた場合、 [続きを読む]
  • 欧州トップのブロックチェーン友好国スイス:自国発行デジタル通貨「eフラン」調査へ
  • スイスが自国発行通貨「eフラン」調査 ブロックチェーン友好国として知られるスイスが、自国発行のデジタル通貨「eフラン」についての調査を始めました。しかし、スイス国内でも政府発行のデジタル通貨に対しては賛否両論です。 ブロックチェーン企業設立に適している欧州10カ国でスイスがトップ BlockShow Europe 2018が発表した調査結果で、ブロックチェーン企業設立に適してい [続きを読む]
  • 仮想通貨取引の便利アプリAndroid編!Google Authenticatorの特徴や使い方は?
  • 世間を賑わしたNEM流出事件からも分かるように、仮想通貨の取引において重要なのは、取引所やアプリのセキュリティです。セキュリティ能力の高さを訴える取引所やアプリも多くありますが、自分で取引用端末のセキュリティを高められるのなら、それに越したことはありません。 ここで紹介するGoogle Authenticatorは、そういったことができる画期的なアプリです。パソコンやスマートフォンのようなデジタル端末に、ハイレベルなセキ [続きを読む]
  • 【格付け】中国政府下の産業情報機構(CCID)が第一回仮想通貨格付けを発表
  • 2018年5月に中国の政府機関の監督下にある産業情報機構CCIDは独自の評価基準で仮想通貨の格付けを行い発表しました。 この格付けは世界で初めて月ごとに公表される技術重視のランキングです。 28種類の仮想通貨が「基本技術...The post 【格付け】中国政府下の産業情報機構(CCID)が第一回仮想通貨格付けを発表 appeared first on CRIPCY. [続きを読む]