ゆうた さん プロフィール

  •  
ゆうたさん: 女子力アップの方法を偉人の名言から学ぶ!
ハンドル名ゆうた さん
ブログタイトル女子力アップの方法を偉人の名言から学ぶ!
ブログURLhttp://josiryoku7.hatenablog.com/
サイト紹介文偉人の名言を女子力アップに生かすコツを語っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 145日(平均5.7回/週) - 参加 2018/02/25 10:22

ゆうた さんのブログ記事

  • 曖昧な言葉はやめよう!
  • ・・とか。や・・など。と言うとどこかはっきりしない印象ですよね。自信ない言葉遣いは女子力低いと思われてしまいます。例えばハンバーグを食べようと尋ねられたら。ハンバーグで良いかもって言ったらどこかはっきりしないし本当にハンバーグが良いのか相手も不安になってしまうだろう。もしハンバーグが良いならはっきりハンバーグが良いと言いきろう。他に自分が食べたいのあるならハンバーグも良いがトンカツも食べたいとはっ [続きを読む]
  • 食べ物の誘惑に負けない。
  • ダイエット失敗は良く聞くが結局は一日の消費カロリー以上に食べてるからです。当たり前なことだが分かってても食べる快感に負けてるだけの弱い心。一時的な食べる快感のために体重増加という大きな代償を得てしまう。食べ物の快感に負けてるのだから心が弱いとしか言いようがない。「どんな美味しい食べ物でも、痩せているという快感にはかなわない。」 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ケイト・モス (モデル)一時的な食べ [続きを読む]
  • ムカつくとウザいを使うと性格悪く見える。
  • ムカつく、ウザいは腹立つと言いたくなるがこれを余りに多様すると・・。性格悪いって思われる。こんな言葉日常で聞いたら誰でもひく。男性でさえこの女は性格悪いって思われる。恋を自ら遠のかせるだけだ。「成長を阻むものを見つけ出し、なんであろうと取り除かなくてはいけない。」- ジーン・シノダ・ボーレン -(日系アメリカ人の女性精神科医、作家)ムカつくとウザいって成長を阻む汚いって言葉は当然取り除きべきだ。何で [続きを読む]
  • たまにはカフェでくつろいでみよう。
  • いつも忙しいかったり落ちついてない状態ならカフェで一息つきましょう。ちょっとカフェでコーヒーを飲みながらくつろぐ事が出来ればとてもスッキリした印象を与えます。余裕もなく動き回ってるよりずっと落ち着きあって上品な印象となる。カフェでゆったりしてる女性を見るととても品があり美しく見えるんです。「明日が素晴らしい日だといけないから、うんと休息するのさ・・。」スヌーピー偉人と言って良いほど女性に人気な漫画 [続きを読む]
  • 周りが不快になる程騒ぎ過ぎない。
  • 自然の中の小鳥のさえずりはとても癒される。女性の騒ぎ声はどうか?癒されるはずない。不快なだけ。電車は飲食店でつい大声で騒ぐようなら今すぐ辞める事だ。何と男性の8割が騒ぐ女は嫌だってデータもあります。騒ぐだけで良い恋愛も逃げるって事です。理由は周りに気を使わない、空気を読めない。まあ、ちょっとだけ考えれば分かると思います。「垣根は相手がつくっているのではなく、自分がつくっている。」 アリストテレス 古 [続きを読む]
  • 休日は身体を動かそう。
  • 休日だからってゴロ寝してお菓子を食べる。こんな女子には到底女子力アップは望めない。いくら休日だからってダラダラ過ごしたら心までダラけちゃう。ついついゴロ寝しちゃう習慣あるなら身体を動かそう。といっても何もマラソンで42.195キロ走れなんて言わない。少し散歩するだけでも良い。身体を動かせば休日はスッキリした気分になるし身体も元気になる。「心と体が健康であって、初めて美しい人が作られる。」下村朱美日本の経 [続きを読む]
  • 強気過ぎてはダメ!
  • 強い女子はカッコいい。確かにカッコいいってのはある。だが、そこに落とし穴がある。強い女ってか弱いよりたくましい。ただし、それを勘違いした行動はダメだ。男性のアンケートにネットであったのだが高飛車だったりプライド高かったり。これらは非常に評価が悪い。これでは恋も実らないだろう。「思いやりのない言葉ひとつでつぶされてしまうなら、それは才能じゃないわ。」- マリアン・ムーア -(米国の女性詩人 / 1887〜197 [続きを読む]
  • 神社へ行って心をスッキリさせよう
  • いつも癒しが欲しいと思ってるなら神社やお寺に行くのを勧める。初詣、夏祭りだけでなく習慣化できれば素晴らしい。「過去の過ちを悔い改めた人は、すでに生まれ変わっているのです。いつまでも責めることは、無実の人を責めることと一緒です。」ジョセフ・マーフィー 神社やお寺に行く習慣が出来れば。いつまでも自分を責めるなんて事をせずにスッキリ出来るでしょう。神社に行く習慣が身につけば自然とスッキリした心になれ素直 [続きを読む]
  • ちゃんと努力しよう!
  • 根性論述べる気はないがやはり努力は外せない。全く当たり前過ぎるが努力なしに女子力アップなんてありえない。努力なくていっきに女子力アップなんてのはないと言う事です。何も努力しないとか世の中に宣伝されてるが何も努力せずに得られるなんてのはない。「つらい道を避けないこと。自分の目指す場所にたどりつくためには進まなければ。」キャサリン・アン・ポーター全くその通り。ダイエットするにも目標達成するには運動や食 [続きを読む]
  • 暑い時こそシャキッとしよう!
  • もうすっかり夏の天気。暑くてダラけたくもなるがこんな時こそシャキッとしよう。確かに異常に暑いとダラけたくもなる。それは分かる。だが、ここが恐ろしさ。ついつい自宅でダラけてそのダラけた状態で外に出たら自身が恥をかくことになる。逆に言えば皆がダラけやすい夏にシャキッと出来たなら女子力高いと思われて評価が高まる。夏はいろいろイベントなど外に出る機会も多いからこの時期にシャキッと出来たなら数倍得するだろう [続きを読む]
  • 内面を美しくなりたければ芸術に触れよう。
  • 女子力は外面より内面が大事と何度も述べたか一体どうすれば内面綺麗になるんだ?いきなりさあ内面を綺麗にしようとしてもそんな簡単ではないですね。簡単で継続しやすい方法が映画や芸術に触れて美しい女性を目指しましょう。女性が美しく描かれてる作品はとても参考になります。ローマの休日なんか古いがおススメ。自由気ままな恋なんか参考になりそう。ただ芸術とは言ってもホラー映画など過激なものは控えよう。あまり過激なも [続きを読む]
  • 心をクリアにしよう!
  • 女子力って外見だけじゃない。いや、むしろ内面のが大事。心に悩みや不満、不安などがあると、その雰囲気が外側にも伝わってしまいます。結果、心が乱れてる人には近寄りがたい印象を与えてしまう。運も人も逃げてしまい損だ。とは言っても一体どう心と向け合うべきか?「打てない時期にこそ、勇気を持ってなるべくバットから離れるべきです。勇気を持ってバットから離れないと、もっと怖くなるときがあります。そういう時期にどう [続きを読む]
  • 身の丈に合わない服装はやめよう!
  • 女性なら誰もが綺麗な服を着たいと思うだろう。だが、自己満足で周りが身の丈に合わないって思われたら女子力低いって認定されてしまう。実際の声です。某サイトから抜粋。・「街中を歩いているときに見かけた40代くらいの女性がミニスカートをはいていたこと」これは痛い。40代のミニスカートはちょっと見たくないかも。40代には40代に合う服があるはず。・「出かける場所によって服装を変えること。都心への買い物で普段近所を歩 [続きを読む]
  • 帰りはダラダラせずきっぱりと帰ろう。
  • ダラダラしてるのは時間がもったいない。特に無駄に知人だとしてもどうでも良い話をダラダラ話すのは時間を浪費してるに過ぎない。そんな時は単純だが「すみません、○○時から用事があるのでまた後日お話を聞かせてください」と伝えましょう。最後に「続きのお話、次回楽しみにしています」「また今度ゆっくり聞かせてくださいね」と一言添えるだけで、相手も心地良く納得してくれます。「この地上で過ごせる時間には限りがありま [続きを読む]
  • 女子力アップは美人でなきゃいけないわけでない。
  • 勘違いしてる人は多いかもしれないが女子力アップってスタイル良くして美しくなれば完璧って思うかもしれない。確かにダイエットなどスタイル良くする事も女子力アップではあるが・・。太った女性のままじゃ女子力低いのか?いや、それは全く違う。「自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。」ビル・ゲイツ ご存知でしょうがマイクロソフト社の創業者。この名言が生まれたの背景はマイク [続きを読む]
  • 太りたくないなら食べるな。
  • 当たり前だ。痩せたいとか言っても食ってりゃ痩せるどころか太るだけ。食べるだけ食べて太ったとか泣いても誰も共感するはずない。単に意思が弱くダラシない女としか思われない。「もし太りたくないなら、食べ物のない子供のことを考えなさい。そうすれば、太るほど食べられません。」オードリー・ヘップバーン ヘップバーンと言えば「ローマの休日」。今でもトレビの泉や真実の口などを見れば「ローマの休日」をイメージする程に [続きを読む]
  • 女子力アップには優しさを出そう。
  • 女子力アップで女性の優しさは外せない。女性の優しさってかなり重要です。優しさを制せば女子力で勝てると言っても過言ではない。美人だがいつも無愛想で優しくない女性を好きになりますか?まあ、男女共に関わりたくないでしょう。当たり前ですね。優しさを忘れた女性は厳しいが女子力アップ望めない。逆に美人でなくとも優しさを極めれば女子力高いって高評価をされるチャンスありですよ。「強くなければ生きられない。優しくな [続きを読む]
  • お酒の飲み方次第で女子力はダウンする!
  • これからはビールが美味しい季節。ビールを美味しく飲みたい気持ちはあるだろうが飲んでる時の振る舞いを気をつけよう。不快な振る舞いといってちょっと考えれば分かると思うような事に注意すれば良いんです。いきなりたくさん早いペースでガブ飲みすればかなりヒンシュク買います。特に男性が居たら冷めるでしょうし恋愛対象にならない。飲むならもうちょい派手に飲まずに上品に飲もう。さらに飲んで荒れて人に絡んだりももちろん [続きを読む]
  • 男性を見下す発言すれば恋は遠ざかる。
  • いつも「良い男居ないよね。」や「誰かカッコいい男紹介して。」なんて言ってないだろか?聞いた男性は。「はっ、何様のつもりだ!男を馬鹿すんな!」ってなります。当たり前か。本人は何気無く言ってて男性への害に気づかないかもしれないが・・。かなり腹が立って噴火しそうになるレベルの最低な発言です。いつも「良い男居ないよね。」なんて言う人に良い男が好むはずもない。良い男でなく駄目な男か遊びたい男しか寄って来ない [続きを読む]
  • いろいろ興味持つ事と飽きっぽいのは違う!
  • 次々と新しいことに興味を持つことは決して悪いことではないです。いろいろ興味持つ事でいろんな楽しみや発見がある。ただ、しばらくやって辞めてはまた違う事に次々とやっては辞めての繰り返しなら問題だ。それは単に飽きっぽい人と評価されてしまうだろう。「継続は力なり。」住岡 夜晃良く聞く言葉だが讃嘆の詩の中で語られてる。「念願は人格を決定す 継続は力なり」やると一度決めたらすぐに変えない。とにかく他の事をやる [続きを読む]
  • 妬みは害しかない。
  • 他人を妬んでないでしょうか?全く特になりません。まず良くない理由は妬んで居れば当然いつもイライラ。自分の体調が優れない一方。さらにいつも妬んでばかりいる女に関わりたくないって思われる。愚痴ばかり聞かされそうだし妬みの対象に自分がされんじゃないか?って思われちゃう。美も人も逃げちゃう。「妬みによって幸福になる人間はどこにもいない。」 バルタサル・グラシアン まさにその通りだ。一番良い方法は妬みのエネル [続きを読む]
  • 明るさとうるさいのを間違えるな!
  • 明るい女性ってとても周りの雰囲気を良くしますし皆のモチベーションも上がります。ところがこの明るさとうるさいを間違えると大変な事に。極端に言えば単にうるさい人は周りの人の事を考えない人です。お葬式や結婚式で馬鹿騒ぎをしたりする人は単にうるさい人。状況に応じた喋り方、状況に応じた態度ができずかつ自分が楽しむ事しか考えない。「他人に花をもたせよう。自分に花の香りが残る。」 斎藤 茂太 (日本の精神科医、随 [続きを読む]
  • もっと単純に考え女子力アップしよう!
  • 女子力アップって難しい?いえ、そんな事はない。物事を難しく考えるからイライラして前に進まないんです。とりあえず、単純に考えちゃおう。女子力アップは笑顔で接するや運動のために歩くなど簡単なものもたくさんある。まず簡単な女子力アップ法をやろう。「単純なことを完璧にやり続ける忍耐力の持ち主だけが、偉大なことを成し遂げる。」フリードリヒ・フォン・シラードイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶド [続きを読む]
  • 悩んだり退屈し始めたらとにかく身体を動かそう。
  • この時期って何か気が抜けますよね?何かもうジメジメしてやる気でない。もう5月終盤で梅雨の時期も近い。何かやる気出ねーって気分になっちゃいますよね。そんな時は身体を動かそう。思い切り身体動かせば嫌な事、悩みもいつのまにか吹き飛んじゃう。グズグズしてんならとにかく身体を動かそう。「思い切って毎日の仕事をすっかり忘れ、別な世界を積極的に作ってみることも心の健康を保つためには大切です。良い仕事をするために [続きを読む]
  • しっかり自分の意思を持とう。
  • 女子力アップにいろいろ参考にするのは良いが結局いろんな物に惑わされてる。例えばダイエットにしても骨盤ダイエット、水ダイエットなど多数あるが全てに手をつけて結局中途半端で成果がでない。しっかりひとつを貫く事が出来ないから上手くはいかないんです。「あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。それは他人の考えた結果で [続きを読む]