ほほえみ鍼灸院 さん プロフィール

  •  
ほほえみ鍼灸院さん: ほほえみ鍼灸院<服の上からできる温灸治療>
ハンドル名ほほえみ鍼灸院 さん
ブログタイトルほほえみ鍼灸院<服の上からできる温灸治療>
ブログURLhttps://ameblo.jp/hohoemi-kaizen/
サイト紹介文病院に行っても治らなかったという方へ<健康で元気な体になるための体づくり>について紹介します。
自由文当院独特の服の上からできる温灸治療法で30年の臨床経験を元に ヘルニア 狭窄症 慢性腰痛など病院に行っても治らなかったという方を多く治療改善してきました。
今までどのような治療を受けても変わらない方はお気軽にご相談ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 109日(平均2.4回/週) - 参加 2018/03/01 21:02

ほほえみ鍼灸院 さんのブログ記事

  • 汗と水分補給で気を付けること。
  • 汗をかくと血液の粘度が高まり、ドロドロ血液になります。ドロドロ血液のままだと、血圧の急上昇や血管の詰まり破れに繋がりやすいです。入浴や運動、高温多湿の時期などは、特に汗を大量にかきやすいです。入浴中は300〜500mlほど汗を大量にかきます。入浴後も、運動後も余熱で大量に汗をかきます。先日、日帰り温泉浴した帰宅後、水をいくら飲んでも喉が渇くという症状が起こりました。おかしいなと感じ、スポーツドリンクを摂っ [続きを読む]
  • 疲労感は脳からのSOSサイン!
  • いつも通りのことをしているのに、何かダルい、しんどい、体が重い、という場合、体ではなく脳に疲労が溜まっている証拠です。たとえば、炎天下でウォーキングするのと、涼しい快適な環境で同じ距離を歩くのでは、大きく違いますよね。その時の季節・気候・環境・条件によって体が感じる疲労度は変わってきます。脳に疲労が溜まると、自律神経が乱れます。自律神経は呼吸や心臓の動き、血液循環、体温調節など生命活動に必要な全て [続きを読む]
  • 汗は健康のバロメータです。
  • 汗は血液が原料で、血液の1つである血漿(けっしょう)から汗のもとが作られています。つまり、血流が良いかどうかが、良い汗をかけるかどうかに関係します。汗をかくことは、体内に溜まっている老廃物や毒素を体外に排出する働きがあります。「毒出し」効果です。運動不足や冷房など涼しい環境下に長時間いるなど、汗をかかない生活が続くとアトピーやアレルギーなど皮膚疾患を起こしやすくします。体内の毒素を外に出せていない [続きを読む]
  • お風呂の入り方で健康になる
  • 健康ということは、たくさんある細胞が活発に働いているかどうかにかかっています。この働きを支えているのが血液です。体の隅々まで血液が活発にに循環していることが重要なのです。血液は細胞一つ一つに栄養や酸素を運んだり、細胞が働いて出す老廃物を血液にのせて外に運び出しています。 体に冷えがあると、血液の巡りが悪くなり、体に老廃物である毒を溜めてしまいます。この悪循環を絶つためには、毎日の入浴が重要になりま [続きを読む]
  • 偏頭痛のある方の予防法と対処療法
  • 頭痛や眼精疲労の代名詞となっている偏頭痛は、こめかみが左右どちらかまたは両方がズキズキと脈とともに痛みます。頭部の血管が何らかの原因で、拡張したことで血管の壁にある神経が、引っ張られて刺激を受けて痛むのです。 原因としてはストレスやホルモンバランスの乱れ、体に合わない食品の摂取なども考えられます。 鎮痛剤は痛みのある時だけで、それ以外には服用しないでください。薬が効かなくなったり薬の量が増えると、副 [続きを読む]
  • 美容鍼灸
  • 最近は、顔に鍼で浮腫みをとったり、リストアップをするのが多くなっています。当院で行っている温灸は、全国でもほとんどやっている鍼灸院がないので受けた方は少ないと思います。四国で20年以上治療院を経営してもっと多くの方に、この治療の良さを伝えたいと思い、東京に拠点を移しました。東京で治療院を開いて5年になります。既に受けた方から紹介の輪が広がっています。温灸で美容になることが受けてみないと分かってもらい [続きを読む]
  • 温灸治療の効果で元気になる
  • "体調が悪い"、"いつも体だるくて何をしても治らない"このような方は全身の血の巡りが悪いため、体の老廃物や疲労物質が体から抜けていません。つまり、全身の細胞が元気がない、ということが原因です。 誰でも肩首などが凝ると、とてもツライです。そのような体の状態を全身的に、生まれた時から持っている方がいらっしゃいます。筋肉の質は一人ひとり違います。その様な質の悪い筋肉の方が子供時より体の弱い方です。これは血液 [続きを読む]
  • 自分では気がつかない体調不良
  • 先日、不妊鍼灸治療に来られた女性の体を診ましたら、左右の足の長さが違い、右側の骨盤が下がっていました。立ち上がり体を後ろに反らしてもらうと、ほとんど反らすことが出来ません。このような体の歪みがあると体調が悪いものです。本人に体調はどうですか?と尋ねたら、特に気にならないと言われました。 鍼灸治療で骨盤の歪みを治した後、もう一度体を後ろに反らしてもらうと、大きく反らすことが出来るようになりました。今 [続きを読む]
  • どうして低体温は体に悪いのか
  • 免疫システムを大きく分けると、白血球とリンパ球で成り立っています。これらの免疫細胞は、ある程度の適正体温の状態でもっとも効率よく働きます。一般に体温が高めの人ほど、リンパ球が多いといわれています。リンパ球が多い人は細菌やウイルスが体の中に入るのを、ブロックできるので病気にかかりにくいのです。 高めの体温が病気にかからない秘訣になります。体温が私たち人間に与える影響は、計り知れないものがあるのです。 [続きを読む]
  • 骨盤の歪んだ方の治療
  • 左右の足の長さが2?ぐらい違う20代の女性が治療に来られました.。 すごく疲れやすい事と不眠症、肩首の凝り、生理、排卵も止まっていました。右足が短く骨盤の右側がさがっていました。その為、背骨が曲がり首の骨も曲がるため、不眠症や強い肩首の凝りが出ます。脊椎の曲がりで神経の働きも良くなく、不眠によりホルモンが乱れて生理や排卵が止まる事も起こってきます。 このような時は、一時的にホルモン剤で生理を起こすの [続きを読む]
  • 突発性難聴、顔面神経痛の患者さんの例
  • 40代の女性が突発性難聴と顔面神経痛で来院されました。 1週間前に突然、左顔面の強い痛み、左耳の閉塞感が現れ耳鼻科で診察を受けたそうです。内耳にリンパ液が過剰に溜まっている、ということで低音性難聴と診断され、病院から痛み止めと利尿剤を処方されたそうです。 3日間薬を飲んでも痛みと水泳の時に耳に水が入ったような塞がった感じが抜けず、当院の治療に来られました。 診察してみると、左顔面、こめかみの浮腫みがひど [続きを読む]
  • デスクワークしている人はこんな工夫を
  • 多くの方がデスクワークをしていて、トイレ以外は椅子に座り、1日の大半をデスクで過ごします。このデスクと椅子は体に合っていますか。椅子に深く座って、足がゆっくり床に着いていますか。椅子が高すぎると、足の重さが大腿部にかかってしまい、血行が悪くなり、骨盤のうっ血や腰椎に負担がかかり、冷え性の要因をつくってしまいます。 デスクと椅子のバランスは椅子に深く腰掛けて、自然に肘がつく位がいいです。背中が曲がら [続きを読む]
  • 眼精疲労、頭痛、めまい、耳鳴りの治療
  • 痛みや痺れなどの原因は、ほとんどが神経の圧迫によるものが多いです。腰の神経が圧迫されると、ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症などが起こり、首の神経が圧迫されると、頭痛、偏頭痛、目まい、吐き気なども起こります。一日中、パソコンで仕事をしている方やスマホを使っている方が多いので、眼精疲労、頭を支えている後頚部の筋肉が疲れて、首の筋肉がカチカチに凝っています。それが頭の表面に行く血管、神経を圧迫して頭痛 [続きを読む]
  • ガン細胞は体温を上げて撃退しましょう
  • ガン細胞は1日に約5000個生まれていると言われています。体の免疫システムが正しく働いていれば、日々生まれるガン細胞を白血球がすぐに見つけて撃退してくれます。 しかし体調不良や体の冷えで免疫システムが正しく作動しなくなると、ガン細胞が増殖しやすくなります。体調不良は体温の低下が原因になることが多いので、体温を上げることが重要になります。 ガン細胞は35度台でもっとも増殖し39、3度で死滅することがわかってい [続きを読む]
  • ヘッドマッサージと温灸で心身軽くする
  • 東京に拠点を移して5年ほど経ちます。東京人は疲れている人が多いなぁ〜と強く感じます。 疲れていると脳の血流が悪くなり、脳から分泌されるホルモンや自律神経の働きも乱れます。頭痛や眼精疲労、めまい、耳鳴り、肩こり、腕のしびれ、喘息、風邪をひきやすい、むくみ、うつ病、不眠症など慢性疾患から精神疾患まで多岐にわたります。いずれも疲れ過ぎ、働き過ぎによる免疫力の低下、血流の悪化が原因です。 当院では、顔の上に [続きを読む]
  • 治療方法の選び方
  • どこか調子の悪いとき、どこに行ったら良いのだろうと考えると思います。どこか体調が悪い、腰が痛い、頭痛、めまいがする、体がだるい、などの病院で検査をしてもらい、薬や湿布薬をもらいますが、それでも良くならない様なときに、鍼灸院に来られる方が多いです。病名というのはその症状に対して、見つけた先生の名前がついていたりするものも多く、本当の原因の分からない病気も多いです。検査をしても原因が見つからない、いろ [続きを読む]
  • めまい、耳鳴り、難聴、メニエル病、の治療
  • 突然起こるめまい、耳鳴り、難聴を耳鼻科などで診察してもらうとメニエル病と診断される方が多いです。原因は内耳のリンパが過剰に溜まり水膨れのようになっていることが多いようです。 なぜそのようになるのか? ストレス、睡眠不足、疲労が引き金になっているといわれます。私もそのような方の治療をしてきましたがやはりとても疲れています。そのような症状が出る前に忙しく、疲労が溜まっていたと思います。体を診てみると首 [続きを読む]
  • 温灸治療について
  • 私のしている治療方法は、元々真言宗高野山に伝わっていた弘法大師灸というものです。 今、空海という映画が上映されていますが、もともと鍼灸は中国から伝わってきたものです。弘法大師(空海)が1200年前に中国から真言密教を日本に持ち帰った時に、当時中国で行われていた鍼灸の治療方法も勉強され日本に伝えられたのだと思われます。 治療方法としては効果の高いものですが、全身すみずみまで一つ一つのツボに温灸の熱を浸透 [続きを読む]
  • ミトコンドリアを増やして細胞を若返らせましょう
  • 細胞内では、酸素を含め様々な栄養素を体に取り入れて、必要なエネルギーやホルモンなどを作り出しています。ミトコンドリアが細胞内で行われる活動が生命を支えているのです。ミトコンドリアが元気に活動していれば体の様々な「はたらき」は良好です。元気がなくなってしまうと、「はたらき」が悪くなり、さまざまな症状が現れます。痛みもその1つなのです。 ミトコンドリアは年齢とともに減少していきます。この大切な役目を担 [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症の治療
  • 脊柱管狭窄症とは60代以上のぐらいの年齢の方に多い症状です。逆に椎間板ヘルニアは椎間板が柔らかい若い人に多い症状です。狭窄症は加齢などで背骨の中の神経が通る脊柱管が狭くなったものです。そのために神経が圧迫されて足の後ろ側の坐骨神経が痛んだり、痺れたり、突っ張るような状態で長く歩けなくなります。少し前かがみの姿勢で休むと楽になりますがまたしばらく歩くと痺れるという状態を繰り返します。腰椎すべり症など [続きを読む]
  • 温灸を使ったヘッドマッサージを始めました。
  • 最近は一日中パソコンを使って仕事をしている方がとても多いので目の疲れ頭の疲れ、肩首の凝り、頭痛、などの方がとても多いです、普通のお灸は、顔とか頭は焼けるので出来ないのですが当院の温灸は布の上からするので頭,顔、目の周りなどどこにでも焼けることなくできます、とても気持ちよく一度するとdえすでとっても頭の疲れがとれて目の疲れ肩の凝りもスッキリとします、マッサージだけでなく温灸を使うことで効果が高いです [続きを読む]
  • 健康になるため、睡眠の質を高めましょう
  • 睡眠の質を高めることは、自分の健康を守ることにつながります。眠れないからといって睡眠薬に頼るのは睡眠障害を悪化させることにもなりかねません。まず寝る前に体を温めましょう。低体温の方は睡眠に関する悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃいます。 布団に入ってもなかなか寝付けない方や、寝付きは悪くないのに目が覚めてしまう方、お年寄りに多い、朝早く目が覚めてしまう方などは、睡眠障害かもしれません。睡眠障 [続きを読む]
  • 疲れない体、病気にならない体になれます。
  • いつも体がだるい、寝ても疲れが取れない、浮腫みやすい、冷える、肩がこる、頭痛、など元気な人とどこが違うのか。 人間の体は骨、筋肉、神経、血管、リンパ管、内臓などの臓器からできています。全ての器官は血液より栄養をとりいれ新陳代謝を繰り返して老廃物をリンパ管、静脈に戻して体から排出します。この基本が上手く出来る体は元気です。 弱い人の体はこの基本のところが上手くいっていません。体の6割は水分です。その [続きを読む]
  • 命はどこからきたのでしょう
  • 最近は小さな子どもたちが、生まれる前の記憶をもっていることを、わりと多くの方が知ってもらえるような世の中になっています。池川明先生が「かみさまとのやくそく」というドキュメンタリー映画を製作されてから、多くの方が見て、「生まれる前のことを自分で選んできた」ということを知った方もおられるでしょう。 すでに大人になった私たちも、みんな自分で親や兄弟、友人を選んで、何らかの目的をもって生まれてきた、とい [続きを読む]