minimaal さん プロフィール

  •  
minimaalさん: 60%生活
ハンドル名minimaal さん
ブログタイトル60%生活
ブログURLhttps://www.60minimaal.com/
サイト紹介文ミニマリスト 内向的 校正者 小室世代 母
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 156日(平均9.3回/週) - 参加 2018/03/05 21:50

minimaal さんのブログ記事

  • 努力の方向を間違えない
  • 結局、心穏やかに暮らせたら幸せだと思った怒りとか悲しみとか劣等感とか自己否定とかがない(少ない)生活元々の気質から、刺激を求めるタイプでないことはわかっている自分の安心テリトリーから出たがらない怖がりアラウンド40であるアラウンド40にして、ようやく自分と向き合おうと思った就活のときの自己分析でさえ投げ出した人間であるがそこから15年間「自分はどうせダメな人間で、アレとアレとアレを直さないと他の人と並ぶ [続きを読む]
  • その「〜すべき」思考、自分の首しめてますよ
  • 仕事は休んではいけない、人に迷惑をかけてはいけない、期待には応えないといけないと、ただ「世間でいう正しいこと」を鵜呑みにして勝手にがんじがらめになり生きてきたけどたまには仕事を休んでいい、人に迷惑かけるときもあるよ、期待に応えるために無理しなくてもいいよと、考え方をゆるめてみれば、もっと人にやさしくいられるなあと気づいた自分に余裕がないと、人にやさしくできない自分が苦しいのが当たり前だと、人も苦し [続きを読む]
  • ものにも感謝したらいいじゃない!
  • ミニマリストになる過程において必要不可欠なもの、片づけー片づけ界のパイオニア・こんまり大先生の『人生がときめく片づけの魔法』を読んだ(あまのじゃくなのでブーム真っ只中から遅れて手を出す傾向あり)正直もうミニマリスト(自称)なので、読んでも新しい発見がないのではないかと思っていた読み終えた今、大先生に「今までときめきをバカにしていてごめんなさい」と土下座したい普段からひねくれた見方をしがちな人間なの [続きを読む]
  • 夏が好きになれない
  • 日本には四季があるわたしは秋→春→冬→夏の順で好きだ割合で言うと秋50、春30、冬15、夏5が理想秋と春はいずれも過ごしやすい気候なので上位なのだが、秋より春のランクが低い理由は「新生活でメンタルが安定しないから」だそして最下位の夏おい夏、おまえのことだぞ暑すぎてぼーっとする、汗をかく、太陽が眩しすぎてほとんど目が開けられない、日焼け止めを塗っても黒くなる、なんかイライラする、蚊に刺されるほんとにいいと [続きを読む]
  • 嫌いなものは変わらない!
  • ベルトが嫌いであるズボンがずり落ちないようにするためだけに存在するもの、ベルトーまずもっておトイレのとき外すのが面倒だわたしはなぜかトイレに時間がかかる(他人比)ちゃんと出しているときにトイレットペーパーをスタンバっているのに待っている人がいるときは特にプレッシャーを感じるので、素早くズボンを上げて終わらせたい緊迫の個室内でベルトをカチャカチャやる余裕などないのだそういったわけでズボンは「ずり落ち [続きを読む]
  • 自分を全肯定すりゃいい
  • 「自分を肯定すること」って大切だ人見知りだし怒りっぽいしすぐスネるし貧乳だし自分に甘いし人に厳しいし飽きっぽいし色黒だし…といった理由で自分に全く自信がなかったなんて欠点だらけの人間なんだと思った人によって生まれ変わりの回数が違うというけど、わたしは生まれ変わり歴が浅く、前世は人ではなかっただろうと思う自分は「世の中を自然に生きている人」にぶつかりながらクルクル回っているコマのようだと思った人や世 [続きを読む]
  • 自分のものにはこだわりたい
  • 「所有」にこだわるタイプである子供のころ、弟と同じ部屋じゃなく自分だけの部屋が欲しいと思っていた自分の部屋を与えられてからは、自分だけの空間に親の冠婚葬祭の服や使われていない電子ピアノなんかがあるのが嫌だったわたしだけの空間にしたい社会人になってからは、微々たる給料の中から棚をいくつも買い、着々と自分の巣を作り上げた5畳ほどの部屋のほとんどを棚が占めていた(大量の服や靴を収納するため)そんなに自分 [続きを読む]
  • 「自分なりの価値観」を持て
  • 兎にも角にも、自分にとって必要なのか不要なのかを見極める世間の目とか周りの友達みんな持ってるとかは一旦置いといて「自分なりの価値観」を持っている人は素敵だと思うし、スマートなお金持ちはみな持っているらしい世間の目を気にして、とにかく権力を見せつけたいと見境なくお金を使う人は、スマートには見えないのではないか逆に、お金を使いたくなくて節約ざんまいというのもあまり惹かれない我慢に我慢を重ねている最中に [続きを読む]
  • なんのためのミニマリストなんだ
  • ワンルームの部屋に机がポツンとある、みたいなミニマリストの方の部屋を見るとハアハアしてしまう極シンプルな、圧倒的清潔感のある部屋わたしは一人暮らしをしたことがないので、いつかそんな部屋で生活をしてみたいと密かに思っている子が巣立った後、旦那の了承を得るか別れるかしたら実行してみたいそんなわけで今すぐ叶えることは難しいので、来たるその日に備えてせっせと私物を減らしてきた「いつか使う予定のもの」や「何 [続きを読む]
  • ストレスは味方につけて
  • あらゆるストレスを取り除こうとして、仕事量を減らし、極力人と話さない仕事を選び、簡単にできる仕事をしていたが、違うストレスが生まれたという話である毎日同じ生活ができるが、面白いことがひとつも起こらない時間があると色々なことを勝手に考えてしまい、ネガティブな時間が増えるほぼ家の中で過ごしていると、体調が悪くなるこんなに自由に暮らしているのに、それでも人生に不満があるっておかしいんじゃないかと思い始め [続きを読む]
  • 買い物に前のめり系ミニマリスト
  • ストレスのない暮らし…物が少ないおかげで掃除は楽ちん。視覚的にもスッキリ、頭もスッキリ。時間に追われることもなく、余裕を持って家族に接することができるーはずなのだが、一向に不安やイライラから逃れることができない夕飯いる・いらないの連絡が遅い、危機感がない、字が汚い、プールカードが折れ曲がっている、覇気がない、ベタつく、お金がない、野菜の傷みが早い、腹の肉が取れない、知り合いにサングラス姿を見られた [続きを読む]
  • ミニマリストは1日にしてならず
  • 「さすがにもう捨てるものないっしょ」とあぐらをかいていたミニマリストであるが、まだあった子の収納用品である無印のパルプボードボックス(5段)をヨコにして、3つ重ねて使用していたのだが、どうも気になっていた高さがあって存在感がありすぎるわたしが好きなのは質素・こざっぱり系であるいっそパルプボードボックス5段を3つとも撤去して部屋にはコートハンガーだけ、というほぼ独房スタイルにしても良かったのだが、一応子 [続きを読む]
  • ルール化する?しない?
  • 「年末にタオルを買い替えます」「毎月10日はオキシ漬けの日です」などと、きちんと管理している方がいる一方で、わたしはきちんと管理しない方であるズバリその場のノリで生きている「あの日あの時あの場所でこんなことがあったよね」と言いたい時に「あの日あの時あの場所」をすっ飛ばして話すタイプの人間であるかろうじて子の歯ブラシは毎月1日に替える、ということだけルール化している親の歯ブラシは、ドラッグストアのポイ [続きを読む]
  • 選択する?しない?
  • 最近、自分が何を食べたいのかわからないと感じる惰性で食べ物を口に流し込んでいるパートが15時に終わるのだが、お昼休憩なしなので家に帰ってから何か食べたくなる(休憩時間をもらっても持て余すタイプなので、休憩なしというのが気に入っている)でもこれ食べたい!と思うものが浮かばないのだ結局気づけばホワイトデニッシュショコラを買っている(板チョコが1枚入った夢のようなパン)ホワイトデニッシュショコラはあっとい [続きを読む]
  • ミニマリストがミニマリストに縛られる
  • ミニマリスト=極力ものを持たない人だから、買い物には慎重なはず1円たりとも無駄遣いなんてしないミニマルな状態をキープするためにも、収納用品を買い足すなんてもってのほかざますわたしはすぐに「こうあるべき!」と考えてしまうタイプなので、上記のような思い込みから「あれ買ってみたいな」という好奇心までも排除しようとしかけていた必死に「物欲とは決別したはず…洋服なんて黒白グレーで着られれば何でもいいでしょう [続きを読む]
  • 自堕落をやめようとするのを諦める
  • わたしは自分に甘い自己啓発書を読むのが好きなのだが、ありがたいお言葉も脳内で自堕落ワードに変換してしまう「今に集中しろ」を「今がよければいい」「心を壊すくらいなら逃げろ」を「ちょっとでも嫌ならやめちまえ」「好きなことを仕事に」を「楽なことだけしていたい」すべて自分に都合よく解釈してしまう他にも、お菓子だけ食べて生きてたい、家から一歩も出たくない、好きな人とだけ関わっていたい…と際限なく続く自堕落の [続きを読む]
  • 自分ばっかり楽になろうとするな
  • 職場にて、業務がルーティンなためパソコンを見ながら周りの音に耳をすませている多分異動してきたばかりで、隣に座る先輩に細かくいろいろ聞いている女性が斜め前にいる先輩(女性)は淡々と教えているこの教えてもらっている女性がガサツなにおいがするので、決して目を向けないが心の中で目をつけていたのだ先輩へは常に下手に出て丁寧に接しているのに、お昼ごはんのときに堂々と先輩の隣で何かをすすっている席を立つときに絶 [続きを読む]
  • 「果てしない欲望」を捨てる
  • 人の欲望は果てしない独身のころの物欲たるやとどまることを知らず、実家暮らしをいいことに給料のほとんどを洋服に費やしていたしかし、気に入って買ったはずなのにどうもしっくりこないことが多々あった私の体型(胴長短足)が悪いのだろうか?ちょっと攻めすぎなデザインなのだろうか?職場の人に「似合ってるね」と言われないと不安になった「本当に自分が着たいもの」より「こう見られたいから着る」といった感じだった私は「 [続きを読む]
  • 正社員で働かないということ
  • 家計診断を見るのが好きだお金の悩みを抱える家庭の家計簿をチェックして、FPの方がアドバイスをするアレだ「食費が高すぎ」「使途不明金が多すぎ」「スマホは格安スマホに変えて」「生活に潤いがなくなるので、大切な趣味なら続けましょう」など、お決まりの文句が色々あるその中でよく言われているのが「収入を増やすために、奥様もパートではなく正社員を目指しましょう」というやつだわたしにはハッキリと「正社員コンプレック [続きを読む]
  • 「そんなことないよ」待ち
  • 「人見知りなんです」「ダメ人間なんです」「暗いんです」と、他人に伝えてはいけないなぜなら返答に困らせてしまうからだ本当に「こいつ暗いな」と思っていても「そうですね」と言う人はほとんどいない優しさから「そんなことないよー」と棒読みで伝えてくれるだろうまた「人見知りなんです」と宣言してしまうと、相手の顔に「こちらにどうしろと?」という戸惑いの表情が浮かんでしまう自分が人見知りなことは、そっと胸にしまっ [続きを読む]
  • 本当の自分じゃないと思っている人へ
  • 自分の嫌いな部分ばかりが目について、あれもこれも直さないとと思う欠点を直したら、みんなに認められて本当の自分になれると思ってきたということは、今の自分は本当の自分ではないことになる本物ではない自分を生きていることになる学生の頃、授業のノートをきれいに書きたいあまり、黒板から写すときに汚く書いて後で清書しようと思っていた結果、清書をすることはなかったし、字が汚すぎて人に貸すことも自分が理解することも [続きを読む]
  • 一生あってほしいもの(暫定)
  • ミニマリストになって、自分と向き合う時間が増えたせっかくできた余白の時間や心の余裕を、すべて「ぼーっと」に費やしている場合ではないと感じたのだ(ヒマに耐えられなくなったとも言う)というか「ぼーっと」していたらとめどなく不安がわき、自分がいかにダメかを考えてしまうので、思いの丈を整理するためにノートにせっせこ書き始めたそんなわたしのせっせこノートから『一生あってほしいもの』について考えたので聞いてく [続きを読む]
  • やるべきことをやってから
  • 朝から掃除をした仕事がある日は掃除機をさーっとかけるだけ、仕事がない日は+クイックルワイパーでほこりを取る、週1くらいでウェットシートで床拭きをする今日はウェットシートまでやったので満足度が高いそしてブログを1本執筆し(伊佐坂魂)、冷蔵庫の中身をチェックして買い物に出かけるいつもなら大抵ブログ執筆からスマホを見続けるか、録画した番組を観るかのダラダラコースなのだが、今日のわたしは違ったスーパーで食料 [続きを読む]
  • 幸せと不幸せの比率
  • 今まで生きてきて、心から幸せだーと思えた日は何日くらいあっただろうとふと考える好きな人と両思いになれた日、高熱が下がって動けるようになった日、美味しいものをたらふく食べた日、試験に受かった日…思い返せばたくさんあるのだろうが、なんだか基本が「つらいほどでもないけど、ため息が出ちゃう」である気がしてならない大好きなドラマ『29歳のクリスマス』で松下由樹が山口智子に言っていた台詞がある「幸せの中にぽつん [続きを読む]
  • ブルーレイデッキが壊れる予感
  • ミニマリストの中には「テレビ持ってません」という方も多いと思うが、わたしは現役バリバリのテレビっ子だ「時間のムダ」「ダラダラしちゃう」というご意見はまったくその通りだと思うが、テレビを消していてもダラダラしているので気にしない基本的に観たい番組を録画して好きなときに観るスタイルだHDDは子のドラえもんとクレヨンしんちゃんに容量をだいぶ持っていかれているが、正常に動いている問題はブルーレイの方だ夜な夜 [続きを読む]