高次のおっさん さん プロフィール

  •  
高次のおっさんさん: 高次のおっさんからのチャネリングおせっかい
ハンドル名高次のおっさん さん
ブログタイトル高次のおっさんからのチャネリングおせっかい
ブログURLhttps://ameblo.jp/saitamadaihyou/
サイト紹介文勝手にやってくる自称高次の存在からのメッセージを本人の希望により公開
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 197日(平均2.9回/週) - 参加 2018/03/07 17:50

高次のおっさん さんのブログ記事

  • その探求は決して無駄ではないんだよ
  • これまで 望む昇給があったこともある 希望の職を得たこともある 好きだった異性とお付き合いもしてきたし とある大会で優勝したこともある それなのに 今 満たされないと感じるのは なぜだろう。 満たされないまま 満たされようと 次の一手を考える。 そのうち、このままでは一生満たされない ということに気づく者が現れて そして 探求がはじまる。 しかし、その探求もまた 次の一手 そのものであ [続きを読む]
  • 神様への一番上手な祈り方が引き寄せるもの
  • 一般的に言われる神とは 人間が発明した概念であるのだが たいていの人は神の存在を確信していて それこそが まさに 神が存在する ということなのだ。 つまりは 神はお前の中にあり お前の一部とも そのものともいえる。 そして お前は神の力を偉大にもできるし また 無力にもできる。 神の力を一番大きくできて、恩寵を存分に受け取るのは  今ここにあることを 神に感謝している人だ。 感謝することによる見返 [続きを読む]
  • パラレルワールドと引き寄せについて
  • 引き寄せというのは 取り巻く世界を作り変えるのではない。 波動によって それにしっくり合う世界 別宇宙へ移動することだ。 パラレルワールド間の移動だ。 別の宇宙といっても はるか彼方にあるわけでもない。 物理的な距離としては観測できないところにあり すぐそことも言えるし まさに ここ とも言える。 無限にあるパラレルの中から 選んでそちらに行けることに気づいたのが 引き寄せを使いこなせている人なのだ [続きを読む]
  • パラレルワールドと引き寄せについて
  • 引き寄せというのは 取り巻く世界を作り変えるのではない。 波動によって それにしっくり合う世界 別宇宙へ移動することだ。 パラレルワールド間の移動だ。 別の宇宙といっても はるか彼方にあるわけでもない。 物理的な距離としては観測できないところにあり すぐそことも言えるし まさに ここ とも言える。 無限にあるパラレルの中から 選んでそちらに行けることに気づいたのが 引き寄せを使いこなせている人なのだ [続きを読む]
  • 自分以外誰もいないよ その理由とは
  • その宇宙に 世界に 自分しかいない と感じ取ってみるがいい。 理由とかごちゃごちゃしたものは この際どうでもいい。 その時の体感。 それが真実の答えだ。 真実は 感じれば判明するんだ。 自分すらいないのでは? それも感じ取ってみることができるよ。 能書きは いったんおいておこう。 もうすでに答えは知っているんだ。 それが体感として現れる  答えが イエス のとき 体は気持ち良さを感じ取る。 いつも本当 [続きを読む]
  • 安心してください その夢は間違ってません
  • お前が描いているその夢は お前だけのものだって 気づいているか? その夢は 選んだものだろうか? 誰かからもらったものだろうか? 間違いなくそうではない。 自然と いつの間にか そこに現れたものなのだ。 誰も それと同じ夢なんか抱いていない。 それが現れたのは それを目指すことになっているからだ。 だから 安心して それを目指せばいい。 安心して身を任せればいい。 あなたが安心できますように哲学 [続きを読む]
  • 自分を認められないときは
  • 自分を認めたいなら 人を認めてみるといい。 あの人も この人も 実はみんな一生懸命 自分ができることを最善をつくしてやっている。 金メダルをとったアスリートも 一歩を踏み出そうともがいている人も その時々 できることを やっていることに変わりはない。 それが派手に見えようが 地味に見えようが。 人と比べて いろいろできるように見える人も できないように見える人も   自分でそれを選んだわけではない [続きを読む]
  • 感謝できる人とそうでない人の明らかな違い
  • 感謝が染み付いている人と そうでない人の違いは何か? 感謝できる人は つまりは自分一人の力だけでやっている、生きているわけではないと 分かっているから  自然と感謝が湧いてくる  その人のやることなすこと、周囲とともに 成立しているのだから、たくさんの人の力を巻き込んでいく。 そうでないひとは  自分一人でやっている 生きていると思っているわけだから 何をするにしても 一人分の力しかそこにはたら [続きを読む]
  • 人間に与えられた想像力を最も効果的に使うには
  • 死んだ後に使えるお金は無いし そんな家も無い 役職も無ければ 名誉も無い 持っていけるものは 何も無い 同じように その悩みも 問題も いずれは必ず手放すことになる 人間だけが それらを抱えるように作られたのだが 人間だけが それらが手放された時のことを想像できる能力を与えられている。 一度 試しに全てを手放した時の開放感を想像してみたらいい。 手間もお金もかからないんだから。 そして、それが  [続きを読む]
  • セックスと真実と快感と
  • セックスは気持ちいいし 子供は愛おしすぎて 言われなくても守りたくなる 美味しいものを食べれば満足する 必要性を考えなくても 心に従えば 心地よさに従えば 世界はうまく進行していくことになっている。 真実に触れたときに 出会う快感は 人間を真実に引き戻す。 目の前にひろがる世界が虚構だと知ったときに感じる その安らぎは それが事実だと証明しているのだ。 自信を持ちなさい。 は 巡り巡ってあなた [続きを読む]
  • あなたは私 私はあなた ということ
  • 俺がお前だっていうことは うすうすでも分かっているだろう。 それと同じことだよ。 目の前のあの人がお前だってことは。 あの人も あっちの人も  さらに テレビの中の人も テレビも 仏壇も そこの資源ごみも あの山も 踏切も 今考えているあいつも みーんな同じ お前なんだ。 そのお前は 誰だろうね。 その に癒されます ありがとう!哲学・思想ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 最強の引き寄せはシンプルに
  • 欲を手放すようにと よく言われているのは そのほうが 必要なものを引き寄せるからだ。 達成しきって 欲しいものも見当たらず ただただ幸せな状態。 そんな状況を想像してみるといい。 その波動が その状況を引き寄せていくのだ。 これが最強だ。 特定の状況を映像化するのもいいが できなくても 本人には思いつきもしなかった 最高に幸せな状況を 引き寄せることができるのだ。 するあなたに最強のパワーが [続きを読む]
  • 職場や学校にいる神様
  • よく笑う人ほど幸せである。 笑っている間、不幸にはなれないようにできているのだ。 芸人でもないのに 常に人を笑わせようとしている人が 職場でも 学校でもいるだろう。 見返りなんか気にせず そんな宿命すら背負って生きているかのごとくに。 その人は意識していなくとも  その人は人を幸せにし 平和をもたらしている。 まさに ネ申 だよ。 そんな ネ申 が近くにいることに 感謝してみようか。 私にとって あ [続きを読む]
  • すべてが愛の対象である世界への移行
  • プロ野球を例に挙げるが、一つのチームだけを熱狂的に応援する という人が減ってきていることに気づきはしないか? 周りを見てみるがいい。 それでも 野球ファンは減ることもない。 野球の試合そのものを客観視して楽しむ人が増えているから。 そもそもチームというのは実体がない。 年が変われば まったく違う選手で構成されることもあり得る。 それは 学校も 自治体も 国であっても同じこと。 そういった 枠組み み [続きを読む]
  • 可能性を無限にひろげる方法
  • あれもこれも思いつく限りの可能性 とか言って その可能性にしばられていないか? 人間には感知できないところで 思いもつかない方法で起こっていること それを信頼していると 可能性は無限に広がっていく。 但し 無限の意味するところを理解することはできない。 それを理解したとたんにそれが無限ではなくなる。 下のバナーを するご利益は無限哲学・思想ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 愛をシンプルに考える
  • エネルギーを種類分けするからややこしくなるんだ。 宇宙にはたらくすべての力が愛だ。 お前を生かしているのも お前が動くのも 考えるのも 鳥が飛ぶのも 海が荒れるのも 星が生まれ、消滅するのも。 そんな愛の真っただ中にいるお前は 愛そのものでもあるのだ。 自分だけ神に愛されていないなんて 言えるわけがないだろう。 哲学・思想ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 無意識は常に味方する
  • あの人の奔放さを責めていれば 自分が奔放にふるまった時には そんな自分を責めることになり 無気力さを責めていたら 自分が頑張れないときに 自分を責めることになる。 できない人を心の中で見下していれば 自分ができないとき 決して自分を許せない。 お金持ちを 卑下していれば お金は近づいてこない。 やりたいことをやって 幸せそうな人を 陰で罵倒していたら やりたいことが できなくなるばかりか 幸せに [続きを読む]
  • 今起きている問題とは
  • 今起きているように見える問題は 自ら引き寄せている というのは確かだ。 同時に 解決法も引き寄せている  ということも 忘れちゃいけないんじゃないかな。 解決できない問題は起こらない というのは そういう意味だ。 哲学・思想ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • あきらめるとき
  • あきらめちゃいけない って刷り込まれているよね。 あきらめちゃいけないのは やり方が分かっているとき。 そんなときは 言われなくてもあきらめないよ。 そんなときは あきらめたら 気持ち悪いし。 あきらめてもいいとき  それはあきらめてみれば分かる。 行き詰まった時に あきらめてみて 清々しさを感じたら   それが   あきらめるべきとき。 哲学・思想ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 変化しないことなんかできない
  • 変化が当たり前なんだ。 変化しないことが異常だというのではなく 変化しないことなんかできない ということだ。 変化に同調できるかどうか なんて考える必要があるだろうか? そもそもすべて一体なのに。 哲学・思想ランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • すると 自分から消えた責任をだれかに転嫁するのが人間ってもの
  • さてさて、自分が生まれてこのかた  今も これからも  自分の選択といえるものなど無く 責任からくる 後悔と 同時に 独自の功績を手放して これまで無かった解放感を感じているだろう。 しかし、だ。 おまえは自分から失った責任を  今度は 気にくわないあいつに向けようとしているよな。 あの時 親が もっと勉強したくなるよう仕向けていてくれたら とか   長所を見抜いて 伸ばしていてくれた [続きを読む]
  • 責任から解放されたのに まだなんか 重荷を感じるのは何故でしょう
  • 自分に責任は無かったんだと ホッとしたのに 自我はその存在を明確にしようと 自分の 功績 は残しておこうとする。 あんなに部活で頑張ったし 勉強もして 大学にも行った  仕事でも頑張って それなりの結果を残せたのは ほかでもない 自分のおかげだと でも ちょっと考えれば 自分の頑張り も 責任 のときと同様に消えていってしまう。 運動神経がそこそこ良かったのは 自分で選んだものだ [続きを読む]
  • 受け取り方
  • 与えられたら素直に感謝して受け取る。 受け取るに値するから与えられたんだ。 何かの代償としてじゃないと受け取れない 見合った代償を払っていないなんて 勝手に決めたルールで罪悪感を感じていたら 受け取ることの代償として  何かを失ってしまう。 哲学・思想ランキングにほんブログ村 [続きを読む]