オレオン さん プロフィール

  •  
オレオンさん: Nature is the true law.
ハンドル名オレオン さん
ブログタイトルNature is the true law.
ブログURLhttps://seaoleon.blogspot.jp/
サイト紹介文フィジカルトレーナー。アスリートやトレーニング指導の日々をつづるブログ。真実はいつも自然の中に。
自由文フィジカルトレーナーとして、横綱鶴竜、プロゴルファー、プロテニスなどのトップアスリートまでトレーニングやコンディショニングを担当してます。 夏場はライフセーバーとして活動しているので海にいることが多いです。 副業としてスポーツ・健康ジャーナリストとして活動中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 146日(平均3.9回/週) - 参加 2018/03/01 12:48

オレオン さんのブログ記事

  • 海の上で考えた
  • 海の上で考えたこと。超長文、忙しい人はスルー希望^_^このビーチでライフセービングをはじめて今年で20年目。今の会社を創業する1年前からはじめたから会社も来年で20周年というとことになる。ここは、相模湾に面した中でも、堤防のない希少な自然海岸で、楽しいことも厳しいことも様々な経験をさせてもらった素晴らしいビーチ。春から毎日のように海に入り、色んな生物との出会いや自然の中に溶け込む体感をさせてもらった。朝は [続きを読む]
  • 親が指導者
  • ある広い公園で、私は自分の子どもとサッカーをして遊んでいる。子どもは上手くいかなくなるとボールを手で抱えて走りだしてラグビーになってくる。ルールもヘッタクレもないスポーツになってくるけれど、まだこれでいい、今はカラダを動かすことが楽しいと思ってもらえればそれでいいのだ。その横では、熱心なパパ達による熱血スポーツ指導が繰り広げられていた。バトミントン、サッカー、陸上かな?何組かの父親らしき人が怒鳴り [続きを読む]
  • よく降る雨
  • 今日はowsのクリニック。9月の初島熱海横断本番に向けて、一生懸命トレーニングしているみなさん、とても素晴らしい。目標がしっかりしていることは、時間がかかっても達成できると思う。 ブログランキングに参加しています。 よろしければポチッと押して下さい(^^) [続きを読む]
  • 没頭できるもの
  • 「自分ではどうにもできない外的なストレスを受けた時にどのように対処するか」という質問を良くする。自分も含め、大小それぞれ誰でも経験することなので興味がある。グッと堪える乗り越える立ち向かうこれらはストレスを受けた時に出る闘争反応。そういうものと接触しない自分のスタイルを貫くことで回避するどうにかして逃げるそしてこれは同じ生理反応とされる逃避反応。どちらも間違いではない。でも、どうにもできないストレ [続きを読む]
  • ダイエットは本当に必要?③たんぱく質とは
  • たんぱく質の「質」というのは、その食品に含まれるたんぱく質の含有量で決まるわけではありません。 食べ物に含まれるたんぱく質の「質」を判断することができれば、筋力アップにもダイエットにも役立てることができます。同じ量のたんぱく質を与えて成長に違いが出るのか、ラットを対象にして行った実験があります。 ラットに「ガゼインたんぱく質(牛乳からとれるたんぱく質)」を含んだエサを与えると順調に成長しました。一方 [続きを読む]
  • 脂肪とは
  • 脂質は肉の脂や植物油、コレステロールなどの主な成分で、炭水化物やたんぱく質とともに3大栄養素といわれています。 身体の主要なエネルギー源になるほか、細胞膜やホルモン、体の仕組みに働きかける生理活性物質の材料になるといった重要な役割があります。 余った脂質は中性脂肪として主に脂肪細胞に貯蔵されます。 不足すると、疲労しやすくなったり免疫力が低下したりするため、適度な脂質は身体にとって非常に大切です。 [続きを読む]
  • ケトン体とは
  • 「ケトン体」とは「体内に蓄積された脂肪を分解する時に出る脂肪酸を体内(肝臓)で作りかえたエネルギー」で、正確には、ヒドロキシ酪酸、アセト酢酸、アセトン、の3つの物質の総称で主に、心臓や腸などの内臓を動かすためや、筋肉を動かすためのエネルギーに使われています。 糖質制限ダイエットを行うことで、身体にブドウ糖が不足した状態になり、脂肪酸が燃焼すると、肝臓ではケトン体(アセト酢酸とβ-ヒドロキシ酪酸)とい [続きを読む]
  • ダイエットは本当に必要か②
  • ダイエットをする前になぜ太るのかを理解しましょう。 一般的には、食事などのエネルギーに対して、体温や脳、内臓などの基礎代謝プラス活動消費エネルギーが少なければ、体内にエネルギーが脂肪として備蓄され、これが「太る」ということになることは既にお分かりのことと思います。 しかし、あまり食べていないのに太る、浮腫むなんてお話を良く聞くことと思います。 これがダイエットの個人差というもので、実はカロリー計算 [続きを読む]
  • ダイエットは本当に必要か
  • 昨今ネット上でも雑誌でも、観ない日はないくらい関心のキーワードとなっています。つい昔は「中年太り」が中高年の代名詞ともいうほどでしたが、アクティブな団塊の世代や健康ブームなどによって、健康にはスマートな体型であることが“あたりまえ”にてきました。その大きな理由として挙げられるのは、肥満が生活習慣病の主原因とされたからだと思われます。 ニューヨークのエリートビジネスマンにとって、健康面での自己管理は [続きを読む]
  • 科学が全てではない
  • バカな議論をしている。 ある記事の抜粋 ↓ 【先日、エンゼルスの大谷翔平が足を捻挫した。するとまた、球界のご意見番こと張本勲氏が『サンデーモーニング』(TBS系)内で、走り込み不足が原因だと指摘した。 ~ 中略 まただ……。長い距離を走り込むことで実戦向きの筋肉がつき、怪我のリスクも減る……。そんな効果があると言われている走り込みだが、正直な話、完全な時代遅れ。同じくメジャーで活躍するダルビッシュ有選手 [続きを読む]
  • 熱海の海
  • 今日も朝から海。GWの仕事がキャンセル(選手の試合帯同だったけど予選落ち)になってしまったので、急遽失業笑とはいっても、やることはたくさんあるのだけれど、天気も良かったせいもあって、なんとなく足は海へ。いやー今日は最高に良かった。海は穏やかだし、透明度もいい。写真だけ見たら熱海だとは思えないでしょう?例年、この時期になると「春濁り」といって、水温上昇に比例して植物性のプランクトンが増え、それを食べよ [続きを読む]
  • 子どもとプロスポーツビジネス
  • ワールドレディスチャンピオンシップに出場する渡邉彩香選手の帯同でつくばへ。毎年ゴールデンウィークはこの関係で、つくばにいることが多いけど、今年もいい天気だ。せっかくプロゴルフの仕事をさせてもらっているので、少しプロゴルフのスポーツプロモーションについて書いてみようと思う。------プロゴルフの世界は、選手を中心に、スポンサー、ゴルフ場、メーカー、イベント業者、プロモーター、メディア、ファッション、健康 [続きを読む]
  • トレーナーの資格と勉強
  • 「最近の若い選手や指導者は勉強しない、自分で調べようとか行動しない」ベテラン指導者はいう。そんなことない。分からないことはGoogle先生がすぐに教えてくれる。トレーニング方法だってGoogle先生やYouTube先生がたくさん資料をくれる。下手な経験者よりもずっと詳しく、しかも分厚い辞書のようなマニュアルなんかより、ずっとわかりやすく説明してくれる。何が悪いか?はい、全く悪くありません。エビデンスだってちゃんと裏 [続きを読む]
  • 仕事のことばかり考えてはダメよ
  • 今日は予定が変わってしまったのでお休み。子どもたちと一緒に初めての場所にでかけた。 GWだというのにこんな遊んでていいのだろうかなんて少しだけ思いながら。 普段から仕事に関わることばかりをしていると、どこへいっても仕事のことを考えてしまう。 特に来年コンディショニングセンターが10周年を迎えるにあたって、大きく動こうと思っているので、そのことを考えはじめてしまうと、ずっと考え込んでしまう。帰って来てから [続きを読む]
  • アスリート復活宣言
  • 最近何のためにトレーニングしているのか分からなくなる時がある。 もちろん、トレーナーとして体を作っておくことは仕事のひとつとして当たり前なのは十分わかっている。でもそこじゃない。歳のせいか・・・モチベーションというか・・・ある一定程度までいくと追い込めないというか・・・こんなもんだろ・・・って終わってしまうことが多い。 一般的なトレーニングだけじゃなくて、時間のある朝は泳いだりパドルしたりしてトレー [続きを読む]
  • トレーナーとトレーニング
  • 18歳にフィットネスクラブでアルバイトを始めた頃から、営業終了したジムでトレーニングするのが好き。今日もそんな時間を過ごす。当時の先輩から「夜になると“見てはいけない輩がフィットネスクラブには集まる”らしいぞ」って聞いていて、カイザーマシーン(当時は主流だった)の空気が抜けて勝手に動いているのを見て飛び上がったり、照明落としたプールシートの下に隠れている人がいて、シャワー浴びる時に脅かされたりしたの [続きを読む]
  • セクハラと恐喝
  • セクハラ、パワハラ、いつの時代からその言葉が出てきたのだろうか。今では、政治や芸能界でもよく聞かれるようになり、誰かを落としいれるための罠として使われるようにまでなった。政治では、政治家の行動力ではなく、スキャンダルで地位を失墜させ、政権を交代させようとしている。テレビやインターネットでも、メディアがスキャンダルを誇大に報道し、上げ足をとって喜ぶ政治家があまりに滑稽である。企業もそうだ。社内で上司 [続きを読む]
  • スポーツと性差
  • 格闘技を中心とした多くのスポーツが、体重別の階級制度を取っている。柔道やレスリング、ボクシングなどはよく耳にする競技だが、日本伝統格闘技のスピリットにある「柔よく剛を制す」ことから、当初階級制度の導入には批判が多くあったそうである。しかし、近代スポーツにおいては、その技術向上もさることながら筋力の向上も昔とは格段と高くなり、少しの体重差が、競技者として命取りになってしまうこともあることから、ほとん [続きを読む]
  • これからのスポーツ合宿をめざして
  • ここ数日、夏のように強い日差しが照りつけ、日向は30℃近くにも気温が上がって、まさに夏日となった。そんな中、昨日から女子相撲の元世界チャンピオン山中未久選手の定期合宿をサポートしている。昨年から行っている月一回の定期合宿。普段は京都の大学とg- zoneというトレーニングジムで稽古とトレーニングを積んでいる。相撲コーチ、フィジカル、コンディショニング、ライフスキルの各専門家がチームを組んで彼女をサポートす [続きを読む]
  • 海が呼んでる
  • 朝起きて、ベランダから海を見たらキラキラ光っていて「海がおいでおいでって言っているんだよー」って妻にいったら「ハイハイ」って。こんなにいい海に出ないのはもったいないですって。楽しませてもらいました。仕事前に海に出れる環境に感謝です。ブログランキングに参加しています。 よろしければポチッと押して下さい(^^) [続きを読む]
  • いいにおい?
  • 床屋は3週間に1回である。この仕事をしているので、長髪は許されず、常に清潔感のある身だしなみには気を付けるようにしているつもりだ。最近歳の話が多くいけれど、やっぱり年齢と共に身だしなみには注意しないといけないとつくづく思うようになってきた。特にうちの場合は女性のお客様が多いので、匂いや髪の毛は重要だと思っている。いつもいく床屋(僕は床屋派。美容室はどうもすっきりしなしし、時間が長いイメージあある)で [続きを読む]
  • 身体を絞ると決めたから
  • 今年の1月に、今年の夏までに腹筋を割ると明言しはじまったトレーニング。健康的にカラダを絞りたいので、家族にも協力してもらって食事から変えていくことにした。それから3か月、1月〜2月は停滞期。82kg~81?を行ったり来たり。3月に入って少し低糖質にこだわり。80kgまで減る。4月に入って体脂肪率が減り始めた。79kgがチラチラ今回の基本は急激な体重減をしないように、下半身のウエイトを増やし、絞ることだったので今のとこ [続きを読む]
  • 実験台
  • 40歳を過ぎたころからだったか、膝の痛みとだいぶ戦っている。というと少しおおげさだけれど、やっぱり筋肉が落ちてくるお年頃。治療家の友人やドクターに診てもらっていくらかよくなるけど、完治は程遠く・・・。個人的には、ある程度軟部組織の強弱には先天性ものがあると思っていて、僕はあまり強い方ではないのかななんて思っていたりする。とはいっても職業柄膝痛いからスクワット見本見せられません・・・じゃいけないので頑 [続きを読む]
  • 学び続けること
  • 名古屋まで、医療機器メーカーの研修会へ行ってきた。わざわざ名古屋まで行く意味があるのかなんて考えもしたけれど、ズバリいい研修会だった。きて良かった。長年同じ仕事をしていると、知っているような気になっていることも実は知らなかったり、今更聞けないなんてこともあったりするものだけれど、今回はそんなことも御構いなしに、席は一番前に陣取って、どんどん積極的に質問したり体感させてもらって、終わってみれば満足度 [続きを読む]
  • ワカメの佃煮づくり
  • 先日のタケノコに続き、生のワカメが手に入ったので、調子に乗って今度はワカメ料理にチャレンジしてみた。普通ワカメというとお酢につけたり、味噌汁に入れたりするのが一般的だけれど、この時期のワカメは硬いので、メカブとワカメに分けてそれぞれ佃煮にしてみた。結構上手くできたので、またレシピを残すので、気が向いたら作ってみてください(^^)ちなみに、ワカメはミネラルが豊富なので、便秘気味な方や体が浮腫みやすい方に [続きを読む]