一英塾Annie Jr. English勝田台校 さん プロフィール

  •  
一英塾Annie Jr. English勝田台校さん: 一英塾Annie Jr. English勝田台校
ハンドル名一英塾Annie Jr. English勝田台校 さん
ブログタイトル一英塾Annie Jr. English勝田台校
ブログURLhttps://ameblo.jp/katsutadai-study/
サイト紹介文学習塾・英会話教室、一英塾Annie Jr. English勝田台校の公式ブログ。
自由文学習塾・英会話教室、一英塾Annie Jr. English勝田台校の公式ブログ。教室の日常をお届けします。
ブログURL
https://ameblo.jp/katsutadai-study/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 259日(平均2.0回/週) - 参加 2018/03/05 18:38

一英塾Annie Jr. English勝田台校 さんのブログ記事

  • 滝のおトイレ その後
  • こんにちは!一英塾 勝田台校の板東です。先日、駅で、「右側が男子トイレ左側が女子トイレ中央が、多機能トイレです。」というアナウンスの「多機能トイレ」が、どうしても、「滝のおトイレ」に聞こえてしまうということを書きました。生徒に聞いてみると、やはり、その辺の、聞き間違い、勘違いは多いようです。本当に、「滝のおトイレ」なるものがあると思っていたと言っていた生徒もいました。大きな駅には、そういうすごいト [続きを読む]
  • 滝のおトイレ
  • こんにちは!一英塾 勝田台校の板東です。ところで、駅の「多機能トイレ」。どうしても、「滝のおトイレ」に聞こえてしまいます。「滝みたいなトイレなのかな?」と変なイメージが浮かんでしまったりします・・・。 変な聞き間違え、勘違い、意外とあったりしますよね。 [続きを読む]
  • サイコロキャラメルと算数のセンス
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。ところでみなさん、サイコロの展開図の問題、得意ですか?「サイコロの展開図の問題は苦手だから、考えているうちにサイコロキャラメルが食べたくなるだけ(^◇^;)」なんてことはありませんか?空間図形の問題は、センスによる部分があるので、頑張ってもなかなか伸ばしづらい部分ではあります。ある程度年齢が行ってしまうと、「算数のセンスが必要な問題はできるだけ避ける」「パターン練習で [続きを読む]
  • 東大生「勉強はゲーム」
  • こんにちは!一英塾 勝田台校の板東です。 以前、教室長をしていた個別指導教室で、東大生の講師が、「勉強はゲーム」というようなことを、指導の中で言っていました。確かに。いわゆる進学校・有名大学に入る人は、私も含めて、おそらくほぼ全員、「勉強はゲーム」という感覚を多かれ少なかれ持っているのではないでしょうか。複数の科目の広い分野を「知的好奇心」のみで、というのはやはり厳しいものがあります。そうかと言っ [続きを読む]
  • 英語の教科書の、この表現は実際に使うの?使わないの?
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。「英語の教科書の、この表現は実際に使うの?使わないの?」という話ですが、「そんなことは、実際に使う場面になった時に、周りの様子を見てればわかるよ。」というだけのことです。まず、英語の教科書・参考書に、全くのウソは、ほぼ書いてありません。どの表現を使うかは、それぞれの国・地域・属するコミュニティで異なります。実際に英語を使う状況になった時に、周りの様子をみたり、会話 [続きを読む]
  • 「量感」で、足し算引き算も自由自在
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。今回は、小学校低学年〜小学校入学前の子供たちのお話。ガウディアの算数プリントで、「量感」が自然に、少しずつ、スムーズに身につきますよというお話です。「量感」とは「3つのもの」を見てパッと「3つ」とわかる能力のことです。小学校入学前は、この「量感」がまだ無いお子さんが多いので、「3つ」とわかるためには、「1、2、3」と、一つ一つ数える必要があります。「小学校入学前」 [続きを読む]
  • 入試制度改革・新学習指導要領、どうなる?ざっくり見ると??
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。2020年度に向けての入試制度改革・新学習指導要領、どうなるか?いろいろな情報が飛び交っています。未確定なものも多いです。そこに向けてどうするか?・まずは、目の前の勉強を一つ一つ頑張る!・入試はさらに情報戦に!抜け穴もある?!といったところが、立ち向かう上での大きな方針です。・まずは、目の前の勉強を一つ一つ頑張る!どのように仕組みが変わっても、積み上げた学力は無駄には [続きを読む]
  • 英検3級合格のためには?
  • こんにちは、一英塾 勝田台校です。今回のテーマは、「英検3級合格のためには?」です。「英検3級」は、「中学卒業レベル」です。英検の合格の目安は、だいたい6割〜7割の正解率です。(以前は6割ぐらいの点数で、合格点が発表されていましたが、現在は、CSEスコアというもので判定しています。判定方法は変わりましたが、問題の難易度は大きく変わっておりません。)逆に言えば、3割ぐらいは不正解でも合格できます。対策 [続きを読む]
  • 東大入試は3年後も変わらず?!実は東大英語は前から3技能!
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。昨日、このような記事が出ました。東大、民間試験求めず 英語成績提出(2018年9月26日 毎日新聞) 東京大学は25日、2020年度から始まる大学入学共通テストの英語で導入される民間資格・検定試験について、受験者からの成績提出を必須としない方針を固めた。国立大学協会は民間試験の活用を決めているが、異なる複数の試験を比較することなど公平性を問題視する声が根強かった。東大の動向 [続きを読む]
  • 2周目、3周目が決め手!!!
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。「2周目、3周目が決め手です!!」勉強の話です。自分で勉強していると、つい、参考書やプリントを1回やって終わりにしてしまいがちです。それはもったいない!状況にもよりますが、ほとんどの場合、2周目、3周目をやってこそ、ぐっと完成度が上がります。当教室でも、それぞれの生徒の状況を見て、2回、3回と同じ箇所を繰り返してもらっていますが、同じものを2回、3回やってもらうと [続きを読む]
  • 高校英語は中学復習・単語・文法から
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。今回は、高校生の英語学習について。「高校に入ってから英語が苦手になってしまった!」という人も多いようです。さらに、「単語・熟語・文法・英文解釈・長文・・・と、参考書や予備校の講座が別れていて、どれからどう手をつければいいかわからない」という人も多いですね。なお、高2の今(秋)ぐらいから計画的に学習を進めれば、中学レベルからかなりヤバイという人も、有名私大に合格可能 [続きを読む]
  • 中2・中3の英語学習〜小学英語の貯金が無くなる?!〜
  • こんにちは、一英塾 勝田台校です。今回のテーマは、「中2・中3の英語学習〜小学英語の貯金が無くなる?!〜」です。 「小学生のうちから英語教室に通っている。」あるいは「通っていた。」人、多いと思います。そんな人の多くが、油断してガクッと成績を落とす時期があります。人によって違いますが、「中1後半以降のどこか」です。なぜか?中1の後半以降、全く初めて出てくる表現・文法事項が登場します。逆にいうと、中1 [続きを読む]
  • 高校の文化祭!
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。本日は、県立八千代高校・八千代東高校・?橋高校などで文化祭が開かれています。今週は、駅前の100円ショップでも、文化祭準備中の高校生の姿を多く目にしました。天気は雨ですが、校内は熱気で溢れていることと思います。この時期は、多くの中学・高校で、文化祭が開かれています。上記の3校(八千代・八千代東・?橋)の他にも、15日(土)千葉西・実籾・市立習志野・成田北・佐倉南・四街 [続きを読む]
  • ネット銀行での口座振替も可能です
  • こんにちは。一英塾 勝田台校です。今回は、入会手続き時の参考情報です。お月謝のお支払いの際、金融機関からの口座振替をお願いしていますが、こちらは、ネット銀行からの引き落としも可能です。ネット銀行をご利用の場合のよくある疑問点についてお答えします。Q:口座振替依頼書に届出印を捺印する欄がありますが、ネット銀行の口座では、届け出印やサインを登録していません。どうすればよいですか。A:収納機関先によっては [続きを読む]
  • 短期間で結果を出すには?③〜明確な目標・優先順位〜
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。今回も、「短期間で結果を出すには?」がテーマです。結果を出すために大切なのは、「目標を明確にする」「優先順位をはっきりさせる」ということです。「目標を明確に!」目標が明確になると、その目標にとって、必要なことを優先して行うようになっていきます。そうすると、結果的に、効率がよくなります。「優先事項をハッキリと!」立てた目標の中でも、優先順位をハッキリさせましょう。「 [続きを読む]
  • 短期間で結果を出すには?②〜ただの作業の時間を減らす〜
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。今回も、「短期間で結果を出すには?」がテーマです。まずは、前回の通り、「自分のレベルに合わせてテストをする」ということが大切です。身についているかどうか、自分でテストを繰り返します。ところで、今回は、「ただの作業の時間を減らす」というのがサブタイトルです。どういうことか?「さあ勉強だ!」と言って、ノートまとめをする人、いると思います。それ自体はいいと思います。ただ [続きを読む]
  • 短期間で結果を出すには?①〜レベルに合わせてテストする〜
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。今回からは、「短期間で結果を出すには?」がテーマです。結論は、サブタイトルの通り、「自分のレベルに合わせてテストをする」ということです。勉強が、ただの作業になっていませんか?ノートにまとめるだけで、問題を解くだけで、満足していませんか?「できないものをできるようにしていく」これが大切です。そのためには、覚えて、覚えたか、自力でできるかテストをして・・・を繰り返して [続きを読む]
  • 頭をよくする?③〜掘り下げ・こだわり・観察力〜
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。今回も、ちょっと大きなテーマですが、「頭をよくする」「頭がいい」とは?について見ていきたいと思います。「頭がいい」「賢い」人からイメージできるものの一つとして、「特定のものへの追求」「掘り下げ」がものすごい、というのがあります。ちょっとしたことでも、ぐいぐい掘り下げて、他の人が1しか見ないところを、10見たりします。同じものを同じように見ても、吸収の仕方が違うので [続きを読む]
  • 頭をよくする?②〜知識・知的好奇心〜
  • こんにちは!一英塾 勝田台校です。今回から、ちょっと大きなテーマですが、「頭をよくする」「頭がいい」とは?について見ていきたいと思います。「頭がいい」「賢い」人の要素の一つとして、「ものしり」「知識が豊富」ということが言えます。とにかく、いろいろなことを知っている。あるいは、特定の分野にものすごく詳しい。そのような、知識が豊富な人は、その前段階として、「知的好奇心が豊富」「何かを知りたいと思う欲求 [続きを読む]
  • 頭をよくする?①〜「頭がいい」とは??〜
  • 今回から、ちょっと大きなテーマですが、「頭をよくする」「頭がいい」とは?について見ていきたいと思います。「頭がいい」「賢い」具体的にどういう人なのでしょうか?いくつかの要素があるかと思いますので、まずは、列挙して見ます。・いろいろなことをよく知っている。・特定の分野について詳しい。・ あることをじっくり掘り下げ研究している。・ 難しいことを理解できる。難しい本を読める。・ いろいろなことを考えられ [続きを読む]
  • やるべきことをどうするか?④〜ルーティーンにする〜
  • こんにちは、一英塾 勝田台校です。今回も、「やるべきことをどうするか」と題して、「どうしてもやらなければならないことをどう乗り切るか」について述べていきます。今回のテーマは、「やるべきことをどうするか?④〜ルーティーンにする〜」です。ルーティーン。少し前に、ラグビー・五郎丸歩選手の「五郎丸ポーズ」というのが流行りましたが、あれです。あの五郎丸選手も、最初からあの動きだったわけではありません。実際、 [続きを読む]
  • やるべきことをどうするか?③〜小さな目標に分ける〜
  • こんにちは、一英塾 勝田台校です。今回も、「やるべきことをどうするか」と題して、「どうしてもやらなければならないことをどう乗り切るか」について述べていきます。今回のテーマは、「やるべきことをどうするか?③〜小さな目標に分ける〜」です。いきなりあれもこれもというのは大変です。やるべきことが多すぎると、いろいろ辛くなります。そこで、完成するまで、終わるまでの過程を、細かいステップに分けてみましょう。小 [続きを読む]