光利 さん プロフィール

  •  
光利さん: 光利の詩(うた)
ハンドル名光利 さん
ブログタイトル光利の詩(うた)
ブログURLhttps://kouri.muragon.com/
サイト紹介文心の音を奏でる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 125日(平均0.2回/週) - 参加 2018/03/05 02:16

光利 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 『もしも命が2つあるなら』
  • 愛する貴女が愛おしくて心の雫が零れ落ちてしまうよ 愛する貴女と一緒に居られることが無限に続けばいいと願うよ どうか愛する貴女の命が1つじゃありませんように 2つあるならまた一緒に笑って楽しく過ごせるね 頑張って生きてる貴女を尊敬するよ 僕はそんな貴女と一緒にいられて幸せなんだよ ただ一秒でも永く一緒にいたいだけなんだよ、ただそれだけなんだよ もしも許されるなら僕の持ってるものを引き換えにしても貴女 [続きを読む]
  • 『マイロード』
  • 真夜中に人と関わり傷付いた心が疼いた そんな事にかまけている場合でもないのに心の逃げ道を探している 仲良く絡んでいたあの子に嫌われてしまったなんて誰かが聞いたら些細な事だと笑ってしまうかもね なんて落ち込んでる僕は決して諦めたりしてやらないよ 例え嫌われて跳ね除けられたとしても僕の方から嫌いにならないし必要以上に関わらないけれど いつか仲直り出来たら良いなとダメ元で思ってみたりしてね 僕の事を嫌い [続きを読む]
  • 『ブラック&ホワイト』
  • 人達は皆白黒つけたがってる そんな中僕は恨み節を吐き捨てたがる 【 共通の敵】を作って攻撃して気が済む加害者、得意気な顔で今日も悪びれずただ過ごす 【 共通の敵】にされて攻撃されて俯く被害者、呪った顔で今日も敵の不運を祈って過ごす 敵にされた者は敵にした者が敵になって、攻撃し合って争い不利益を生産していく なんて下らねぇ悪循環、そんなもん付き合い切れねぇよ そして僕の取った行動は拳を振り上げるのを [続きを読む]
  • 『切花』
  • そこに形は有るけれど 散りゆく定めの命なれば その花を摘んでしまえば枯れゆく定めの命となる 可憐に咲いた花の美しさ 優しく愛でる情の熱の幸福よ 人の手に渡るのもまた幸せなのか 耳を傾けても花の言葉は聞こえない この手に渡った花の声をどうか聞かせておくれ その花が好きだった、愛おしかった 大切に想っていたけれど君がなんて思っているか解らない、幸せだったのか解らない 涙込み上げて上手く言葉に出来ないけ [続きを読む]
  • 過去の記事 …