きろはん さん プロフィール

  •  
きろはんさん: きろはんの随想
ハンドル名きろはん さん
ブログタイトルきろはんの随想
ブログURLhttp://www.kirohan.com
サイト紹介文アメリカ在住のきろはんが海外旅行・アメリカ情報・車中泊旅行についての情報を発信するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 106日(平均5.7回/週) - 参加 2018/03/04 09:53

きろはん さんのブログ記事

  • 豆知識03:オリーブ・オートマン
  • オートマンというルート66沿いの町に行った時のことについて書いたブログでオリーブ・オートマンについて少し触れました。その女性のことについて書きます。インディアンに拉致された少女オリーブ・オートマンは1937年にイリノイ州のモルモン教徒の家庭に生まれました。兄弟姉妹は全部で7人いました。彼女は多分3番目です。1950に彼女の家族はモルモン教の仲間たちと西部に向かって移動していました。1851年にアリゾナ州に到達 [続きを読む]
  • 旅装備16:車中泊用テーブル 3代目
  • 私の三代目のテーブルと工夫について書きます。折りたたみテーブル第三代目のキャンプ・車中泊用テーブルとして買ったのはこれです。なんだ。みんなが買っているものではないか?と思うと思います。でも私流の独特な使い方があります。ちなみに上の写真は足を延長していないもので延長するとこんな感じになります。延長しなくても良い場合は足は短いままです。理由は手間が省けるから。。。。。 助手席を利用して車内ラウンジを作 [続きを読む]
  • 旅装備15:車中泊用テーブル 1-2代目
  • 私のキャンプ用のテーブルの変遷について書きます。初代キャンプ用テーブル2007年に現在の車を買いました。小さな車ですがキャンプ時に車の後部で寝ることができる広さの車です。キャンプを念頭に置いていました。そして最初に買ったのがこの鉄製の折りたたみテーブルです。おしゃれですよね。これにテーブルクロスをかけると「ハウルの動く城」のソフィーおばあさんがお茶をした湖の岸辺のテーブルのようになります。(笑しばらく [続きを読む]
  • Youtube02:動画完成(イザベラ湖)
  • 動画完成次の動画ができました。これはイザベラ湖に行った時の動画です。Lake Isabella and Kern River イザベラ湖とケーン川前回の動画の後登録者が3人増えました。「いいね」も二つ押されていました。嬉しいです。 イザベラ湖のブログイザベラ湖に行った時のことについて書いたブログはこちらです。CA?Lake Isabella イサベラ湖 1/2CA?Lake Isabella イサベラ湖 2/2文字で書いた方がやはり情報量が多いのですが、動画を目で見 [続きを読む]
  • Youtube01:動画完成(スラブシティ)
  • Youtube の動画を作成実はYoutube のサイトは何年も前から持っていたのですがあまりやる気なくやっていました。「カメラを通して見た世界を記録した」というものだったのですが。顔や声を出すのは嫌だったので説明は文字を入れていました。動画を友達に見せたとこんなんじゃ誰も見てくれないよと言われました。(笑 それでも驚いたことにいつの間にか登録者が31人になっています。長い間もっと面白い動画を作りたいと思っていたの [続きを読む]
  • 車住族23:ボブ・ウェルス
  • 車住族の教祖のような存在になりつつあるボブ・ウェルスとはどんな人なのか紹介します。車住生活の経緯現在の年齢は62歳。アラスカ州の出身です。学校を出てからはずっとアラスカにある全国チェーンのスーパーマーケットに勤めていました。理由は父親がそのスーパーマーケットで働いていたからです。父親は必死に働いてマネージャーにまでなりましたが、彼は30年以上務めましたがアシスタントマネージャー止まりだったそうです。し [続きを読む]
  • 車住族22:アメリカ社会の断面
  • ボブ・ウェルスの人気動画以前に紹介した車住族の教祖的存在 Bob Wells のユービューブチャンネルで多分一番見られている動画が月の800ドルの年金収入で暮らしている女性です。なぜ一番見られているかというといろいろなアメリカ社会の問題点が浮き彫りにされている動画だからだと思います。Living in a Car on $800 a Month動画に出てくる女性は64歳、4年前に離婚し自活しなければならなくなりました。しかし年金収入は月に800ド [続きを読む]
  • CA?Channel Islands チャンネル諸島 2/2
  • サンタクルズ島にやっと上陸オクスナードの港から一時間半、やっとサンタクルズ島に到着しました。これでやっと船酔いから解放されます。海岸は見たところ何もありません。お土産屋とか案内とかの建物も皆無の自然のままです。しかし海岸ではカヤックをしている人達がいます。実は他の人達が上陸して一番最後に降りようかと思っていたのですが、別の場所で降りる人達もいて危うく別の場所に連れて行かれるところでした。 島の規則 [続きを読む]
  • CA?Channel Islands チャンネル諸島 1/2
  • チェンネル諸島国立公園私はごく最近までロサンゼルスに一番近い国立公園はジョシュアツリー国立公園かセコイア国立公園だと思っていました。ところが意外な近場に国立公園がもう一つあったのです。それがチャンネル諸島国立公園でした。場所は南カリフォルニアの海の向こうに見える5つの島々です。上の地図では左上方の三つの緑の島と小さすぎて分かりにくいので赤丸で囲んだ小さな島二つです。ロサンゼルスの近くの島と言えば今 [続きを読む]
  • CA?Lake Isabella イサベラ湖 2/2
  • 朝。。。キャンプ場で迎える朝は早い方が良いです。普段は見ない朝日の出と日の光で段々と変わってゆく空気と周りの風景の色を見て楽しむことができます。そういう訳で早起きし、窓の隠しを外すと窓ガラスが曇っていました。窓ガラスの曇りを取りまた車内に戻り中から青みがかった周りの風景をぼやっ〜と眺めます。手前の枯れ木にカラスが止まっています。カラスと枯れ木はなんと似合うのだろうかとぼんやりと考えます。しかもその [続きを読む]
  • DNA検査09:中国人のDNA
  • 日本人と韓国人のDNAの結果の次に気になるのは中国人ですよね。ネットで見かけたいくつかの中国人のDNAの結果を紹介します。 Youtube に掲載されていた結果 (10/8/2016)アメリカにはたくさんの中国人の養子がいます。一人っ子政策で臨まれていなかった女子を世界各地に養子に出したのが原因です。その人達は祖先がわからないためDNA検査で少しでも自分の生まれた背景を知りたいという理由でDNA検査をしています。そんな女性の一人 [続きを読む]
  • DNA検査08:一卵性児のDNA結果
  • DNAの検査結果がどこまで正確かどうかを調べるのは一卵性児の検査結果がどうなるかを見れば大体検討がつきます。 テレビ番組で紹介されていた結果 (2/21/2017)アメリカのテレビ番組 Inside Edition という番組で紹介されていた結果です。この番組では一卵性三つ子、一卵性四つ子の人達に検査を受けてもらい結果がどのくらい違うかを紹介しています。三つ子Aが受けた結果はヨーロッパ人率、A1=99.6%, A2=99.7%, A3=99.7%でした。と [続きを読む]
  • 車住族21:停泊地(キャンプ場)
  • 季節的移動アメリカのキャンパー達、特に引退した後車で旅行しながら生活している人達は「Snow Birds スノーバード」と呼ばれています。雪のような白い頭をした渡り鳥という意味です。彼らのキャンピングのパターンは暖かい季節は北の涼しい所または緯度の高い高地、冬になると暖かい砂漠地帯に移動して過ごします。夏のキャンプ地はたくさんあるのですが冬に過ごせる場所は比較的限られいますのでたくさんの人達が同じ場所に集ま [続きを読む]
  • DNA検査07:DNA検査の違い
  • こうなってくるとDNA検査会社の基礎データがどうなっているか気になりますね。DNA検査会社のサンプル数英語の掲示板で韓国人が検査した結果 Korean 51.7%,Japanese 20.2%,Chinese 17.5%,Mongolian 1.0%,Yakut 0.1%,Broadly East Asian 9.4% となったそうです。こんなことは普通なのかと質問しています。23andMe results for Korean(3/26/2016付)その回答のうちの1と3は回答者の推測です。2が23andMeに書かれていたサン [続きを読む]
  • DNA検査06:韓国人のDNA
  • 日本人がDNAの検査をすると必ず数%韓国人があるあと判定されるとなるとでは韓国人のDNAはどうなっているのだろうかと気になりますね。ここでは韓国人のDNAについて書きます。ルーツを探す韓国人養子たち韓国系アメリカ人のDNA検査結果発表動画は Youtube にたくさんあります。理由の一つはアメリカには韓国人の養子がたくさんいるからです。そもそもの始まりは朝鮮戦争です。アメリカ人兵士が朝鮮戦争とその後の米軍基地の設置で [続きを読む]
  • DNA検査05:日本人のDNA
  • このブログを読んでいる人達はほとんどが日本人ですからDNA検査で一番関心があるのは当然日本人のDNAだと思います。DNA検査の結果に興味を持ってしばらく調べた私が理解していることを書きます。 日本人のDNA構成日本人は縄文人と弥生人の混血です。縄文人は氷河時代に日本列島に渡ってきて定住していた人達で沖縄から北海道のアイヌの人達と大体同じDNAを持っています。弥生人は紀元前3世紀頃に大陸から渡ってきた人達です。中国 [続きを読む]
  • 旅装備14:車中泊用トイレ
  • キャンプ旅行ではどうしても自分のトイレが必要です。もしトイレを持っていない場合はいつもにトイレがある場所を探して回るか、自然の中でするしかないのです。これではちょっと困りますね。お待ちかねの車中泊用トイレについて書きます。 トイレの必要性私の記念すべき2004年にキャンプに参加した時には親切な女性リーダーが自分のトイレを貸してあげると言っていたのです。しかしさすがに人のトイレを借りるというのは躊躇しま [続きを読む]
  • 旅装備13:ソーラーパネルと蓄電池
  • 私のキャンピング旅行はもっぱら週末旅行が多いのですが、もし一週間以上車で長期旅行する場合にはソーラーパネルとソーラー蓄電池があった方が便利ですね。私の現在の状況と理解について書いてみます。 蓄電池 100ワットこの100wソーラー蓄電池は昨年買ったものです。むむむ。私が買った時より値段が2割ぐらい下がっています。この手の商品は値段がどんどん下がっているのでしょうか?これを買った理由は私のミニ冷蔵庫を動かす [続きを読む]
  • DNA検査04:黒人社会に衝撃 2/2
  • Youtubeで見かけたDNA検査結果発表動画について翻訳していくつか紹介します。例1:3/24/2014 の動画 (watch?v=YoS5pbz-fLI)テストを受ける前の気持ち:DNA検査を受けようと思ったのは自分の先祖がどこから来たのかわからないので知りたいと思ったから。たった一つだけわかっているのは私の祖母は50%黒人。彼女の父は100%ネイティブアメリカン。でも祖母は彼女の父に会ったことはない。祖母には兄弟がいるが、父親が違う。私も自 [続きを読む]
  • DNA検査03:黒人社会に衝撃 1/2
  • 前の二回でDNA検査の流行とその概要について書きました。DNA 検査の結果は特にアメリカの黒人社会にいろいろな意味で大きな衝撃を与えているようです。 アフリカ系アメリカ人の混血割合DNA検査の結果はアメリカの黒人社会に衝撃を与えているようです。というのはアフリカ系アメリカ人のほとんどが15%から35%ぐらいのヨーロッパ系、特にイギリス人、アイルランド人、北欧系の遺伝子を持っていることが分かったからです。平均が25 [続きを読む]
  • DNA検査02:基本的な理解
  • まず私は遺伝子学の専門家ではありません。ただDNA検査の結果がわかることでアメリカ人の間で何が起きているかということがとても面白いのでその社会現象を書こうと思います。しかし遺伝子検査の基本的なことをまず把握する必要があります。 遺伝子の受け継ぎ人間は父母から半分ずつの遺伝子を受け継ぎます。しかしこれらは機械的に全て半分というわけではないのです。たくさんの遺伝子の要素を不規則な比率で受け継ぎます。その結 [続きを読む]
  • DNA検査01:遺伝子検査の流行
  • 日本ではあまり話題になってはいませんが、アメリカでは2015年頃から遺伝子検査を受けることが流行っています。旅行の話題とは違いますがアメリカの話題です。他の人が書く前にこの話題を書きたいと思います。 ネットで結果発表が流行その流行が明確にわかる現象としてはその遺伝子検査の結果をユーチューブ等で発表する人が激増しています。ユーチューブでは動画を掲載する人が自分の動画を劇的に仕上げ、アクセスを増やそうとし [続きを読む]
  • 旅装備12:窓の目隠し、二代目
  • 車中泊用の窓の目隠し、第二代目の作り方の紹介です。制作材料今度作る窓の目隠しは次の材料をつかいます。フェルト布の黒、磁石、薄い布の黒、片面銀色で片面白い防寒用のシート。100円ショップで買いました。材料費の合計は40ドルぐらいだったでしょうか。費用的には安かったのですが、時間と忍耐が必要でした。最初材料を買ってきた時はやる気が起きず1か月程放置したままでした。これが使った材料の残りの一部です。 作り方 1 [続きを読む]
  • 旅装備11:窓の目隠し、一代目
  • 車中泊をする時は車の窓の外から中が見えないように工夫する必要があります。いろんな人達がやっていることなのですが、窓の目隠しについて私流の工夫と変遷について書きます。車中泊仕様これが私が車内泊をする時のベッドと窓の様子です。車中泊の時に一番先にしなければならない装備は外から内部が見えないように隠す工夫です。 窓の目隠し後部座席から見た運転席の横(右側)、後部座席の横(左側)後ろの小さな窓(左)車の後 [続きを読む]