おじさん さん プロフィール

  •  
おじさんさん: ブルベア交叉点@FX
ハンドル名おじさん さん
ブログタイトルブルベア交叉点@FX
ブログURLhttp://bullbear-fx.seesaa.net/
サイト紹介文今日のブルとベアの分かれ目はここ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 164日(平均2.3回/週) - 参加 2018/03/05 21:23

おじさん さんのブログ記事

  • <br />今週の日経平均(8/13〜8/17)下落注意
  • 日経平均は2016年からの週足上昇チャネル下辺を割り込みました。これで今年3度目の下抜けとなり、そろそろ下落に供える必要がありそうです。先週は22030-50付近の月足抵抗(C)手前でサポートされましたが、この22000ラインを割り込むと黄信号が、月足抵抗(D)21500ラインを割り込むと下落開始の赤信号が灯り始めます。日足で見てみると金曜の下落で主要な日足抵抗を上部に抱える形となり、今週は22400-500が上値抵抗となる可能性が高 [続きを読む]
  • 今週のユーロドル(8/13〜8/17)戻り売り
  • 先週、ユーロドルは月足サポートを下抜けしました。これで持合いからドル買い相場へとようやく決着がついたようです。まずは月足抵抗(A)から月足抵抗(B)へ向けた下落が始まったと見ています。週足上も今年春からの下落チャネルに復帰しており、ユーロドルは今週以降、月足抵抗(A)を上抜けない限り戻り売りが基本対応となります。今週は週足抵抗(e)1.1410-20が目先のブルベア分岐ゾーンです。ここを上抜けて上伸が先行した場合は、 [続きを読む]
  • 今週のポンド円(8/13〜8/17)下落相場入り
  • 先週のポンド円は下落注意とした通り、戻りなく続落の週となりました。月足の短期・中期・長期、すべてのサポートを割り込んで終えたことから、新たなポンド下落相場へ転換した可能性がでてきました。144円台を回復してこない限りポンド円は下落の可能性が高い状況と判断します。今月は少なくとも143.40-45を越えるまで戻り売りを基本対応として考えていきます。今週は週足(d)(e)141.30-70を分岐ゾーンとして上抜けなら戻りを試す [続きを読む]
  • 今週のドル円(8/6〜8/10)
  • ドル円は3月から続いた週足上昇チャネルを外れており、月足抵抗(A)の下に位置していることからも基本的にはドル下落相場と見ています。先週は週足上昇チャネル復帰を試みましたが、月足抵抗(A)と重なったチャネル下辺で頭打ちとなり週後半は下落の流れとなりました。月曜東京はほぼ揉み合いゾーン111.20-45で開始されると思われます。このゾーンの上抜け時ですが週を通して111.50-70域に日足のやや強い抵抗帯が出来ており、週足上 [続きを読む]
  • 今週のポンド円(8/6〜8/10)下落注意
  • 先週のポンド円は週前半、147円突破を目指すも月足抵抗(A)で壁になり、2016年からのポンド上昇を支えてきた週足(a)ラインを割り込んで越週。週足上ではポンド下落の可能性を示すサインがひとつ灯りました。今週は週足(a)ライン145.35-40以上を回復しない限り、下落注意の週となります。月曜東京はほぼ揉み合いゾーン144.55-145.00でオープンとなりそうですが、まずはこのゾーンをどちらにブレイクするかが最初のポイントになります [続きを読む]
  • 今週のドル円(7/30〜8/3)
  • 先週のドル円は週足抵抗を上部に抱えることになり予想通り下落となりましたが、比較的底堅く推移した週でもありました。全体的には3月からの上昇チャネルを完全に外れてきましたので、ドル下落相場へ転換したものと見ています。よって戻り売りを基本対応として考えています。今週火曜までは月足抵抗111.00-20がブルベアの分岐ゾーン。8月に入る水曜以降はこの月足抵抗が少し下がり110.70-95がブルベアの分岐ゾーンとなります。この [続きを読む]
  • 今週のポンド円(7/30〜8/3)
  • ポンド円は月足抵抗の下へ下落してきており、現在は月足抵抗(A)から月足抵抗(B)へ向けた下落途上にあると見ています。週明け月曜はほぼ揉み合いゾーン145.00-75でオープンすると思われますが、今週はこのゾーンをどちらへブレイクするかに注目です。まず上方は週足抵抗145.60-75が目先の抵抗域。また、週を通して145.85-75域に日足のやや強い抵抗ラインが存在しているため恐らく揉み合いゾーンを上にブレイクしても146.00手前では [続きを読む]
  • 今週のドル円(7/23〜27)下落開始となるか?
  • 先週のドル円は高値を更新しましたが、月足抵抗(A)・(B)に加え、直近の週足サポートをも下抜けて陰線引けとなりました。今週は再び3月からの上昇チャネルを外れてのオープンとなりそうで、先週まではサポートであった月足抵抗(B)や週足抵抗がすべてレジスタンスとして上方に控える週へと変化します。金曜の下落により、週足上は111円半ばから110円前半へ向けた下落が始まったものと見ていますが、途中、月足抵抗(C)111.00-20が控え [続きを読む]
  • 今週のユーロドル(7/23〜27) ドル売りかドル買いか?
  • ユーロドルは5月の下落以降揉み合いが続き、三角持合いを形成しています。その三角持合いも徐々に収束してきており、そろそろどちらかに動き出す可能性が出てきました。ドル安かドル高か、今のところ明確なサインは出ていない為、大変判断に迷うところですが、個人的にはこれまでの値動きや抵抗線の位置から見るとややドル売りの可能性の方へ注意を向けています。まず、ユーロ買いドル売りの最初のサインは、月足・週足抵抗(c)1.17 [続きを読む]
  • 今週のポンド円(7/23〜27) 反転のサイン
  • 先週のポンド円はアウトサイドの陰線引け。リバーサルサインが出ています。また、月足抵抗(D)146.45-50の下で引けていることから下落開始の可能性が高くなりました。今週のブル・ベアの分岐ゾーンは月足・週足抵抗(A)146.45-70。この抵抗域で壁になるなら、まずは週足サポート域145.45-60へ向けた下値試しの動きが強まると思われます。さらにこのサポート域を下抜けた場合は144.85-90が次のターゲット。反対に分岐ゾーン(A)を上抜 [続きを読む]
  • 円インデックス、上昇の可能性に期待。ドル円は?
  • 先週の円インデックスは安値を更新することなく小幅上昇で終えました。月曜の東京で大きく円売りに傾くことなく今週のブルベアの分岐ゾーン下辺90.40を維持することが出来れば、上辺90.70を目指した上伸の可能性が出てくると思われます。今週は週足(b)90.70をブレイクし3月からの下落チャネルを抜け出すことができるか、そして上値トライの動きへ繋げることが出来るかに注目したいと思います。反対に、下落となった場合においても [続きを読む]
  • 今週のポンドドル(7/9〜13) 押し目買いか?
  • 週足チャートで見るポンドドルは連続して長い下髭をつけ、また先週は月足抵抗(E)上辺1.3280-85を上抜けて終えており底堅い動きになっています。一方で先々週の高値をブレイクすることはできておらず、あと僅かの買いが続きませんでした。この上伸が止められた月足抵抗(D)1.3280-1.3315域には年・6か月・四半期チャートの抵抗ラインも集中しており、今週は週足抵抗域も加わって非常に強い抵抗帯1.3275-1.3320が出来ています。(青矢 [続きを読む]
  • 今週のドル円(6/25〜29)戻り売りか?
  • ドル円は2週続けて週足抵抗(X)に上値を阻まれる結果となりました。月曜の東京オープンが先週終値付近で開始されると、僅かですが3月末からの上昇チャネルを外れてくることになります。今週は週足抵抗(X)下辺に52週線も重なってきており、分析図からは先週以上に上値抵抗が強くなっています。ドル円はここ2か月余りの値動きで三角持合いを形成しており、あと1〜2週間の持合いを経て上下どちらかへ抜け出してくる可能性が高いと思 [続きを読む]
  • 今週のユーロドル(6/18〜22)
  • 先週ユーロドルは急落。現在のユーロドルの位置を月足で確認してみましょう。今回ユーロドルは月足抵抗(W)や10EMAで頭打ちになり抵抗域(X)を下抜け。ひとまず先週は先月と同様、抵抗(Y)で支えられました。昨年後半はこの抵抗(X)や(Y)で下値を支えられ上昇となりましたが、1年が過ぎ再びブル・ベアの岐路に立っています。抵抗(Y)下辺(今月1.1520-30)を下方ブレイクしてくると、ユーロドルは月足抵抗(Z)1.11台半ばを目指した下落 [続きを読む]
  • 今週のポンド円(6/11〜15) 上昇から下落に注意か?
  • 先週、ポンド円は月足抵抗(D)(E)を上抜けて52週線手前まで上伸しましたが、結果的には上抜けた(D)(E)域の下まで押し戻されて越週。52週線の下に位置していますので下落の流れからは抜け出していませんが、ちょうど月足抵抗(D)(E)域と(F)(G)域の中間に位置しており、目先は中立的。ただし、週足抵抗(a)ラインと(d)ライン146.70-75を下回らない限りは、再度上値を試す可能性があります。上伸した場合も、今週はまだ月足抵抗(D)以上か [続きを読む]
  • 今週の豪ドルドル(6/11〜15) ブル相場復帰の可能性
  • 豪ドルドルは難しいと思われた強い月足・週足抵抗域(B)0.7580-0.7600をブレイクしました。週足では長い上髭をつけていますが、安値・高値共に切り上げてきており、かろうじて抵抗(B)で支えられて終えています。この抵抗(B)の上辺を構成する月足抵抗はこの1年近くのブルベアを分けてきた抵抗ライン。そしてもうひとつの週足抵抗(a)は10年レンジでブルベアを分けてきた重要ライン。月足抵抗(A)を完全に上抜けてくるまでは、まだ下落 [続きを読む]
  • 今週の豪ドルドル(6/4〜8)
  • 豪ドルドルは、先週の終値付近で東京オープンとなると僅かですが今年2月からの下落チャネルを抜け出してきます。しかしながら、すぐ上には週足(a)(b)と月足抵抗で作られる強い抵抗域(B)0.7580-0.7600が存在しており、先週、先々週の動きから見ても簡単に上伸できる状況ではありません。今週はこの抵抗(B)を上抜けしブル相場復帰への最初の足掛かりを作れるか、それとも壁になるかが最大の焦点になりそうです。そして抵抗(B)からの [続きを読む]
  • 今週の豪ドル円(6/4〜8)
  • 豪ドル円は先週の急落でも約3か月続くレンジを抜け出すことはできず、81-84間の揉み合いはもう暫く続くのかもしれません。 現在の豪ドル円は52週線、200日線、120日線の下に位置しており大局的には下落の流れと考えられます。今月は上部に月足抵抗(B)83.75-84.30が、下部に月足抵抗(C)81.25-80が存在しており、 恐らく今週もそれぞれが強い上値抵抗、下値抵抗として意識される可能性が高いと思われます。 今週は週足(a)(b)ラインが [続きを読む]
  • 今週のポンド円(6/4〜8)
  • 先週のポンド円は143円手前まで急落しましたが、週後半はしっかり反転。底打ちしたかのようにも見えますが、週足上は高値・安値共に切り下げており下落の流れは継続中と見ます。月足抵抗(G)146.10-15を僅かに越えて先週は終えてきましたが、146.65-95には月足・週足で作られる強い抵抗域(E)(F)が控えており、これが今週の強い上値抵抗として意識される可能性が高いと思われます。下方は週足(b)(c)145.40-85がサポート域、これを下 [続きを読む]
  • 今週のポンド円(5/28〜6/1)
  • ポンド円は月足抵抗(G)のみならず、月足抵抗(H)をも下抜けて越週。今週はこのまま下落先行となるのか、それとも一旦戻りを試すのか、いずれにしても月足抵抗(I)144.00-45へ向けた動きが強まると思われます。月足抵抗(H)を含む(c)(b)間145.55-146.20が週足上のブルベアの分岐ゾーンですが、下値リスクが高い状況のためこの抵抗ゾーンを上抜けても戻り売りが基本対応となります。尚、週後半6月期に入ると月足抵抗(H)は146.10-15へ上 [続きを読む]
  • 今週のポンド円(5/21〜25)
  • ポンド円は木曜日に月足抵抗(E)149.20-50を上抜けしましたが、翌金曜日には前日の上昇を打ち消す形で下落。木曜の安値こそ更新はしませんでしたが、月足抵抗(E)を僅かに下回って終えています。月足抵抗(E)149.20-50が今週の上部のブル・ベアの分岐ゾーン。先週と同じくここを上回れば月足抵抗(D)150.10-15を目指した上伸が見込まれます。反対に、抵抗(E)の下で展開すれば下落再開の可能性を考える必要が出てきます。特に今週は週足 [続きを読む]
  • 今週の豪ドル円(5/21〜25)短期、押し目買いか?
  • 先週の豪ドル円は中期的なブル・ベアの分岐点である週足(a)ライン82.70をブレイクし83円台を回復して終えました。大局的には豪ドル下落の範疇にありますが、週足(a)ラインを上抜けたことにより短期的に上昇の可能性がでてきました。週足上の上値抵抗は(c)83.45-50、(d)84.00-05、そして月足抵抗(B)84.20-25と続きます。今週、84円以上は月足や週足の抵抗が連なって控えているため、上値追いの展開となっても一気に85円台を回復して [続きを読む]
  • 今週の豪ドル円(5/14〜18)
  • 先週の豪ドル円は月足抵抗(D)まで攻めましたが続落とはならず反転してきました。月足抵抗(C)を上抜けて越週、長い下髭をつけた陽線引けで、ひとまず下値リスクはやや軽減されたようにも見えますが、高値・安値共に切り下げる流れに変化はなく、下落継続中と見るべきでしょう。今週、もう一段上伸を続けるためには、中期的なブルベアの分岐点である週足(a)ライン82.70の上抜けが必須条件。ただし4月には上抜けに失敗しているライン [続きを読む]
  • 今週のポンド円(5/14〜18)
  • 先週のポンド円は月足抵抗(E)(G)間での展開となり、上にも下にも抜け出すことは出来ずに週足抵抗(F)内で終了しました。特に木曜日はアウトサイドバーの陰線引けとなっており、引き続き下落に注意が必要です。週足上は(a)(b)ライン間147.95-148.20(F)がブルベアの分岐ゾーン。週前半は148.40以上、後半は148.50以上を維持していると上伸しやすい状況ですが、週全般を通して戻り売りが基本対応になるかと思われます。戻りの目処とし [続きを読む]
  • 今週のユーロ円(5/7〜11)
  • ユーロ円は5月第一週で月足抵抗(A)から(C)まで下落し大陰線が出現、早くも先月の安値を割り込みました。今週は月足・週足抵抗(B)130.70-85が最初の上値抵抗、131円付近には52週線、そして131.15-20は週足のブルベア分岐ライン(f)が控え、130.70-131.20間が大変強い抵抗ゾーンとなっています。この領域を上抜けできれば132円を目指した上伸の可能性が出てきますが、やはり戻り売りが基本的な対応になろうかと思います。次に下方は月 [続きを読む]