KNOWマネー さん プロフィール

  •  
KNOWマネーさん: 知っておきたいおカネの知識KNOWマネー
ハンドル名KNOWマネー さん
ブログタイトル知っておきたいおカネの知識KNOWマネー
ブログURLhttp://knowmoney.net/
サイト紹介文稼ぐ!借りる!守る!知っておきたいおカネの知識は脳マネー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 259日(平均0.7回/週) - 参加 2018/02/26 20:02

KNOWマネー さんのブログ記事

  • 借金を返すことができたなら・・
  • “借金を返すことができたなら・・”借金に追われていると、つい現実的となってしまい、目の前の返済日に対応するばかりの毎月を過ごしてしまいがちですが、すべて返済を終えた時のことをイメージしてみてはいかがでしょうか。現在、自分の生活費に加えて返済分を稼いでいる人もいるでしょうし、返済のために生活の水準を下げている人もいらっしゃることでしょう。もし、毎月の返済をしなくて良くなれば、どうなるでしょうか。また [続きを読む]
  • 借金を放置していたら訴状が届いた・・どうすればいい?
  • 借りたお金を返さないまま、いくらか時間が過ぎれば、内容証明郵便で法的措置についての警告を受けることとなり、それでも同じ状況を継続させてしまえば、民事訴訟を提起され、裁判所から訴状が特別送達で送られてきます。では、裁判所から訴状が届いた場合にどのように対応すべきかといえば、コストをかけるかどうかで判断するといいでしょう。コストをかけて弁護士に訴訟代理を依頼するか、自分で出廷して対応するか、のいずれか [続きを読む]
  • 消費者金融は回収のプロだから動きがスピーディー
  • 消費者金融とは、回収のプロです。借りたものは返せというスタンスは正当性があるのですが、銀行の傘下であるにもかかわらず“返済不能→法的措置”までのスパンはかなり早いです。もともと独立しており、総量規制で経営が成り立たなくなったから銀行傘下となっていることを考えれば、回収に厳しいスタンスで臨んでいるのも納得いくでしょう。消費者金融側からすると、消費者金融を利用する客層というのはあまり収支状況が良くない [続きを読む]
  • 消費者金融同然。個人向けカードローンの危険性
  • 銀行が個人向けカードローンをアピールして久しくなりますが、商品内容を見ていると消費者金融同然の条件となっており、なぜこのような高金利商品を銀行が取り扱うことがまかり通っているのか、とも考えさせられます。利用しやすさを前面に押し出しているカードローンは、申込から契約・借入まですべてネット完結できるうえ、300万円以下の枠の契約であれば所得証明書もふようであり、最短24時間以内にお金を借りることができ [続きを読む]
  • 差し押さえって何?強制執行は突然やってくる
  • 差し押さえについて、皆さまはどれほどご存知でしょうか。きっとボンヤリとしたイメージを持っていらっしゃる方も少なくないでしょう。差し押さえとは、強制執行に他なりません。債権者に対して債務者が支払いをできない場合、債務者の資産を拘束し、それを競売にかけることで得られた対価を以って、債権者への支払いとなるよう裁判所が主導するものです。では、財産を持っていない場合にはどうなるのかというと、差し押さえる対象 [続きを読む]
  • ライターとして稼ぐ!日本語が書ければOK
  • ちょっとしたお小遣い稼ぎであれば、ライターとして稼ぐといいでしょう。個人的に注目していたのは、メジャーなサイトでライターとして稼ぐ方法なのですが、それに関して面白い記事を発見したので、ご紹介してみたいと思います。ライターとして思うEPARKへの本音OLEは副業としてライターをやっているのですが、相応に場数をこなしているとEPARKという予約サイトからお声がかかります。もう何度も担当しました。いろい [続きを読む]
  • 借金をそのまま返さなかったらどうなる?
  • 借金は返すべきものと皆さんも考えているでしょうし、返す予定のない借金をする人もさほどいらっしゃらないと思います。しかし、“返すことができるだろう”と思って借りた借金が返せなくなるケースは多々あるものです。代表的な例がパチンコをはじめとするギャンブル目的での借金ではないでしょうか。最初から負けるつもりで借金をする人はいません。ギャンブルで借金をする人は何かしらの勝算があるから借金をし、思い通りにいか [続きを読む]
  • 外為ジャパン 【FXデビューにピッタリ!】
  • 外為ジャパンはFXデビューにおススメの会社ですFXを始めよう!と思いながら口座開設先をお探しになる情報集めの段階で、きっと取引手数料の安い低スプレッドを売りにしているFX業者に多くの方が着目されるのではないでしょうか。外為ジャパンも間違いなくその候補の1つであり、米ドル/日本円は0.3銭〜、ユーロ/日本円は0.6銭〜、ユーロドル/米ドルは0.5銭〜、となっており、業界内でも最低水準の取引手数料を提示 [続きを読む]
  • DMM.com証券 【まず間違いのないFXブローカー】
  • 国内口座数No.1の理由は業界最低水準の取引手数料FX業者のなかでも後発にあたるDMM.com証券ですが、現在ではFX口座数国内第一位であるFX業者となっており、それだけ大勢の方が同社での取引をおこなっております。テレビを眺めていれば、有名人を用いたCMを目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。DMM.com証券が選ばれる理由は、積極的にPRされている同社の知名度に加え、スプレッドの狭さが [続きを読む]
  • 地方都市での不動産投資は高利回り通りに儲かるのか
  • 不動産経営においては、自分が居住する近隣の物件しか所有できないわけではありません。利回りの優れた物件が遠方にあれば、それを所有して運営することができます。きっと、こちらをご覧になっている皆さまは不動産投資についてネットで情報収集を繰り返しており、地方都市に着目しておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。利回りのみを重視すれば、都会よりも地方都市のほうが高利回りとなっており、それらを運用する方 [続きを読む]
  • 不動産投資の利回り計算方法
  • 不動産投資においては、必ず利回りを意識していかなければなりませんが、不動産投資は他の金融商品と異なり、不動産を購入する際や所有の継続、売却するときに不動産特有の様々な経費が発生してくるため、これらを計算に入れて利回りを把握しておかなければ、イメージしていた利回りと実際の収入のあいだに大きなギャップが生じることとなります。まずは不動産投資における2つの利回りについて確認しておきましょう。不動産投資に [続きを読む]
  • 不動産投資に必要となる自己資金の目安
  • 不動産購入に投じられる金額とは、自己資金と借入金額の合計となってきますので、いくら借りられるのかは不動産投資において切実な問題となってきます。どのような投資においても動かす金額が大きければ大きいほど、得られる収益も大きくなっていくものなので、不動産投資を積極的に進めていきたい投資家のうち、“不動産購入金額の全額を借入でまかなえないか”と希望する人も少なくないようです。自己資金に余力を残しておき、万 [続きを読む]
  • 不動産投資の資金調達方法とは
  • 不動産投資を自己資金だけで着手できる人はほぼいません。投資家は基本的に金融機関から融資を受け、それを元手として物件を購入・運用して収益を上げていきます。融資をどこから受けるのかについては、都銀・地銀・信用金庫が机上に上がってくると思いますが、融資審査の厳しさもこの順番となっている傾向が強いのが実際のところです。おそらく金利を見比べれば、都銀がもっとも低くなっているでしょうが、銀行によっては3割の自 [続きを読む]
  • 不動産投資で加入必須となる保険とは
  • 不動産投資は、所有物件を運用して収益を得るビジネスモデルなのですから、その所有物件を失うリスクについて保険でカバーしておかなければなりません。ご存知の通り、日本は地震大国であるだけでなく、台風や豪雪といった気象災害のリスクもあるので、収益源となる大切な物件を守ることが重要です。日本国内に物件を所有している以上、いつどのような天災に見舞われるかわかりませんので、万が一の場合に備えておかなければなりま [続きを読む]
  • 本当に不動産投資は生命保険と同じメリットがあるのか
  • 不動産投資は生命保険と同じようなメリットがあると見聞きしたことのある人も多いと思います。実際、不動産投資を始めた人のうち、かなりの人数が生命保険代わりとする目的も兼ねています。なぜ、生命保険代わりとなるのか簡単に言えば、保険料を支払う代わりにローン返済をすることで不動産という資産を手にできるからであり、万が一の場合には保険と同様の効果を得られるためです。これに家賃収入を加味すれば、毎月の収支がプラ [続きを読む]
  • 【金の亡者】ある良心的ではない弁護士の話。
  • ある良心的ではない弁護士の話。弁護士にもいろいろな方がいますが、今回はある良心的ではない弁護士について書いてみようと思います。Aさんが依頼した案件は、相続放棄審判でした。通常であれば、3カ月以内に放棄手続きをすればいいので弁護士にわざわざ依頼する人も少ないでしょうが、Aさんの場合、気付いた頃には5カ月経過しており、その理由も突然に故人の債務であったと私に請求書が送られてきたことをきっかけに気付いた次 [続きを読む]
  • コインチェックのネム消失における訴訟・裁判で得するのは
  • コインチェックのネム消失における訴訟・裁判で得するのはコインチェックが顧客のネムを盗まれて以降、様々な憶測が流れていますが、2月半ばには被害者が集団訴訟を起こすとの報道が記憶に新しいところです。そもそも流出した額が580億円であり、コインチェック側が返金すべき額として提示したのは460億円なので、差額の120億円はどこに消えたのかということも争点となってくるでしょうが、この騒動で得するのは弁護士でしょうね。 [続きを読む]
  • 犯罪でお金を稼いでも残るのはリスクと悲しみしかない
  • 飯塚市役所の元職員が去年、市内に所有していた空き家に火をつけて全焼させたとして放火の疑いで逮捕されました。空き家にはおよそ4000万円の火災保険がかけられていて、警察は保険金目当てに火をつけたとみて調べています。 逮捕されたのは、飯塚市文化課でことし3月まで係長をしていた堀内茂容疑者(50)です。警察の調べによりますと堀内元係長は去年5月、飯塚市内野に所有していた空き家で、石油ストーブをつけたまま [続きを読む]
  • この方法であれば差し押さえられない? 【現金・預金編】
  • 現金・預金の差し押さえを防ぐための方法とは差し押さえを防ぐ、となれば強制執行妨害罪であったり詐害行為であったりと各種の法規制がありますが、差し押さえられる可能性に迫られた債務者であれば、法律など関係なしにアクションを起こしてしまうことが多いでしょう。では、例えば現金をどこかへ移転させてしまった場合、これがそのまま罪になるかといえば、そうではありません。債権者の目を欺こうとした事実関係が問われます。 [続きを読む]
  • 債務者との上手な交渉方法のコツとは…
  • 関係性がこじれた債務者との交渉方法のコツ債権者と債務者が仲良く話し合いを重ねていくことなどほぼ不可能です。もちろん例外はありますが、大概の場合において、お金を返さない債務者を相手に債権者がプッチンとなって厳しい言葉を羅列した結果、どうにも手立てがない債務者が態度を硬化してしまうこととなるでしょう。債権者が怒る場合、その債務は履行可能な範囲内であることが多いものです。分割払いとすれば、決して払えない [続きを読む]
  • 急速に普及するシェアリングエコノミーに商機を見出す
  • シェアリングエコノミーはとても身近な概念シェアリングエコノミーという言葉を聞いて、すぐにピンとくる方はそこまで多くないかもしれません。しかし、実は私たちの生活にとても身近な概念を指す言葉です。シェアリングエコノミーとは、使用していない資産を再利用することで新しい価値を生み出していくことです。より具体的にいえば、あなたの所有物を欲している誰かに譲渡・貸与することで、あなたは売上を得ることができ、譲渡 [続きを読む]
  • 会社から独立して稼いでいくためのメンタルの持ち方
  • 会社から独立して稼いでいくために必要なもの何かの機会に思い立って、会社から独立して起業しようと思った場合、ほぼ多くの方がまずは個人事業に取り組んでみることかと思います。特にアテとなる稼ぎが当初にない場合には、わざわざ法人設立して会社形態でのビジネスを展開する必要もないでしょう。確かに個人事業主であれば、屋号こそ好きなものを掲げることができたとしても、決済関係などにおいて個人名を出さざるを得ないため [続きを読む]
  • 住宅ローンを借りるときの注意点! 意外な落とし穴がこんなところに
  • 住宅ローンがとても気軽に!頭金も不要となってきた今日住宅ローンといえば、頭金がどれほど必要になってくるのか考えがちなものですが、最近の住宅ローンは頭金不要のものも出てきており、物件購入費全額を住宅ローンで賄うこともできます。しかも、超低金利時代となっている情勢を反映して住宅ローンの金利がとても低くなっており、固定金利を選択しておけばまず間違いないといえますので、住宅ローンはより身近なものになってい [続きを読む]