すかい さん プロフィール

  •  
すかいさん: 少年団はオワコン
ハンドル名すかい さん
ブログタイトル少年団はオワコン
ブログURLhttp://fanblogs.jp/owaconshonendan/
サイト紹介文時代にそぐわないサッカー少年団の活動や指導の不満をぶちまけるブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 77日(平均1.5回/週) - 参加 2018/03/06 17:55

すかい さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ボランティアを言い訳に
  • わが少年団はサッカー未経験者コーチが知った風にニュアンスでサッカーを教えているしょうもないチームなのですが、なぜそうなったかといいますと、会長を始め運営側がほぼ未経験者で占拠されているからです。まあコーチだけはご自分のお子さんが卒団してからも続けていらっしゃるのでコーチ歴は長いのですが、サッカーは下手です。そんな方々が無駄にコーチ歴を重ね、団の運営に携わるものですから、サッカー連盟や協会と団とのパ [続きを読む]
  • 運動神経だけで上手い気になってる低学年の親
  • 相変わらずサッカーやったこともないくせにベンチから怒鳴っているYコーチ。なんの根拠もないし、指導にもなってない。ただのヤジである。大の大人が小さな子供に向かって怒鳴っているだけ。免罪符はコーチという肩書。とくに自分の子にはきつくあたる。厳しいコーチを演じているのでしょうか。自分の子は上手いと思っているのか、過度な期待を込めたヤジをとばす。経験者から見れば、Yコーチの子は一番下手だ。確かに足も速いし [続きを読む]
  • OBコーチの愚かな判断
  • 本日はOBコーチに限ったことではないのですが、ポジション固定についてのお話です。うちの団は経験者がいないのでOBコーチの判断になり、誰も文句がいえません。U7の途中くらいから何を思ったかポジションが固定されてきました。それは上手い子と下手な子に限って顕著です。上手い子を中盤に置き、攻守をさせる。周りを普通の子が固めて、DFなりFWなりを回す。下手な子をずっとベンチにするわけにはいかないので、前線と [続きを読む]
  • アタリ、ハズレの続きの話
  • 先のOBコーチの配属によってアタリ、ハズレがあるというお話をしましたが、父兄コーチにもある話です。ある世代の父兄は経験者が1人もおらず、ある世代は4〜5人の経験者のお父さんがいる世代もある。これってもうどうしようもないことで、仕方のないことです。この生誕の時期にも関わるような絶対的なハズレに抗う術は、1つ!サッカー経験者のお父さんを持つ子を団に誘う(笑いや〜現実的ではないですね。では現実的なもので [続きを読む]
  • OBコーチの存在
  • 父兄コーチが自分のお子さんを卒業させた後も団に残り、活動のサポートをしてくださいます。はじめて子供を入団させ、父兄コーチとして活動していくお父さんにとっては、練習方法や指導の仕方などアドバイス頂けるありがたい存在なのですが、団からのお目付け役も担っているわけで、時にはうっとおしく感じることもございます。OBコーチを続ける人の目的ってなんなのでしょう。サッカー経験があって技術的な指導にあたれるなら、 [続きを読む]
  • 選手>コーチ
  • 今回のタイトル、選手ファーストという意味ではありません。簡単に言えば実力、技術です。プロや高校生くらいになれば、一線を退いた監督やコーチより現役選手の方が上手いのは当然ですが、それでも経験豊富な先人たちに学ぶべき点は多いのではないでしょうか。ただそれが育成年代、小学生になると話は別だと思います。まだまだ技術的にも未熟な年代、未熟にも関わらずコーチより上手い。考えただけでも恐ろしいですが、未経験なお [続きを読む]
  • 決定力不足は足元から
  • 最近経験者コーチが練習に入ってくれ、オフザボールやパスワークを徹底して教えてくれている。その結果、試合での保有率やパスワークに変化が見られた。パスもつながり、試合展開としては面白いし勝っていてもおかしくないが、勝てない。完全な決定力不足というやつです。最後のDFを交わす力がないのか、ダイレクトで合わせる能力がないのか、ポストの役目を果たすフィジカルがないのか。いずれにせよ、基礎を教えられないコーチ [続きを読む]
  • 大人都合の境界線
  • 中学や高校では当たり前の、いわゆる飛び級という制度。飛び級というよりはチームで上手い選手が出場するので、そこに学年の概念がないのは当たり前だと思う。(ピッチや練習の中での話)ジュニアに関しては、体格差や成長過程を考慮して、クラブチームではいくつかのランクに分けているのが普通であり、上手ければ上のランクに上がれるのが普通である。こと、ダメ少年団に関して言えば頑なにこの学年の壁をこえることを否定する。 [続きを読む]
  • でかいツラする元野球部員
  • 前回勝手に登場してしまったYコーチ。これがSコーチ以上にしょうもない指導者でして。例えば・・・・点を取られたキーパーを責める。・自陣にいるのにしきりに『オフサイドだからさがれ』と叫ぶ。・ポジショニングがバラバラな指示を出す。・でたらめなボールコントロールを教える。などなど・・・詳しくは、おいおい書いていこうと思うんですが。。。。この方、もはや存在自体が不要なんですけどーと思ってしまいます。もちろん [続きを読む]
  • ドリブラーの憂鬱
  • ある選手が、ハーフウェーライン自陣側、タッチライン際でボールを持ちました。ドリブルで1人交わし2人交わしスピードに乗り中に切れ込みます。そのまま対角線に相手陣ゴールラインのコーナーエリア手前まで1人で持ち込みセンターリング。最後相手DFに当りコーナーキックとなりました。フェイントで抜いた数、スピードでぶっちぎった数合わせて6人。ドリブルという観点で言えば合格点でしょう。ところがコーチのかけた言葉は [続きを読む]
  • 未経験者の関わり方
  • サッカーの経験がないのにサッカーのコーチと呼ばれるのはどうなんだろうと言うご意見がある一方、経験がなくても一生懸命であれば、コーチと呼ばれてもいいんじゃないかと言うご意見も。子供たちにとってはどちらがいいのか。難し問題ではありますが、そんな難しい問題に上手く向き合っている、尊敬すべきコーチがいます。下手な技術指導は行わず、叱咤激励のみで選手を鼓舞する。少年団のサッカー以外の活動目的に目を向け指導す [続きを読む]
  • あなたのコーチングは不要です
  • うちの団ではジュニアも4年生になると主任コーチが選ばれるのですが、うちの世代ではサッカー経験のないコーチと呼べるのかもわからないお父さんコーチが選ばれたんです。ただ運営側と仲がいい(もしくは参加率が高いから?)というだけで、立候補して。だいたい基礎も習得してない人間が何を子供たちに教えるのでしょうか。ピアノの弾けない先生にピアノを習うのでしょうか?デブなトレーナ―がいるスポーツジムに通うでしょうか [続きを読む]
  • サッカーボールの選び方2
  • さて前回は、検定球まで絞れたのであとは好きなボールを選んで頂いて構わないのですが、もう少し絞りたいという方に向けての記事です。次の選び方としてはメーカーです。モルテン、ミカサ、ミズノ、アンブロ、プーマ、ナイキ、アディダス。他にもありますが、店頭で見かけるのはこのくらいではないでしょうか。中でも評価が高いのはモルテン&アディダス。この2社はライセンス契約しているようで、アディダスのボールの中身はモル [続きを読む]
  • サッカーボールの選び方
  • なぜ、ボールの選び方を取り上げるかと申しますと、うちのSND(少年団)は入団者に対してそういった説明が一切ないからです。シューズにしかりそうです。トレシュ―ではなく、スパイクを買ってしまってから『スパイク禁止だよ!』言われます。ボールもそうです。低学年では検定球じゃないボールを使っている子が2割ほどいます。そんな子はもれなく1年以内にボールを買い替えています。耐久性が悪いのでしょうか?途中で検定球 [続きを読む]
  • オワコンなのはうちだけ?
  • 少年団といえば、多くのスタッフがボランティアで賄われているのが現状だと思います。とはいえ、少年団の仕組みって日本がW杯に1度も出たことがない時代。Jリーグが出来る前の時代の産物。そんな時代に全盛だった少年団ですから、かつては少年団で全国を目指すとか当たり前だった時代。ですが、今はどうでしょう?Jリーグが出来、W杯にも出場出来るレベルまでサッカーは技術革新し、海外で活躍する選手や海外から招へいされる [続きを読む]
  • 手遅れなゴールデンエイジ
  • 少年団の活動ってだいたい土日だと思うんです。低学年のうちは土日のみの活動で、高学年になると平日練習が追加されていきます。老舗少年団ともなるとまわりのチームとの付き合いも多くなり、土日の度に試合のお誘いを頂きます。なんともありがたいことです。でも受ける側はもう少し頭使って予定を組まないと毎週土日が試合ってことになります。活動は土日だけなので、まったく練習することなく試合ばかりを行うことになる低学年。 [続きを読む]
  • 少年団はオワコン?
  • 入団している少年団に不満があって、ご父兄やコーチたちのブログを見るようになると不満でいっぱいや批判に共感ってブログが多数あるのに驚きと納得(笑)やっぱりみなさん、吐き出す場所を求めているんですね。そして全国には共感してくれる人が山ほど(笑 心強いですね。そんなみなさまと共感、共有したいのと、吐き出す場所を求めてブログ始めました。同士の皆様是非、コメント下さい。そして皆様のサイトに誘って下さい。私も [続きを読む]
  • 過去の記事 …