YU さん プロフィール

  •  
YUさん: しあわせあつめ
ハンドル名YU さん
ブログタイトルしあわせあつめ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/y_favorite/
サイト紹介文稽留流産を経験。自分を癒しながら、もし誰かの参考になれれば嬉しい、ゆったり妊活日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 58日(平均1.2回/週) - 参加 2018/03/08 20:25

YU さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 悩める水子供養
  • 10週での流産。お友達がいっぱいいる方が、さみしくないかな?と思い、今住んでいる区内にあるお寺に絞り、水子供養をしてくださるところを探してみました。ここがいいかな?と、目星をつけたお寺のホームページを見て、善は急げと、さっそく問い合わせフォームから申し込み。残念ながら流産してしまったこと、赤ちゃんに感謝の気持ちを伝えるべく、供養をして頂きたい旨を、簡単に伝えました。「お問い合わせありがとうございます [続きを読む]
  • 手術後 初めての診察
  • 昨日、流産の手術をしてから初めての診察でした。術後の経過としては、特に吐き気やだるさはなかったものの、唯一気になったのが、終わりかけの生理のような出血が続いていたこと。特に昨日から、ちょっと多いかな〜という感じでした。(といっても、生理4日目くらいの量)内診では、機械を入れて子宮の状態を確かめてから、触診をして頂きました。「うーん、もう少し出血量が少ないと良かったんだけど」とのことで、器具を入れて [続きを読む]
  • 稽留流産 手術当日
  • 泣き疲れたのか、知らない間に眠っていました。目が覚めたら、朝の5時半。部屋についていた洗顔スペースに行くと、目ががっつり腫れておりました・・・><手術は8時半から。もうすぐ赤ちゃんとお別れ。さみしさと、出会えたことへの感謝、未知の手術への怖さで、なんだかもう、いっぱいいっぱいでした。主人と「ありがとうって今のうちに沢山伝えようね」とメッセージでやりとりをして、やっぱり泣きながら、時間がくるのを待ちま [続きを読む]
  • 手術前夜の想い
  • 今回、4人部屋で入院することになりました。流産処置での入院だし、気まずいの嫌だな〜と思ったのですが、今のところ私だけしか患者さんはいないとのことだったので、特に個室にグレードアップすることもなく(+3万だと言われました)そのままお願いすることに。体温と血圧をはかり、入院部屋に通されました。木調のベッドやテーブル、棚が置かれており、やさしいピンク色のカーテンで仕切りがある、明るい雰囲気のお部屋で、なん [続きを読む]
  • 手術前日 噂のラミナリア
  • お昼ご飯を食べて、超特急で入院の準備をし、再び病院に。生まれつき足にあったアザを取るために、小学生のころ入院したのが最後(もはや遠い記憶)。そわそわしている中、診察室へ呼ばれました。このタイミングで、あれでしょ・・・ラミナリアを入れるんでしょ!わかってるんだから!!(心の中で絶叫)と、なんとなく察し、母には待合室で待っていてもらうことに。(ここまで、母の前ではそこそこ気丈にしていたので、そんな私が [続きを読む]
  • 稽留流産が確定
  • 心拍が見えなかった日から5日後、再び病院へ。主人に一緒に来てもらおうか迷いましたが、もしその日来てもらったら、彼にとっては初めてのエコー映像となります。せっかくの初エコー。もっとこちらも気持ちが安定している時に、元気な赤ちゃんを一緒に見たいなと思い、一緒に行きたがっている母にだけ病院へ同行してもらい、診察室へ。結果、やはり心拍を確認することは出来ませんでした。先生から手術の説明を受けている間、なん [続きを読む]
  • 稽留流産が判定されるまで③
  • その日、主人は出張で出かけており、私は実家に泊まりました。正常妊娠だと思ってうきうきで帰宅する父に、今回のことを説明するのは切なかったなあ。私も、暗くなり過ぎない程度に、「悲しいけど、これもご縁だから」と、率直に、自分の気持ちを伝えました。その後帰ってきた妹には、母が説明をしてくれたらしく、でもいつも通り明るく振る舞ってくれた彼女には、助けられました。「YUちゃんが来るって聞いたから、明日(土曜日) [続きを読む]
  • 稽留流産が判定されるまで②
  • 10wで、心拍が確認できないと言われました。なぜかその時、「やっぱり」という気持ちになりました。なぜだか分からないけど、そう思ってしまいました。妙に冷静になっている自分がいました。ショックすぎて、もはや他人事のような、現実がどこか遠いところにあって、頭で分かっているつもりでも、心では受け入れられていないといったところでしょうか。「本来、この時期であれば、心拍は見えていてほしい」「もしかしたら、今回は [続きを読む]
  • 稽留流産が判定されるまで①
  • ここ二年くらい生理不順で(去年の夏は50日周期の日もあったり><)当帰芍薬散にお世話になっていました。そんななか、昨年11月に、初めて妊娠検査薬で陽性反応が出ました。もはや都市伝説かと思われるくらい、私にとっては貴重な陽性反応?感慨深いわ〜と思っていた矢先、病院にいくまでもなく、生理が始まってしまいました。。そしてそして、今年の一月、またしても陽性反応アゲイン!もうね、本当に本当に嬉しかった〜〜6週に [続きを読む]
  • 妊活ブログはじめました
  • こんにちは。都内で働きながら主婦をしているYUと申します。実は本日、稽留流産の手術をしてまいりました。この喪失感は、とても言葉にあらわせません。しかしそれ以上に、この世にうまれることができないにも関わらず、主人と私を選んでやってきてくれた我が子の、健気さと、いとおしさに、感謝の想いで胸がいっぱいです。もう、愛しかないです。悲しさは、もちろんあります。さみしさも。まだ、可愛いあの子はお腹の中にいるんじ [続きを読む]
  • 過去の記事 …