みちくさ さん プロフィール

  •  
みちくささん: 中古住宅 買い換えました
ハンドル名みちくさ さん
ブログタイトル中古住宅 買い換えました
ブログURLhttp://fanblogs.jp/myhomestories/
サイト紹介文中古住宅から中古住宅へ引っ越しの体験談。 3年以上かけて探し続けて、引っ越しを決めました。
自由文探している間の物件探し、不動産屋さんとのやり取り、1件目の売却、買い替えの金額交渉、確定申告などの回想。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 91日(平均8.0回/週) - 参加 2018/02/26 08:57

みちくさ さんのブログ記事

  • 実質的な強制的集金の町内会の赤十字寄付
  • 僕は、比較的助け合いには理解がある方だと自分では思っている。駅立ちの募金に小銭は入れるし、コンビニレジ脇の募金箱に小銭も入れる高齢者施設のボランティアに参加経験もあるし、海岸ゴミ拾いなども参加したことがある献血も年に2、3回は行っている。そして、24時間テレビも本当は楽しみにしている。そんな僕ではあるが、前から疑問に思っていることがある。自宅に訪問に来る赤十字の集金です。顔見知りでもない町内の人が突然 [続きを読む]
  • 適正な相場把握が売買成功の第一歩
  • ネットの不動産情報サイトにずっと情報の乗り続けている中古住宅物件があります。物件自体に特徴がなくて、よく言えば、どんな家族でも妥協して購入してもおかしくないような物件です。反対に悪く言うと、購入する大きなメリットがない物件です。この物件、購入にあと一押しするのであれば、価格でメリットを出すしかないと思います。今のところ、掲載価格も安さを感じるようなものではないので、成約させるためには、あと少し売主 [続きを読む]
  • 築年数に比例しない家の傷み
  • 中古住宅に狙いを定めて家探しをしていて、何件かの家を見ていて思ったことです。同じ築年数の家でも、物件によって、傷み具合が全然違います。同じ築年数で傷み具合が変わってくる原因は、一つ目は、立地です。海が近い、周りを山に囲まれているなど、強風が当たるなどの自然の条件はやむをえません。海風は金属を錆びさせますし、山に囲まれていると湿気がこもったり、落ち葉が堆積して悪影響があったりします。風当たりが強けれ [続きを読む]
  • 荒れ放題の家の隣のリスク
  • 家を探していると、いろいろな家の外観も注意してみるようになります。新聞、テレビ等で、空き家問題が言われていますが、確かに歩いていると、空き家と思われる家がいろいろなところにあります。同じ空き家でも、手入れはきちんとされているところと、そうでないところがあります。空き家になっている家の所有者は、別に住んでいるわけで、自身の生活に関係ないので空き家の様子は、関係ありません。外壁が傷んでも、植木が大きく [続きを読む]
  • 火災保険の値上げ
  • 集中豪雨、異常な暑さ・寒さ、大雪、地震、噴火、崖崩れ異常気象と自然災害が多発している。そんな予想できない自然災害に備えるのが、火災保険です。火災保険は、通常の火災のほかに契約内容によりますが、自然災害にも適応されるものがあります。新聞にこれらの火災保険料が値上げされるとの記事が出ていました。台風、大雪、豪雨などで、保険支払いが増えているための対応らしいです。体感的にも、皆が異常気象をわかっているか [続きを読む]
  • 不動産購入後の揺れる想い
  • 不動産は、普通は、一生のうちに一度、もしくは、数回しか購入することのない大きな買い物です。大きな買い物であるがこそ、購入した後に、今回の購入の判断は本当に正しかったのか?と後悔することもあるかと思います。住み始めて、家のつくりで不満なところを見つけてしまったとき。金額的にもっと良い条件の物件を見つけてしまったとき。(不動産は全く同じ条件のものはないので、比較は本当はできないはず。)自分や家族の勤務 [続きを読む]
  • 町内会費を取りに来た。
  • 先日、休日の朝9:00ころ、初老の男性がうちのチャイムを鳴らした。インターフォンのカメラで見ると、見たことのない人でした。まだ、顔も洗っておらず、寝巻の状態なので、悪いが居留守をさせてもらった。翌日、再びその男性が訪れる。やはり同じ時間。こちらの状況も同じように寝起きであるため、応答しませんでした。そして、翌日、僕は、仕事で不在の間に妻が在宅していたところ、チャイムが鳴ったそうです。やはり、カメラに [続きを読む]
  • 夜9時に自宅に帰るとNHKの人が待っていた
  • 会社の同僚から聞いた話です。この同僚は、半年ほど前に賃貸のアパートに転居をしたそうです。何度か過去にも転居の経験はあるけれど、今回の体験は、初めてであったケースだそうです。この同僚は、夫婦2人くらしの30歳代、男性です。ある日、仕事を終えて、いつもの通りに電車に乗り、帰宅したそうです。駅から自宅までの間、携帯を手に持ち、スマホを見ながら歩いていたそうです。共働きのため、日中は、夫婦そろって不在。夫婦 [続きを読む]
  • ふるさと納税と住宅ローン減税は併用できるのか?
  • みんながお得だと認識して結構僕の周りでも、利用している人が多いふるさと納税。あまりにもお得すぎて、逆に規制がかかるなど、ちょっと不思議な制度です。今、僕が気になっているのが、ふるさと納税と、住宅ローン減税が、合わせて利用できるかということです。まあ、利用できるのは、どちらも利用できるんでしょうけど、そこで、メリットを享受できるかということが気になっていました。ちょっと調べてみると、結果どちらのメリ [続きを読む]
  • 離婚したら、マイホームはどうなるのか
  • 結婚してマイホームを購入したものの、離婚してしまった2人の同僚の話です。一人目は、双方30歳ころに結婚し、37歳くらいにマイホームを購入40歳を前に離婚しました。子供はおらず、二人とも同じ会社で、働いており、同じような収入を得ています。購入資金も、半々で購入したために、離婚の際には、分配するために、現金に換える必要があり、マイホームは、手放しました。お互い、未練はなく、かなり買いたたかれたものの売却して [続きを読む]
  • ゴキブリによる停電
  • 家の古い、新しいにかかわらずどこにでもゴキブリはいると思います。僕の家でも、引っ越して初日に窓をすべて開け放っていたら、風呂場にゴキブリが入り込んでて、ショックを受けました。先日、電気会社の定期点検があり、係の人が、点検のためにうちに訪ねてきました。点検が始まって、ブレーカーボックスを開けたらゴキブリが死んでいたそうです。僕は見ていませんが、きれいにしているのに、食べ物もないのにやっぱりショックで [続きを読む]
  • 空き家を利用して民泊をしてみようと思うが無理でした
  • 2018年6月14日に民泊法が施行されます。ちょっと前は、民泊についてトラブルであったり、副業として成り立つとの話や、業者が本格的に乗り込んできたなど、いろいろなニュースが話題になっていました。ちょうどそのころ、僕も引っ越しも決まり、前の家で、民泊を営むのもいいかもしれないな、などと考えてみたこともありました。今朝の新聞にて記載されていたのが、民泊法の施行を前にして、自治体への届け出で、180日間の民泊営業 [続きを読む]
  • 犬におしっこを毎日かけられるのがストレスになる
  • 自宅の玄関を出て目の前の僕の家の壁に、毎日、毎日、おしっこをかけられています。家の出入り口の角に黄色く気持ちの悪い塊ができるほど毎日、毎日です。そして、そこは朝晩になるといつも湿っていて、本当に気持ちが悪いです。おしっこをしているところを直接見ていないので、そもそもおしっこなのかどうか判りませんが、壁の濡れている広がり具合や、僕の家の前を朝晩に難十匹もの散歩の犬が通過することから犬のおしっこである [続きを読む]
  • 消費税10%
  • 2019年10月ついに消費税が10%になるといわれています。消費税は、平成元年(1989年)に、3%平成9年(1997年)に、5%平成26年(2014年)に8% になりました。これまで、8%から10%への変更は、2015年10月に予定され延期2017年4月に予定され延期そして、今日に至っています。景気回復を優先など、選挙の絡みがあり、延期されてきました。ただ、日本の税収は、かなり悪化しているので、いよいよやるしかない状態です。僕は、今回 [続きを読む]
  • 大規模修繕工事の費用は100万円
  • 今朝の新聞記事で、マンションの修繕費が、業者に割高で契約させられるケースが多いという記事が出ていました。一戸当たりの負担金額が、75万円から100万円のケースが一番多く、31%。100万円から125万円のケースが次に多く、25%であるとの記事が出ていました。大規模修繕の時期は、下記のような調査結果が出たようです。1回目が、築後13年から16年目。2回目が、築後26年から33年目。3回目が、築後37年から45年目。修繕費が上がる [続きを読む]
  • 古い門を修理する 家にも部品がある
  • 実家は近くなのですが、何かが壊れたり、おかしくなったりするとちょこちょこ呼び出されて修繕等を要求されます。今回は、家の外の門扉の掛け金が折れたので修理せよとの依頼です。実家は、30年は経過しており門もその時からそこにあるわけで、よく30年も風雨に耐えて壊れずにいたなというのが正直な感想です。【門扉 錠】ハイ千峰錠 (交換用 錠) TOEX・東洋エクステリア(リクシル) 両開き用 門扉 錠 交換 取替え|門扉用錠 LIXIL [続きを読む]
  • 雨の日の内覧で思ったこと。
  • 不動産の営業マンと約束をして不動産の内覧に行くときにあいにく雨になるときがあります。ある営業マンとある地域の物件をまとめて見せてもらう約束をした日に雨が降っていたことがあります。その日は、朝10時に車で自宅まで迎えに来てもらい、午前中いっぱいで7件ほどの物件を案内されました。その間、ずっと雨が降っていました。雨の中見る家は、どこも陰気な感じがします。特に中古住宅は、古さが際立って見えてしまいます。室 [続きを読む]
  • 半分しか地面に接していない家
  • 家を探していて、いくつかの物件を見ていると、変わった物件にも巡り合います。ある物件を見学に行った時のことです。自宅に不動産売却チラシが投入された物件でした。築年数は、30年くらいの古い物件ですが、購入後、指定のリフォームを現オーナーが受け付けるというかなり目を引く一軒家です。チラシで見る限り、駐車場もあり、広い道路にも面していて、住宅の立ち並ぶ団地内にある家で、悪くない印象を持ちました。チラシには、 [続きを読む]
  • 良い物件を手に入れるには、今の家もきちんと状況を確認する必要がある。
  • 家探しをしていた時妻は、玄関からリビングに行く間に、キッチンが見えるのは嫌だといっていました。キッチン周りは、どうしても物が多くなり、乱雑になってしまうので、急な来客などの時に見られるのが厭だとのことでした。僕も、資金が許されるのであれば、十分に広い敷地に、応接間でも作って、普段くつろぐリビングとは、別の場所に来客を案内したいのですが、なかなかそうもいきません。今の家は、対面型のカウンターキッチン [続きを読む]
  • 不動産店の休業日が変わった。物件の動く時期が変わってきたのか?
  • 5月のゴールデンウィークの連休も終わりました。今年のゴールデンウィークは、去年とちょっと変わったことがありました。昨年は、自宅売却先探しの真っ最中だったので、いつ不動産屋さんから物件内覧申し込みの電話が来るかドキドキしながら待っていました。当然、旅行などにも行く気になれず掃除と整理ばかりしていました。話を戻して、今年のゴールデンウィークで感じた変わったことというのが、地元の不動産店が、連休に合わせ [続きを読む]
  • 新たな住宅セーフティーネット法っていうのがあるらしい
  • 新聞で、新たな住宅セーフティーネット法という法律が2017年10月に施行されていることを知りました。この新たな住宅セーフティーネット法によって、低所得者や年配者など入居時の審査で断られてしまうことの多い人の入居を断らない賃貸住宅を増やす制度というのが導入されているらしいです。記事の内容からは、制度は導入されたが、なかなか定着していない現状があると書かれていました。確かに、賃貸住宅に入居時の審査があります [続きを読む]
  • 2世帯住宅を建てたり選んだりする前に考えたいデメリット
  • 相続税の制度が変更になった平成27年を迎える数年前から、その情報をもとに、ハウスメーカがしきりに2世帯住宅の宣伝をしたおかげで、2世帯住宅を購入した人も多くいると思います。実際、僕の家の周りにも2世帯住宅はかなり見かけますし、僕自身も、少しは考えました。自宅を購入するときにいずれは相続する土地を利用して家を建てる。これは、道理にかなっています。でも、完全に一緒には住みたくないから、居住空間を分けて、玄 [続きを読む]
  • 不動産業者に怒鳴られ、罵詈雑言を浴びせられる
  • 何年か前、実家の土地の件で不動産業者と話をした時のことですが、電話口で、ある不動産業者に怒鳴られ、「てめえ、馬鹿野郎、ふざんけんな。」と罵られたことがあります。きちんと宅建業の登録もしてあり、ホームページもあり、そこには「安心のお取引を心よりお手伝い」などと書かれていたりする業者です。実際にホームページに書かれた住所を訪れるとそこは、マンションの一室で、その業者の自宅のようで、実質、無店舗営業のよ [続きを読む]
  • 固定資産税の通知が来たがやはり引っ越し前より高くなった
  • この時期になると、毎年役所から郵便で税金のお知らせ兼、納入用紙が来る。自宅を引っ越し後、今年が、初めての税金の通知が来た。車の自動車税、バイクの軽自動車税そして、今住んでいる去年購入した中古住宅の固定資産税早速開封してみると、自動車税、バイクの軽自動車税は、例年通り。固定資産税は、これまでの約、倍になりました。購入、転居した中古住宅が、以前の家よりも売広いわけでもないし、購入した金額が倍違うわけで [続きを読む]