雷様 さん プロフィール

  •  
雷様さん: 毒親の自戒帳
ハンドル名雷様 さん
ブログタイトル毒親の自戒帳
ブログURLhttp://private-diary.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文今日も明日からも 淡々と生きるために
自由文当面は、「特別な誰か」や「不特定多数のよそ様」に向けてではなく、「私の過去&現在の全てをお見通しの神様」に向かって語るようなつもりで、綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 220日(平均1.1回/週) - 参加 2018/03/05 17:15

雷様 さんのブログ記事

  • めど
  • 来年2019年4月30日で平成時代は幕を閉じ、改元されるそうです。遅くともその日をもって、このブログの更新も終了しようと思います。このブログは、ほんとうにどなたの役にも立っていないブログですが、こうして、カッコつけずに、自分の胸の内の一部を吐き出すことで、自分を立たせて、日々の暮らしを続けられています。(心身壊れて身内や人さまの厄介になる、という事態に陥らずに済んでいます。)いましばらく、ここに綴ること [続きを読む]
  • ヘアカラートリートメント
  • 4年ほど前から、週に1回、自宅風呂場でヘアカラートリートメントをしています。決まった曜日のルーティーンです。それは、勤務に就くにあたり、派遣元の代表から「白髪NG。髪は染めて現場に出る事。」と指示されている派遣先が、一つあるためです。その現場を割り振られた際の条件ですし、もともと「染めない主義者」でもないので実行しています。白髪は、三十代に入って間もなく何本か現れあとは加速して増え続けました。が、(鏡 [続きを読む]
  • 母原病
  • 最近は目にも耳にもしなくなりましたが、昔、母原病という言葉がありました。こどもの心身の病気や異常の原因は母親の接し方・育て方の悪さにある、という説です。She①もShe②も、幼少から小・中・高時代まで小児慢性特定疾患やアレルギー性皮膚炎や腹痛や、その他いろいろな不調に見舞われました。救急車のお世話になったこともあります。その都度私は、心配でも「騒ぎ立てず、落ち着いて、寄り添う。」ように心がけていました。 [続きを読む]
  • 信じられないだろうけれど
  • She①には信じられないでしょうが、私にとって世の中で一番大切なものは、She①とShe②の、命と幸せです。私自身の命や幸せよりまた、申し訳ないけれど、Heや私のきょうだいの命と幸せよりずっとずっと大切です。最優先です。もちろん「幸せ」とは、本人の心が感じ、決めるものです。だから、She①She②の幸せに、今の私は何も関与できませんがShe達が幸せであることを、心から、切に願っています。神様平成最後の年も、今日で2/3 [続きを読む]
  • 古いTVドラマ、古い映画
  • 昨日、YouTubeで古いTVドラマを見ました。『3年B組金八先生 第5シリーズ』の第21話と第23話(最終回)です。それぞれ、兼末健次郎が母親を刺してしまう事件や、卒業式にまつわるエピソードが、扱われています。このシリーズが放送されたのは、1999年10月から2000年3月までだそうです。約20年前のこの強烈な作品は、記憶に鮮明に残っている作品です。当時、一般社会にも問題を投げかけたこのドラマを、私は自分や我が家に関連 [続きを読む]
  • 遺言書の更新
  • ここ数年、毎年お盆の頃に、遺言書を書いています。日本人女性の平均寿命から考えると、私の「その時」は、幸か不幸かまだまだはるか先の事ですが、不慮の事故・災害・事件に巻き込まれて死ぬ可能性は誰にでもあるので、念のため書いています。今日、昨年書いたものを読み返しましたが、変更すべき点も無いので、今年は書き直さずに、そのままにしておきます。毎年8月は、戦争、原爆、日航機事故…関係の報道、ドラマ、ドキュメン [続きを読む]
  • 感情の推測 その②
  • (ひとつ前のブログの続き)神様「毒親が、どんな毎日を送っているか、どんなことを考えているか?」などということについてShe①は今は興味が無いか、あえて関わらないようにしているでしょう。万一、3月からこんなブログを書いていることを知ったら、「私はあなたのお母さんでも友達でもカウンセラーでもないの。あなたと絶縁したのはわかっているでしょう?いいかげん、常識ある大人になったら?グタグタ言ってないで、精神 [続きを読む]
  • してもらった事、してやれなかった事、してしまった事
  • She①にしてもらった(させた)事。買い物に行けない母親に代わって、お使い。半ひきこもりのくせに趣味や勉強には出かけて行く母親に代わって、留守番や火の用心やきょうだいの見守り。父親の行方不明事件の際、奇跡的に家に戻った父親を母親が帰るまでその場にとどめ、最悪の事態を避けた対処。両親に代わって、妹の進路決定に必須の重大な手続き。すでに離れて暮らしていた母親が体調不良の時、駆け付けて来て家事手伝い。これ [続きを読む]
  • 家族写真
  • 義母の一周忌に、義母や家族が写っている写真を3種類ピアノの上に飾って、偲びました。そのあとも(写真の中の義母が嬉しそうに見えるので)しばらくそのまま飾っていました。が、かつてこうして家族で写真を撮れた日々もあったと思うと胸がえぐられて…She達と私が一緒に写ってるのを毎日見るのはつらくて…それに、もう来ることは無いだろうけれど万一やって来ることがあったらShe①は私と一緒に写っている写真など絶対見たくな [続きを読む]
  • 明りの灯る部屋
  • 独身の人は(未婚か、結婚経験ありかを問わず)「明りの無い部屋に帰るのが寂しくて、結婚を真剣に考える。」事があるそうですが…あと4,5分で到着する自宅の窓が明かりで照らされていると、…がっかりします。「帰るのやめようか」「もうひと回りその辺歩いてから帰ろうか」と、ちょっと立ち止まってため息ついてから「よっしゃっ!」と気合を入れて“帰るモード”に切り替え、再び歩きだします。神様今日明日は、台風12号が、か [続きを読む]
  • 立て続けに…
  • 最近は私の方からは連絡取らないようにしていましたが、同じ週内に、She②とShe①からコンタクトがありました。私が、Heに用事があって電話するつもりで間違ってShe②にかけてしまい、呼び出し音3回目くらいにそれに気づいて、あわてて携帯を切りました。その数時間後に、She②から何かあったかと確認の電話が入りました。She①からHeに、ある事情からこの家に来ると連絡が来ました。信じられない突然の事に、私は大変驚きました [続きを読む]
  • 退院
  • 入院していました。そして退院してきました。ここまで私が倒れないで来られたのは、むしろ奇跡でした。倒れてはならない。自殺してはならない。認知症になることも、心のキャパシティが限界を超えて気が狂うことも、あってはならない。私がその様になることは、家族にとって迷惑以外の何物でもないから。家族が警察だの介護関連機関だのから呼び出しを受けたりしないように、私は世の中でフツーに生活することが最低限の責任で、気 [続きを読む]
  • だらだら
  • 以前は、整理整頓片付け等のたぐいは半ば趣味で、部屋は殺風景なくらい簡素に保っておくのが好きでした。昔はきょうだいからも、「片付け魔」「整理癖」と言われていました。ここ数年は、どの部屋も散らかり放題、ほこりだらけです。年末の大掃除どころか、日常掃除もほとんどしていません。ボタンが一個取れて無くなり、揃いのボタンを買い直して付け替えるべき服を、昨年の夏から一年間リビングの食卓用椅子に置きっ放しです。( [続きを読む]
  • 泣きっ面に蜂
  • 夕方、といってもまだ16:00台に、Heがもう飲酒を始めたから(それまで精一杯、時間が経つのを我慢して待っているのが、簡単に察知できた)私はその場を離れて、気晴らしと買い物を兼ねて、外へ出た。しかし、スーパーの入り口付近が雨で濡れていて、足が滑って転倒。尻もちをつき、左坐骨を思いっきり強打した。尻も痛いが、ナンカもう情けなくて、起き上がる気力が湧いてこなかった。とどめを刺された感じだった。今日は厄日だ。 [続きを読む]
  • 悪い夢〜その②
  • 今朝は二度寝して悪い夢を見て体力気力を消耗してかえって疲れたのであのあと“三度寝”をした。結果、別の悪い夢を見た。若いころ嫌いだった女性が出て来た。その女性と過去を振り返る話をしていた。今度は目覚ましを12:00(正午ちょうど)に合わせていたが、その2,3分前に目が覚めて夢から離れられた。目覚めた後、体も脳も重だるいままで、体調すこぶる悪い。気分転換に外に出たいが、不安・恐れが先回りして、出かけられない [続きを読む]
  • 寝覚めが悪い
  • 今朝、このひとつ前の記事を上げた後、家庭内でまた一つストレス増えることがあって、二度寝(ふて寝)した。8:00AMに目覚まし時計をセットして。そしたら、悪い夢を見た。夢は、「私が親戚のあるおば宅に上がり込んで何点もの生活用品や食料を盗んだあと」の設定&心理状態から始まった。私は、その行為を後悔し、おばや親にバレることを恐れておびえていた。おばが感づき、誰かもう一人を引き連れて、我が家(昔の実家)にやって [続きを読む]
  • To him
  • あのね、お願いだから、何もしなくていいから私の足を引っ張らないでよ!12年前に酒を断ってからも、時折体調不良があった。いつもその原因はHeがらみだった。今回もHeへのストレスがたまっていて、6/17(日)は終日絶不調だった。何度も電車を降りて乗り直して…、仕事先にはかろうじて間に合った。翌6/18(月)は外出するのが不安でおとなしく家に居たら、大阪で地震発生。現地では、大勢の方々が不自由な状況や気の毒な事態に。そん [続きを読む]
  • 連絡網
  • いまどきの学校は、連絡網廃止、一斉メール活用、の傾向にあるそうです。各家庭の個人情報を保護する、児童・生徒・学生を犯罪から守る、等がその理由だとか。She①She②の幼稚園・学校時代は「クラス連絡網」「地域連絡網」「PTA役員連絡網」「その他PTA係等の連絡網」等々、年度毎に複数の連絡網が作られ、受話器そばの壁に貼っていました。ただし…神様その頃の我が家は、夕方以降はほとんど電話線の元を外していました。母親が [続きを読む]
  • 声を立てて笑う
  • ある表現に関連した語句をインターネットで検索していて、コンピュータで「ギャグ対義語を自動生成する」ことを「正確性よりも面白さを優先」して試みる…という、『Qiita』さんのページを見つけました。⇒(https://qiita.com/youwht/items/f21325ff62603e8664e6)以下のような「ユーモアを生み出せるのか」の試行について解説していました。「赤の他人」⇔「白い恋人」「ウサギは寂しいと死ぬ」⇔「ゴリラは孤独を背負い生き抜く [続きを読む]
  • もし
  • 最後にShe①She②に会ったのは、あるお葬式で、3年ほど前です。 その後今までに、電車の中や駅の階段などで、横姿や後姿がShe①にそっくりな女性を、二、三度見かけました。いつも赤の他人でしたが、とても驚き、全神経が緊張しました。She②によく似た女性も、駅の通路で二度ほど見かけました。やはり赤の他人でした。過去、She②はいろいろと気を使って私と接してくれていたでしょうが、近頃は、少し私から自由になったと感じて [続きを読む]
  • 変更
  • ブログを始めてから二ヵ月ほど経ちました。にほんブログ村のカテゴリーを、ひとつ変えました。 毒親である自分が、自分で「毒親です」と言って(書いて)しまうのは、自覚や反省よりも自虐や投げやりかな…と思ったので。それと、ここに居たら前に進めないかな…とも思ったので。他には「アルコール依存症」が適当なカテゴリーでしょうが、これは一番離れていたいカテゴリーで、初めから選択肢外です。何事も、立ち直る方法はひと [続きを読む]
  • 鶫真衣さん
  • 今朝、とあるYouTube動画を見たつながりから、初めて、鶫真衣さんという方の存在を知りました。陸上自衛隊の若いソプラノ歌手で、もうだいぶ前からその活動は有名だったようです。 その歌声は、暖かくて、深くて、聴く者の心を浄化してくれました。「毒」などという、おぞましい言葉や概念とは無縁の、清らかな響きにみちた歌声でした。人を救う力のある、美しい歌声でした。 神様美しいものが好きです。毒や罪を抱えていればこそ [続きを読む]