AKIHITO さん プロフィール

  •  
AKIHITOさん: 生涯学習コーディネーター
ハンドル名AKIHITO さん
ブログタイトル生涯学習コーディネーター
ブログURLhttps://2254540.muragon.com/
サイト紹介文AKIHITOさんのブログ
自由文平成 8年 4月 1日
生涯学習2級インストラクター 取得
平成 27年 2月 1日
生涯学習コーディネーター 取得
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 161日(平均1.2回/週) - 参加 2018/03/01 14:28

AKIHITO さんのブログ記事

  • 運命と遊ぶ
  • 悪さをしていた頃は「あいつは嫌いだから人前で恥を掻かせたい」好奇心で、人の人生を壊したいと思っていた人は数多くいると思います。今の時代は医学面でも手術も進歩しており、優秀な技術力がある限りはTVで問題になった不妊治療は考えも思い付かなかった筈ですが、今の時代に忘れてもいい昔からの言い伝えや先祖が拘っていた口癖の災いの言葉を信じている人がいるから不妊治療が増えつつあるのです。でも、楽しい人生を遊べな [続きを読む]
  • 続・支援で悪さ
  • 良い人と思わせながら悪さをする人は馬鹿に付ける薬は無い程に今も相変わらず先祖の後を追うように増え続けていますが、馬鹿に付ける薬は無い諺は誰が考えたのでしょうか?馬鹿に付ける薬は無い諺が誕生してから教壇に立つ教師や講師が良く使っていました。でも、最近は心残りがあるように無関係な子供に暴言で使われています。今の大人の子供時代には遊びでバ〜カを付けて相手の気持ちも考えず本気で怒らせた経験がある人もいると [続きを読む]
  • 支援で悪さ
  • 海の日と聞いても、あまり喜ばれないのは被害地の住民だと思います。祝日に海やプール、テーマパークに出掛ける予定を計画をしていたのに、予想外の被害にあって汗を浴びながら後片付けの毎日の中、親の手伝いをしたい子供に危険性が無い所の後片付けをさせたりしています。なのに、親切心が無い支援者が大人と子供に交えて親切心がある支援者が一生懸命に後片付けをしてくれている最中に誰も住んでいない家に上がり込み、盗み放題 [続きを読む]
  • 続・運命
  • 知識がある人に運命を作って上げるものと話をしても子供や障害者に良い人生を送らせる手助けをして上げる事と理解出来ますが、知識の無い人に運命を作って上げるものと話をしても我儘や辛い環境で育ったから子供や障害者に良い人生を送らせる手助けは甘えを作り出すと判断して虐待にも繋がります。この間、誰も素敵な運命を望んでいる筈と載せましたが知識がある人でも欲に走り出す事に関しては所詮は人の子、障害者には良い人生を [続きを読む]
  • 運命
  • 誰も素敵な運命を望んでいる筈ですが、欲や妄想の走り過ぎでストーカーに発展する場合もあります。妄想に酔ったり、酒に酔ったりすると大人は画面上に出ている女性を自分だけの女と思い込み、カメラに向かって話したり、見つめたりしているのに俺に笑顔を見せていると上機嫌、それとは逆にカメラに向かって泣いたりすると俺の女を誰が泣かしたと怒鳴り、依存症の様に妄想が激しい場合は追っかけのフリで自宅を探し出す事もあります [続きを読む]
  • 続・災いと思う門には死神が来る
  • 関東甲信地方が梅雨明けをしましたが、児童相談委員が目を配る時期でもあります。頭が冴えている児童相談委員なら、暑さやジメジメも大人のイライラやストレスに繋がりDVに子供への虐待が増えると1人位は感じる筈。大人の子供の頃は親が姑に働かざる者食うべからずと言われながらも姑の機嫌を損なう前に家事の準備、子供にはマナーを叩き覚えさせられたと思います。躾方も色々ですが、この頃の虐待の1つは親が子供時代の躾と照 [続きを読む]
  • 災いと思う門には死神が来る
  • 不妊治療が昔から問題になっていますが、この考え方が正しいと思わせるから障害児は災いの元と言われ続けるのです。障害児嫌いの子供や大人にとって不妊治療は好都合のアイデアかも知れません。ですが、障害児を持つ親はどんな気持ちでいるのでしょうか?結婚、出産の夢を叶えて挙げたいと願っているでしょうか?それとも、冷たい大人の様に運命を変える事は出来ないと信じ込ませて不妊治療の希望を願うでしょうか?でも、障害児は [続きを読む]
  • 続・弱みを握る内は笑いが止まらない
  • 誰も子供の頃に親には内緒で小遣い頂戴と、ねだった事があると思います。子供の頃の内緒は可愛くて許されるものですが、大人は結婚して妻に小遣いの前借を願っても妻が家庭を支えているし、家庭簿を付けているので家庭によっては小遣いの前借を素直に報じてくれますが、家庭の出費が苦しいと条件付きで報じてくれますが簡単には報じてくれません。その話が外に漏れてしまうとTVの偽り交じりの体験談な事が現実として恥ずかしくて [続きを読む]
  • 弱みを握る内は笑いが止まらない
  • 苛め、現金を脅し取る事を覚えた人は弱みに興味を覚え、それを得意な分野にしては金づる道具のターゲットよりも小遣い稼ぎの便利道具で誘いに落とします。もし、知識を裏と表を使いこなせれば普段の仕事に影響は無いと考えていたとして信頼性が高ければ高い程の会社ならば、笑いが止まらないとは逆に信頼をしてた人の恨みが止まらない事になるでしょう。 [続きを読む]
  • 続・人の過ち見て我が過ち直さない
  • 新幹線内の切り付け事件でメディア業界が、どんな心境があったのだろうか?と取り上げていますが、差別問題や人間関係の好き嫌いで思い込みが激しい人でも同じパニックに陥る時もあります。被害者にとって嫌な思い出は後遺症としても残って逆に昔の人が言っていた通りに障害児は災いの元と不安を感じる事にも有り得るし、事件や不幸に喜ぶ人は興味範囲で不審者に似ているだけでも照らし合わせる癖があるので視聴率よりも忘れたい人 [続きを読む]
  • 人の過ち見て我が過ち直さない
  • 人は誰でも長所や短所を持っています。目に入れても痛くない可愛い孫の頼み事なら長所や短所に関係なく聞き入れてしまうのは、人間として親として可愛がるのは当然な事なので許せますが、弱みや短所を暴走族や不良に握らせると一番困るのは学校の教育者です。教育者は教えるのが義務としても仕事で勤務しているので人の良い面を考えると警察に突き出すのが迷うし、逆に突き出せばPTAや両親が黙ってはいないので結局は悪いと知り [続きを読む]
  • 続・心理の悪用
  • 地域の立て看板に《不良の芽を摘み取ろう》と書いてありますが、悪さはいつ頃から芽生えて来たでしょうか?叱られた事が無いのに兄弟げんかで叱られた頃、両親が離婚した頃、親の転勤で引っ越した頃、義務教育が始まった頃、親達の噂で病気持ちが入ると分かった頃、同じ学校に嫌いな教師に怒鳴られた頃、怪我を負わされた頃、知能レベルを比較された頃、罪をかばってくれた頃、里親に気持ちが伝わらない頃、やむを得ない以外でも悪 [続きを読む]
  • 心理の悪用
  • 明治時代頃に生まれた祖父や祖母に「優しい言葉をかける人に悪い人はいない」「物をくれる人に悪い人はいない」と、昔の人は口癖の様に言いますので聞いた事があると思います。今の時代、その心理を悪用して『優しい言葉をかける人に悪い人もいる』『物をくれる人に悪い人もいる』と、ご丁寧に間違い電話で相手の性格をつかんで改めて勧誘電話や詐欺電話で餌をばら撒き、誘いの筋書きに飛び付いて来たら今日の餌食をゲットで極楽気 [続きを読む]
  • 続・我儘人生
  • 歴代の御先祖に関わらず、今の誰もが飲んだり食べたり楽しい時間を設けたい時があります。ですが今も昔と同様、変わらないのが苛め隠しや災いを作り上げる協力で飲食飲酒に誘い込む行為。例えば、家庭訪問の三日前に担任から好きな和菓子を聞き出し家庭訪問日に担任が誉め言葉を喋っている合間を見て好きな和菓子がお茶と共に出され、誘いに乗って来る様に和菓子を口にして次の日から弱みを握った様に苛めや悪さの繰り返し、そこで [続きを読む]
  • 我儘人生
  • この間まで住友林業のCMでは子供好きには羨む程の本来のイメージが流れていましたが、子供嫌い、子供を失った家族から見ると「躾に良くない」「この幸せもいつかは不幸に変わる」と幸せを見せびらかす感じで言いたい放題。住友林業の社員に子供嫌いは当然いないと思います。もし、子供嫌いの社員がいてイメージアップのCMを放映してもクレームばかりが来る筈です。CMの話はここで止めて本題に移らせて戴きますが私はハッキリ [続きを読む]
  • 続・恐怖
  • 恐怖の続きに移る前にACJAPANのCMについて一言付け加えて言わせて貰いますが、CM作りだと言え、苛め心の感情も本格的過ぎに感じたのでCM作りの協力者も相手を苛めた経験がある人もいるのでは無いのかなと思ったのは私だけでしょうか?では恐怖の続きに戻ります。私の母親の幼稚園に勤めていた若い頃の話ですが、社員仲間が献立に使う材料を買いに行っても普通の値段で買って来て母親が買いに行くと値引きしてくれるの [続きを読む]
  • 恐怖
  • 子供の頃から印象に残っているCMや動くキャラが今でも流れています。例えば、昔からラジオを聴いている人は勿論、私が小さい頃に東京の女子医大病院へ入院生活をしていた頃の儘ラジオで流れている。馴染みの背景音楽に馴染みの言葉(口調)の「クラフト」、動くキャラのCMは子供の頃の苛めや悪さ心が抜けない大人が次の世代の子供にこの様な面白いCMがあったと教えているイメージの方が強いです。別のCMで向こう岸から流れ [続きを読む]
  • 続・今も引き継がれる遊び
  • 引き継がれる遊びの続きですが、メンコやベーゴマ、お手玉、手毬、おはじき、鬼ごっこの他にもケンケンパ(ケンケンッパ)、石蹴り、案山子、ハンカチ落とし、フルーツバスケット、椅子取りゲーム、ゴム飛び、郵便屋さん、大波小波、ずいずいずっころばし、お煎餅焼けた、かごめかごめ、だるまさんが転んだ・・など、コンピューターゲームが流行する前まで遊んだと思います。今では学校で昔の遊びも楽しいと思わせる様に体育時間や [続きを読む]
  • 今も引き継がれる遊び
  • 昔からの遊びは日本に拘らず世界でも愛されていますが、時代と共に増える遊びと影が薄くなる遊びがあります。明治時代や昭和初期に生まれた大人はメンコとベーゴマ、鬼ごっこで遊んだイメージが強いと思います。メンコとベーゴマ、おはじき、お手玉は懐かしいレトロ玩具として駄菓子屋で売っている所もあります。鬼ごっこは今の小学校でも親しまれていますが、数えて見ても色々な鬼ごっこがあります。例えば手つなぎ鬼、缶蹴り、8 [続きを読む]
  • 続・人との付き合いと道徳
  • 高齢者や大人の心理を掴み現金を騙し取って楽しんでいる詐欺師も結局は先輩や年上の脅しに勝てない弱者。人との付き合いも其々ですが、こんな話を1人位は聞いた事があると思います。「人に優しくすれば優しさが倍に戻ってくる」「友情は、いつか宝石箱になる」逆の意味で理解している悪者もいるけれども、それにしても今日のNHKニュースでも取り上げていましたが弱者や障害者は性的虐待を受けなければならないでしょうか?障害 [続きを読む]
  • 人との付き合いと道徳
  • 今でも日本TV系列で笑点が続いでおりますが、昭和時代の笑点で初代の座布団運びが「赤信号 皆で渡れば 怖くない」と言っていました。今では、詐欺師と言うより平成の天邪鬼が「金集め 皆で騙せば 怖くない」と言う感じで子供の頃に書いた未来の夢とは違い、又、こう言う事を書けば逆に足元を捉まれる形に見られがちですが、まるで欲が心理を掴む様に悪知恵の使い放題。でも高齢者も含めて詐欺電話や迷惑電話を喜ぶ人などいる [続きを読む]
  • 続・人間性
  • 人間性の続きですが、親や子供を預かる専門職員(先生)が子供の気持ちを和らぐも含めて遊ぶのは良い事です。ですが、子供の心理が分からないのに良い所を見せたい、目立ちたい、子供が好きだから、それだけの理由で子供の遊びたくない本心を聞き入れずに強引に遊んでも逆に子供に余計な不満を募らせるだけです。男は男同士、女は女同士の教えでこの頃は子供が言う事を聞かなければ気に入らない大人も増えて泣き止まなければ殴り、 [続きを読む]
  • 人間性
  • 新しい両親からも虐待を受けている子供にとっては地獄の日々と泣きながら感じていると思います。その内容のブログに目を通して読んでいる人の中にも、あの時の八つ当たりされた記憶、兄弟げんかの立場上で身代わりに叱られた記憶、理由も聞いてもらえず一方的に叱られた記憶、次々と叱られた記憶が蘇って来たと思いますが、その蘇って来た記憶どうしますか?次の世代の子供に引き継ぎますか?それとも、心の中に記憶として終います [続きを読む]
  • 続・アプリ(ママリ)について
  • アプリ(ママリ)の続きですが、今の時代に限って嫁ぐ家柄に薪で湯を沸かす時代からの風呂があっても堪忍袋は持って来てないと思います。それぞれの家庭によって躾方も違うから結局、些細な躾方を巡ってもDVや夫婦喧嘩の原因にもなります。昔ながらの家には押し入れがあり悪さをする度に押し入れの暗闇体験をした事がありますが、先祖代々からの躾方を今の時代に合う合わないは別にしても子供は夫婦から生まれたのですから夫婦で [続きを読む]
  • アプリ(ママリ)について
  • 最近コマーシャルでアプリ(ママリ)が流れていますが、私はママリを企画した運営会社を信用していません。勝手な事を言わせて貰いますけどママさんの困り事を助けるきっかけがアプリを誕生さてたと思いますが、虐待などが増えている時代こそ子育てに関して完璧と思っている大人はいないと思うので、もしママリが誰からも見て信用できるアプリならば子供が勉強して正しい知識を身に付ける様にママさんにも間違っていた子育てもある [続きを読む]