sakurameiko さん プロフィール

  •  
sakurameikoさん: 桜芽衣子のハンドメイドな日記
ハンドル名sakurameiko さん
ブログタイトル桜芽衣子のハンドメイドな日記
ブログURLhttps://sakurameiko.com/
サイト紹介文60代後半の現役介護ヘルパーの”編み物リスタート物語”とシングルな日常の想いを伝えるブログです。
自由文20代から40代後半くらいまでは、よく手編みをしていました。
糸に凝りだすと、生成りの糸を注文し自分で糸を染めてみたり、色見本のレシピをいくつも作ったことがあります。それなのに、いつのまにか編み物から遠ざかってしまったのは、心境と環境の変化が大きかったのだと思います。60代後半の今になって、突然思い出したように糸が恋しくなりました。
そんな心境の変化でまた始まった”編み物リスタート物語”です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 58日(平均9.8回/週) - 参加 2018/02/26 15:58

sakurameiko さんのブログ記事

  • 手編みカーディガンのボタンホールで一番簡単な方法とは?
  • 手編みのカーディガンや前開きベストにボタンをつけるとき、ボタンホールをつくらなければなりません。でも、これがけっこう面倒なんですね。前立てをつくるときに最初から位置を決めておいて、その場所に編みながら穴を開ける方法もありますが、あとで場所の修正ができないので次第にその方法は使わなくなりました。↓この画像の上部の穴がゴム編みを編むときに伏せ目をして穴を開けた方法です。空けたままで縁の処理はまだ [続きを読む]
  • 手編みカーディガンのボタンホールで一番簡単な方法とは?
  • 手編みのカーディガンや前開きベストにボタンをつけるとき、ボタンホールをつくらなければなりません。でも、これがけっこう面倒なんですね。前立てをつくるときに最初から位置を決めておいて、その場所に編みながら穴を開ける方法もありますが、あとで場所の修正ができないので次第にその方法は使わなくなりました。↓この画像の上部の穴がゴム編みを編むときに伏せ目をして穴を開けた方法です。空けたままで縁の処理はまだ [続きを読む]
  • 編み物に関するJIS記号はわかりやすくて美しいと思いませんか?
  • 編物検定の受験の手引き初級(4.5級)を見ていて、個人的にとても学習意欲を刺激してくれるのは「かぎ針編み」の具体的な操作方法と、アフガン編みの記号図です。4級のテキストだとさらにていねいに編み目の記号図プラス操作図が描かれているので迷わずに(時間はかかっても)編むことができます。編み物に関する用語は「JIS記号」といい、日本工業規格で規定されたものを使っています。編み目記号もすべてJISで決められて [続きを読む]
  • 松本朱希子さんの「ちいさな刺繍」に単色の繊細さと多彩さを見る
  • 図書館でふと目について手に取ってしまったのは、遠慮がちなちいさな刺繍がいくつも並んだ控えめな表紙のせいかもしれません。単色の刺繍に惹かれるのは、まるで鉛筆画のスケッチを見ているようなシンプルさと、ひかえめなのに不思議な存在感のせい。松本さんの刺繍の繊細さは、ミシン刺繍の目の細やかさのせいだと思うのですが、ミシン特有のピント張った糸のつながりが、強さと繊細さを同時に表しているような気がします。 [続きを読む]
  • 編物検定4級、5級の基本知識の違いについて
  • 当然のことなのですが、同じ初級のレベルであっても、4級と5級には内容の違いがあります。作り目ひとつにしても、5級で要求されるのは1種類。でも4級になると、3種類の作り目の方法を知識として持っている必要がある、という感じですね。 4級で加わったものに色彩の基本知識があります。これは、「配色カード」を使って、色の分類や三属性(色相、明度、彩度)の説明があり、実際に配色カードをテキストに貼るような形になってい [続きを読む]
  • 編物検定5級の受験手引きを見ながら実技制作を編んでみた
  • 編物検定の受験の手引きをまとめて5冊一度に購入したのは正解でした。実は、5級のテキストなんてざっと眺めるだけでいいくらいに考えていたのですが、とんでもない!編み物って、同じ形を作るのでもいろいろなやり方があると思うし、今現在でも「正解」というものはないのかもしれないという気がしてきました。もし「正解」があるのだとしたら、「どうしたらもっと早く、美しく仕上げられるか」というポイントがクリアできる [続きを読む]