カリスマ指導法 さん プロフィール

  •  
カリスマ指導法さん: 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法
ハンドル名カリスマ指導法 さん
ブログタイトル少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法
ブログURLhttp://shounenn-soccer.seesaa.net/
サイト紹介文少年サッカープロコーチの指導ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 117日(平均3.6回/週) - 参加 2018/02/27 06:30

カリスマ指導法 さんのブログ記事

  • 最終的には気持ちが勝敗を決める!
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>最終的には気持ちが勝敗を決める!言葉を変えて表現するならば、「モチベーションは資産である。」下手くそでも、高いモチベーションで練習(行動)を続けていると、必然的に自分の中に経験が蓄積されていく。その経験をもとに改善をすることができるのだ。失敗を恐れてトライをしない人は、経験値が蓄積されていかない。だから、改善ができないのである。わかりやすく言 [続きを読む]
  • 親の本質を観る
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 親の本質を観る。私は仕事で様々な地域に言って子供を毎日教えている。最近は都内で教える回数が多い。都内に行くと親も経営者であったり、資産家だったりと影響力のある親が多い。実際、練習を見に来るのは母親が多いのであるが、親の雰囲気というのは、子供を本質を見抜く上で有益な情報になる。今日いた親は、明らかに着飾っていて、なんとなく浮いている空気を醸し出 [続きを読む]
  • 若い時の苦労は勝手でもしろ!は本当だと思う。
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>若い時の苦労は勝手でもしろ!は本当だと思う。苦労している人というのは、並大抵のことでは不平も言わないし、諦めることもしない。子どもを教えていて思うことがある。技術はあるけど、どうしても薄っぺらいというか軽い子がいる。指導者からすると、先が見えてしまっている子である。そんな子の親と話していると、やはり納得するのである。失礼な表現になるが親が薄っ [続きを読む]
  • 態度が変わる親の子どもは・・・
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ> 今までに2000人以上の親子関係というのを観てきた。本当に家族によって親子関係というのは様々である。そんな中で、実力はあるのに結果を出せずにいる子どもというのがいる。あと1歩なんだけどな〜というおしい感じである。親も穏やかな感じでとくに気になる部分はない。と思っていたのだが、原因は親の態度にあった。コーチの前では平身低頭で謙虚なのだが、コーチ以外 [続きを読む]
  • 親の日常生活の言葉がけがこどもの心を作る。
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>親の日常生活の言葉がけがこどもの心を作る。なぜ否定的な言葉をこどもにかけるのだろう。と疑問に思うことがある。子どもはとても頑張っている。しかし、親の普段の言葉がけがネガティブであるために年齢を重ねるにつれて、成長できなくなっていくこどもがいるのだ。人は環境に影響されるし、誰と付き合うかで人生が決まってくる。これは科学的に証明されていることでも [続きを読む]
  • 知行合一 本当の知は実践を伴わなければならない。
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>知行合一とは。知識と行為は一体であるということ。本当の知は実践を伴わなければならないということ。スポーツをやっている人は、練習が大切なことを身をもって理解している。youtubeだけを観てうまくなろうとしているひ人はまずいないだろう。その一方で、無暗に非効率な練習を繰り返しているチームもある。こういうチームに知識を提供するとチーム力がアップすることが [続きを読む]
  • 日本代表選手の半数以上が部活出身者。
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>日本代表選手の半数以上が部活出身者という現実を考える。先日2018ロシアワールドカップの日本代表メンバー23名が発表されました。メンバーは以下の通り。▼ゴールキーパー川島永嗣(FCメス/フランス)東口順昭(ガンバ大阪)中村航輔(柏レイソル)▼フィールドプレーヤー長友佑都(ガラタサライ/トルコ)槙野智章(浦和レッズ)吉田麻也(サウサンプトン/イングラン [続きを読む]
  • 最終的に生き残るのは個性を磨き続けた子である。
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>最終的に生き残るのは個性を磨き続けた子である。ベテランになっても生き残っているサッカー選手がいる。なぜなのだろうか?明らかに言えることは、自分自身が持ち合わせている特性(才能)を的確に把握してそれを磨き続けた人である。日本人は平均値を求められる。学校教育もなんだかんだいって、個性を伸ばすということよりも、ある程度いろいろなことができることを求 [続きを読む]
  • 日大の「潰せ!」について思うこと。
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>日大の「潰せ!」について思うこと。まぁひどい話だなと思う。時代錯誤も甚だしいと思います。ああいう保身心に満ちたおじさんくたばれ!と思う。言葉は悪いですが本当にそう思う。おじさんの立場になればわからなくもないが、露骨すぎますね。何より、選手が絶対服従というのがよくない。こういう硬直化した組織というのは多いのではないかと思う。元日本代表監督のハリ [続きを読む]
  • 日本代表メンバー発表は5月31日16時!
  • サッカー日本代表メンバー発表は5月31日!西野JAPANロシアワールドカップに向けたテストマッチ。日本vsガーナは0-2で敗戦。日本の子どもたちはどんな気持ちでこの試合を観ていたのだろうか。ガーナ戦 日本代表メンバーGK1 川島永嗣(メス/フランス)12 東口順昭(ガンバ大阪)23 中村航輔(柏レイソル)DF2 遠藤 航(浦和レッズ)3 昌子 源(鹿島アントラーズ)5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ)19 酒井宏樹(マ [続きを読む]
  • 日々の積み重ねほど重要なものはない。
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>日々の積み重ねほど重要なものはない。才能があっても磨かなければ輝くことはできない。素晴らしい才能を持ちながらも、自らの才能に満足してしまい努力をしない人はあまりに多い。私の経験から言えば、プロ選手のほとんどは地道な努力を惜しまずにやっている。才能がなければ、自分で培っていくしかないからだ。サッカーではないが、ホリエモンこと堀江貴文さんのゼロ― [続きを読む]
  • なんでもいいから本気でやろうぜ!
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>なんでもいいから本気でやろうぜ!昨日久々に子供を叱った。理由はシンプルである。「練習に対して不真面目だったからだ。」なんでもかんでも、生真面目にやれとは言っていない。「楽しむこと」と「ふざけること」は違う。この2つを明確に分けて考えないと、子どもを叱る際の線引きができなくなる。私が27年以上サッカーやってきて、響いた教えがある。今自分ができる [続きを読む]
  • イニエスタ神戸移籍会見!イニエスタワイン買ってしまった(笑)
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>イニエスタ神戸移籍会見!イニエスタワイン買ってしまった(笑)イニエスタが神戸に完全移籍しましたね!サッカーが詳しくない人にとっても、なんとなく凄いことであるということはわかる位のニュースですよね。サッカーが詳しい人にとってはたまらないニュースです。世界一流の選手が神戸に来た!メリットをあげたらきりがないです。一流のプレーがJリーグで見れる。世界 [続きを読む]
  • こどもがうまくならないのは目的が曖昧だからである。
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>こどもがうまくならないのは目的が曖昧だからである。子どもに限らず大人にも言えることだが、頑張っているわりに結果が出ない人というのは、目的が曖昧な人が多い。ほしい結果が不明確なのである。これではなにをどうがんばればいいのかわからない。練習の優先順位も決まらないのである。どうしたらワクワクしながら練習に取り組めるのか。絶対的に必要なことは主体性を [続きを読む]
  • 自分の実力をセンスのせいにするな!
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>自分の実力をセンスのせいにするな!「あいつはセンスがないから・・・」「僕にはサッカーセンスがないので・・・」「あほか!」・・・ですね。こういうことを言う親や子どもというのは圧倒的に努力量が足りていない。これは私の個人的な考えだが、一流は作れる。超一流は作れない。と思っている。ある一定数の正しい練習量をこなせば、誰でもそれなりの選手にはなれる。 [続きを読む]
  • 親の心構えが子供のプレーに表れるという現実
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>親の心構えが子供のプレーに表れるという現実先日、スクール終了後に電話があり、子どもが怪我をして帰ってきた、病院に言ったら剥離骨折をしていた。という電話があった。担当していたコーチは特に怪我をした様子はなく元気に帰って言ったといっていた。現場にいた訳ではないので、真実はわからない。あらゆることが予測されるが、親御さんからは、月謝の返金要求だった [続きを読む]
  • 元Jリーガーのスクールについて思うこと。
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>元Jリーガーのスクールについて思うこと。最近、元Jリーガーのスクールを観る機会が多い。子供が多い地域であるが、スクールに子供は集まっていない。結論から言ってしまうと、Jリーガーの価値というのは、グランドの中にあると思う。子どもに教えるというのは、また違った能力が必要であるということだ。価値というのは、人によって違うので、スクールに通っている子供と [続きを読む]
  • イニエスタが神戸移籍合意!yahooニュースで報道!! 
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>知力を意識してサッカーをしてみよう!イニエスタ、神戸入団合意!20日バルサ最終戦後に来日、会見へ今季限りでスペイン1部バルセロナを退団するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)がJ1神戸に入団することで合意したことが5月17日、分かった。イニエスタがバルセロナでの最終戦となる20日(日本時間21日)のRソシエダード戦後に発表され、その [続きを読む]
  • こどもの安全面について考える スポーツめがね
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>サッカーは接触プレーがあるスポーツである。球際を激しく戦うスポーツでもある。最近、眼鏡をかけたままサッカーをやる子がいる。これはさすがに危険なので、眼鏡をはずしてプレーしてもらうことにしている。接触プレーで眼鏡が割れて、目を怪我してしまうことは何があっても避けたいリスクだからだ。最近は、子供用のスポーツメガネ が充実している。私は実際に使用した [続きを読む]
  • サッカーがうまくなりたいなら感性も磨け!
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>1つのことを教えて10の気づきがある子。1つのことを教えて5の気づきがある子。1つのことを教えて1の気づきがある子。1つのことを教えて何も得られない子。1つでも気づきがあればそれは意味があると思う。同じ場所で同じことを教えても、子どもの意識や感性によって、得られるものが違ってくる。10の気づきを得れるから偉いとか優れているということを言いたい訳 [続きを読む]
  • 基本はなぜ重要なのか?
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法 基本はなぜ重要なのか?「基本は大事」というのはどの分野でも言われることである。しかし、シンプルで単調なことを繰り返すので面倒くさいな。とかネガティブなイメージがつきまとってしまうものである。なぜ「基本」は大切なのか?基本=「型」基本とは成功するために必要な「型」なのである。先日の膨大な経験値から導きだされたうまくいくための型なのである。勿論、基本を無視し [続きを読む]
  • 1つ深く考える習慣を意識させよう!
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>1つ深く考える習慣を意識させよう!サッカーを教えていていつも思うことがある。言われるまで行動しない。悲しいかな、これを子供のせいにするつもりはない。日本の教育、大人の教育がこういう子どもをつくっているのだ。なぜ学校は正解、不正解ばかりを求めるのか。実社会では正解不正解がないものが多いし、その中で何が求められているかを考えて自分で計画を立てて行 [続きを読む]
  • 親や指導者は子どもの感性を引き出せ!
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>親や指導者は子どもの感性を引き出せ!正解、不正解で物事を判断するのはもうやめよう。どうしても学校生活の影響で日本人は正解、不正解でものごとを考えていがちです。そもそも物事に正解不正解なんてないのです。常識があるとすればそれは、誰かが大衆をまとめるために便利な大義名分を考えたにすぎません。サッカーも指導者はこどもに正解、不正解を押し付けがちです [続きを読む]
  • 成功する人の考え方と特徴とは?
  • 少年サッカーブログ侍コーチのカリスマ指導法<TOPページ>サッカーに限らず成功していく人というのは何をやっても成功していく。成功するには基本となる原則や考え方がある。簡単に言ってしまえば、成功する考え方を学んで成功するまで実行すれば誰でも成功できるのである。サッカーの動画ではないが、成功するために参考になる動画があったので是非ご覧頂きたい。■全ては習慣になっているか?https://youtu.be/JWD6wG1ny9Q■成 [続きを読む]