うらら さん プロフィール

  •  
うららさん: こどもの仕事は遊びでしょ?
ハンドル名うらら さん
ブログタイトルこどもの仕事は遊びでしょ?
ブログURLhttp://urara-note.hatenablog.com/
サイト紹介文子供の「遊び」を大切に、早期教育はあえてなし♪絵本とおもちゃでゆっくり子育て・どんぐり倶楽部の実践。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 270日(平均0.7回/週) - 参加 2018/03/03 22:28

うらら さんのブログ記事

  • 拾い集めたどんぐりを、奈良の鹿に
  • 秋の散歩の楽しみと言えば・・・どんぐり拾い?コハル(4歳)とモンタ(2歳)は季節を問わず毎日のように、草花摘みや落ち葉・石・枝など何かしら拾っているのですが、どんぐりを見つけると「秋がきたなぁ〜」と私も一緒に嬉しくなります。愛らしいどんぐりがたくさん落ちている場所を見つけるとテンションが上がるし、木によって異なる実の大きさや形を見比べたり、袋いっぱいに集めたり、砂場でおままごとに使ったりして楽しみます [続きを読む]
  • 《0歳〜》おすすめ絵本
  • 赤ちゃんへの読み聞かせは、早くから始めた方がいい?とはいっても、月齢が低いうちあまり反応を示さなかったり、つかんだり舐めたりで本がグチャグチャなってしまったり・・・。0歳〜1歳頃は、絵本の内容云云よりも、"大好きな人のお膝で、大好きな人の声が聞ける"事の方が大きな意味を持っているので、赤ちゃんとのコミュニケーションに絵本は必ずしも必要ではないと思っています。読み聞かせは焦らず、10ヶ月〜1歳頃からスター [続きを読む]
  • モンタのトイレトレーニング②
  • モンタ(1歳10ヶ月)のトイレトレーニング①の続きです。〈5週目〉いつも快便で1日1〜3回うんちが出るモンタなのに、2日便秘。トイトレ始めると便秘になる子も結構多いみたいで、便秘→排便が痛くて我慢する→更に便秘、と悪循環になる事もあるそう。食事・運動・睡眠を気をつけつつ、ビオフェルミンも必要かなぁ、と思っていたら3日目にちゃんと出てホッとする。牛乳の飲み過ぎも便秘の原因になるみたい、気をつけよう。〈6週目 [続きを読む]
  • トイレトレーニングのNGワード(&効果的な言葉かけ)
  • コハル(第一子)のトイトレで、よく言っていた言葉。だいぶ経った今、「これは言ってはいけなかった・・・」と反省しているワードがあります。 それは、「オムツしてるのは・お漏らしするのは、赤ちゃんだよ」という言葉。コハルは2歳半には昼も夜もオムツは取れました。でも、園では(現在年少組)まだトイトレ完了していないお友達もいます。コ「今日こども園でおままごとしたよ。Aちゃんがお母さんで、Bちゃんがお父さんで、 [続きを読む]
  • トイレトレーニングの進め方☆おすすめの3ステップ
  • トイレトレーニングの方法や進め方は色々ありますが、現在進行形のモンタのトイトレで私が意識し実装している、3ステップを紹介します。【ステップ1】ずっとオムツで排泄していた(オムツでするように躾られてきた)ので、自分の排泄物や出てくる様子を知らない。鈍っている排泄感覚を呼び起こす(方法)出そうな時(食後、入浴前など)にオムツを取って過ごし、おしっこが出る様子、音や色やにおいや温度などを一緒に確認して体感させ [続きを読む]
  • モンタのトイレトレーニング①
  • モンタ(1歳10ヶ月)のトイレトレーニングの記録です。〈1週目〉朝食後〜登園前(姉コハルの)と夕食後〜入浴前の1日2回各30分から、ノーパンタイムをスタート。おまるは新しいおもちゃ感覚のようで、気に入って喜んで座ってくれる。でもおしっこはなかなか出ない。おまるから降りて数分後に出る、という繰り返し。コハル(3歳10ヶ月。1年半前にトイトレ完了)も「私もおまるでしたい!」と言うので、見本になればいいかな〜、と好き [続きを読む]
  • 2人目トイトレ、準備したもの
  • モンタ(1歳10ヶ月)、1ヶ月前からトイレトレーニングをしています。モンタは2人目なので1人目の時の経験と、今回始める直前に受けたトイトレ講座のアドバイスを参考に、必要なものを用意しました。★おまる&ペットシーツ&流せるおしりふき一人目の時は使わなかった、おまるを購入。モンタにはおまるでのスタイルが合ってるようで、大活躍しています?シンプルなものを選んだので、使用後の処理も簡単で意外と苦にならないです。 [続きを読む]
  • 上の子が下の子をいじめる時・・・親子で相撲を取るべし⁈
  • 娘コハルと息子モンタは3歳と1歳、丸2歳差の姉弟です。今では仲良く遊ぶ二人ですが、娘が息子に対してキツく当たり困っていた時期もありました。それは息子がハイハイし始めた頃からで、娘が「モンタは嫌い!あっち行って!」と言ったり、叩いたり押し倒したり。特に悩みの種だったのは、押し倒すこと。息子が邪魔したなどの原因があって、反射的に叩いてしまうのはまだ分かるのです。でも押し倒す時は特に息子が何もしていない時 [続きを読む]
  • 泥んこ遊び、思いっきりしていいよ!(泥遊びの服装)
  • わが家の庭には、娘が1歳半の時にご近所さんからお下がりで頂いた、カメさんのお砂場があります。娘はこれが大のお気に入りで、庭で遊ぶ時はいつもせっせと砂の感触を楽しんでいました。もちろん公園の砂場も大好き。お砂場熱は3歳半になっても変わらず。下の1歳半の息子も加わって、二人でカメさんに入ってよく遊ぶようになりました。先日の夕方、外で遊ぶ〜というので子供たちを庭に出してあげて、自分はテラスに目が届く台所 [続きを読む]
  • タンポポの花を水に挿しておくと…綿毛になります?
  • 春はお散歩中にたくさん可愛い花を見つけられて嬉しい?タンポポの花のにおいをかいで.「はちみつのにおい〜」とご機嫌の3歳娘。確かにほんのり甘い、いい香りがします。子供の摘んだタンポポの花、家で水に挿しておくと綿毛になるんです?タンポポの花が綿毛になる事は常識だけど、その過程や花瓶に挿しておいてもできるって案外知られていないと思います。私も去年姉に教えてもらって初めて知りました。とっても簡単なのでぜ [続きを読む]
  • おままごと⑤-食材・具材(チェーンリング・花はじき・その他)
  • おままごとの食材・具材、最後はプラスチック製のもの。何といっても、大本命はチェーンリングと花はじき!昔からあるおもちゃなので、きっとどこかで見たことがあるはず。★チェーンリングチェーンリングは長めに繋げて使います。私は白20個ずつ、カラーは13個ずつ繋げました。手に持ったり、お鍋に入れて混ぜたりした時のシャラシャラ感が気持ちいいです。これは何にでも見立てられるし、適当にお皿に盛るだけでも不思議と様に [続きを読む]
  • おままごと④-食材・具材(百町森ままごと用お手玉・シート・スティック)
  • おままごとの食材・具材、布製のもの。布製だとフェルトなどで作られた具体的な形のものもよくありますが、この百町森オリジナルのおままごとシリーズ3種類は全て抽象的な形。想像力を膨らませて色々なお料理に変身します。★ままごと用お手玉(百町森)http://www.hyakuchomori.co.jp/toy/p/HYMKT0301.htお手玉は器に同色2つずつ入れたらお味噌汁やスープ、ご飯に。野菜やお肉、お餅やお饅頭にも見立てられます。黒フェルトを切っ [続きを読む]
  • おままごと②−調理器具・食器編−
  • おままごと遊びに必須の、調理器具と食器。今使っているおままごと用の調理器具。両手鍋はアスコ。キッチンツール3点とボウルはトイザらスのキッチンの付属品、包丁はエドインター 、まな板は雑貨屋さんで購入したものです。お鍋は以前使っていたキッチン付属のものは直径約11cmでしたが、アスコの両手鍋は直径約16cm×深さ約10cm!具材がた〜っぷり入ります。大ぶりのカットベジタブルでも、全部入っちゃう。プラスチック製 [続きを読む]
  • おままごと①−キッチン(簡単DIY)編−
  • 3歳娘と1歳息子はおままごとが大好き。毎日欠かさずおままごと遊びをしています。我が家のおままごとキッチン、実は今のものは3台目です。1つ目は、親戚からの出産祝いでファミリアのキッチンセット。【ファミリア(familiar)】キッチンセット【お届け指定は注文日から7日以降】ジャンル: おもちゃ・ホビー・ゲーム > おもちゃ > ままごと・ごっこ遊びトイ > 家事ショップ: 近鉄和歌山価格: 9,180円コンパクトで小さい子が座っ [続きを読む]
  • おもちゃ選びで大切にしたいこと②
  • 大人がおもちゃを選ぶことについて子供に「どのおもちゃが欲しい?」と聞いたら、まず目を引きやすい「キャラクターもの」「音や光が出る派手なもの」、あるいは「CMで見たり友達が持っていたもの」に偏ってしまいます。それらはパッと見は楽しそうな雰囲気だけど、すぐに飽きるのは目に見えています。それなのに「子供が自分で選んで決めたのに、ちっとも遊ばない」と嘆くのは、大人の責任逃れだと思うんです。経験が少ない [続きを読む]
  • おもちゃ選びで大切にしたいこと①
  • プーおじさんの子育て入門を読んで以来、私のおもちゃの選び方は大きく変わりました。食べるものと同じように、おもちゃも子供たちに適したものを、大人がしっかりとした基準を持って吟味し、責任を持って選ぶべきだと思います。今の私のおもちゃ選びの基準は5つ。(ほぼプーおじさんの子育て入門からの受け売りです。百町森のHPでも一部読めます→http://www.hyakuchomori.co.jp/column/benricho/)①電池を使わないものボタ [続きを読む]
  • 木のおもちゃの世界への扉と、遊びの重要性
  • 私が木のおもちゃの魅力に目覚めたのは、百町森(http://www.hyakuchomori.co.jp)との出会いからです。(百町森は静岡にある子供の本とおもちゃの専門店。木のおもちゃが好きな人たちには有名かも)きっかけは、娘の3歳の誕生日プレゼントを百町森で購入(通販)した事からです。この時買ったのは、おままごとの具材になるチェーンリングや百町森オリジナルのおままごと用お手玉など。最初は木のおもちゃではなかったんです。それま [続きを読む]
  • 公文式の思い出とどんぐり倶楽部
  • さくらのはっぱさんのブログ記事お金をかけないで幼児教育したい! 公文式について思うこと。〜主婦の井戸端会議から〜を読んで、私自身が公文式をしていた時の事を思い出しました。私は小1〜小4まで公文式で算数の学習をしていました。小4で中1レベル教材まで終了したのでそこでやめました。小学生の頃の私の放課後は毎日習い事(ピアノ、スイミング、英会話etc.)で埋まっていて、公文もその一つでした。公文式のプリントは楽し [続きを読む]
  • どんぐり倶楽部に出会ったきっかけ
  • どんぐり倶楽部に出会ったきっかけを、もう少し詳しく書こうと思います。 "どんぐり倶楽部"の名前を初めて知ったのは、子供たちの今後の教育や習い事について調べている時でした。 実は娘が生まれてから、将来的に中学受験をするかしないか、するとしたらどんな準備が必要か、という事を考えていました。子供たちを私立中高一貫校に通わせたいという夫の希望があったからです。(夫自身も私立中高一貫校出身)その為、子供の教育や [続きを読む]
  • 私の子育て振り返り②〜どんぐり倶楽部や木のおもちゃと出会って〜
  • 私の子育て振り返り①〜2歳差育児、試行錯誤の日々〜の続きです。この後、2つの出会いが私の考えや行動を変える転機となりました。1つ目の出会いがどんぐり倶楽部。2つ目の出会いは百町森というおもちゃ屋さんです。娘2歳6ヶ月、息子7ヶ月頃★年度末でリトミックをやめる。★家事や息子との時間を確保したいと思い、娘に母子分離のプレ教室に週1で通わせ始める。★幼児向けの通信教材も始める(2歳用は物足りなく感じたので、1 [続きを読む]
  • 私の子育て振り返り①〜2歳差育児、試行錯誤の日々〜
  • ここには私が今までの子育てでしてきた事、悩んでいた事、変化があった事などを記しています。これまでの子育てを客観的に振り返り、今後に繋げていきたいと思い自分自身の為に書き出しました。でももしかしたら、同じように悩んでいたり、これを読んで共感したり、何かヒントを感じてくれる人もいるかもしれません。途中で行動を大きく変えた事については、後からもう少し詳しく書いてみようと思います。悩んでいたことや、子 [続きを読む]