らいすばーど さん プロフィール

  •  
らいすばーどさん: 北京見聞録
ハンドル名らいすばーど さん
ブログタイトル北京見聞録
ブログURLhttps://ricebird2626.muragon.com/
サイト紹介文北京で生活したアレコレ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 62日(平均4.1回/週) - 参加 2018/03/06 21:54

らいすばーど さんのブログ記事

  • 北京に行ってきましたー(^o^)ノ
  • 5/14〜16にかけて行ってきましたよ。 色々詰め込んだ二泊三日の弾丸ツアーでしたが、 今回はまるで北京の神がほほ笑んだかのような楽しい旅になりました。 (前は一体何だったの?) 3月の時の印象は、アレ?北京の人冷たくなってる?  とか思ったけど撤回します!   やっぱり北京人(ペイチンレン)は優しい ( ´∀`) 初日は現地の暑さに驚きながら(29度!)ホテルに行く前に古い知り合いを 訪ね、お会 [続きを読む]
  • 大阪弁を自覚 する
  • 駐在員さんたちは、関東出身の人が多く皆スマートな標準語で話す。 その時まで自分の関西訛りを気にすることなどなかったが、 駐在員を統括する所長さんに自己紹介すると、 開口一番     「大阪弁だね!」 と言われてしまった。 東京支店からよく電話をかけてくる人が出張で北京に来たことがあり、 「ああ、あなたがいつも電話に出てくれる・・。    北京に電話をかけているのに、   大阪弁で返事が来るのでいつ [続きを読む]
  • オフィスは国貿
  • アルバイトが決まったことで日本の母親はたいへん心配していた。 「そんな学校との両立なんてできるの?」と。 (ごめん、実はもう授業に出てませんお母さん・・)と言えないので 「うん、大丈夫、大丈夫(;^ω^)」とごまかす。 (留学費用は全部自分で稼いだお金だしそんな悪いことはしてないハズ) 一方、北京の古い知り合いの王さんは「良かったじゃない!」と とても喜んでくれた。 彼女とは90年代に私の勤めてい [続きを読む]
  • 北京でアルバイト? 
  • 3月に入り後期授業が始まった。 後期のクラスメイトは引き続き5班から上がって来た少数メンバーに、 新たに加わった日本人も数人。以前にも留学に来たことのある子が多く、 中国に慣れていてリラックスした雰囲気。今度のクラスは楽しい感じ。 そしてまた半年勉強がんばるゾ♪ とやる気満々だったのに、なぜだか授業の質がガクーンと落ちる。 今度の先生たちはあまりやる気がない感じ・・ そんな時、一緒に南方旅行したA [続きを読む]
  • 後期のルームメイトはベトナム人
  • 旅行から戻るとアニエスは置手紙を残し、イタリアへと戻っていた。 暫くして私も7号楼へと移り後期授業に向けて備える。 そして間もなくやってきたのは*越南(ユエナン)人の女の子。  *越南=ベトナム アニエスに比べると超あっさりした性格で私にも興味がなく、名前も 覚えてくれず、私を呼ぶ時も「同屋!(トンウー)」(ルームメイト) って・・そのままやん(TдT) 平日の夜は同じベトナム仲間とお米やお魚、ビ [続きを読む]
  • 最近の劉錚(リウ・ジョン)さん
  • いつもネットで百度(バイドゥー)から入って彼の情報がないか見てます( ̄▽ ̄) 今年の4月24日に歌番組に出てますね〜。 一緒に写ってるのは彼のお母様。 お母様も京劇の歌手でよく二人でテレビの歌番や舞台に出てるみたいです。 この後、退場する時、ニコっと笑顔でお母様の手を取るんですよ。 きゃ〜、なんか焼きもちやいてしまうわ( ´゚д゚`) 私がyoutubeで見つけたのは7年前の映像なので、それと比べ [続きを読む]
  • 北京護国寺賓館
  • 旅行会社から連絡が来て、5月の北京行、やっとホテルが決まりましたぁ(´▽`) 北京護国寺賓館です!    この辺、雰囲気よくてめっちゃ好きなんです(・∀・) 梅蘭芳記念館にも近いし、劇場もあるし京劇俳優さんに会えるかも・・ なんて妄想がっ(゚∀゚) ハァハァ ちょっと歩けば后海の方だし、初日考えてたプランにピッタリの立地! あ〜、そろそろ準備しなきゃ☆彡 [続きを読む]
  • 春休みの南方旅行 4 〜海南島〜
  • そうこうするうちに今度は、チャンスが 「せっかくここまで来たんだから海南島へ行きたい」と言い出し、 私は「もう一人でもいいから飛行機に乗って北京に帰りたい」と 訴えたのものの、なぜかまた流され結局つきあうことになりましたヽ( ´ー`)ノ この海南島の旅はシューリンは参加せず南寧に留まりました。 そこで3人で海口(ハイコウ)という海南島へのフェリー乗り場のある所まで行き、 そこから海南島行きのフェリ [続きを読む]
  • 春休みの南方旅行 3 〜南寧
  • 日本人にとってはなじみの薄い南寧(ナンニン)だが、印象は良かった。 あまり、中国らしくないというか、すがすがしく開かれた感じがする。 柳州もそうだったけど、夜遅くまでお店が開いていて、大通りでは パレードなんかもやっていた。 さらに下町に行くと、夜市があり、海に隣接してる土地柄、海産物が豊富。 地理的に台湾に近いので建築様式も台湾のそれと似ている。 シューリンの職場の人の空きマンションに4人で数 [続きを読む]
  • 春休みの南方旅行 2 〜柳州〜
  • 桂林の後で北京に戻るはずだったのに、 シューリンの実家で春節を過ごすことになり、柳州へと向かいました。           実家へ行く途中、シューリンは爆竹を買ってました。 北京ではすでに禁止になっているけど、まだ地方では春節に爆竹を鳴らす らしいんです。 小綺麗なマンションに彼女のお父さんやお兄さん家族が住んでいて、ご挨拶 をしました。 私たちは何のお土産も持っていってないのに、たらふく ご馳走 [続きを読む]
  • 春休みの南方旅行 1 〜桂林
  • 3月からの後期授業が始まるまでの2月は丸々お休み。 その間を利用してAさんがお友達と旅行するのに便乗させてもらうことに なりました。 その友人というのが、中国人女性(シューリン)と 韓国人の男子学生(チャンス)。 2人とも語言学院に在学中で、シューリンは南寧の公務員で、スペイン語の研修の 為に北京に来ているとのこと。 チャンスは語学留学だったかな? シューリンが春節に実家に帰省するのに合わせて、同 [続きを読む]
  • 北京でいちばん好きな場所
  • ブログの為にネットをいろいろ見ていると、 懐かしい地名がたくさん出てきて、嬉しさのあまりつい独り言が・・。 私は北京の北の方が好き。 それも語言学院とかまでの北に行くのではなく、 東四、美術館、隆福寺や、そこから西に折れて西単に行くまでの道など。 どっかからお借りした写真 友達で后海が大好きという子もいました。確かに后海も素敵。 今はバーが乱立してしまってるようで、残念な感じになってなければ いい [続きを読む]
  • その後・・
  • その後の約束は特になかったのすが、何日かしてまた何か持ってきてくれたん ですね。ロビーで待ち合わせしてたんですが、あ〜このまま二人で出かけたい って思ってたら、ちょうど共通の知り合いの日本人の男子学生(J君)が通りがかり、「あれ、二人友達やったん?」となり、そのまま三人でフラリと出かける 流れになりました。 ありがとうJ君(*ノ∀ノ) 朝陽北路からバスに乗り、私の向かいに二人が並んで座って、 ちょ [続きを読む]
  • はかない恋 (*´Д`*)
  • はかないを恋したんですよ〜、この時期に・・ お相手は10歳下(!)の経貿の学生の張くん(いちおう仮名) 例の部屋に遊びに来てくれた子で、その前に日本人と中国人学生で行った カラオケで知り合い、仲良くなって連絡先の交換したんですよね。 日本や日本の漫画に興味のある子で、日本語の勉強も独学でしてはりました。 部屋に来た時は女子学生を2人連れてきて向こうは3人、こっちはA子さんと 2人の3:2だったけど [続きを読む]
  • 友人関係
  • 前にアパートより寮がいいと確かに書きはしましたが 寮の欠点は人間関係が狭く、特定の人といったん気まずくなると後がツラいと いうことですね。 実を言うと前期の半年はクラスメイトとトラブルがあり、あまり楽しい とは言えなかったのです。 留学に来ていても、中には真面目に勉強しない人もいる。 「ピンイン(中国語のローマ字)がわからない、ピンインを覚えずに中国語を 勉強したいのだけど」と泣きついてきた彼女が [続きを読む]
  • そしてお正月
  • 年が明け、アニエスも休みを利用してどこかに行ってるのか部屋にいない。 お正月は一人で梨園劇場へ京劇を見に行ったり、互相学習の周さんのお宅に お邪魔したりして過ごした。 周さんの家は北京の東、物質学院のすぐそばにあった。 71年生まれの彼女は私と同い年、三人兄弟の末っ子というのも共通してか 意気投合した。日系企業に勤めるエリートで、24歳で結婚して子供さんも1人いる という順風満帆な人生・・。 周さ [続きを読む]
  • 大晦日の夜
  • 経貿の授業は1月で終了ですが、大学生の中にはそれを待たずに年末で帰国する 子もちらほらいました。早めに帰る子は皆に見送ってもらえて羨ましい。 年末年始の2~3日は大学もお休みで、大晦日はちょっと贅沢してJAZZ屋で 日本食でも食べようかと同世代のAさんと三里屯のJAZZ屋に行く。 JAZZ屋はテレビ中国語会話にも出演されていたファンキー末吉さん (爆風スランプのドラマー)が経営されてるお店です。 [続きを読む]
  • 互相学習(フーシャンシュエシー)
  • 「相互」(そうご)ではなく「互相」(ごそう)と書いて互相学習「huxiangxuexi」 と発音します。 (*この場合の意味は中国語を勉強したい日本人と、日本語を勉強したい中国人   がペアになりお互いの言語を教えあうことです) 私が留学前に中国語を勉強した期間は約10ヶ月。 週に1度、梅田の中国語教室の 入門クラスで発音と簡単な会話を学び、あとはテレビ中国語会話の視聴。 とりあえず、現地で迷子に [続きを読む]
  • 雀のいる部屋
  • 京劇ブログになってしまう前にひとまず留学ブログを書いて おかないと・・( ゚ω^ )ゝ さて、1週間のアパート生活から逃げ出し、大学内の12楼号に舞い戻った。 しばらくすると、ガサガサと壁から音がするのに気づく。 一体なに? ネズミ? それとも虫かなにか?(;゚д゚)… そういえば窓側の壁の高い所ににガムテープが貼り付けてあり、どうやら そこから音がする・・。 ある日の夕方部屋に戻り外を見ると、雀 [続きを読む]
  • 5月の北京行き
  • もうすぐ今年2度目の北京行き、1か月を切りました。 なぜ3月も行ったのに5月にもまた行くのかって・・? 話すと長〜くなるのですが、それは職場の同僚からの    「北京行く行く詐欺」 に遭ったからです! (ー∀ー;)ズガーン (その同僚、旅のメンバーは勝手に増やすわ、しかもその本人は3回も   キャンセルした挙句結局行けないんですって・・)    まあ、その詳細はいずれまた。。。 とりあえず責任 [続きを読む]
  • 京劇LOVE 3
  • 京劇では女形(おんながた)のことを旦(タン)と呼ぶのですが、 歌舞伎と違い女性の役者も舞台に出れるので、同じ旦でも、 男性の役者が演じる女形を「男旦」(ナンタン)、 女性が演じる女形のことを「女旦」(ニュイタン)と呼び区別しています。 男性の旦は妖しく美しく、惹き込まれるような魅力を放ちます。 華奢な体形の方が選ばれるのですが、やはり男性なので身体のラインが少し 角ばった印象があります。 一方、女 [続きを読む]
  • 華流スターへの手紙 例文
  • せっかく台湾の友人に直してもらった文章、お蔵入りさせるのは 勿体ないので、もし中華系の芸能人にお手紙を書きたい方は参考に なさって下さい(*^▽^*)ゞ ================================================= はじめまして 初次見面  大阪に住む〇山〇子と申します 我住在大阪 我叫〇山〇子 ユーチューブであなたの演技を見てファンになりました。 我在you [続きを読む]
  • 劉錚(リウ・ジョン)様からの・・
  • ・・お返事がない・・   からもう転載しちゃえ( ̄∀ ̄;)ニヤリ 2008年3月25日  (演出終了!) 少しも行き過ぎた所はなく、舞台は成功でした。今日が最終日なので日本の習慣により「千秋楽!」と叫ばれ、観客はことのほか情熱的でした。幕が下りても皆立ち去ろうとしません。 夜は松竹によるパーティーがあり出演者で祝いました。北京での [続きを読む]
  • つのる想い
  • 留学ブログからまた脱線。 あ〜、もう毎日想ってます。彼のこと。。 その彼とは・・そう、劉錚「LIU ZHENG」(リウ・ジョン)様(。・ω・。)ノ? 韓流スターにはまるおばさまのことフーンって見てたけど 自分も同じ・・(´∀`)ゞ おそらく同世代・・独身なの!? どうなの!?・ってすごく気になって (だからってなんの発展性もないけど・・笑) ある中国の方のブログを見たらリウ・ジョンのことが載ってい [続きを読む]
  • 寮よりアパートがいい?②
  • 以下は私を含むアパート暮らしがいまいちだった人たちの事例です (M美/東直門) 経貿で知り合った大学3年生のM美が留学後期にさしかかり、 寮暮らしに飽きてきて(ルームメイトとも合わなかった様子) しきりに寮から出たがっていた。 それでしばらくしたら東直門にある3DKのアパートを日本人同士でシェア すると言って本当に出て行った。 でも最上階で水の出が悪く、そのうち、通学自体が面倒になったようで学校に [続きを読む]