新ちゃん さん プロフィール

  •  
新ちゃんさん: 新ちゃん沖縄拝み・気づきへの歩み
ハンドル名新ちゃん さん
ブログタイトル新ちゃん沖縄拝み・気づきへの歩み
ブログURLhttp://shin-chanblog.seesaa.net/
サイト紹介文新ちゃんです!純粋なウチナーンチュ!沖縄の拝みの?や自分の今まで経験してきたことを書いて行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 320日(平均0.8回/週) - 参加 2018/03/06 22:27

新ちゃん さんのブログ記事

  • ご質問等の受付Twitterアカウントを作りました!
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!!新ちゃんです!最近プライベート(特に仕事)が、忙しくブログの更新が出来ておりません。ですが、前々から作ろうと思っていましたブログのTwitterアカウントを作成致しました!!ブログの記事などについてのご質問。その他のご質問私がお答えできる範囲であれば、お応えさせて頂きますので宜しくお願いいたします!!!ブログ専用Twitterアカウントはこちら@kkH8a274DRYy6zeお気軽にどう [続きを読む]
  • 修行仲間の姉弟子を琉球の王様と神々にご挨拶。5
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!姉弟子を連れてご挨拶をする為に首里城。今回は、遂に首里城正殿へとご挨拶です!正直ここまで行けるか不安が、最初はありましたが「首里森御嶽」で許可を頂けたことで少し肩の荷が下りました。自分が、この様に人を案内してお咎めを外したり、ご紹介することが出来るとは思ってもみませんでしたので。実は、一度以前の職場の同僚をある海にご挨拶とご紹介するために行ったこ [続きを読む]
  • 世界の根源は、「感謝」の心である。
  • ハイサイ!ぐすぅよぉちゅううがなびら!!どうも新ちゃんです!皆さんいきなりですが、人生において、神事、仏事、拝みに一番大切な事って何だと思いますか?よくキリスト教(よくある例として)や数多くのスピリチュアル関係の人から、「何よりも’’愛’’が大切なんです。愛を持って沢山の人に神様に向き合っていきましょう。何より神様はあなたを愛しています。」などといった言葉を聞いた事があるんじゃないでしょうか?私も [続きを読む]
  • 修行仲間の姉弟子を琉球の王様と神々にご挨拶。4
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!弁天堂へのご挨拶も可愛い観音あひるに歓迎され嬉しい限りでした!次に向かったのは、首里城最強の門番である「首里森御嶽」へと向かいました。その前に龍樋へお清めに向かいました。この湧き水は、首里城に初めて伺った方は意外と見逃しがちな場所となっています。とても水が清らかで見ているだけで心が洗われるようです。ここは、沖縄の歴史から見てもすごく大切な場所とな [続きを読む]
  • 修行仲間の姉弟子を琉球の王様と神々にご挨拶。3
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!円覚寺へご挨拶を終えて次に向かったのは、「弁財天堂」!首里城に行った方ならご存知の方も多いかと思います。この弁財天堂は「円鑑池」と呼ばれる人工池の中に在ります。この池から溢れた水が龍潭池に流れています。水深は、三メートルもあるのだとか!?ここは、航海安全として水を司ります弁財天をお祀り致しておりました。そして、方冊蔵経(ほうさつぞうきょう)という [続きを読む]
  • 沖縄の盆踊りエイサー!その2
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!さて!前回に引き続きエイサーについて!今回は、役割についてお話し。まずは、エイサーの主役!太鼓の鳴らし手!昔は、ぱーらんくーしかなくて今の様な締め太鼓や大太鼓などは、使われておりませんでした。見ていてカッコいいですよね!太鼓がないと始まらない!また、真の役割といたしましては、ご先祖様をお持て成しやお見送りの波動を太鼓を持って響き渡らせます。また、 [続きを読む]
  • 沖縄の盆踊りエイサー! その1
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、沖縄の盆踊りのエイサーについて!旧盆の1ヶ月前になると各部落から「スリサーサー!ハーサッ!ハーイーヤッ!」と掛け声が太鼓の音と三線の音色とともに聞こえてくる夜が増えてきます。各部落の青年会の旧盆に向けてのエイサーの練習。沖縄の風物詩と言っても過言では、ないでしょう。沖縄で、エイサーが嫌いな人は居ないんじゃないでしょうか。笑私もエイサーが大 [続きを読む]
  • 旧盆とは?
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、沖縄のお盆!そう!旧盆について!!沢山のうやふぁーふじ(ご先祖様)を迎え入れ親族総出で執り行う行事です。旧盆は、3日間あるんです。基本本土などでは、新暦の8月13日〜15日ですよね?沖縄では、旧暦の7月13日〜15日となっています。で、その日にち日にちでやる事は違います。1日目ウンケー(お迎えする日)ウンケーは、グソー(あの世)からうやふぁーふじ(ご [続きを読む]
  • 旧暦7月7日とは?
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、旧暦の7月7日は七夕についてお話をさせて頂きます!皆さんは、この旧暦の七夕は、どのような日だと思われていますでしょうか。ユタの方々によく判断を取ってもらってる人なら、「どんな拝み(お願い事)をしても良い日」とか聞いたことあるのではないでしょうか。また、「旧盆前のお墓掃除をする日」と認識してる方もいらっしゃるかと思います。はっきり言いますが、 [続きを読む]
  • 初めてカンジャヤーを拝み刀を鍛えて頂く。2
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、カンジャヤーの神様の続き!大きな金槌で鍛えて頂いた刀は、金と赤の装飾が施された鞘と柄に収められていたのですが、鍛えて頂いてからは、その鞘と柄に白色の模様が入りました。白とは、神の色とされるので刀の次元が上がったんだと思います。その事に深く深く感謝をしました。また、他の地のカンジャヤーの神様も探して拝み繋ぎをかけることをお約束いたしました。 [続きを読む]
  • 初めてカンジャヤーを拝み刀を鍛えて頂く。1
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、初めてカンジャヤー(鍛冶屋)の神様とのご縁をいただき拝まさせて頂いた際のお話を致しますね!以前アップした古宇利島の東の井戸の修繕作業の一週目の帰り道のこと。大将と道具を下ろすために金武まで行った帰りのこと。自分が、シーサーのやちむんなどをお話ししていたんです。すると大将が、「じゃ、シーサーの世界一の人の所に行ってみるか?」と聞いて来たので [続きを読む]
  • 修行仲間の姉弟子を琉球の王様と神々にご挨拶。2
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!姉弟子と昼食を済ませて首里城へ!ちなみに昼食は、真嘉比にある「ゆうなみ」さんです!自分は、もずくそばをチョイス!さて!ついに来ました!まずは、守礼の門!真ん中は、王族の方々の通り道なので一般の方々は、ご遠慮下さいね。一般の人の通り方は、左は、女。右は、男になります。また、守礼の門という意味なのですが。門には、「守禮之邦」と書かれております。これは [続きを読む]
  • 修行仲間の姉弟子を琉球の王様と神々にご挨拶。1
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、沖縄に何度も来ているけども一度も首里城などを廻った事がないとのことなので、観光も兼ねて琉球の王様と神々にご挨拶と沖縄で祈りをあげる事への御許可を頂くために首里城へ行ってきました!空港で、姉弟子と合流して直ぐに向かったのがこちら!「護國寺」まずは、沖縄の十二支のウチカミ(本尊)にご挨拶。ここに連れて来た理由は、沖縄の人の様々な拝みの仕方を見 [続きを読む]
  • 古宇利島にて東(あがり)ぬカーの修繕と掃除。2
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!前回の続きの古宇利島の井戸の修繕!今回は、2度目に行った際のこと。大将と朝6:30に待ち合わせして前日に大将が買ってきた資材や草刈機。そして、師からの黒龍様を奉る為のサンゴ岩を軽トラに乗せていざ出発!資材が重すぎたので、ゆっくり走って7:20ぐらいに井戸に到着して井戸の神様と白龍様、そして、前回の黒龍様に挨拶をして作業開始!この日は、常連のお客さんも来て [続きを読む]
  • 方言とは
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、方言についてです!方言というと皆さんどんなイメージがお有りでしょうか?関西弁は、漫才とかお笑いとかでよく聞くから面白い。博多弁は、すごく女性が使うと可愛らしく感じる言葉。沖縄弁や北海道のアイヌ語は、何言っているかわからない未知の言葉。とか人それぞれだと思います。また、方言は、各地域でなんらかの事情で分裂された際に生まれた言語の発達や文化の [続きを読む]
  • 古宇利島にて東(あがり)のカーの修繕と掃除。1
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、師の生まれ故郷の古宇利島にて井戸の修繕などをした記録です!師からいきなり「今度の休みに古宇利島行って井戸の掃除して来てくれないかね?」とお話が。職場の大将も一緒に行くとの事で、了承して行くことに!2週間に渡った行いまして。まだ、完成まで行ってないんですよね。早よ終わらせなきゃなぁ。1週目!朝7時半から集合して古宇利島へ!ここが、東の井戸井戸 [続きを読む]
  • 神と共に歩む道を心に決めた人達や今の道に迷ってる人達へ
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、神様からこの言葉を沢山の人に伝えなさいと言われたので、お伝えいたしますね!神言葉歩めよ〜歩め〜神の道〜お前が決めた〜この道は〜自ずと光と〜続く道〜恐るる恐るるその心〜誠の道を〜見失う〜一度決めたこの道に〜恐るるものは〜何一つ〜有りはしないと知りたまえ〜恐りて迷うその時は〜誠に無駄な〜ひと時と〜悟れよ悟れ〜人間よ〜お前の側で〜いつまでも〜示 [続きを読む]
  • 沖縄の御嶽や拝所を廻る際の注意点。
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、年中沢山の観光客の方々が沖縄に来て下る。ですが、その一方で守っていただきたい事をお書きいたします。もちろん。沖縄に住んでる外国の方や本土の方や沖縄の人も例外ではございません。特に観光協会、観光関連の方々。①綺麗にしてください。観光客の方々増える一方で、御嶽や拝所、歴史的建造物にゴミが物凄く増えています。お菓子などを食べるのは、別に何も言い [続きを読む]
  • 拝みへ進んだきっかけ。7
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回から国へのご報告を本格的にする為に動く事に。初めにしたのは、首里十二箇所まーいよく「てぃらまーい」と呼ばられている那覇にある十二支の守り本尊のお寺を廻る事です。特に順番としては、決まっておりません。この首里十二箇所まーいの事に関しましては、また、拝み関連言葉でご解説いたしますのでそちらをお読みになってくださいな。廻った順番首里観音堂安国寺達磨 [続きを読む]
  • 人生という道に迷い、それでも全てに感謝を込めて。
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!私に神々やウヤファーフジ(ご先祖様)からの降りてきた言葉をみんなに言えることを抜粋して紹介して行きますね!降り言葉「どぅぬ みちふどぅや うまり煩悩さだみと みぃあてぃてぃ からでぃ むちゃぎてぃ うがむ うんじゅぬ すがたや なんとちゅらさるくとぅよ。」標準語「自分の歩む道は、この世に産まれて様々な欲や迷いすらも歩む道のさだめと悟り。手を合わせ神仏にお [続きを読む]
  • 名護 轟の滝へ ご挨拶。
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、名護に移り住んでる事、名護で働かせて頂いてる事の報告と感謝をする為に名護の「轟の滝」へご挨拶に向かいました!いって、最初に思った事は、何とも綺麗になってる!林だったところが広場や駐車場に!駐車場広場川でも遊びやすくなっており地元の子達が、丁度遊んでいました!また、川の向こう側は、遊歩道に!これだと家族連れで遊びに来やすいですね!良いことし [続きを読む]
  • 師のお手伝いと古宇利島と伊江島結びの祈り。2
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!!新ちゃんです!今回は、結びの祈りを終えて師のお手伝いのお話から!海水に浸かりながら繋ぎの祈り終えゴミを拾いながら釣り道具もゲットしてウキウキの私。奥に戻ると師が、祈願の説明を行なっていました。あまりにも人がいっぱいだったのでしばらく様子見ていたんです。正直スタッフとしての参加初めてなので何をしていいか分からなかったんですよね。笑すると、師の娘さんから「新里さ [続きを読む]
  • 師のお手伝いと古宇利島と伊江島結びの祈り
  • はいさい!ぐすぅよぉちゅううがなびら!!新ちゃんです!今回は、師のお手伝いで、スルルガマツアーのスタッフとして古宇利島に行っていました!そして、古宇利島と伊江島を結ぶ祈りをする為に!!古宇利島に向かう前から龍神様の歓迎とサポートがありとても心地よかったです!さて、古宇利島に着いて今回のスルルガマツアーへ参加してくださった方々を案内サポートしながらスルルガマへ移動。スルルガマとは、師が奉っていらっし [続きを読む]
  • 清明祭(シーミー)とは?
  • 今回は、シーミーの時期ともあり。今月いっぱいは、シーミーで忙しい方々が多いのではないでしょうか?今回は、清明祭(しーみー)についてです。自分の過去のFacebookから引っ張ってきた内容ですが読まれて見てくださいな。沖縄は、シーミーの期間は、滅多に雨降らないんですよね。特にみんながお墓掃除に行くために動く日は、そうそう雨は降らない。天気のお気遣いに感謝感謝です!ここで、シーミーの小話をしようかな。シーミー [続きを読む]
  • 勾玉新調し、お世話になってる神々へのお披露目。その2
  • はいさい! ぐすぅよぉちゅううがなびら!新ちゃんです!今回は、勾玉新調して、3月15日のお披露目とお世話になっている神々へご報告です。3月1日で、勾玉を受け取り浜比嘉島のでのお披露目とご報告も済み15日は、那覇の「沖の宮」へとお披露目とご報告。沖の宮の神々には、物凄くお世話になっておりますので、ここを選びました。琉球八社の二社目として知っている方々もいらっしゃるはず。ここは、沢山の神様が座しておられ尚且つ [続きを読む]