宗久 さん プロフィール

  •  
宗久さん: Don't Count ! Feel !!
ハンドル名宗久 さん
ブログタイトルDon't Count ! Feel !!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/soukyu012
サイト紹介文囲碁7段を目指しお勉強!効果的な上達法を探る。 棋書の紹介が主な内容です。
自由文棋書の紹介が主でしたが、プロの碁を題材に大ヨセの検討をこれからおこなっていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 116日(平均2.8回/週) - 参加 2018/02/28 20:25

宗久 さんのブログ記事

  • 久しぶりに打ってみた 三子局
  • お久しぶりです。仕事が忙しくて、なかなか更新できなかった(;^ω^)以前の職場から、団体戦のお誘いがありましたがお断りしました。4局も5局も無理して打つと対局が嫌になりますからね…碁会所に行く気力すらなく、休みの日はひたすらNHK杯見てます。本当に強い人と1局しっかり打つのが好きなんです。他人の4局以上の内容を込めればいいんです。それで負ければ何か得るものがあるはずなんです。久しぶりにLeelaに挑戦しました。梅 [続きを読む]
  • なかなか打てない (;^ω^)
  • 職場で異動になり、せわしなくなっててなかなか囲碁が打てない(;^ω^)相変わらずNHK杯を見てるぐらいしかやれてないなー今度の職場は売り上げ、利益率ともにぶっちぎりでよいが、全然人を増やしてもらえないというブラック臭がただようところwwwちょっと普通に対局はこれから先できないかも…まあ例年年間20局ぐらいしか打っていないけど今年は10局未満になりそうだね(;^ω^)しかし、これは自分が望んだこと。遊ぶ余裕ができる [続きを読む]
  • 新しい碁会所の開拓
  • 行ったことのない碁会所に行ってきました。囲碁って、いろんな考え方や個性があるので、色んな人と対局することが大切だと考えてます。気の知れた仲間と打つのは確かに楽しいのですが、ある程度まで来るとマンネリになってしまうし相手の癖が分かってしまうと多少無理なこともやっていったりとおかしなことになってしまう。強い人がそろっていますが、まあ次はないな(;^_^A分煙禁煙がいまどきやってないのはちょっとね。服が臭くな [続きを読む]
  • 第64回nhk囲碁(井山裕太vs余正麒)
  • 第64回nhk囲碁(井山裕太vs余正麒)序盤のちょっとしたところで主導権が移動する。そのまま押し切った。優勢の碁を勝ち切るいいお手本だと思う。長嶋さんのコメントを解説の依田九段が「ああ、そうか。あんた頭いいねえ」とほめるシーンが笑える。聞き手の長嶋さんは、死活や手どころの読みで解説者の誤りを訂正することがしばしばあり、相当強いと思うんだけどプレイヤーとしてはぱっとしないのが不思議だ(;^ω^)見応えのある一局 [続きを読む]
  • 今年の囲碁団体戦には出ません
  • 昨年は前の職場の囲碁部から誘われた囲碁団体戦に出場しましたが今年は断りました。朝日の囲碁十傑というやつね。一日一局を手合いが近い人と全力で打つのがいい。一日に4、5局打つなんて到底無理です。夜眠れなくなってしまうので、翌日の仕事に支障が出るし遊びでやっているのに義務になってしまうのがとても苦痛になる。現に昨年は大会直後から囲碁を打たなくなりました。打ちたいと全く思わないし、勉強する気にもなれない。 [続きを読む]
  • 第64回nhk囲碁(山下敬吾vs羽根直樹)
  • 第64回nhk囲碁(山下敬吾vs羽根直樹) 解説 彦坂直人NHK杯テキストをブクオフで手に入れたので、NHK杯見まくりです( ´艸`)山下の攻めが主導権を握る展開。とにかく面白い。「私の一手」はなかなか面白いね。検討の一端を披露してくれる。一直線の攻めはリズムが狂うと、その力が自分にかえってくることになる諸刃の剣。主導権を握った場面で逆に白がよくなる変化もあったというから難しい。実戦では気持ちの持ちようも大事になっ [続きを読む]
  • NHK囲碁講座テキスト大人買い!
  • 栄のブックオフにて2015年〜2017年のNHK囲碁講座テキストを大人買い!ほとんどめくった後もないのに1冊100円でGWセールでさらに20%オフ!こんだけラッキーなのは珍しい。ここんところのNHK囲碁講座は内容が希薄で見る価値がないけど(林かんけつは別、素晴らしい)NHK杯の棋譜が載っているのが大きい。最近はNHK杯を見てから2回並べなおすようにしている。頭に残るのがただ棋譜ならべするときの3倍ぐらいある(当社比) [続きを読む]
  • Leelaと対局 三子局逆コミ5.5 第4局
  • 今日から三子で白高目スタートの設定にします。今回は白に頑張られてしまったのですが、やはりそこは頑張った姿。あちこちの借金を取り立てて勝てました。高目はやはり打ち方が難しいのかな? 今までの中でも割と完勝部類だったと思います。↓ つぶや棋譜で再生します棋譜↓よかったらポチお願いしますm(__)mにほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ [続きを読む]
  • 石田芳夫の芝居??(;'∀')
  • NHK49- 2- 13苑田勇一(Sonoda Yuichi)vs石田芳夫(Ishida Yoshio)苑田九段のじっくりした攻めが功を奏して、黒優勢の場面。石田九段(白)は苑田九段(黒)のノゾキにつなぐと、切断されて大変なことになる。で、ノゾキにではなく、本体の連絡を確かめなければならない。ここで、「ん?ああいけね」と今気づいたようなボヤキを発して打ったが、ちゃんと狙いがあった( ´艸`)いい碁です。模様を張るのが得意な苑田九段と、しのぎつ [続きを読む]
  • 棋書「プロアマ三子局 アマ勝局集」
  • 以前にも少しだけ書きました。こちら3回以上並べました。月刊囲碁でトップアマとトッププロの対局をまとめたもの。よく有段者で下手打ちが苦手な人がいるけど、この本はかなり参考になる。面白いのは、下手打ちといっても個性があること。武宮九段はとにかく手厚く打って戦い抜く。特に印象的だったのは平岡聡さんとの一局で、5線でも平気で押して行って碁にしている。見えているものが違うと思わされる。林海鋒九段もすごい。定 [続きを読む]
  • Leelaと対局 三子局逆コミ5.5 第3局
  • ↓よかったらポチお願いしますm(__)mにほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ久しぶりに囲碁。対局も棋譜ならべもNHK杯観戦も全然やってない💦Leela先生との対局。左上は相変わらず小目固定で。今回は大ゲイマカカリを試してみました。↓つぶや棋譜で再生します。棋譜よく、簡単な定石を打つと簡単に進められるというように勘違いしている人がいる。それは全く逆で、その場を無難に乗り越えられるけどそのあとが難しくなる [続きを読む]
  • NHK49- 2- 7結城聡 vs 淡路修三
  • 久しぶりにNHK杯をみた。苑田九段の解説が非常によい。もう一回見たら、碁盤に2回並べます。内容は結城と淡路の対局なのでさぞかし戦いの碁になるかと思いきや案外じっくりとした碁になった。ネタバレ回避でこれ以上はだまっときます。最近ちょっと仕事が忙しくて碁に集中力を残せられなくなったな。朝の詰碁やる時間もないです。少しでも時間があったら睡眠をとりたい(;^_^ANHK49- 2- 7結城聡(Yuki Satoshi)vs淡路修三(Awaji Syuz [続きを読む]
  • Leelaと対局 三子局逆コミ5.5 第2局
  • ↓よかったらポチお願いしますm(__)mにほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ↓つぶや棋譜で再生します棋譜序盤、左上隅の定石は例によって固定です。布石、定石の研究を兼ねていますので。しかし、こんな手順があるのかー。古くて、いわゆる枯れた定石なので新しい手があるとは思ってなかった。90手目に手が回って、勝ったと思ったのだが…決めどころを逃してひどい目にあった。最後はなんとか勝てたけど時間制限のある碁だった [続きを読む]
  • 古い囲碁雑誌
  • 囲碁クラブ1995年12月号を読んでいた。最近、棋譜ならべが億劫で、NHK杯を一回見て、二回棋譜を見ながら並べなおすということぐらいしかしていない。だけどその古い囲碁クラブを見ながら並べてみると、そんなに面倒でもないんですよね。「囲碁クラブ」は現在の「碁ワールド」の前身なんだけど、碁ワールドは棋院の会報としての側面が強いかなーと思う。雑誌として部数を増やそうという気概が感じられない。碁ワールドでもときどき [続きを読む]
  • Leelaと対局 三子局逆コミ5.5 第1局
  • Leela先生との三子局。今回から逆コミを5.5目にしました。左上隅の定石12手まで固定しました。なぜか平易に勝てました。不思議なことに逆コミ10.5目よりもヒストグラムは荒れていない( ´艸`)↓比較三子局逆コミ10.5目 第7局逆コミが大きいとLeelaが踏み込んでくるのでしょうか?(@_@。↓手順です。つぶや棋譜で再生します。棋譜それほど難しい手筋ではないのですが、134手目の手筋が決まって勝ったと思いました。こうゴ [続きを読む]
  • 加藤正夫さん追悼番組
  • YouTubeに故加藤正夫 名誉王座の追悼番組が上がっていた。これリアルタイムでは後半しか見ていないので非常に嬉しい。代表的な打碁の解説をそうそうたるメンバーが解説していて本当すごい番組だ。タイトル戦に出れば負ける時期「どうやったら勝てるんだ、教えてくれよ」と石田九段に聞いたエピソードはその悩みの深さが垣間見え、心に刺さる。↓よかったらポチお願いしますm(__)mにほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ [続きを読む]
  • Leelaと対局 三子局 第7局 中押し勝ち
  • Leeaと3子局逆込み10目で対戦。左上の定石を固定して12手目から対戦です。↓つぶや棋譜で再生します棋譜相変わらずヒストグラムがえらいことになってるΣ(゚Д゚)下辺右下の黒がとられて、あとはいつなげようという状態だったのですが、周りの黒が固まれば白の大石がはっきりと生きていないという状態だったので取りに行ったらあっさり取れました(;^_^Aコウ付きなので、その点の先の見通しが例によってあいまいだったのかもしれませ [続きを読む]
  • Leelaと対局 三子局 第6局 1.5目負け
  • インフルようやく解熱しましたが、二日間は外出禁止ということでLeelaさんと打ちました。左上12手まで手順を固定して、対局開始。懐かしいこの定石で打ってみたかったのです。↓つぶや棋譜で再生します棋譜故 加藤正夫名誉王座が若いころに好んで使っていた定石で、大きな戦いになるのが特徴です。戦いの碁を打って、負けるのは仕方がないという気持ちだったのですがLeelaさんには穏やかに打たれて、いやーその後じりじり打たれて [続きを読む]
  • 49回NHK杯 工藤紀夫 vs 今村善彰
  • NHK49- 2- 3工藤紀夫(Kudo Norio)vs今村善彰(Imamura Yoshiaki)両者ともに手厚くて渋い展開。ネタバレ防止のためこれ以上は書きません特に大ヨセは参考になった。途中から画面が乱れるのは残念。ようやく熱が下がって、動画見てても目が回らなくなった。今年はNHK杯見るのは20局目。最近仕事で疲れて見れてなかったので、この機会に見ます。↓よかったらポチお願いしますm(__)mにほんブログ村 その他趣味ブログ 囲碁へ [続きを読む]
  • 棋書「世界の新定石 PART Ⅲ」
  • 「世界の新定石 PART Ⅲ」 江 鋳久、芮 廼偉 著 棋苑図書平成14年の著作したがって「新定石」とは到底言えないが、この当時最盛期であったミニ中国流、小林流布石のプロ実戦の数々が解説されている。新定石といっても、全局的な戦いに発展することがほとんどで、その意味では布石〜中盤の著作といってもいいかと思われる。布石とはいっても中盤のかなり手数が進んだところまで決まってしまうことが多くこれを学ぶことは大いに [続きを読む]
  • ストレスの無い対局では…
  • 最近、いささか年を取ったせいか対人関係のストレスを避けるようになった。囲碁の対局はストレスのある対局でないと上達できないのではないかという強迫観念がある。たとえば団体戦や大会順位戦のように「負けられない一局」の時になんとかして勝とうと必死に考えているときに上達するのではないかと思っている。実際、そういった対局の後、不思議に強くなってたりする。偶然だったり、集中して一局でもいい碁を打つと、次はその碁 [続きを読む]
  • インフルでぶっ倒れてます
  • 日曜日の夜中から発熱し、ひどい頭痛と関節痛に悩まされ病院に行きました。検査結果はA型インフルエンザ。元来ひきこもりがちな自分はうれしくて仕方がないです3月は特に仕事がきつかったので体力的にもかなり弱ってたと思います。頓服のんでNHK杯見てたら目が回って(@_@。…丸二日寝ててようやく解熱しました。はあーしんど。まだかるく頭痛が残っているので、今日一日しっかり養生してからNHK杯みます対局もできないですねー。対 [続きを読む]
  • 久しぶりに人間と
  • 久しぶりに人間相手に打ちたくて、囲碁カフェに行ってまいりました。相手は若い人で、なかなか面白い布石を打つ人でした。攻めが強引で、あまり得しようという意思が感じられませんでしたが、強くなりそうな人でした。ガラガラに荒らして楽勝ムードでしたが最後の最後でポカをやりました。最近こういう負け方が多い(´;ω;`)↓つぶや棋譜で棋譜再生します棋譜自分が白番。まあ負けたとはいえ、まあまあの碁を打てたかなという気は [続きを読む]