stamperM さん プロフィール

  •  
stamperMさん: Automated LOVE
ハンドル名stamperM さん
ブログタイトルAutomated LOVE
ブログURLhttp://automatedlove.blog.jp/
サイト紹介文非力でもできるチャリティや寄付、慈善事業や利他主義を模索しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 159日(平均0.9回/週) - 参加 2018/03/07 20:00

stamperM さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 繁忙期が明けて・・・さてはて
  • 毎年恒例ですが、まあ6月半ばから7月までの約1か月間はシャレになんない繁忙期です。よく業界外の周りからは「労基来ないの?」と言われるレベルなのですが、前もって労基には繁忙期の旨伝えておりまして、てか、労基来ても「繁忙期終わったら話聞くから、後で来い」と言いますね。間違いなく。そんな繁忙期2018年版も終わり、精根尽き果てて今に至ります。テレビやネットのニュースすらまともに見ることのない期間だったので、西 [続きを読む]
  • 良からぬ慈善
  • そして、くどいようだが、今日ある善良な人物がしたように、私には貧しい人の暮らしをよくする義務ある、などと説教しないでほしい。いったい、彼らが私の貧民だと言うのか?汝愚かな慈善家たちよ、私は金を出し惜しみする。私に属してもいなければ私が属しているのでもない者に、1ドルだって、10セントだって、いや1セントだって与えたくはない。その一方で、互いに意気投合して、離れがたく結びついている人たちがいる。彼らのた [続きを読む]
  • 手の内に、カードと未練
  • 社交場でカードゲームに興じていたら、かつて捨てた恋人が高い身分となり現れ、偶然再会・・・そりゃ間違ったカードを切ったりしますわ(゚∀゚)アヒャヒャこの時、ペルセポリ猊下はいかにも司教らしい優しいもの言いで、こう言った。「お美しい奥様、ハートのキングをお捨てになりましたな。私の勝ちです。でも負けたお金を惜しく思われることはありませんぞ。私が推し進めている小神学校のために取っておきますからな。」ーオノレ・ド・ [続きを読む]
  • 力がないとき、気力すらも
  • 朝から抑うつ状態・・・「プチ鬱」と書くと可愛くてちょっと気が紛れます。まあ以前から自覚はあったりするのですが、これは今現在の状況が悪いのではなく、過去10年くらいのすったもんだという、俗に「苦労」と言われるようなものが原因だろうなー、と思っています。安定しない仕事に無理に無理を重ね、何とかやり過ごしてきましたが、そこでかなりのダメージを受けたっぽい。ここ5年くらいは、仕事は通常は良いのですが、繁忙期 [続きを読む]
  • 自力をレバレッジ
  • 記事のタイトルが酷くて、「へー、ふーん」みたいな感じだったのですが、ここだけ抜粋しときます。バフェット流「お金持ちになる6つの秘訣」ケチな人とどう違う?富や成功はひとりでは築けない。周囲の後押しは必須となる。バフェット氏は「自分より力や能力、資本を持った人間や企業と付き合うように心がければ、自分も自然とそちらの方に引き寄せられて行くものだ」と述べている。非力な私は「どこかでレバレッジが必要だよなあ [続きを読む]
  • 保守点検
  • 何かを「自動化」するには、前もっての準備や段取り、資産(特に自分)の保守点検が必須です。ひとまず、己を考えてみるに・・・仕事や家のことなど、やらなきゃいけないことを除いて、まず一番に、睡眠時間の確保。二番は運動。======(越えられない壁)======三番にブログ関連。興味のある分野に関するブログを始めたので(このブログもそうだし)、そこら辺を調べたり読んだり書いたり。★〜★〜★〜★〜★〜★〜★ [続きを読む]
  • 不惑、な年頃の私〜行政サービスのコモディティ化
  • ★「不惑、な年頃の私」は自分はチャリティ業界(?)のどこらへんで役に立ちそうか、を考えるシリーズです★役所は敷居が高いし、職員も話しにくそうだよなあ・・・これってみんな結構思っているんじゃないでしょうか。そしてまずめんどくさい、役所まで出向くのが。なんで役所まで出掛けなきゃならんのだ、わしはユーザーやど!納税者やど!・・・となれば、ユーザー目線なら、行政サービスのコモディティ化ですよ!(なんか、浅 [続きを読む]
  • 不惑、な年頃の私〜行政サービスの広告戦略
  • ★「不惑、な年頃の私」は自分はチャリティ業界(?)のどこらへんで役に立ちそうか、を考えるシリーズです★当たり前ですが、てか、チャリティ界で一番大きく、力のあるのは「国(日本)の福祉制度」ですよね。まず、ここのマーケティング力の向上を目指すべきであり、できるべきであります(よね)。********************************************さてさて、非力を自覚している私で [続きを読む]
  • み・な・ぎ・る
  • 欧米では、自分の収入の1割を神に対する納税な感じで「10分の1税」と名付けて寄付をすることを奨励しているフシがあります。悪くない・・・悪くないじゃないか。てか、ぶっちゃけ良いじゃないか。慈善事業への寄付ってのは言うまでもなく良いんですが、自分の収入を自分の意志で社会へ再分配できるってのが良いんですよね。漲ります(ワイだけか?)。まあ働いている以上、所得税は取られるし、住民税も取られるし、健康保険税はま [続きを読む]
  • 寄付とギャンブルと私
  • ほっほう。こういうの好きです( *´艸`)AIが競馬予測 当たったら全額寄付 ニコ生で新企画ギャンブル依存症撲滅は心から願っておりますが、世の中から「賭け」の行為は絶対なくならないとも思っています。世の中、因果応報であっても、「運」というものが存在する以上、「賭け」る場面は出てきますもんね。そんなもんですもんね。(世のギャンブルは胴元が儲ける仕組みになってますし、その胴元が国だったりもしますし、財団だっ [続きを読む]
  • 「恐怖」を啓蒙しようじゃないか
  • 私は学生時代、パチンコ屋や雀荘といった「賭場」でバイトしていたこともあり、「ギャンブル依存症」となりうる環境や状態、制度にちょっと目を光らせています。(というほど大した知識はないのですが)そこで、昨年(2017年)に知ったのかこちらのブログ『ギャンブルで作った借金のマンガ』作者はナツジさんという男性です。私は一時期、ギャンブル依存症の方々のブログを読み漁っていた時期がありますが、その中でもナツジさんの [続きを読む]
  • 我流の「優先度研究」
  • なんとなーく、チャリティに昔から関心のある私にとって、エポックだった本はコチラ。あなたが世界のためにできる たったひとつのこと 〈効果的な利他主義〉のすすめ [単行本]ピーター・シンガーNHK出版2015-12-19この本の中で、「優先度研究」というパワーワード(私にとって)が出てきまして、その定義は、どのチャリティ、介入、組織、政策が 世界をよくするために もっとも役立つのかを見極める研究 となっていますが、 [続きを読む]
  • 足りないのは俗っぽさ
  • 国の福祉制度やNPO・ボランティア団体の助けは何よりなんですが、必要なのは「困っている人への助けになる」という確実なリーチであり、ここが達成できているんなら、「福祉」や「ボランティア」「寄付」といった言葉の持つ清廉潔白なイメージををクリアしなくても良いんじゃないか、と常々思っています。例えば、 1. エロ系サイトに国のひきこもり対策制度のバナーを載せる(もちろんアフィリ報酬あり) 2. 信頼のおける [続きを読む]
  • 再起動の啓蟄
  • 啓蟄、っていっても昨日ですけど、まあこの辺はファジーでお願いいたします。2年ほど前に別のブログで寄付の記録を付けていまして、このたび思い立って新しいブログを作って引っ越ししました。と言っても大した記事量ではないので、引っ越し作業は多分1分くらいです。で、加えて基礎的なところを設定しただけの素人丸出しなつくりで再スタートです。ブログ界ではマイナーな分野ではないかと思うので、アフィリも特になしになるでし [続きを読む]
  • 寄付記録◆路上生活者支援分野〜その7
  • 2・22というゾロ目ということもあり、ひっさびさにしました。そう、寄付!KIFU!2年前に「寄付をする」ことを始めて、ブログに記録を残すようにしていたのですが、その後、仕事は繁忙期に入り、繁忙期が終わったと思ったら急病で入院・手術のコース。いやあ、痛かったなあ(苦笑)。まあ手術すれば治る病気であったので不幸中の幸いだったのですが、痛くて有名(?)な病気なため、術後、担当医から「(開腹してみて)ほんと、痛そ [続きを読む]
  • 過去の記事 …