アンディ さん プロフィール

  •  
アンディさん: 酔っ払いが書くブログ〜憂鬱な日々
ハンドル名アンディ さん
ブログタイトル酔っ払いが書くブログ〜憂鬱な日々
ブログURLhttp://davydenco.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の悩み、人間関係、仕事、恋愛について酔っ払いながら書いています。彼女いない歴=年齢。童貞。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 79日(平均5.8回/週) - 参加 2018/03/07 19:06

アンディ さんのブログ記事

  • 断酒
  • お酒をしばらく控えます。肝臓に悪いです。若いうちから痛めつけていたのではそう長く持ちません。内臓も取り替えることができるのなら、こんな心配せずに済むんですけどね。断酒は今のところ辛くないです。もっと苦しいものと想像していたのですが、これならいつまでも飲まずにいれそうです。健康は義務ですから、なので断酒も義務です。もちろん私の場合はです。この考えは他人に押し付けたりするものではありません。酒をやめて [続きを読む]
  • とっさの振る舞い
  • この間、コンビニで少し恥ずかしい思いをしました。雨が降っていたため床が滑りやすくなっていたのです。朝から人前でこけてしまいました。尻もちをついたわけではございませんが、体が大きくバランスを崩し、前のめりの体勢になりました。それがあまりに大きな動きで、しかも朝のコンビニなので人が大勢いたんです。さらにドアの前でだったのでレジに並んでいた人、コンビニを出入りしていた人、多くの人に視線を頂きましたよ。問 [続きを読む]
  • 今年ですでに6886人が自殺 (厚生労働省HPより)
  • 近年よりは少ないみたいですが、でもこうして数字でみると恐ろしいです。自殺は他人ごとではない、と前の記事で書きましたが、改めてそう思います。「自殺について」のカテゴリーを作りました。そこで自殺について色々と勉強してその考察を書いていこうと思っています。これだけの人が自殺しているのに何も考えないのも妙じゃないですか。日本の課題です。ということは私の課題です。国も対策をいくつか提案していますが、それを目 [続きを読む]
  • 自分の変え方
  • ブログを始めて今までずっと自分のことについて書いてきましたが、そもそも私は自分が嫌いでそれを変えたくて何かを変えたくてブログを始めました。他にすることがない、ストレス発散などの理由もありますが、とにかく自分が嫌いで自分のことを日々考えていたので、それをブログに書こうと思ったのです。それでブログを始めて約半年、結局自分は変わったのかというと何も変わっていません。一ミリも変わっていません。ただ半年分、 [続きを読む]
  • しゃべると嫌われる?
  • 今までの経験上、私が色々としゃべると距離を置かれる気がします。私は普段かなり口数が少ないのですが、たまに酒の席なんかで、つい飲みすぎてしまって、しゃべりすぎてしまう時があるんです。でもそれが私の本性なんですね。そしてその後どうなるかというと連絡も来なくなり、こちらから連絡しても反応が悪く、誘いも断られるといった具合です。つまり私の本性、ここに問題があるんです。普段あまりしゃべらないという選択は正し [続きを読む]
  • 同世代との差
  • どうしても周りの目が気になってしまう男です!とくに同世代の人たち!みんな賢くて落ち着いていて大人っぽくてコミュニケーション力が長けていて社交的で恋愛の経験も豊富で、、、あげたらきりがないぞ!私はなんなんでしょう!え!君も自己紹介をしてみたらどうかって?今あげた項目を全て逆にしていけばいいんですよ!まったく!言わせないでくださいよ!連中は人の傷口を見ては塩を塗り付けてくるんです。みなさんのことではな [続きを読む]
  • 1日30分の散歩は魔法の薬(TVで医者が言っていました!)
  • ここ一年ほど汗をかいていません。明らかに運動不足です!とくに汗をかきたいんです。なんかこう、スッキリしますよね。仕事終わりに出来る運動をいろいろと考えたんですが、散歩が一番適しているような気がしました。上着を着て30分も歩けば汗をかきます。多分!それに散歩って楽しいですからね。町の細かい部分に気がつけるというのが楽しいんですよ!とにかく散歩、挑戦してみます!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 自殺について
  • 人生の中で一つも楽しいことがないと人は自殺してしまう。辛いことはこの世の全員に与えられる。だが楽しいと感じる時間、友達と遊ぶ、恋人とデート、家族との温かい時間、熱中できる趣味、その人が楽しいと思える瞬間があると、辛いこととバランスをとって生きていけるし、その楽しみが生きる理由にもなる。自殺する人は楽しいと思えることが一切ないので死ぬことを選らぶ。楽しいことが一瞬もなければ、辛い思いをするために生き [続きを読む]
  • 自信のつけ方
  • 自信をつける方法は一つしかないと思う。結果を出す。これだけです。スポーツの大会で優勝したり、絵で賞をとったり、難関大学に合格したり、恋人が出来たり、などです。結果が出れば自信は勝手についてきます。全校集会で表彰されるような運動部の子はみんな堂々としているじゃないですか。テレビで報道されるようなスポーツ選手はもちろんです。なのでまずは結果なんです。自信を持て、ポジティブになれ、なんてアドバイスは全く [続きを読む]
  • 積極的な優しさ
  • 優しい人とはなにか?優しいとは?私が考えるに消極的な優しさと積極的な優しさがあって、積極的な優しさのほうが圧倒的に大事だ。消極的な優しさは、人から頼まれごと言われたときに断らないとか、なにか嫌なことを言われても怒らない、などがそうだ。一方、積極的な優しさとは、落ち込んでいる人に自分から声を掛ける、困っている人の手伝いを自分から行う、つまり自分から動いて行動を起こし、それが相手を助けるものになる。こ [続きを読む]
  • 不安が消えない
  • 少しでも先に不安があると、目の前のことに集中できない。たとえば一週間後になにか用事があると、それが気にかかって一週間他のことに手がつかない。これはとても不幸な性格だと思う。ある一つの不安で一週間が無駄になる!この不安は考えれば考えるだけ、より複雑で難解な問題へ変わっていく。ならばいっそ考えるのを止めよう!しかし頭の隅っこにへばりついて取れん!酒を飲んで忘れようか。これが今のところ一番の対策だが、け [続きを読む]
  • 悲しい悲しいお話
  • 昨日、数年ぶりに中学の同級生から連絡が来ました。当時仲良くしていて、学校帰りにいっしょに遊んでいたりしていた仲でしたが、卒業後はさっぱり交流がありませんでした。あるあるです。いや俺だけのあるある?まあいいでしょう!卒業アルバムをみていたら懐かしくなって連絡した、という文面でした。これには嬉しくなってしまって、すぐに返信しました。すごく久しぶりだ!感動したよ!と返信しました。これに対して向こうから、 [続きを読む]
  • カラオケの重要性
  • 私はカラオケが大の苦手です。どのくらい苦手かと言いますと、人生で一度しか行ったことがないほどで、つまり一度挑戦して挫折したということです。音痴です。普段しゃべっている様子からも私が音痴だというのは明白でしょう。発声や声の高さのコントロールが下手くそです。会話レベルでも下手くそです。なので人生最初にして最後のカラオケは悲惨なものでした。気持ち悪いのなんの!自分もつらいし、それを聞く周りもつらいのです [続きを読む]
  • 恐ろしいことが起こりました!!
  • たった今恐ろしいことが起こりました!自分でもなにが起きたかいまいち理解できていませんが、頑張って書きます。とても興奮しています。仕事から帰って二時間ほど経つと、ちょうど8時まえぐらいに、信じられないぐらい大きな孤独感と絶望と憂鬱が一気に俺に襲い掛かってきました。頭の前のあたりが痺れるような感覚がありました。そして心に大きくて暗く深い穴が現れてその中に落っこちてしまったみたいでした。恐怖を感じました [続きを読む]
  • 都会の散歩
  • 私は散歩が好きで、休日の日はよく散歩します。ただ田舎だと何もないんですよね。店が少ないんです。自然をみるのも好きですけど、大自然という景色ではないですし、なんというか殺風景なんです。東京の散歩は楽しいですよ。たしかに人が多くて疲れてしまうこともありますが、やはり店が多いのがいいですね。町に店を詰め込んだといった感じです。歩くごとに色んな情報が目に入ってきますから飽きません。これが都会の楽しいところ [続きを読む]
  • モテない人間の性欲
  • モテない人間の性欲ほど無駄なものってないですよね?まあ、俺のことなんですけどね。自己紹介です。自己紹介の冒頭部分で使えそうですね。その場の空気が面白いことになるぞ!そして次はこうだ。「そう、私はモテない人間です。これは私を知るうえで欠かせない部分なのです。これから私の24年の恋愛史をお聞かせしましょう。そこに私という人間の性質がみえるからです。はじめに私の初恋を、、」なにが恐ろしいって、これらの冗談 [続きを読む]
  • やりたい事が見つかる
  • 終わりました!!接客、乗り越えましたよ!!本当に不器用でぎこちない接客でしたが、それでも乗り越えましたよ!!素晴らしい気分です!重荷が全てとれた気分です!心が軽くて軽くて空に飛んでしまいそう!でも大丈夫。極度の感情の変化で心が行方不明になってしまっても、このブログをみれば、過去の記事をみれば、すぐに自分が見つかります。ブログにはそんな効果があるんです。ところで最近、やりたいことが見つかったのです。 [続きを読む]
  • 明日は接客です、、、
  • 明日、会社でイベントがありまして、それで接客をすることになっているんですけれど、もう憂鬱です。食品会社なのですが、それで屋台をだしたりするんですよ。おそらくそこの担当になります。うう、もう嫌です、、。一日だけなんですけどね、それでもその一日がもの凄く長く感じるんです。一時間が三時間ぐらいに感じます。このイベントが一年に4,5回あるもんですから、毎回イベントの時期になると落ち着きません。適材適所ってあ [続きを読む]
  • 13冊目。マクベス
  • もし貴様たちに、時の苗床を見とおし、芽を出す種と朽ちる種との見分けがつくなら、さあ、言ってみろ。人を破滅の道に誘いこもうとして、地獄の手先どもが、ときには真実を語る、つまらぬことで後利益を見せておいて、一番大事なところで打っちゃりを食わすという手だ。目に見える危険など、心に描く恐ろしさにくらべれば、高が知れている。どうともなれ、どんな大あらしの日でも、時間はたつ。お二人の心づくし、かならず心の手帳 [続きを読む]
  • 12冊目。ヴェニスの商人
  • このふさぎの虫、どうしてそいつに取りつかれたのか、どうしてそんなものを背負い込んだのか、そもそも何がもとで、どこから生じたのか、それがさっぱり見当がつかない。とにかく、気はめいるばかり、おかげですっかり腑抜けのてい、自分で自分の心を掴みあぐねている始末なのだ。悲しいのは楽しくないからだ。となれば、雑作はない。大いに笑って跳ねてこうも言えるだろう。僕は楽しい、悲しくないからだ。この世はこの世、ただそ [続きを読む]
  • 11冊目。ハムレット
  • 針のさきほどのごみでも、眼に入れば煩わしい片目は喜びに輝き、片目は愁いに沈み、祝福と哀悼とをひとしく秤にかけ、葬儀には歓喜の調べを奏し、結婚の式には挽歌をうたう、そのような気持ちであった。この漆のように黒い上衣、しきたりどおりのもっともらしい喪服、そらぞらしい溜息、溢れほとばしる涙の泉、しめっぽい憂え顔、そのほかありとあらゆる悲しみの型も表情も、母上、この心の底を真実あらわしてはおりませぬ。なるほ [続きを読む]
  • 謙虚に、冷静に、アグレッシブに生きる
  • アランの幸福論、やっと読み終わりました。哲学書って読むの大変です。ただ得られたものも大きいです。最近思うのは、「アグレッシブに生きる」、これが成功する、または幸福になるために必要なのではないか。ただ座って待っているだけでは何も起きません。今の私、今までの私です。むしろどんどん不幸になります。余計な考えばかり思い浮かんでしまいますよ。そうこうしているうちに周りの人間は成長し続けています。まず自分が動 [続きを読む]
  • 求人情報を楽しむ
  • よくチラシに求人情報がありますが、あれを見るのが好きです。さまざまな仕事が一枚の紙にびっしり並んでます。それを一つ一つ見て、その仕事に就いている自分を想像するのです。これがけっこう楽しいんですよ!この男は退屈が過ぎて気がおかしくなってしまっただなんて思わないでください!またその会社のホームページを見ると、写真がのっていたりしますね。オフィスや仕事風景の写真、これは想像を手助けしてくれます。より鮮明 [続きを読む]
  • 表情トレ―ニング
  • 昨日シャワーを浴びているときに、ふと鏡に映っている自分の顔を見て、なぜか喜怒哀楽の表情を何回か作りました。するとあることに気づきました。すこし顔の筋肉を動かしただけで、表情が大きくかわるのです。喜怒哀楽の喜のなかにも何種類もの表情ができました。しかしこれは大変なことです。つまりコントロールが難しいということです。微妙な筋肉の動かし方で大きく顔の印象が変わるものですから、下手にやると変な顔、違和感の [続きを読む]