木龍 さん プロフィール

  •  
木龍さん: 木龍式運命鑑定塾
ハンドル名木龍 さん
ブログタイトル木龍式運命鑑定塾
ブログURLhttp://mokuryuu.seesaa.net/
サイト紹介文宿命と運命を知り、より良い人生を送るために宿曜経や四柱推命など運命学を活用していくブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 89日(平均3.0回/週) - 参加 2018/03/06 14:13

木龍 さんのブログ記事

  • 気の流れの方向性
  • こんにちは、木龍です。今回は『気の流れ』の方向性についてみてみたいと思います。一番良い流れは月干から日干、時干から日干に向って気が流れている状態です。例えば日干『甲』の人の月干が『庚』だとします。この場合、月干が日干を剋しています。「大きな斧」で「大木」を切り倒すイメージです。このイメージからみて「凶」の並びとするわけですが、今回は気の流れをみていきます。この例の場合、簡単にイメージできるように気 [続きを読む]
  • 親族の運気をみる
  • こんにちは、木龍です。昨日も言いましたが本当に訃報が続きますよね。朝丘雪路さんが4月27日に亡くなられました。昴宿の朝丘さんにとって、4月は月運空亡、軫宿のこの日は『暗黒日』でした。朝丘雪路さんは元宝塚歌劇団の娘役、退団後は女優に歌手に大活躍されました。「11PM」のアシスタントとして出演した際、司会の大橋巨泉さんに「ボイン」とよばれ、これが胸の大きい人を指す流行語にもなりました。旭日小綬章も受賞さ [続きを読む]
  • 澄ちゃんも・・・「若大将のマドンナ」星由里子さんと『安宿』
  • こんにちは、木龍です。最近は有名人の訃報ばかりのような気がします。5月16日に女優・星由里子さんが亡くなられました。東宝のミス・シンデレラ娘をきっかけに「八重歯のシンデレラ」として『すずかけの散歩道』で映画デビュー、同時期にデビューした浜美枝さん、田村奈巳さんと「東宝スリーペット」として人気を博しました。その後、東宝のゴジラシリーズやNHKの連続テレビ小説「あぐり」、通販番組と幅広く活躍されていた女 [続きを読む]
  • 四柱推命的相性診断(2)
  • こんにちは、木龍です。前回簡単な相性診断の方法をお話ししました。今回はその占いを実占でみてみましょう。まず、おしどり夫婦として有名なヒロミさん・松本伊代さん夫婦をみてみましょう。ヒロミさんは1965年2月13日生まれです。命式表は次の通りになります。(今回は前回の相性診断法をみるためだけですので、蔵干や十二運などは省略しています。)日干は『戊(つちのえ)』ですね。次に松本伊代さんをみてみましょう。 [続きを読む]
  • 四柱推命的相性診断(1)
  • こんにちは、木龍です。今回から、四柱推命での相性診断の方法を話していきたいと思います。四柱推命では干支暦をもとに生まれた年の干支からなる年柱、生まれた月の干支からなる月柱、生まれた日からなる日柱を作ります。生まれた時刻がわかれば、ここに時柱を付け加えて4本の柱とします。この四本の柱からなるということから四柱推命というわけです。このそれぞれの柱のうち、十干からなるものを天干、十二支からなるものを地支 [続きを読む]
  • 西城秀樹さん逝く!
  • こんにちは、木龍です。今日から四柱推命の相性判断を…と思っていたのですが、「新御三家」西城秀樹さんの訃報が入ってきましたので、予定を変更しました。西城秀樹さんは、1955年4が13日の生まれですから女宿です。亡くなられた昨日は胃宿で女宿からみた三・九の秘宿は「友宿」です。本来悪い日ではないように見えます。実際、塾生の数名から、問い合わせが来ました。しかし、実は、そうではないのです。まず、流年法から [続きを読む]
  • 宿曜経による人間関係〜桐谷美玲さん・三浦翔平さん
  • こんにちは、木龍です。宿曜経による人間関係(相性)について話してきましたが、ちょうど、桐谷美玲さんと三浦翔平さんが6月にご結婚というニュースが入ってきましたので、お二人の相性をみてみたいと思います。●桐谷美玲さん1989年12月16日生まれ翼宿です。●三浦翔平さん1988年6月3日生まれ女宿です。占星盤をみてみましょう。今回は桐谷さんの『翼宿』の占星盤です。桐谷美玲さんの『翼宿』からみた三浦翔平さ [続きを読む]
  • 宿曜経の人間関係について(3)
  • こんにちは、木龍です。宿曜経で診断する人間関係、最大のポイントとなる「安・壊の関係」についてです。1.安・壊の関係「栄・親」「友・衰」「危・成」「業・胎」という関係性には、加害者・被害者という関係性はありません。しかし、この「安・壊の関係」の場合はそうはいきません。一方が加害者に、もう一方が被害者になってしまう関係性なのです。しかも、単純に被害者・加害者になるというだけでなく、時には加害者も被害を [続きを読む]
  • 宿曜経の人間関係(2)
  • こんにちは、木龍です。宿曜経で人間関係を診断するときに、「栄・親」、「友・衰」、「危・成」、「安・壊」、「業・胎」、そして「命」同士という6通りの関係性があります。1.栄・親の関係●近距離本命宿の両隣にある並び星です。お互いに親しみ栄えあえる関係で最高の相性です。ただ星が近すぎるため、摩擦が起こりやすくなります。●中距離周りからも祝福される最高の組み合わせです。●遠距離星同士が離れているため縁が生 [続きを読む]
  • 宿曜経の人間関係
  • こんにちは、木龍です。今回から宿曜占星術の人間関係、相性について話したいと思います。これまでも何度か触れてもいますので、重複する部分が多いと思います。1.三・九の秘法宿曜経によれば人は必ず二十七宿のうちの一つを「本命宿」として持っています。その宿星の相互間の関係性を判断する方法が『三・九の秘法』です。今、軫宿の人がいたとしましょう。この人にとって角宿の人との相性(人間関係)はどうなのか、また、觜宿 [続きを読む]
  • 相性診断について
  • こんにちは、木龍です。今回から『相性診断』について話していきたいと思います。まず、『相性がいい』とはどういうことでしょうか?●あの人とは気が合う。●あの人とは仲がいい。●あの人とは互いに愛し合っている。●あの人とは手が合う。・・・。一般的にはこのようなことを『相性がいい』といいますよね。実際、占いの中でもそのような鑑定法が多いのですが、宿曜の『相性』は必ずしもそういう意味ではありません。このブログ [続きを読む]
  • 特殊星について(5)
  • こんにちは、木龍です。特殊星について第5弾です。日干からみるもの、月支から見るもの、年支・日支からみるものとみてきましたが、今回はそれ以外、天干の並びによるもの、日柱でみるものをみていきます。まず天干の並びによるものですが、年月日の干でみます。三貴人・・・甲―戊―庚、乙―丙―丁、壬―癸―辛の三種類です。この星があって、さらに各干が地支に根を張っている場合、頭が良く、学芸に優れ人々のリーダーになりま [続きを読む]
  • 特殊星について(4)
  • こんにちは、木龍です。特殊星についての4回目です。今回は、年支・日支からみての特殊星です。咸池・・・色情を表す特殊星です。色情問題で迷惑を被ります。また、命式中にこの星があると、せっかちで、水厄の恐れがあります。この星のある女性は美人です。駅馬・・・乗り物を暗示している特殊星です。乗り物に乗って、遠くへ移動することから、旅行・移動などの意味がありますが、地位の移動ということから昇進などの暗示もあり [続きを読む]
  • 特殊星について(3)
  • こんにちは、木龍です。前回に引き続き、特殊星についてです。日干からみた特殊星については前回紹介しましたので、今回は『月支』を基準にみる特殊星です。これは少なめですね。ただ、干支が入り混じりますので『戊(つちのえ)』と『戌(いぬ)』、『己(つちのと)』と『巳(み)』、『甲(きのえ)』と『申(さる)』など見間違えないようにしてください。『天徳貴人』と『天徳合(貴人)』『月徳貴人』と『月徳合(貴人)』は [続きを読む]
  • 特殊星(2)
  • こんにちは、木龍です。前回特殊星について書きましたが、今回から各特殊星を少しずつ見ていきたいと思います。特殊星には日干から導き出すもの、月支から導き出すもの、年支・日支から導き出すもの、日支から導き出すものなどがあります。まずは日干から導き出すものです。各特殊星は下のような表から導き出すことができます。命式中では吉・凶にかかわらず、日柱の下にあるものが最強で、次いで時柱になります。月柱・年柱と強さ [続きを読む]
  • 特殊星について(1)
  • こんにちは、木龍です。今回は『特殊星』のことに触れたいと思います。特殊星というのは『神殺』とも呼ばれ、かつてはこの神殺だけで占う神殺占いまでありました。今は、五行を重視するようになっていますが、五行だけでは判別しにくい時に補助としてこの『神殺』を使うことがあります。『神殺』の『神』とは吉の特殊星のこと、『殺』とは凶の特殊星のことです。命式のうち、年柱にある特殊星は若い時代に、月柱、日柱にあるものは [続きを読む]
  • 鉄人衣笠祥雄氏のご冥福をお祈りします
  • こんにちは、木龍です。4月23日広島東洋カープの第1期黄金時代を築いた衣笠祥雄さんが大腸がんで亡くなりました。直前の19日まで、野球解説者としての仕事をこなされていたということで、まさに「鉄人」でした。連続試合出場2215試合は当時の世界記録、プロ野球選手としての国民栄誉賞はあの「ミスター」長嶋茂雄氏よりも前の1987年でした。当時の背番号「3」は広島の永久欠番になっています。連続試合出場の世界記 [続きを読む]
  • 陰陽五行について
  • こんにちは、木龍です。最近、会員の方から、「五行」がよくわからないという質問がありました。東洋の占いにおいてはかなり基本の部分になるのですが、深く掘り下げると全くの底なし沼状態で、どこまででも掘り深めることのできる題材です。簡単なテキストを作って、説明をさせていただいたのですが、このブログの読者の方にも参考になるかもと思い、一部だけ公開します。(一部前回の『十干』と重複する部分もあります。)------ [続きを読む]
  • 十干
  • こんにちは、木龍です。今日は十干についてお話しします。四柱推命などに使われる『干支(かんし)』の『干』の部分で『天干』とも呼ばれます。(これに対して『支』の部分を『地支』といいます。)陰陽五行から発生しているものですから『木・火・土・金・水』の五行にそれぞれ、『陰・陽』があり、合わせて十種類になります。その十種にそれぞれ名前が付けられています。陽の『木』は、『甲』です。陰陽では兄を陽、弟を陰として [続きを読む]
  • またまた秘宿が…。
  • こんにちは、木龍です。昨日競馬のG-1レース皐月賞がありました。一着エポカドーロ(7番人気)、二着サンリヴァル(9番人気)で馬連(十八頭中一着と二着を当てる)は12880円の万馬券でした。これは人気馬がことごとく負けてしまったからなんですが、今回はその負けた人気馬の秘宿に注目してみました。まず一番人気はワグネリアン氏宿です。(どうやら氐宿の『氐』の字は文字化けするみたいです。「低」から人偏を外した文字なの [続きを読む]
  • 年運の空亡について
  • こんにちは、木龍です。四柱推命では、命式に空亡があるかどうかで、人間関係をみたりします。それと同時に、大運や、年運(歳運ともいいます)の地支が命式上の空亡に当たるときには、特殊な運勢が巡ってくるとみます。そこで、今日は年運に巡ってきた空亡はどういう意味を持つのかについてみていきたいと思います。それぞれの年がどういう年かというのは通変星に表れますから、通変星とセットでみていきましょう。比肩の年が空亡 [続きを読む]
  • 四柱推命の納音(なっちん)
  • こんにちは、木龍です。今日は納音(なっちん)についてお話ししようと思います。そこで、今日のタイトルですが、「四柱推命の納音」です。あえて四柱推命のとつけたのは、算命学でいうところの納音とは全く別物だからなんです。空亡と天中殺のように言葉が違っても同じことを指しているのなら問題はないのですが、この『納音』は言葉を聞いただけではどちらのものかわからないために混同してしまう人がいるかもしれませんね。本題 [続きを読む]
  • 宿曜の七曜活用法
  • 七曜直日の吉凶宿曜経における日の吉凶判断は「三・九の秘宿」だけでなく、それぞれの日の宿と曜日の重なりから特異日を出すものがあります。これには「甘露日」「金剛峰日」「羅刹日」の三種類があります。甘露日とは大吉日で、何をするにもよい日です。金剛峰日は甘露日に次ぐ吉日です。特に開戦、攻撃など積極的に打って出るにはよい日です。羅刹日は逆に大凶の日になります。何事をしても災禍を招く日とされています。ではこれ [続きを読む]
  • 第78回桜花賞
  • こんにちは、木龍です。今回は、第78回桜花賞の結果についてみていきたいと思います。競馬の話?そうなのですが、宿曜経の秘宿を使ってレース結果をみていきたいと思うんです。4月8日阪神競馬場で第78回桜花賞が行われました。結果は、1着:アーモンドアイ2着:ラッキーライラック3着:リリーノーブルでした。競馬に詳しくない人のために言うと、それぞれ2番人気、1番人気、3番人気の馬でした。払戻金は三連単(1着から3着までの順 [続きを読む]
  • 『運命学』の開運とは
  • こんにちは、木龍です。さて、前回、暗黒日とか暗黒の一週間の話をして、積極的に動かないほうがいいんですという話をしましたよね。確かに自分で予定を立てて、好きに行動ができるのならそれでもいいですよね。でもどうでしょう?そんな風に自由にできる人は少ないのではないでしょうか?暗黒日、それも大凶となる「壊」の日に出張が…。受験日が暗黒日だ…。仕事の納期が暗黒の一週間にかかっている。大事な商談が…。結婚式が… [続きを読む]