らいすばーど さん プロフィール

  •  
らいすばーどさん: 北京見聞録
ハンドル名らいすばーど さん
ブログタイトル北京見聞録
ブログURLhttps://ricebird2626.muragon.com/
サイト紹介文北京で生活したアレコレ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 213日(平均2.7回/週) - 参加 2018/03/06 21:54

らいすばーど さんのブログ記事

  • 京劇の若手俳優さん 
  • 京劇の10月レッスンはお休みさせてもらって、東京へは又11月に行くつもりです。でも、カラオケでの発声レッスンは欠かさず頑張ってます。( ̄▽ ̄)ノ 時々youtube見ては京劇俳優さんのチェックしたり。ちょっと目についたこの(男の)子も凄いなあと思いました。 役どころは花旦(ホワタン)かな?お転婆な娘役。ここでは茶店?の店番をしている時に、お店に現れた兵士の男性にときめくというくだりを演じてます。。 [続きを読む]
  • ミッフィーの着物
  • 最近、ぬいぐるみのミッフィーちゃんを買いまして・・             前からミッフィーを買ったら着物を作って着せてあげたいと思っておりました。。(その為にわざわざ着せ替えタイプを購入) そしてずっと貯めておいたお気に入りの端切れで今、ちくちく適当に縫ってます。 超簡単な無料型紙のサイトがあり、しかもその通りにさえやっていない・・ でもなんとかそれっぽくなってきたような?       会社の子 [続きを読む]
  • 藤田ミラノさんの少女画
  • 最近、本は図書館で借りてばかりなのですが、久しぶりにこんな本買いました。           藤田ミラノさんという方の画集です。 昭和40年代に少女雑誌で活躍された方で、のちにフランスに移住されました。 最初は書店で手にしただけで、いったん書棚に戻して歩き出したんですが、 イラストの女の子の表情があとからよみがえってきて・・ 引き返して買ってしまいました(*^.^*)    似たような系列で中原純 [続きを読む]
  • ★11月の崑曲公演★
  • 11月は西宮で崑曲の公演があります。 「崑曲」もしくは「崑劇」と呼ばれたりします。京劇と似ているのですが、中国の伝統地方劇の一種で、その歴史は京劇よりも古いものです。江蘇省を中心に発展し、現在はユネスコの無形文化遺産に登録されました。京劇に大きい影響を与えて、京劇の役者さんも崑曲を学んだりするそうです。そしてこの公演は日本の俳優さんが演じられるとのことで楽しみにしております。       [続きを読む]
  • ★10月の京劇公演★
  • 10/30に京都は立命館大学内で上海戯劇学院による京劇公演があります! 10/26は東京 10/29は大阪 11/2は大分と、四都市を巡るとのこと。 たまたま10/30はお休みなのでラッキー!行ってきますO(≧▽≦)O ♪  申し込みはこちら★ http://www.ritsumei.ac.jp/confucius/event/article.html/?id=124       [続きを読む]
  • オーガスタキャンプ 感想
  • ライブは良かったです。 秦クンも2曲(ひまわりの約束 / 鱗〜うろこ)歌ってくれて。 まさよしもデビュー当時からずっと好きだったので初めてナマ歌を聴け感動。 そして元バービーボーイズの杏子さんもノリノリでバービーの歌を歌ってくれました。 秦くんのMCはボソボソと、時々クスってなる程度なんですが、まさよしと竹原ピストルは本当に司会も面白くて感心しました。 お笑い芸人になれそうなレベル・・! 新人のH [続きを読む]
  • オーガスタキャンプ
  • 話は秦基博君に戻って、彼を大好きになって直ぐファンクラブに入ったんです。 で、その年の秋に大阪城ホールのワンマンライブに行きました。 そしたらライブ中、秦クンがファンの為に会場内を移動してくれてちょうど私の目の前を通過!その時に彼の二の腕タッチできましたあ ! ぷにぷにしてましたよ。 まさか初ライブでご本人におさわり出来るなんて超ラッキー☆彡 そして今週末、山梨で彼の同じ音楽事務所に所属するアーテ [続きを読む]
  • しかし東京は遠い・・
  • でも東京はやっぱり遠くて・・(´;ω;`) 夜行バスはかなり疲れます。。 今回は 難波発→秋葉原着のバスに乗りました。 (夜の難波) 出発は難波が便利。 東京に着いてから公衆浴場で一風呂浴びて周辺を散策。いつもレッスンまで東京名所をブラブラします。本当は出歩きたくないくらいだるいのですが、あまりにも時間があるので仕方なく。。 (ニコライ大聖堂)             (湯島聖堂)  この二つはJ [続きを読む]
  • ボイトレの為?
  • そういう訳で京劇はあくまでボイトレの為・・と思ってたので、 京劇の先生(北京ご出身)には歌だけ習えれば良いですと言ったんですね。 でも先生が言うには 「京劇というものはやはり唱「チャン」(=歌)以外にも、做「ツオ」(=踊りやしぐさ等)ができてこそ。あなたが見てる歌番組も人気の京劇俳優さんが芝居のハイライトシーンで挿入される歌をスーツやチャイナドレスを着た簡易なスタイルで披露してるけど、皆ちゃんとあ [続きを読む]
  • ついに京劇を習う
  •  京劇を習い始めました!      写真は国家京劇院の刘?(リウ・ジョン)? といっても大阪にはまだ無いので月に一度、夜行バスに乗り東京まで通ってます。教室自体は月に4回なんですが、シフトと費用等の問題で月に一回のみ。レッスンの見学にも一度行ったので今回で四度目の東京行きでした。  なぜ、京劇を習うのかというと・・、実は二年前にギターを始めて来月で三年目に突入。そのギターを習うキッカケになったの [続きを読む]
  • ウチの文鳥ズ2 
  • 北京と関係ない内容ですが、「北京情報」バーの外し方の設定がわからない・・ この記事だけ外そうとすると全部の記事のバーが外れてしまうのです>< さて、携帯を変えるたびについつい写真や動画を失ってしまうのですが・・これからはちゃんとblogに残します ●本当に可愛いモモちゃん (あまり動じずおっとり)      ●美しきチロ (性格はビビり)      [続きを読む]
  • 劉錚 (リウ・ジョン)NYへ
  • 前に見つけたリウ・ジョンの旧ブログ、2012年で止まってる〜><と思ってたら その続編を見つけました! リアルタイムで更新中。  https://www.weibo.com/u/1221806091?is_all=1  30代の時は可愛かったけど、いい感じで落ち着いた雰囲気が出てきてる。。 以前は細いイメージだったのに肉体改造されたのかマッチョになられて、 雰囲気だいぶ変わってまるで別人たけどやっ [続きを読む]
  • ウチの文鳥ズ
  • さて、ようやく留学blog書き終えました。 今度は京劇をテーマに書いていきたいんですがその前にほっこり・・      白いのがチロくん(♂)、桜がモモちゃん(♀) チロはウチに来て2年、モモちゃんは6年。モモちゃんの年齢は不詳。 買った時にすでに成鳥の羽色だったので。 たぶん7歳くらいじゃないかな・・ 二匹の匂い、羽ざわりはそれぞれ違い、毎日くんくんするのが日課です( ̄▽ ̄)   [続きを読む]
  • 帰国の途へ・・
  • 日本に帰国したのは、サース騒ぎのあった2003年の暮れ。 プライベートもうまくいかなくて、同時にアルバイト先も受付は正規職員を 雇いたいとクビをチラつかされました。 駐在員さんたちも、バイトに対してのお考えや態度なんかも人によってやっぱりいろいろ違います。 最初は愛想悪いな〜と思ってた人が意外に優しかったり、調子いい感じの人が上司の意向に沿って私への態度を変えたり・・ (まあそんな事される自分も浅 [続きを読む]
  • 京劇天国
  • 前にも書いたけど、初めて京劇というものを知ったのは18歳(?) の時でした。 実際北京に見に行ったのではなく、テレビで見たのですが。 おそらく国交回復ナントカ等で特別放映されていたのだと思います。 演目は玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋を描いた「長生殿」。 もちろん日本語字幕付ですが、一緒に見ていた父と共にテレビに 釘付け。 父曰く「こんなん初めて見たわ〜」と。 初めて京劇を見る外国人をちっとも飽きさせず [続きを読む]
  • サース顛末記 
  • ちょうどSARSで騒がしかったあの頃、2003年の5月。 まさに渦中の北京にいたのです。 政府も隠していたので、最初は香港の方だから問題ないと周囲も楽観視していた けれど、その後はご存知の通り・・。 しかし、北京にも感染者がたくさんいる!と認知されてから、迂闊にも 誘われるまま人ごみの多いクラブなんかに行ってしまいました。 周りがうるさいので、友達としゃべるのに声を枯らしてしまい、翌朝は喉が痛く [続きを読む]
  • 持ち歌をぜひ一つ♪
  • 留学や駐在に行けば、中国人とカラオケに行く機会もあるでしょう。 何か一曲は北京語で歌える持ち歌があると助かりますよ。 おすすめは、テレサ・テンの「我只呼你(ウォジーザイフーニー)」 (時の流れに身を任せ) です。          音痴の私でも歌いやすい。 中国人は喜ぶし、日本人仲間からは「凄い!」と思われること請合いです。 日本にいる間に一番の歌詞のみ北京語バージョンで覚えておいたけども、 [続きを読む]
  • 乗馬にハマる
  • この2002年の後半から半年くらいの間に乗馬レッスンにも通ったりしてました。 日本人の社会人同士のつながりで乗馬クラブに行ってみようというノリになり、 安かったので月1〜2回くらいは通ってたと思う。 お馬さんたちも次第に顔を覚えてくれるようになり、厩舎に行くと 「ブヒヒ!(また来たの?)」とコミュニュケーションしてくれ超可愛かった です♪ 馬ってこんなに人懐こい生き物なんて知らなかった。 インスト [続きを読む]
  • 画家のモデル
  • ある日、その江蘇省の先生のお友達である、とある画家さんのアトリエに連れ 行ってもらいました。 この画家先生(王可偉/ワン・クーウェイ)はなんと阿南(アナミ)駐日大使の肖像画を 手がけたことのあるスゴイ方でした。 そして話の流れから「よし、ちょっとモデルになってごらん!」と言われ、 なんと私も描いて頂けることに・・! その時の絵が下。           左は先生の画集です(プレゼントしていただきま [続きを読む]
  • 新しい教室へ
  • 11月の半ばに何くれと世話してくれた何氷が故郷に帰ることになり、 今日で教室最後という日にマックでお茶した後、 「がんばるのよ〜」って抱きしめてくれました。13歳も年下なのに しっかりしてたわ。(´;ω;`)ウッ…。 私たちが仲良くなったのも、お互い北京ではよそ者という事もあり どこか寂しかったからだと思います。 その後も何氷は手紙をよこしてくれ、私が日本に帰ってからも何年かは 文通が続いたのでし [続きを読む]
  • 王府井の美術培訓(2)
  • 私は石膏デッサンから始め、その後は皆より少し遅れて静物コースへ。 不透明水彩(ガッシュ)で描くのだが、絵の具は先生が私の為にわざわざ 先に用意して下さっていた(こっちの人ほんと優しい)! 今度は高校生たちが私の為に不透明水彩の使い方をレクチャーしてくれました。 こちらのパレットは日本のと少し形状が違って、深めの格子状になっている。 そのマスの [続きを読む]
  • 王府井の美術培訓(1)
  • さて、家も見つかり、仕事には行ってるものの、午後からは完全にフリー である。かといってまた語学スクールに通う気も起こらないし・・、 少なくともあと1年は北京にいるつもりなので何か学びたい。 そんな時ふと目にした絵画教室のチラシが目に入り、 「そうだ、絵をやろう!」と思い立ち、さっそく王府井にある教室へ 見学に行ったのでした。(日本にいる時から絵を描くのが好きで カルチャーセンターに習いに行ったりし [続きを読む]
  • 北京で物件さがし
  •  仕事も決まったので、大学が終わるまで(=寮を出るまでに)アパートを探さ なければ・・と思って不動産会社をめぐることになりました。 これが予想以上に苦労して、内覧に行った物件は全部で10件以上。 実際は肝心の物件よりも不動産会社にてこずった。 「外国人は紹介できない!」と門前払いされたり、 「日本の桜は綺麗?」と小馬鹿にした態度で接客された挙句、紹介して くれなかったり。 そして日本人が営業マンを [続きを読む]
  • 後期はエンジョイ
  • 授業にはすっかり出なくなったけど、何も勉強しなくなったわけではなく、 HSKの問題集もしていたし、英語も必要性を感じたことから英会話教室 のレッスンに五道口(ウーダオコウ)まで通ったりもしました。 ほかにも、大学近くの建国門にバーがあり、ラテンダンスの教室を開催していた のでクラスメイトと一緒に習ったり。そこは生徒は20人くらいで、私たち以外 は全員中国人でした。 そこで同世代の中国人のお友達も出 [続きを読む]
  • 距離感
  • 駐在員さんたちは確か7人くらいで、 英語はペラペラだが中国語が話せない人が多く、したがって公共機関の 乗り物にも普段あまり乗らないという。 私が「バスにも乗りますよ」 と言うと「え〜、アレに乗ってるんですか!? (ようやるわ)」的な感じで言われました。(・ε・)ムー 運転手さんの送迎つき出勤、高級マンションの生活。。 それも悪くないけど、せっかく北京に住んでるのに、安心・安全ばっかり じゃなく、も [続きを読む]