かのん さん プロフィール

  •  
かのんさん: LIFE WITH...
ハンドル名かのん さん
ブログタイトルLIFE WITH...
ブログURLhttp://lifewithsomething.blog.fc2.com/
サイト紹介文アラフィフおひとりさま会社員の日常。セミリタイアを夢見てます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 91日(平均2.5回/週) - 参加 2018/03/08 09:29

かのん さんのブログ記事

  • 北海道のソウル・ドリンク
  • ホテルのフロントに置いてあった地域情報誌に、気になる“名産品”が出ていました。昔のコカ・コーラのような、スリムでクラシカルな瓶入りの飲み物で、「コアップ・ガラナ」とある。初めて聞いたけれど、北海道では一般的なドリンクらしい。それならどこにでも置いてあるだろうと思って探したのですが、売っているのはペットボトル入りのものばかり。味は同じだろうけど、どうしても瓶入りのが欲しい、とあきらめずにいたら、あっ [続きを読む]
  • 函館はコーヒーの街
  • 函館を歩くと、至るところで「コーヒーの街」というPOPを目にします。最初に外国文化が入ってきた港町の特色なのか、神戸や横浜も独自の珈琲文化があるけれど、どの街よりも珈琲が似合う気がするのは、なぜかしら?ホテルのあるベイエリアや元町エリアでいくつもの小さなカフェと出会う。立ち寄った「元町珈琲店」もそのうちの一つ。 北欧風の自宅の一部を改装したお店の扉を開けて中に入ると、天然素材をふんだんに使った、温 [続きを読む]
  • 函館旅行〜北海道1位の朝食〜
  • ラビスタ函館ベイに泊まりたかった最大の理由は“北海道1位”と評される朝食を食べたかったから。その期待は裏切られることはなく、北海道の味覚を一堂に集めた、バラエティ豊かなこの朝食を食べるためだけに、また函館に来たい!と思わせるだけの魅力がありました。 バイキング形式になっていて、これはほんの一部。洋食派の人のために、焼き立てのパンや味の濃い牛乳、新鮮な野菜もたっぷりと用意されています。が、一番の目玉 [続きを読む]
  • 函館旅行〜ラビスタ函館ベイ〜
  • 今回宿泊したのは、「朝食が美味しいホテル」北海道1位のラビスタ函館ベイ。 函館に行くなら、金額が高くなっても絶対にこのホテルに泊まりたいと思っていました。直前の予約だったにも関わらず、予約が取れてとてもラッキー。至れり尽せりの心配りがあるホテルで、口コミでの高い評価もうなずけます。お部屋はホテルのご厚意で、ダブルにアップグレードをしてくれました。 大正ロマンをイメージしたインテリアが、街のイメージと [続きを読む]
  • 函館旅行〜函館グルメ〜
  • 旅先の食事は、食いしん坊にとっては大事な大事なポイント。初日のお昼は、ご当地ラーメンを、五稜郭タワー近くの「あじさい」でいただく。函館は塩ラーメンがポピュラーのようなので、従ってみました。 一口スープを飲んで「んっ?!」と思う。東京で食べる塩ラーメンとは全然違う!あっさりしているのに、コクがあってオイシイ。スープだけ先に飲み干してしまいそうになります。北海道のラーメンはしょっぱい、というイメージが [続きを読む]
  • 函館旅行〜元町散策〜
  • 前夜激しく降った雨も朝方には止み、快晴とまでは行かないまでも、街歩きにはちょうど良い天候まで回復した2日目。函館山のふもとの、元町エリアを散策してみました。この辺りは教会やモダンな洋館が立ち並ぶ、今風に言うならインスタ映えするエリア。そこに行くには こ〜んな坂を登らなくてはなりません。運動不足な体にはけっこうキツイ。ゼイゼイ言いながら登り切って振り返ると、あら、なんてすてきな風景。 晴れていたらもっ [続きを読む]
  • 函館旅行〜函館山と金森赤レンガ倉庫街〜
  • 函館に来たら外せない観光地と言えば、世界一の夜景が見られると名高い、函館山。夕暮れ30分前くらいからがとてもきれいとのことなので、日没時間を確認してロープウェイで山頂へ。函館中の人が集まっちゃったか、と思うほど、すごい人数が、すでにカメラ片手に待ち構えていました。ところがところが・・・・黒っぽい雲が黙々と山頂を覆い始め、それが街中に降りていく。気温もグングン下がって、半そででは風邪をしいてしまいそ [続きを読む]
  • 函館旅行〜五稜郭〜
  • 少し前のことになりますが、久しぶりに飛行機に乗りたい!とふと思い立って、函館に行ってきました。海鮮が食べたいのと、ゆったり街歩きを楽しみたい、自然も近くにあるとなおよろしい、という条件で、選んだ目的地。北海道は道東に行ったことがあるだけで、函館は初めてでしたが、とっても気に入りました!朝一のフライトで羽田を出発し、お昼前には函館に到着。訪れた日は、日本全国で真夏日を記録するような暑さで、函館も北海 [続きを読む]
  • 久々にはまった
  • あまり日本のドラマを見ないタイプだけれど、春から始まったドラマに、久々にはまっています。ヘッドハンター 救世主とも悪魔とも言われる凄腕の、ヘッドハンティング会社の社長、黒澤。クライアントに対しては高額な報酬を要求するが、時にはライバルをも利用する強引な手腕で、マッチングを成立させていく。その経歴は謎に包まれており、本人も多くは語らない。そんな黒澤を演じているのは、江口洋介さん。若いころはかっこいい [続きを読む]
  • セミリタイアを考える
  • 先週は、GWの出勤の関係で休みを先にもらって、3連休だった。やっぱ、いいな〜、3連休。やりたいことが、やれる。やらなきゃならないことが、やり切れる。何よりも気持ちに余裕が持てる。 生活が調ってきた分だけ、体調も良くなってきたけど、残業が続くと、休みの日はやっぱりダウン。人生を楽しむためのお金を得るために働いているのに、楽しむどころか、日々の家事をこなすので精一杯だ。今の仕事はやりがいもあるので、辞 [続きを読む]
  • エアコン内部の掃除を頼んだ
  • 4月だというのに、夏日どころか、真夏日にもなりそうな勢いの今日この頃。エアコンの出番も、もうそろそろかと思い、内部のお掃除をお願いした。去年夏、エアコンのスイッチを入れると咳が出るので、フィルターの掃除をしようと、外してビックリ。内部に黒いカビがびっしりではないか。体に悪いこと、この上ない。掃除をお願いしなきゃ、と思いながら、なかなか時間が取れず、この時期になってしまったけれど、良かった、使い始め [続きを読む]
  • お肌のメンテナンス
  • なんだか顔色が冴えないなぁ、と感じる時、たいてい顔を触るとザラザラしていて、角質が溜まっているのがわかる。こういうときはいくら化粧水をつけようと、保湿をしようと、乾燥は改善しないし、お化粧のノリも悪くなる。そんなときは、ガスールの泥パック。 汚れや角質を落とすだけでなく、洗い流した後は、しっとりするのがいい。肌の色がワントーンアップするし、濃くなったな、と思っていたシミも、パック後はほとんど目立た [続きを読む]
  • 健康の源
  • 生活のリズムを調えようと決めて、約1週間。調うかどうかは、あるもので左右されることに気づいた。それは睡眠。仕事から疲れて帰ってきたとき、「とにかく眠りたい」と思う反面、お腹もすいている。だから、買ってきたお惣菜を急いで食べて、そのままベッドにダイブ。まぁ、胃に悪い生活をしてますわな。これが原因で逆流性食道炎を患ったこともあるから、危険なのは重々承知しているにも関わらず、体が耐えられない。ちょっと休 [続きを読む]
  • 手離れの時期
  • 最近、よく物が壊れる。そろそろ買い替えようかな・・とか、別になくてもいいかな・・とか思う心が伝わっているかのようだ。高尾に梅を見に行った時、サングラスが壊れた。30代前半のころに買ったから、かれこれ20年近く使ってきたもの。買った当時とは肌の色やハリが違うから、近頃はなんとなく似合わなくなってきていて、そろそろ買い替えようかな・・と思っていた矢先、満員状態のバスから降りる際、他の人のリュックにぶつ [続きを読む]
  • ひたちなか温泉 喜楽里 別邸
  • ネモフィラを見に行く日は、朝早く自宅を出た。お出かけと温泉はセットで考えたいからだ。ひたち海浜公園に行く前に、同じひたちなか市内にある「喜楽里 別邸」に立ち寄って、朝風呂を満喫。口コミでも評判の高い、人気の温泉だ。 それもそうだろう。岩盤浴も利用するなら料金は1180円。利用しないと900円。タオルレンタルも含まれていてのこの料金は、非常に良心的だ。屋外の天然温泉の目の前は、のどかな田園風景が広が [続きを読む]
  • 一面のネモフィラに感動〜国営ひたち海浜公園〜
  • 花の見ごろを捉えるのは、本当に難しい。例年なら見頃だったはずの2月の河津桜は、まだ咲き始め。3月の梅もそんな感じ。4月はネモフィラを見に行こうかな、それとも藤?芝桜?なんてのんびり考えていたら、どれもこれも見ごろを迎えていた。迷っている暇はない。藤は毎年、都内で見ているし、芝桜も川沿いの土手で見られる。ということで、ネモフィラに決定!車を飛ばして、いざ、国営ひたち海浜公園へGO!休みが取れた平日に [続きを読む]
  • 朝ヨガで元気に!
  • 週に何回か、スケジュールが詰まっている日がある。そんな日の朝は、ヨガで集中力を付けてから出勤するようにしている。選ぶプログラムはいつもこちら。Wellness To Goのアリサさんの爽やかな笑顔と明るい声が朝にぴったりだし、太陽礼拝が中心のプログラムで、背骨をたくさん動かす。背骨のまわりには、神経がいっぱい通っていて、それを刺激することで、自律神経を整えられていく、というわけだ。冒頭に語られる、アリサさんの体 [続きを読む]
  • 食事が先か、お風呂が先か
  • 子供のころ、とても不思議に思っていたことがある。1970年代のドラマでは、こんなセリフをよく耳にしていた。「お食事なさいますか?それともお風呂になさいますか?」帰宅した夫に妻が問いかけるのだが、これが子供だった私には非常に奇妙に思えてならなかった。うちは、食事の前にお風呂に入ることはなかったし、母も父にそう聞くこともなかった。変なの〜、とずっとずっと思ってきたが、ここにきて、食事よりもお風呂を先に [続きを読む]
  • こちら方面のお勉強も大事
  • 50歳にもなると、老後を意識するようになってくる。人生100年時代、なんて言葉も出るくらい、今や生きるリスクを考えなければならない時代である。長生きは結構なお話だが、お金をどうするか・・・は誰もが関心があり、切実な問題でもあろう。これまで、何年も銀行の普通預金に置きっぱなしだったが、さすがに「50歳」が近づいてくると、老後のことが気になりだし、昨年の夏から、ある程度まとまった金額は、投資信託で運用 [続きを読む]
  • 久しぶりに勉強
  • 久しぶりに英語を勉強しようと思っている。TOEICで高得点を目指しているとか、そんなんではなく、本当に趣味のレベル。以前もNHKの語学番組だったり、ポッドキャストなんかを見たり聞いたりしていた。好きな海外ドラマを英語音声でずっと流していたこともある。そんな程度でも、ある日突然、?f?や?th?の音が聞えるようになった時は、自分でも驚いた。まさに継続は力なり、である。聞くことはできても、話すことができ [続きを読む]
  • コーヒー豆を買いに行って思う
  • 3週間に一度くらいのペースで、コーヒー豆を買いに行く。もう何年も星乃珈琲の豆がお気に入り。住んでいる街には店舗がないので、休みの日の朝、数駅先のお店に足を運んで、モーニングも一緒に摂ってくる。 朝早いお店には人はほとんどいない。ここのところ仕事が忙しく、慌ただしい日々だったから、この静けさがうれしい。静かに流れる時間。ゆっくりと味わいながら取る食事。こんな風に過ごせるように、生活を調えていこう。そ [続きを読む]
  • 2軍はいらない
  • ミニマリストでも断捨離を意識しているわけでもないのだけど、最近洋服をたくさん捨てた。仕事に着ていく服は、制服のように決めてしまっているし、休日着る服も、だいたい決まってしまっている。そうなってしまったのは、今まで来ていた洋服が全く似合わなくなってきたからだ。オシャレがだんだん楽しくなくなる。何を着ていいのかわからなくなるよ・・・。そんな風に漏らしていた人生の先輩の言葉を今、身をもって体験している [続きを読む]
  • 4月からの手帳
  • 今の仕事に就いて丸1年経つ。途中何度もくじけそうになったし、家に帰ってきて大泣きすることもあったが、幸いにも上司(といってもだいぶ年下)と先輩に恵まれ、少しずつ今の仕事の面白さとやりがいがわかるようになってきた。毎日忙しくて、余計なことを考えてる時間がなかったことも、幸いしているのかもしれない。仕事のスケジュールは手帳で管理している。アナログな方法だけれど、これが一番便利だ。愛用の手帳はペイジェム [続きを読む]
  • 高尾でランチ〜蕎麦と杜々〜
  • お出かけ先では、その土地ならではの名物料理も楽しみたい。行きあたりばったりでお店に入ってみるもよし、下調べして、目当てのお店に行くも良し。今回は予めネットで調べたお店「蕎麦と杜々」でランチを摂った。山間の、お水がきれいな地域では、おそばが名物なところが多いですよね。駅から徒歩15分。遊歩道梅林から少し奥まった住宅街にあるお店は、普通の民家のようで、本当にここで良いのかしら?とちょっと不安になる。まだ [続きを読む]
  • 季節を楽しむお出かけ~高尾・遊歩道梅林〜
  • 木下沢梅林までのバスは1時間に1本。帰りはその時間に合わせるか、歩いてこのエリア一帯にある各梅林を楽しみながら、駅に向かうことになる。疲れたら途中でバスに乗ればいい。運よくバスの時間に間に合ったので、駅に一番近い川沿いの遊歩道梅林に途中下車。 川沿いもまだ2~3分先ですね。石段に座ってのんびりしている方がおられたけど、わかる〜。何なら、寝転びたいよね。ここで一番感動したのは、川の水の澄み具合! 一応、と [続きを読む]