きっちゃん さん プロフィール

  •  
きっちゃんさん: きっちゃんの卵巣がん闘病記録
ハンドル名きっちゃん さん
ブログタイトルきっちゃんの卵巣がん闘病記録
ブログURLhttps://ameblo.jp/kiccha777/
サイト紹介文ある日突然、卵巣がん患者に?! 当たり前だった日常が少し変わってしまった日々の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 128日(平均1.6回/週) - 参加 2018/03/03 21:08

きっちゃん さんのブログ記事

  • ブログを読んでくださっていた方々へ
  • 私はきっちゃんの弟ですきっちゃんこと姉貴が、去る6月21日PM12時24分静かに眠るように息を引き取りました姉貴がこのブログを立ち上げるに当たっては、同じような病と闘い、悩んでいる人たちへの何かの支援になればと言う思いからでしたそして自分自身も闘病しながら、その治療と自分の状態と、その日々の中で常に前向きにいろんなことにチャレンジして来たことを書き連ねて来たんだと思います闘病生活を続けてきた中で、お医者さ [続きを読む]
  • 朝からパニック!惨劇未遂!!
  • それは、先週金曜日の午前中のことでした。。。その日も順調にリンデロン点滴を自分で作って、点滴開始滴数もまぁいい感じで合わせられたし、そろそろ残り少なくなってきたなぁ〜というときに、キュルっときたので点滴棒持ってトイレにGO?なかなか便ジャミン降りてこないのはいつものことなので、またガスだけかなーと、点滴とうを見上げたらほぼ終わりかけ。あと少しやなーと思ったところで、キュルっと第2波がきたので着座続 [続きを読む]
  • 退院後のタイムスケジュールで練習中
  • 北播磨のホスピスに入院してかれこれ2週間になりますが、何とか退院の目処が立って来たので、徐々に帰ってからの生活と同じタイムスケジュールでいろいろなことを練習中です体調面は、今日のレントゲンの結果、イレウス状態は解消されてるとのこと、また胸水腹水も溜まってきてないようなので、不安要素が一つ一つ減ってきていますフェントステープとアブストラルで、痛みコントロールは身軽になれたし訪問看護師さんにきてもらえ [続きを読む]
  • ありがた〜いマニュアル
  • 今日もせっせと点滴の練習に勤しみましたよー昨日の今日の2回目なので、何となくモノを見るとうっすら記憶が戻るのですが、やっぱり細かいところが追いつきません??メモを取ればいいんですが、得てしてそういう箇所は、わざわざ手を止めることができない箇所なんですよね。なので、どうしても同じようなところが抜けてしまう。と、今日の昼間のお部屋担当看護師さんのTさんと進めながらぼやいてたんです。本当に何気なく。そう [続きを読む]
  • リンデロン点滴作りました
  • 在宅点滴生活で、毎日しなくちゃならないことの1つに、魔法の薬のリンデロン点滴があります。ステロイド剤で、体内に散らばってる腫瘍の炎症を抑える以外にも、体をスッキリ元気に奮い立たせてくれたりと、まさにあたしの日中の活力の後押しに必要不可欠ステロイド剤ということで、日中に入れてしまわないと夜眠れなくなるので、朝の出かける直前ぐらいに入れ終わるようなスケジュールがベストなので、手際よく時間配分していか [続きを読む]
  • ロックしてチューブの付け外しを練習し始めました
  • 退院後の生活のための準備第一歩として、昨日からいろいろと練習を始めました母との毎日の共同作業は、ズバリ入浴への準備です。ということで、まずはポート部分のチューブのロックをして、生食で流すフラッシュのあと外す、といういつも目の前で何度となくみている一連の作業の練習から。あたしのパートはここまでで、そのあとは母にポート部分に防水シートを貼ってもらってやっと入浴準備の完了という流れ。毎日何度となく見て [続きを読む]
  • 口からちょっとひとくちふたくち
  • 主治医のY先生がOK出してくださったので、昨日の昼食に流動食を食べさせてもらえましたぁやっと公式に絶食明けです※アイスクリームとチェルシーは毎日少しだけ食べていいとのことでしたので、すでに解禁してましたけどね??どれもこれも、優しいほんのりした塩分や甘味で。体にじわぁぁぁ〜〜っと染みていきましたずっとアイスばっかりだったから塩分を求めていたはずなんだけど、このミックスジュースみたいなのが、本当に優し [続きを読む]
  • 退院後の生活が現実味を帯びてきています??
  • 主治医のY先生、地域連携担当の看護師さんが中心になって、緩和ケア病棟のみなさんがほぼ総出であたしが自宅で1人で心地よく暮らしていけるように、あらゆる手を尽くしてくださっています。在宅で訪問看護に来ていただいて、なおかつできるだけ身軽に生活できる環境のために。1番の問題だった痛みコントロールについて。入院中は静注で24時間体制だったのを、フェントステープと舌下薬でのレスキュー対応でコントロールできそうだ [続きを読む]
  • 退院に向けて
  • 今日は、神戸大学の緩和ケア専門の木澤先生の訪問日で、患者一人一人と面談してくださいました。毎週火曜日に訪問されて、一人一人お話を聞いてくださるとのことで、本当に手厚いケアがなされています。つくづくこのホスピスにお世話になれて良かったなぁと、また大切な巡り合わせを感じているところです。そして主治医のY先生が、木澤先生と今後退院に向けての相談をしてくださったので、今の私の状況を踏まえて説明を受けて来ま [続きを読む]
  • 日向ぼっこ
  • 午前中はわりと体調の波があって、普通に動けてたと思ったら、急にふらっとして寝入ってしまったり??魔法の薬のリンデロン点滴をしてもらう昼前頃から、やっと元気になって安定してきます。お腹の張りの苦しみも、日に日にマシになってきているぽいので、今日は思い切って病棟内をお散歩してみることに緩和ケア病棟は直線で100mほどなので、まずは廊下をゆーっくり、点滴棒につかまっててれてれ歩いて向こう側までGO途中にデイ [続きを読む]
  • 一日中山あり谷あり
  • 今朝は、早朝に目覚めた時、なぜか体がだるさMAXで、フーフー言いながら軽くのたうってましたお腹が空きすぎて、栄養失調みたいな倦怠感。トイレに行くのも足が重くて引きずるようにしか歩けず、用をたすのもフーフー全身で息をしないと倒れそうなほど。なんとかベッドに戻って横たわっていたら、いつの間にか疲れて寝入っていたけど、アラームで目覚めて痛みを感じたのでコールして薬の早送りのフラッシュをしてもらったついでに [続きを読む]
  • 腸閉塞で入院中です
  • 急きょ北播磨のホスピスで入院中です5/9(水)昼の弁当の後、点滴をしてもらいに病院へ行ったら、臨時で入ってたレントゲンの結果が思いの外悪く、腸がほとんど動かず機能していなくて、ガスが溜まって腸閉塞を起こしているとのことでした。すぐに入院して、1週間ほど絶食して腸を休めれば、また再び腸が動き出すことがあるというので、そのワンチャンに賭けてみることにしました。先日面談済ませたばかりの北播磨のホスピスにちょ [続きを読む]
  • オキシコドン副作用の便秘対策
  • 痛みコントロールとしては全幅の信頼のオキシコドンですが、副作用の便秘には、かなり手こずらされております去年の小腸バイパス手術以来、なかなかの下痢体質になりましたので、下剤を使う機会はほとんどなく、抗がん剤をしていた頃に時々マグミットを使う程度でした。もうこのままずっとゲーリーと共に…と思っていたんですが、最近になってオキシコドンを飲みだしたあたりから、便の出が悪いことが続くようになりました。マグ [続きを読む]
  • 嗅覚の変化
  • 抗がん剤治療をしていた頃は、副作用の味覚障害で好みが変わったりしていましたが、もう抗がん剤をやめている今、嗅覚にも少し変化が出て来てるようなんです。どちらかというと匂いに対して、より敏感になってしまったかも。元々強い香り自体が苦手なのはあったけど、時と場合によっては我慢できたりしていたのに、今はもうとにかく息苦しくなってその場にいられないぐらい、受け付けなくなってます。中でも最近はっきりあかんや [続きを読む]
  • ホスピス面談
  • 緩和ケア内科の主治医から、今後の準備のひとつとして勧められていたので、今日はホスピスの面談に行ってきました。今かかっている中央市民病院では緩和ケアのための長期の入院はできません。一時的に受け入れはあっても落ち着いたらホスピスへ転院しなければなりません。今は神戸で一人暮らしをしていますが、いよいよ生活がままならない状態になった場合は、ホスピスのお世話になりたいと思っています。その時期が来て、いきな [続きを読む]
  • 痛みコントロールについて
  • 体の中のあっちこっちで、太めの針を刺されているような鳥肌が立つほどの痛みがでるようになって、痛み止めとして医療用麻薬のお世話になってます。オキシコドン10mgを12時間ごとに1日2回服用。だいたい朝晩9:30〜10:30にそれぞれ飲むようにしてます。そして、レスキューとしてオキノーム2.5mg。オキシコドンは飲んでから1〜2時間後に効いてくるので、効いてくるまでの間の痛みにはオキノームで対処します。それから、昼間や夕方 [続きを読む]
  • 初めての胸腔穿刺
  • 先週末に胸水を抜いてもらってきました。まず緩和ケア内科で、レントゲン画像を確認すると、右の胸腔に水がたまったのが、右肺の半分ほど圧迫していました。婦人科主治医と呼吸器内科の担当医と相談の結果、とりあえず今回は外来処置で抜くことに。ついついネットで検索してみたら、局所麻酔がとにかく痛いという情報が山ほど??でも水の溜まった状態が一番しんどいので、頑張って耐えますよーと、待ち構えてました。ベッドに腰 [続きを読む]
  • 緩和ケア内科
  • 3/28に、急きょ緩和ケア内科を受診してきました先日の婦人科の診察時には、まだ痛みは出てきてないんですけどねーと先生と話していたのに、その2日後から急に、未だかつてない痛みを感じ始めました。胸膜播種や骨盤のあたりの、腫瘍がわんさかいんるだろうなー、らしき近辺が、「針でグリグリ刺されてるような、鳥肌が立つほどの痛み」とにかく一日中断続的にあっちこっちが痛むものだから、常にぞわぞわ鳥肌まみれ手持ちの鎮痛剤 [続きを読む]
  • 喉のつかえ
  • 2月の中頃から、食事をすると喉が支えたようになってゴロゴロと鳴ることが続いていました。食べ過ぎた時にげっぷが上がってきて、喉に逆流して来るような感じです。3、4口食べると喉ゴロ第1波がやってくるので、落ち着くまで10〜15分ほど休憩してからまた食事再開。なので、食パン半枚ほどの量を食べるのに1時間ほどかかってしまいます??でも、これを無理して休憩せずに食べ続けると、吐いてしまう寸前までいってしまって、苦し [続きを読む]
  • ゲノム結果
  • 先日、ゲノム検査の結果がでました。適合する遺伝子変異はなかったようで、新たなワンチャンスの治療薬は見つかりませんでした。残念ではあるけど、見つかる方が稀なので、まぁ仕方ないですね。落胆…ないことはないですよ、もちろん。でも、それよりも、解放感のような気持ちの方が大きくて。これまで、全幅の信頼をもって、標準治療の抗がん剤を続けてきました。でも、4ラインと続けて行く中で、「あぁ、これももう効かなくなっ [続きを読む]
  • CTの結果と今後と
  • 先日、母と一緒にCTの結果を聞いてきました。結論から言うと、カルボプラチンはやっぱり効いてくれずに、腫瘍がちょいちょい増えてました????胸膜播種(だったかと…)と、リンパ節転移と、腹水が少し増えてたのと。胸膜の方は右肋骨の横辺りで、極々小さいのができてましたが、まだ悪さをするようなレベルのものではないとのこと。リンパ節は左腹部の肋骨下からおへその辺りのようです。前回のCTでは「リンパ節に増大」だった [続きを読む]
  • 造影CT
  • カルボプラチン単剤に変更になってからと、前回のCTから3ヶ月ということで、造影CTのため病院に来ています。最近の体調は、季節柄、体が常時冷えがちなため、腸のあっちこっちで夏場には感じたことのない痛みを感じることが増えています。去年の今頃と比べようとしても、腸事情が変わってしまっているため、同じような痛みであって、きっと違う種類の痛みなはずなので、あんまり参考にもできず。とにかく冷えてるから、カルボもや [続きを読む]
  • カルボプラチン単剤(3回目) 副作用
  • カルボプラチン(3回目)の副作用です。1月13日朝→イメンド、デカドロン服用昼→デカドロン服用今回は便の出がよろしくないカルボプラチンはどちらかというと便秘になりがちらしいので、とりあえず夜まで様子見で。食事はモリモリ食べれたし、ゲップやギュルもなし。味覚障害が出てきてるからか、お茶の味が受け付けないのでアクエリアスをホットで飲んでます。冷やしたのは甘さがあるけど、ホットにするとホットレモンみたいで甘 [続きを読む]
  • 2018年1月12日 カルボプラチン単剤(3回目)
  • カルボプラチン単剤(3回目)です。白血球→2500、好中球→1288、血小板→120000白血球が低めですが、好中球は51%なので問題なし。カルボプラチンを始めてから、副作用のムカムカで十分に食べれない時期があり、体重が減ってしまってること、そして副作用が抜けたあと食べれるようになってもなかなか次の投薬までに体重が戻りきらないことを先生に伝えたら、3週ごとの投薬を4週ごとに変えてもいいかもなー、とのこと。とりあえずは1 [続きを読む]
  • 採血&診察
  • 2018年最初の診察デーでした。CA125→807に微減。(先月は885)少しでも減ってるのでよし??ところで、CA19-9も毎回測ってもらってるんですが、去年11月から微増してます。それまでは0.4だったのが、11月から2.0に。ちょうどジェムが効かなくなってきてCA125が、はね上がりだした頃です??ちなみに今日はCA19-9→2.2基準値の37.0以下ではあるんですけどねぇその他の好中球などは問題なかったので、このままいけば、来週は今年最初 [続きを読む]