NEO さん プロフィール

  •  
NEOさん: 南米留学放浪放言記
ハンドル名NEO さん
ブログタイトル南米留学放浪放言記
ブログURLhttp://neoism.hatenablog.com/
サイト紹介文南米コロンビアに留学中の大学生。中南米情報の他、生活を通して考えたことなど縦横無尽に記載
自由文南米コロンビアの首都ボゴタで留学生活を営むホモサピエンス。和歌山生まれミカン育ち、茨城県・筑波大学に在籍。好奇心や冒険心や遊び心をフル稼働させながら、色んなところに破天荒に足を突っ込み続けてきた。とりあえず見てみてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 58日(平均10.6回/週) - 参加 2018/02/26 10:29

NEO さんのブログ記事

  • 簡単?難しい?幸福な言語?スペイン語の特徴とりあえず14個
  • スペイン語は、スペインと中南米を中心に、世界20ヵ国以上で公用語として使用されている。欧米などにはスペイン語のコミュニティも存在する。以下の記事によると、2015年7月時点で、米国でスペイン語を母国語とする人口は約4100万人、バイリンガル人口は約1150万人で、米国のスペイン語人口は2050年までに1億3280万人に達し、世界最多になると予想されている。インターネットで使われる言語としては、スペイン語は中国語 [続きを読む]
  • 7という数字の神秘
  • 7という数字は非常に面白い。1÷7=0.142857142…2÷7=0.285714285…3÷7=0.428571428…4÷7=0.571428571…5÷7=0.714285714…6÷7=0.857142857…7÷7=1つまり7で割ると循環小数に142857という数字が現れる。また、142857×7=99999914+28+57=99142+857=999ところで、142857を素因数分解すると142857=3×3×3×11×13×374年ほど前、この142857という数字に興味をもって素因 [続きを読む]
  • 【いじめ・虐待・偽り】国民的アニメ・ド〇えもん世界の闇
  • 国民的アニメ、「ドラえもん」。小学生の頃は、金曜日の夜7時が楽しみだったことを覚えている。劇場版も何度か観に行ったことがあった。なお、第一期声優陣(大山のぶ代など)が引退したあとはメッキリ見なくなった。今の声優陣も絵柄も内容も、なんだか苦手で、受け付けない。私の中では、大山版ドラえもん(第一期声優陣期版の通称)こそ正義。最近に始まったことではないが、脳を休めたいときに、Dailymotionで大 [続きを読む]
  • 【いじめ・虐待・偽り】国民的アニメ・ド〇えもん世界の闇
  • 国民的アニメ、「ドラえもん」。小学生の頃は、金曜日の夜7時が楽しみだったことを覚えている。劇場版も何度か観に行ったことがあった。なお、第一期声優陣(大山のぶ代など)が引退したあとはメッキリ見なくなった。今の声優陣も絵柄も内容も、なんだか苦手で、受け付けない。私の中では、大山版ドラえもん(第一期声優陣期版の通称)こそ正義。最近に始まったことではないが、脳を休めたいときに、Dailymotionで大 [続きを読む]
  • 【無駄の極み】スーパー婉曲表現集
  • 最近、意識高めな内容が少し続いたので閑話休題(?!)。ちなみに意識高めなこと書くと割と多くの人から敬遠される傾向にある気がする。とはいえ、私の書くその手の記事には、実際の具体的なエピソードを交えつつ、人生を合理的に自由に楽しく生きる上で役に立つであろうチップが沢山散りばめられているので、是非読んで下さいといったところです。そして、今のところオンラインでもオフラインでも批判を貰ったことがないの [続きを読む]
  • 高校時代に編み出した遅刻回避・隠蔽術3選を紹介する
  • 私の遅刻エピソード 用語の定義 遅刻回避・隠蔽術その1 「カバン作戦」 遅刻回避・隠蔽術その2「印鑑偽造」 遅刻回避・隠蔽術その3 「スライディング登校」私の遅刻エピソード自慢ではないが、私は極度の遅刻魔だった。私に遅刻について語らせれば2時間は途切れないだろう。無論、初めからそうだったわけではない。小学生の頃は遅刻なんてほぼなかったし、中学3年の年明けまでの約3年間の遅刻 [続きを読む]
  • 【感情と論理】自分の大切な価値観を知って自分らしく生きるために
  • 陰と陽。光と影。男と女。心と体。愛と憎しみ。もしくは愛と無関心。そして、感情と論理。感情を噛み砕けば、論理を導くことができる。何かを考えるとき、感情をその感情のままにしておくのは勿体ない。それは"考える"ではなく、"感じる"とか"思う"といったものに過ぎない。感情を噛み砕き、論理を導くことで、深奥が見えてくる。要は、己の素直な感情に"WHY"を投げかけて噛み砕き分解し、その中に通る論理を [続きを読む]
  • 今見る景色といつか見る景色
  • The man who views the world at 50 the same as he did at 20 has wasted 30 years of his life.(50歳になった時、20歳の時と同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。)2年前に他界した、あの元ヘビー級チャンピオンのボクサー、モハメド=アリの言葉である。私は高校時代、アメリカから輸入した彼のポスターを自室の壁に貼るなど、彼を尊敬していた。この言葉からは、「1日1ページでは [続きを読む]
  • 大学受験を振り返る〜現役編〜
  • 受験後に歩いた渋谷にて先日、急遽行くことになったディスコで頭がフラフラしていたとき、お告げ的なものが5つほど降りてきた。(ヤバい人ではないです)その一つがどういうわけか「大学受験に関する記事を書け」というものだった。今は日本は入学シーズンでもあるので、この際、恥を忍んで大学受験のことを振り返ろうと思う。まあ、この記事の大部分は、2年以上前に書いたものなのだけれど。あれから4年以上経つのか。長いの [続きを読む]
  • 【和歌山】海に本能的恐怖を覚えた冬の日の夜
  • 和歌山の海自然の力は半端ない。2017年が明けてから約1週間後、私は渋谷のホームレスの方たちと盃を交わしながらの年越し&野宿からのヒッチハイク帰省を経て、故郷・和歌山の最南端付近の街・那智勝浦町の温泉旅館「ホテル浦島」に泊まっていた。浦島太郎が亀の背中に乗って竜宮城に向かうように、亀だったかイルカだったかを象った船に乗って、エントランスに向かう。和歌山県は、自然豊かな土地だ。森林面積の割合は7 [続きを読む]
  • 【ボゴタ観光2018】モンセラーテの丘 (アクセス、歴史、風景など)
  • ボゴタの旧市街あたりには、「モンセラーテの丘」という大きな丘、というか山がある。丘の上には白い教会があり、カトリックを国教とするコロンビア、特にボゴタの象徴の一つとしても数えられる、人気観光地である。首都ボゴタの標高は約2600mで、モンセラーテの丘の高さは約500m。頂上の標高は約3152mらしい。だいたい富士山の八合目くらい。私が学生生活を送るロスアンデス大学のごく近所であることもあり、短期研修時を [続きを読む]
  • アリキタリな日常とサヨナラするために
  • いつもと代わり映えのない一日。大して印象に残らずに終わる一日。翌日にはすっかり忘れている一日。双六や人生ゲームの、何も書かれていないコマのような一日。もし、そんな一日を繰り返すことに抵抗があるのなら。「一日一個は新しい何かに触れる」食べたことのない食べ物でも、会ったことのない人でも、行ったことのない場所でも、やったことのないアクティビティでも、普段読まない分野の記事でもなんでもいい。日 [続きを読む]
  • 猫カフェに似つかわしくない男がある日たまたま行ってきたルポ
  • 2017年の3月、気まぐれで横浜の中華街に行った際、歩いていると猫カフェがあったので、どれどれと思い入店してみた。どう考えても、白いジーンズとスカジャンを身に付け、緑のピアスを光らせた強面の男が一人で来るような場所ではないのは間違いないので、その光景はいささかシュールだっただろう。30分600円+ドリンク1オーダー最安300円で、900円。安いかどうかは知らないが、何事も経験だ。店の名前は忘れた。立地は寿町寄 [続きを読む]
  • 【ゴミ記事】今までに感銘を受けたオヤヂギャグを紹介する
  • コロンビアの某博物館にて発見私はこれまで数多くのオヤヂギャグを日常的に生み出してきた。私のEvernoteやWordファイルには、それらをまとめたページがあることもこの際カミングアウトする。なお、オリジナルのものを数えてみたところ、100個を超えていた。オヤヂギャグというものは、何かと冷めた目で見られガチだ。ひとたび発すれば、「寒っ!」「つまんね」「きっしょ」「〇ね」など、罵詈雑言の嵐の渦中にいる自分に気付く [続きを読む]
  • 飛行機の窓からアメリカの大地を見下ろして感じたこと
  • ヒューストン空港に着く少し前、飛行機の窓から撮影※この文章は、2017年2月18日に成田発の飛行機に乗ってヒューストンに到着する少し前に窓の外を見ながら書いたものである。大地を這う無数の道路が少しずつ見えてくる。曲がりくねった道からさらに細い道がたくさん横に分かれている様はまるでムカデのよう。大群に取り残されたかそこでひっそりと誕生した小さな縮れた雲が、まるで地上と紐で結ばれた風船かのように空中に [続きを読む]