清濁思龍 さん プロフィール

  •  
清濁思龍さん: 独覚Net
ハンドル名清濁思龍 さん
ブログタイトル独覚Net
ブログURLhttp://seidaku.seesaa.net/
サイト紹介文無師独悟の覚者と、その卵達へ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 177日(平均3.7回/週) - 参加 2018/02/25 22:42

清濁思龍 さんのブログ記事

  • 修道記 その19
  • 今朝は五時半に起床。そして、いつもの様に坐禅と立禅を行いました。低い姿勢(架式)の立禅は、足の筋肉を限界まで酷使するので、終わった後は立つのがやっとの状態になります。その直後に栄養補給をすると、疲労した筋肉が回復するまでの時間が短くなります。栄養補給をするには何が良いかと、豆乳やら、バナナやら、目玉焼きやら、色々と試してみましたが、今は成分無調整の牛乳を試している所です。ただ牛乳をガブ飲みするだけ [続きを読む]
  • 修道記 その18
  • 今朝は五時半に起床。いつもこうでなきゃいけません。まだ眠かったけど、ほぼ惰性でいつもの様に座具に坐り、坐禅をしました。正直、まだまだ習慣にはなっていませんねー。だって、サボりたいもの(汗)今の私の足は、大体10分程で下にしている方が痺れて来るので、間にストレッチを挟み、足を組み替えて坐り続けています。足の組み替え無しでも20分くらいなら坐っていられますが、その後に痺れ地獄が待っているので、そこまで [続きを読む]
  • 修道記 その17
  • 今朝は5時半に目が覚めましたが、そのまま2度寝しました。だって、昨晩寝たのは深夜の2時だったんだもの、そりゃあ眠いよ。こんな事をやってちゃあダメだとは思うのですが、一応、それなりに理由というものがありましてね・・・。まあ、あれですよ。昔で言うチャット、今でいうLineという奴で、少しばかり話し込んでしまったのです。昨日は丸一日、完全に修行をサボってしまったので、今日は取り返すべく頑張って修行をしないと [続きを読む]
  • 修道記 その16
  • 今日は9時半に起床。我ながらダメダメですな。昨日の日中は、右寄りな人達でごった返す靖国神社で歩き回ったり、炎天下で1時間近く行列待ちをした挙げ句、夜は古い友人とハシゴ酒。帰宅したのは夜の12時で、シャワーを浴びた後に書きかけの日記を書き上げて、就寝したのは夜の1時過ぎ。そう考えると、9時半の起床は仕方の無い事かもです。昨晩に飲んだ酒の量は、生中を三杯に、日本酒二合。この程度では二日酔いにはなりませ [続きを読む]
  • 修道記 その15
  • 今日は五時半に起床。でも寝足り無かったので、1時間ほど余計に寝ました。6時半頃に再び目が覚めたので、今度こそ起床。それでもまだ眠かったので、顔を洗って口をゆすぎました。そして座具に坐って坐禅。朝日に向かって坐るのは、実に気分が良いものですな。修行の成果が出て来たのか、僅か数呼吸で丹田をキメる事が出来たので、ちょっと嬉しかったです。あまり調子にのって坐禅すると立禅がおろそかになるので、大体20分ほど [続きを読む]
  • 修道記 その14
  • 今朝は七時半に目が覚めました。でも、ちょっと遅いですね。もっと早起きにならないと。もそもそとベッドから這い出して、いつもの様に座具に坐ります。まだ習慣と言えるほど当たり前にはなっていないので、努力の傾向というか、自分自身に無理強いをしている感じがあります。それでも坐禅を始めると、呼吸がストンと肚に落ちる様にはなってきました。コツ・・・などと言うものを、私なんかに語る資格があるのか激しく疑問ですが、 [続きを読む]
  • 修道記 その13
  • 今朝は6時40分に起床。でも、昨日の疲れが残っていたので、もう1時間寝る事にしました。「イジメについて その3」の記事は、どうしても昨日の内に書き上げてしまいたかったので、少々無理をしました。でも、そういう書き方は良くないですね。変な情熱の燃やし方をしても得るものは少なく、失うものの方が多いです。と言う訳で、疲労の残る重い体を引きずる様にして座具に座り、30分ほど坐禅をしました。ここ数日は坐禅と言 [続きを読む]
  • 修道記 その12
  • 今朝は6時に目が覚めましたが、質の悪い夢を見た所為で修行をする気になれず、そのまま二度寝をしてしまいました。どんな夢を見たのかというと、私の社会人としての命を終わらせた、元上司の夢です。旧ブログの記事では、奴に対する怨念を遠慮無くブチ撒けていましたが、独覚Netで奴の事について語るのは、これが初めてです。今までは身バレする恐れがあったので、突っ込んだ話は出来ませんでしたが、割と重要な話なので、いつか [続きを読む]
  • イジメについて その3 
  • ※長編です。学生時代に経験したイジメは大した事がありませんでしたが、社会に出てからのイジメは洒落になりませんでした。高校を卒業して、ある企業に入社するまでは良かったのですが、そこで待ち受けていたのはヤクザみたいなおっかない先輩達でした。その先輩方にも酷くイジメられましたが、最終的には上手く付き合える様になったので、その話は割愛します。洒落にならないイジメは、仕事にも慣れてきた25才の頃に、ある上司 [続きを読む]
  • 修道記 その11
  • 今朝は五時に起床。昇る朝日と共に目が覚めました。やったね!この調整をする為に、昨晩はワザと酒を飲みました。そのおかげで坐禅、立禅、剣術の修行とブログの記事を書く事が出来ませんでしたが・・・それはまあ、仕方ないですね。何だかんだ言っても、既に生活習慣に酒が組み込まれていたんだなぁと実感させられましたよ(汗)昨日の夕飯の話ですが、夕方の5時頃から準備を始めて、途中でスーパーに買い物にいったんですね。で [続きを読む]
  • 修道記 その10
  • 今朝は6時に起床。もうダルさは感じません。そのまま座具に直行して、30分ほど坐禅。でも、あまり気持ち良くはなれませんでした。と言うか、木製の座具が尻肉に食い込んで、やたらと痛いです。その後、立禅。こっちもイマイチ。今日は調子が悪い様ですねぇ・・・。何か消化不良な感じがするので、木刀の素振りをした後、プッシュアップバーを使った腕立て伏せと、腹筋(クランチ)をしてから、公園の鉄棒で懸垂をしました。うむ、 [続きを読む]
  • 修道記 その9
  • 今朝は9時半に起床。何だかとても体がダルいです。動けないってほどではありませんけど、動きたいとも思えません。ホント、何なんだコレ。しかし、思い当たるフシが一つあります。それは、ヘミシンクの流しっ放しです。ヘミシンクとは、周波数の異なる音源を聴く事で右脳と左脳の脳波を同調させて、何らかの効果を得ようというものです。その効果は多岐に渡り、ヒーリングから意識の変容、果ては幽体離脱による異世界旅行まで可能 [続きを読む]
  • 修道記 その8
  • 今朝は8時に目が覚めました。ヤバいです、生活習慣が会社で働いていた頃に戻って来ています(汗)ここ数日、興が乗って何時間もぶっ通しで作業してた所為でしょうか。折角とれた目の隈も復活してるし・・・。やはりPCでの作業は、キチンと休憩を挟まないとダメですな。昔の人は言いました。ゲームは一日一時間。べいべ。でも、朝の坐禅は絶好調でした。足を組み替えながらですが、合計40分間、楽しみながら坐れました。坐禅すると [続きを読む]
  • 修道記 その7
  • 今日も6時40分に起床。寝たのが夜の2時頃だったので、ハッキリ言って寝不足です。夜更かしの悪い習慣が、鎌首をもたげて来ましたね。10年以上、いや、ネトゲにハマっていた頃は徹夜する事も多かったので、実質20年近い夜更かしの実績を積み上げてきた事になる訳ですか・・・。これを叩き直すのは、かなり難しい事の様な気がします。でも、早朝4時起きの生活に慣れないと、禅寺で修行する事など叶わないので、頑張るしかないですね [続きを読む]
  • 修道記 その6
  • 今日は6時半に目が覚めました。昨晩寝たのが11時頃だったので、睡眠時間としては十分な筈ですが、スッキリ目覚めるという感じではありませんでした。グッスリ寝て、バッチリ目覚めるのが理想な訳ですけど、なかなかそうはいかないものですなぁ・・・。眠い〜とか思いながら、とりあえず寝起きの坐禅をしたのですが、今朝は興が乗ったので20分ほど坐る事が出来ました。呼吸によって丹田を刺激すると、一呼吸毎に全身に気が満ち [続きを読む]
  • 修道記 その5
  • 今日は7時に目が覚めました。でも、昨晩(というか今日)寝たのが夜の2時だったので、まだ眠いです。眠いけど目が覚めてしまったので、とりあえず坐禅を組みました。正直、あまり集中出来ませんでしたが、少なくとも坐禅中に居眠りをする事は無かったので良しとしましょう。足を組み替えつつ両足とも痺れるまで坐禅をして、痺れが取れるまでストレッチをしてから立禅に移行しました。私は気功の専門家ではありませんけど、一応「 [続きを読む]
  • 修道記 その4
  • 今日は六時半に起床。目が覚めても布団が(ってかベッドだけど)恋しくて離れられなかったけど、気合いで起床。そして、眠い目をこすりながら、坐禅。部屋をワザと暗いままにして、坐禅をしました。個人的には、真っ暗な部屋で坐禅をする方が、上手く行く様な感じがします。具体的には上手く言えませんけど、気持ちが乱れないと言うか、何と言うか。私はADHD(注意欠如・多動症)寄りの発達障害なので、基本的に心を落ち着かせるの [続きを読む]
  • 修道記 その3
  • 今日は朝4時に目が覚めたけど、まだ眠かったし睡眠時間も足りていなかったので、二度寝をしました。寝るより楽はなかりけり。何の憂いも無く眠りこける幸せ・・・っつー奴ですかね。こんな心安らかな時間を過ごせる様になったのは、サラリーマン時代に蓄えた貯金のおかげです。まあ、こう考えると、ちょっと微妙な気持ちになるのですが(汗)二度寝して目が覚めたのは、朝の六時頃。昨日、帰宅して就寝したのが11時半だったので [続きを読む]
  • 修道記 その2
  • 今朝は七時に目が覚めましたが、何か眠かったので布団の中でもぞもぞしてました。しかし、これじゃいかんと思って、えいとばかりに気合いを入れて飛び起きて、坐禅を組みました。最初は眠くて仕方ないのですが、真剣に丹田呼吸に打ち込めば、眠気は何処かに吹き飛びます。そもそも、寝不足では無いですし。寝起きは体が硬いので、呼吸をする時に変な所が力んだり、強張ったりするものです。上体・絶対柔軟の原則を忘れずに、ゆっく [続きを読む]
  • 修道記 その1
  • 本日は朝八時に自然起床。何の憂いも感じない、素晴らしい目覚めでした。まずは仕事と人間関係のストレスで消耗し、酒で弛んだ体を鍛え直す事から始めなければいけません。寝ぼけ眼(まなこ)のまま、座具に座って坐禅を組み、丹田呼吸をしました。時計を見ていないので正確な時間は分りませんが、多分、10分くらい坐ったと思います。その後、軽くストレッチを行ってから15〜20分ほど立禅(站椿功)を行いました。ここ1〜2年は仕事 [続きを読む]
  • 今日で全てが終わり、変わり、報われ、始まる。
  • さきほど、私の会社員としての人生が終わりました。そして、これから年休消化に入ります。まあ、誰かさんの所為で、半分しか消化出来ませんがね(怒)今は会社の事なんか思いだしたくも無いですけど、何年かしたら、これも笑いが取れるネタになるのかなって思います。少々早い退職の祝い酒を飲みながら、ちょっと呆けているわたくしですが、それも今日までの事。明日からは、行者としての人生が始まります。少々年を取り過ぎている [続きを読む]
  • 仏教と、祈り
  • 釈迦世尊は、いわゆる「信仰」というものがお好きでは無かった様で、私を信仰の対象とするなとか、妄信せずに確かめろと言い残しています。その世尊の教えを正しく守り、伝えていこうとするならば、僧侶は教えを分析し、実践する、学者の様な存在になる筈です。 しかし、南伝・北伝を問わず仏教の僧侶は信仰する者であり、祭祀を司る者であり、民衆に寄り添う者としての側面が強く出ています。何故そうなったのかというと、それは [続きを読む]
  • 出家と冥想
  • 古代インドで成立した初期の仏教は、釈迦世尊が編み出した「サマタ冥想・ヴィパッサナー冥想(止観冥想や止観行とも言う)」によって煩悩を滅して悟りを開けと説く、冥想主体の体系です。 煩悩が滅していくと、心は鏡の如く磨かれます。修行の完成は煩悩の断滅であり、心の完成です。 そして心の完成は、冥想によって成ると説かれています。 逆を言うと、冥想をしないと心が磨けず、煩悩にも打ち勝てないという事になります。そ [続きを読む]
  • 釈迦世尊が悟るまで
  • 以下は飽くまでも管理人個人の見解です。管理人は仏教学者ではないので、学術的なツッコミはご勘弁下さい。約二千五百年以上前に、今はネパールと呼ばれている地域にあった王国で、ゴータマ・シッダールタという人物が誕生しました。ゴータマ氏は王族の第一子で、後に王となる筈の人物でした。彼は当時の最高学問を修め、最高レベルの贅沢を味わいながら暮らしていたものと思われます。しかし、ゴータマ氏は成長するにつれて、老・ [続きを読む]
  • 年休消化は戦いだ!?
  • 退職の時が近づき、年休消化に入ろうとしているのですが、事が上手く運ばなくてドタバタしているかんりにんですおはようございます。いやぁ、やっぱり頭の出来が良くても、チンピラはチンピラに過ぎませんなぁ。全く、この一言に尽きますよ。まさか年休消化を妨害してこようとはねー。国と労基が黙ってねーぞこれ。ゲーム感覚で人様に損害を与えておいて、知らん顔してワガママを通す。勝ち負けのスリルと、下らない優越感だけが生 [続きを読む]