管理人 さん プロフィール

  •  
管理人さん: 競艇高配当予想ブログ
ハンドル名管理人 さん
ブログタイトル競艇高配当予想ブログ
ブログURLhttps://angel.ap.teacup.com/3march/
サイト紹介文競艇高配当予想ブログです。競艇コラムを毎日更新しておりますのでお楽しみいただけたら幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供263回 / 254日(平均7.2回/週) - 参加 2018/03/05 17:54

管理人 さんのブログ記事

  • 長崎支部最弱の理由が分かりました
  • 今回はこれまでさんざん弄り倒してきた長崎支部のことについて書こうと思います。タイトルにもあるようにこれが長崎支部が最弱ではないかという原因を見つけてきました。ただ、この原因はあくまでも一部であり他の根拠がある可能性もありますが。さて、その長崎支部最弱の理由は「大村競艇場があまりにもインが強すぎる」ということです。この大村競艇場のインが強すぎるのが最弱長崎支部とどう関係しているか説明していきたいと思 [続きを読む]
  • 開催場のSGグランドスラムについて
  • 今回は開催場のSGグランドスラムについて書こうと思います。競艇選手の究極の目標にSGを全部優勝するグランドスラムというものがあります。自分の記憶が間違ってなければSGグランドスラムに一番近いのは池田浩二ではなかったかと思います。確かオーシャンカップとチャレンジカップを優勝したらグランドスラム達成になったかと思います。さて、今回は選手のグランドスラムではなく競艇場のSGグランドスラムです。つまりどの競艇場が [続きを読む]
  • そもそも競艇で本命党になって何が楽しいのかという話でもありますが
  • 先月発売のマクールの数字の客観力というコーナーに2連単のことについて書かれていました。正直なところ今のイン勝率が異様な高騰を見せている現状で2連単を買おうという神経が理解できないというところはありますが組み合わせが30通りあ2連単の23通りが回収率70%未満なのだそうです。そして回収率80%を超えたのは1-2、1-3、3-2の3通りでした。3-2は特殊例なので参考外としても今のレース結果がどれだけ1-2、1-3でありふれている [続きを読む]
  • 大村競艇場G2モーターボート誕生祭の展望
  • 明日11月11日から大村競艇場でG2モーターボート誕生祭が開催されます。[画像]誕生祭の出場者の中で賞金王出場18名枠のボーダー付近にいる選手として池田浩二選手が15位という位置にいます。獲得賞金ランキング18位以内にチャレンジカップをフライングで休む選手がいるとはいえ少しでも順位を上げたいところでしょう。池田選手の大村相性としては2014年に誕生祭を優勝しているので比較的いい方だと言えるでしょう。逆に18名枠に入っ [続きを読む]
  • 鳴門競艇場G1ダイヤモンドカップ展望
  • 11月20日に芦屋競艇場で開催されるチャレンジカップの前に11月10日に鳴門競艇場でG1ダイヤモンドカップが開催されます。[画像]大渦大賞の出場者の中で賞金王出場18名枠のボーダー付近にいる選手として石野貴之選手が17位という位置にいます。獲得賞金ランキング18位以内にチャレンジカップをフライングで休む選手がいるとはいえ少しでも順位を上げたいところでしょう。石野選手は2016年鳴門で開催されたSGオーシャンカップを優勝し [続きを読む]
  • 尼崎競艇場、数原魁選手デビュー結果
  • 11月8日よりあの探偵ナイトスクープに出た元天才競艇少年数原魁選手の初レースが尼崎競艇で行われているので特別企画ということ数原選手のデビュー戦を追っていきたいと思います。本日11月8日数原選手は2レース6号艇で出走して6着という結果に終わりました。2018/11/8 尼崎2R[画像]本日の結果は新人選手ということもあり順当な結果といったところでしょうか。数原選手も養成所での成績はそこまで飛び抜けていなかったのでもしかし [続きを読む]
  • ついにこの日が来るのかと思うと
  • このブログをご覧になられている読者の方の中でどれくらいの方が探偵ナイトスクープで天才競艇少年が「水野要選手はモンキーターンが下手」と言い放ちその天才競艇少年と水野要選手が一緒にペアボートに乗る…という映像をご存じでしょうか?その時「水野要はモンキーターンが下手」と言った競艇少年がやまとの養成所に入って123期の訓練生として競艇選手を目指していることは以前書きましたがその競艇少年、もとい元競艇少年がつ [続きを読む]
  • 競艇選手と医者は似ている
  • 突然ではありますが競艇選手と医者は似ていると思います。根拠は以下の通りです。1:養成機関に入るのが難しい医学部も養成所も倍率が高いと聞きます。入るために多浪する人も結構います。2:養成期間も厳しい別にダジャレにしようと思ったわけではないのですが音が被ってしまいました(汗)医学部も勉強が難しいですし養成所も規則が厳しくてやめる人もいます。3:資格が取れればあとは楽競艇選手は無事養成所を卒業して、医者は免 [続きを読む]
  • 戸田競艇場に行ってきたことについて
  • 今回は戸田競艇場行ってきたことについて書こうと思います。[画像]例によって成増駅からバスに乗って行きました。[画像]富士見橋側から撮った戸田競艇場です。[画像]この日は一般戦が開催されていました。日曜日だったこともあってか少しだけカップルも見かけました。ただ一般戦だったのでやはり高齢者の方が多かったですね。[画像]久々に戸田の食堂で食事をしました。戸田メンチとモツ煮串です。[画像]舟券の方なのですが久々に3, [続きを読む]
  • モータークラッシャー
  • みなさんもご存じの通り競艇のモーターはガラポンを使った抽選によって選ばれます。つまり誰がどのモーターを引くかはランダムということになります。これは個人的な持論ではあるのですが平和島36号機のようなエース機と呼ばれたモーターというのは誰に引かれるかという運も持ち合わせていたのではないかと思います。仮にどんなに噴いていたとしても抽選で下手くその選手に引かれてしまったのでは極端な話そのモーターはそこで終わ [続きを読む]
  • 平均スタートタイミングについて
  • 今回は平均スタートタイミングについて書こうと思います。平均スタートタイミングについてといっても今回書く平均スタートタイミングとは公式ホームページの選手プロフィールにある「前期/後期の全レースのスタートタイミングを出走回数で割ったもの」ではありません。ではどのようなものなのかというと「1レースの全艇(たいていは6艇)のスタートタイミングを艇の数で割ったもの」です。この数字で何が分かるのかといいますと以下 [続きを読む]
  • 競艇は公営競技です
  • 2018年10月発売のマクールのあわよくば2mark勝負というコラムのテーマがこのタイトルでした。その中に競艇場の職員は公務員でありながら正月出勤があったり土日が必ずしも休みでないといったことが書かれていました。自分の知り合いにも公務員がいてその人は競艇場の勤務ではないのですが防災課に勤めています。防災課も競艇場勤務同様変則勤務なのでその苦労は競艇場勤務に近いものがあるかも知れません。それに比べて一部の競艇 [続きを読む]
  • 艇界の珍説
  • 今回は人気バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」に倣って艇界の珍説について書こうと思います。・尼崎競艇場の公式Twitter、AbemaTVと関係あるのかと一瞬勘違いしがち説百聞は一見にしかずということでまずは尼崎競艇場の公式Twitterを見てみましょう。尼崎競艇場 ⇒ こちらこれですね。この中で「amabo」の文字列がAbemaと似ているのでそそっかしい人は「abemaboatrace」と勘違いするのではないでしょうか?・長崎支部のSG優勝 [続きを読む]
  • 競艇選手のバイクレースチームについて
  • 今回は競艇選手のバイクレースチームについて書こうと思います。2018年10月発売のマクールに選手のトークのコーナーがあるのですが今回は競艇選手のバイクレースチームのことについて書かれていました。競艇選手のバイクレースチームの名前は「TEAM FUNANORI」という実に安直もといわかりやすい名前なのですがメンバーは期も支部もばらばらというなかなか複雑なチームになっています。加えて元選手もいるというからだいぶ仲がいい [続きを読む]
  • ダービー星栄爾選手の不良航法について思うこと
  • 今回は不良航法の基準のあり方について書こうと思います。2018年10月27日の蒲郡11レース、ダービーの準優勝戦のことでした。道中3周1マークで2号艇の篠崎仁志選手が2番手だった3号艇の井口佳典選手の内に入ろうとしてターンマークに寄ったところを4号艇の星栄爾選手の旋回が篠崎選手の2号艇に当たりました。この旋回で篠崎選手は転覆落水をしたわけでもなければ大きく体勢を崩したりはしていないように見えました。しかし、星選手 [続きを読む]
  • SGダービーの結果について
  • 今回は2018年10月23日から10月28日まで蒲郡競艇場で開催されたダービーの結果について書こうと思います。ダービーは守田俊介選手が1コースから逃げを決めて優勝という結果で終わりました。配当と1着の内容は凡庸でしたので何も書くことはありませんが滋賀支部の選手が優勝したということが珍しいと言えるでしょう。[画像][画像]また、滋賀支部の選手がSGを複数回優勝するのもだいぶ久々のことではないかと思います。というか平成に [続きを読む]
  • 競艇最弱県はどこなのか
  • 今回は競艇最弱県について書こうと思います。都道府県が47もあればさまざまなものに1位と最下位があります。それを競艇に当てはめてみようというものです、不名誉な話ではありますが競艇選手が育たない不毛の地みたいな県も残念ながら存在するわけです。今回はそれを調べてみました。まず公式ホームページの選手検索のところにある「出身地」のところから競艇場がなくて選手が少なさそうだなという県を絞ります。と書いてはみまし [続きを読む]
  • SG優勝者を複数名出した名字について
  • もしかしたら前にも書いたかも知れませんがSG優勝者を複数名出した名字について書こうと思います。単純にSGの優勝回数だけだったら野中、松井、彦坂、植木あたりが強いのかも知れません。ただし、これらの名字は全て「単発」であって他にSG優勝者がいるわけではありません。惜しいところだと林(林兄弟の弟、林貢元選手が惜しくもSG優勝できず)、今村(赤の他人ではあるものの今村暢孝選手がSG優出止まり)、篠崎(弟の篠崎仁志選手が [続きを読む]
  • 山崎智也選手について
  • 今回は山崎智也選手について書こうと思います。といっても競艇選手の方ではなく野球選手の方なのですが。今年のドラフト候補にあの競艇選手と同じ読みで字も一緒の山崎智也選手が挙がりました。野球の方の山崎選手は野球選手としては異色の国公立大学の出身の投手です。しかもプロ野球選手とはあまり縁のない静岡大学の出身です(※静岡大学は2017年までは旧制の学校を除けば今までプロ野球選手を出したことがない大学です)そんな山 [続きを読む]
  • 中穴配当を狙う時は3号艇の頭がいい?
  • 今回は舟券の買い方に関する推測ないし憶測、妄想の類みたいな話です。当たり前ではありますが舟券を買うからにはやはり当てたいというのが人の性というものです。かと言って競艇は1号艇が極端に有利すぎるので1号艇の頭から三連単を買って当てても何が楽しいんだか分かりません。逆に毎回456のボックスを買い続けるのもプロ野球選手で例えるならかつて広島にいた最低打率のホームラン王ランスみたいなものです。そこでガチガチで [続きを読む]
  • 昔の専門紙のことについて
  • 今回は昔の専門紙のことについて書こうと思います。今月発売されたマクールに昔の専門紙の特集がありました。そこには今では考えられないようなことが色々とありました。例えば昭和41年の総理杯の展望に関して書かれた記事では当時のビッグレースで優勝すると車がもらえるというところに驚きを感じました。確かにこの年代だったら車はまだ貴重なそういった時代なのかなとも思いました。他には有名人の予想で小島武夫プロや徳光和夫 [続きを読む]
  • にちようチャップリンという番組を見ていたら
  • 以前、日曜の夜にテレビ東京系列のにちようチャップリンというお笑い番組を見ていました。そうしたら様々な賞レースで惜しくも2位になった選手を集めて「1位になりたいグランプリ」といったコーナーがありました。これを見てふと思っていたのですがある場の優勝戦で優出2着になった人を何年分か集めて競艇版「1位になりたいグランプリ」というレースができるのではないかと思いました。優出して2着になるのですから集められた選手 [続きを読む]
  • ダービーの展望について
  • 今回は2018年10月23日から10月28日まで蒲郡競艇場で開催されるダービーの展望について書こうと思います。[画像]今回のダービーは蒲郡競艇場での開催となります。ダービーとしてははじめてのナイター開催となります。ここ数年昼開催しかやってこなかったSGをナイターで開催することが増えていますがその影響なのかも知れません。さて、そんなダービーで気になる選手を何名か挙げたいと思います。一人目は毒島誠選手です。やはり艇 [続きを読む]
  • 江戸川競艇場に行ってきたことについて
  • 今回は江戸川競艇場に行ってきたことについて書こうと思います。[画像]例によって毎度のことながら船堀駅からのスタートです。[画像]一般戦のレース名にもなった江戸川競艇場前のコンビニです。(ローソンBOATRACE江戸川前店)コンビニの隣の店は確か麺類の店だったかと思います。[画像]   江戸川競艇場です。この日はG2モーターボート大賞が開催されていました。[画像] 鉄板レースではありましたが一応舟券も当たりました。この日 [続きを読む]
  • ケンミンSHOWを見ていたら
  • 最近、夜テレビでケンミンSHOWを見ていたら公営競技のことについてのコーナーがありました。具体的には群馬県民の公営競技愛についてのコーナーでした。もちろん桐生競艇場も紹介されました。[画像]見始めた時は公営競技だったら競馬、競輪、競艇、オートレースが全部揃う埼玉や福岡の方が公営競技愛は強いのではないかとも思いました。しかしながら群馬県は目立った大型テーマパークがあるわけでもないので公営競技場が県民のレジ [続きを読む]