Chicca Food さん プロフィール

  •  
Chicca Foodさん: Chicca Food
ハンドル名Chicca Food さん
ブログタイトルChicca Food
ブログURLhttp://chiccafood.com
サイト紹介文イタリア・フランスに住んで出会ったおいしいお菓子・お料理のレシピと写真のサイト。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 149日(平均2.3回/週) - 参加 2018/03/09 03:10

Chicca Food さんのブログ記事

  • ふわふわスフレパンケーキ のレシピ
  • ふわふわのスフレパンケーキを簡単に作れるレシピ。同じ材料で、普通のパンケーキもふわふわに仕上がります。フライパンで作る簡単お菓子仕事でお菓子を作っていると、意外とフライパンを使うお菓子って作らなくなります。いっぺんに大量にできないし、焼いている間ずっと側についていなければならない。オーブンで天板に並べて一気に焼いてしまった方がいっぱいできるし、フライパンに比べて火の入り方がやわらかいので数秒放置し [続きを読む]
  • アイスとケーキの新食感・ヘーゼルナッツのセミフレッド
  • キャラメリゼしたヘーゼルナッツと粗く刻んだチョコレートとピスタチオを混ぜた、真っ白なセミフレッド のレシピセミフレッドとは?イタリアのお菓子、セミフレッドは セミsemi=半分 フレッドfreddo=冷たい という意味。たくさんの空気を含ませたクリームを凍らせてから半分冷たい=半解凍の状態で食べる、アイスクリームとケーキの中間のような不思議な食感のお菓子です。アイスクリームとの違い普通のアイスクリームはアイス [続きを読む]
  • 朝食に食べたい、さっぱり軽いブルーベリーマフィン
  • 混ぜるだけ・ワンボール でできる。簡単・さっぱり軽いマフィンのレシピ。朝食に食べたい、さっぱりマフィン今までマフィンというと、バターをたっぷり使ったおやつに食べるバターケーキ生地のようなものを作っていたのですが、アメリカのレシピを調べていたら朝食に食べるようなさっぱりした、どちらかというとパンケーキ生地に近いようなものが多いことに気づいてそっちの方のレシピも試してみたくなり色々試作してみました。た [続きを読む]
  • オリーブオイルとレモンの風味のポレンタケーキ
  • レモンとアーモンドプードル、ポレンタをたっぷり使ったケーキにオリーブオイルのレモン グレーズをかけた、爽やかなポレンタケーキのレシピポレンタとは?ポレンタはとうもろこしを細かく挽いた粉のこと。北イタリアではこの粉に水を加えてお鍋で長時間練りこんでお粥状にしたものをお肉の付け合わせにしてよく食べられていて、南イタリア出身のイタリア人が北イタリア人をからかっていう「Polentoni(ポレントーニ=ポレンタ食い [続きを読む]
  • 生地で包んで焼くだけ・型なしタルト
  • 型を使わない、フルーツを生地で包んで焼くだけの手軽なタルトのレシピ「型なしタルト」とは?タルト生地の敷き込みかたを記事にしたばかりですが、今度は型も型に敷き込む技術もいらないとっても手軽な「型なしタルト」の作り方を紹介します。「型なしタルト」とはタルト生地にフルーツやクリームをトッピングして、端を折り返してタルトのような形を作る型が不要なタルトのこと。簡単で出来上がりが素朴、なのにどこか斬新で型を [続きを読む]
  • イタリアの定番つけあわせ・じゃがいものオーブン焼き
  • たっぷりのオリーブオイルとにんにくで作る、カリカリ、ホクホクのイタリアの定番付け合わせ、じゃがいものオーブン焼きのレシピ美味しいイタリアの定番じゃがいものオーブン焼き、イタリア語ではパターテ・アル・フォルノpatate al forno。じゃがいもを使った料理は本当に山ほどあって、このじゃがいもをオーブンで焼いただけのシンプルな料理をこれがイタリア料理だ!というのはどうかと思ったのですが、そういえばフランスでは [続きを読む]
  • ブルターニュのバターたっぷりクッキー・ガレットブルトンヌ
  • フランス・ブルターニュ地方の良質なバターをたっぷり使ったクッキー、ガレットブルトンヌのレシピ食材の宝庫・ブルターニュ地方パリの西、大西洋に面したブルターニュ地方は一年中涼しい冷涼な気候でたくさんの美味しいものの産地でもあります。リンゴを使ったシードルやカルヴァドス、ゲランドの塩や牡蠣、そしてバターなどの乳製品。バターを使ったクッキーはブルターニュ 地方にいろんな種類があるのですが、今回はベーキング [続きを読む]
  • オーブンで作る自家製セミドライトマト
  • オーブンで低温焼き・甘みが凝縮されたセミドライトマトのレシピ夏に作るトマトの保存食夏になると色々な種類のトマトが並び、値段も安くなるので大量に買って保存食を作るのに絶好な季節です。日本の少しオレンジがかった薄い赤色のトマトと違ってイタリアやフランスのトマトは人工的な色かと思うくらい真っ赤。16世紀ラテンアメリカからヨーロッパへトマトが持ち込まれた時、食用ではなく長い間観賞用であったというのが納得で [続きを読む]
  • 夏にさっぱり!桃とホワイトビールのグラニテ
  • 桃とホワイトビールを使った清涼感たっぷりの大人のデザート、グラニテのレシピ!グラニテとは?グラニテはシャーベットの粒を少し大きくしたような、カキ氷のような氷菓子のことです。グラニテとはフランス語で「ゴツゴツした、ザラザラした」という意味で、イタリア・シチリア発祥の「グラニータ」が元になっています。フランスのコース料理・デザートグラニテは本来フランスのコース料理の途中でお口直しとして供されます。肉料 [続きを読む]
  • 甘酸っぱいフレッシュラズベリー のタルト
  • 甘酸っぱいフレッシュラズベリー にさくさくのタルト、アーモンドの香りいっぱいのアーモンドクリーム、なめらかなカスタードクリームを合わせた最高のタルトレシピ!基本のタルト生地を使ってフルーツタルトを作ろう前回紹介したタルト生地を使って、早速果物をのせたタルトを作ります。タルト生地はパートシュクレを使いましたが、パートサブレでもどちらでもOK。タルト生地をタルトリングに敷き込んでからアーモンドクリームを [続きを読む]
  • 基本のタルト生地
  • 「タルト生地」と言ってもいくつか種類があり、中に入れる材料によって使うタルト生地も違ってきます。今回はタルト生地の違いとレシピを紹介します!タルト生地の種類甘みの少ないパート・ブリゼ、カリカリ食感のパート・シュクレ、サクサク食感のパート・サブレ。今回はタルト生地の特徴とそれぞれの使い分け方、美味しく作れる基本のレシピを紹介します。パート・ブリゼ(Pâte à brisée)/パータ・フォンセ(Pâte à fonce [続きを読む]
  • カプリ島のチョコレートケーキ | トルタ・カプレーゼ
  • 南イタリア・カプリ島のチョコレートとアーモンドのケーキ トルタ・カプレーゼのレシピトルタ・カプレーゼって?トルタ・カプレーゼは南イタリア、ナポリのあるカンパーニャ州にあるカプリ島で生まれたケーキです。起源はイタリアのお菓子にしてはまあまあの新顔で1920年頃。カプリ島のカルミネ・ディ・フィオーレという調理人がケーキに小麦粉を入れ忘れて焼き上げてしまい、出来上がったのが外側がカリッと、なかがしっとり [続きを読む]
  • フランスの伝統菓子・さくらんぼのクラフティ
  • 季節の果物・さくらんぼと家にある材料を混ぜて焼くだけ、家庭でできる優しい味の伝統菓子・さくらんぼのクラフティのレシピクラフティとは?クラフティが生まれたのはフランスの中南部、リムーザン地方。卵に砂糖、牛乳、小麦粉を合わせてさくらんぼをたっぷり入れて焼き上げた素朴なお菓子です。生の新鮮なさくらんぼが手に入る時期に手軽に家庭でできるお菓子で、素朴な優しい味わいです。生地はバターや生クリームを入れてアレ [続きを読む]
  • 焼きっぱなしのしっとり濃厚ブラウニー
  • 混ぜて焼くだけ・しっとり濃厚なブラウニーのレシピ簡単で間違いのない美味しさのブラウニーブラウニーってすごいなぁ・・・と作るたびアメリカ菓子のすごさに感心するお菓子です。材料を順番に混ぜ合わせていくだけで難しい手順がなく、溶かしバターを使うのでバターを常温に置いて柔らかくして・・・といった下準備も必要なく、ゴムベラでぐるぐる混ぜてオーブンに放り込めばいいだけ。出来上がりは生チョコのようなしっとりに焼 [続きを読む]
  • エスプレッソコーヒー風味の白いパンナコッタ
  • 生クリームを使ったもっちり濃厚食感・白い色なのにコーヒーの香りいっぱいのパンナコッタのレシピイタリアの北・ピエモンテ生まれのパンナコッタイタリアは南北に長くてなんとなくナポリやシチリアの南国のイメージが強いですが、北はスイスと接していてアルプス山脈に近いので良質の生クリームやバターが作られます。そんなスイスとの国境の州のひとつ・ピエモンテで生まれたパンナコッタ。パンナコッタは「生クリームを煮た」 [続きを読む]
  • マカロンの原型・柔らか食感アマレッティ
  • 小麦粉もバターも入らない、アーモンドの香り豊かなイタリア生まれのビスコッティ、アマレッティのレシピアマレッティでどんなお菓子?アマレッティはアーモンドプードルと卵白、砂糖だけを使ったシンプルな材料でできるお菓子です。小麦粉もバターも入らない分とても軽い食感。たっぷり入ったアーモンドの風味が豊かで、イタリアのオリジナルのレシピではアーモンドプードルと「マンドルレ・アマーレ」と呼ばれるビターアーモンド [続きを読む]
  • 並んだいちごが華やか・フレジエ のレシピ
  • 綺麗に並んだいちごが華やかなフランス版ショートケーキ・フレジエ のレシピフランス版ショートケーキ、フレジエ日本で定番のショートケーキのフランス版、というべきフレジエ 。違いはまずその見た目でわかるように、いちごの断面が綺麗にならんでいます。このデコレーションが独特で華やか。側面をホイップクリームでナッペしてしまうショートケーキを見慣れていると新鮮に映ります。中のクリームもショートケーキと違います。 [続きを読む]
  • 基本のジェノワーズ
  • ケーキの土台になるスポンジ生地、ジェノワーズ。初心者でも失敗しないコツを徹底解説!お菓子づくりの基本、ジェノワーズ いつも思いますが、お菓子づくりって基本のものほど難しい。こんなにコツや失敗への落とし穴満載のお菓子が基本とは、先が思いやられる・・・と思いますが、基本のレシピをマスターすると、食材のいろんな特徴が理解できてお菓子づくりに応用がきくようになるのですよね。ただ基本であって、初心者向けと言 [続きを読む]
  • フランスの日常おやつ・クレームキャラメル | プリン
  • 濃厚でとろけるクレームキャラメルをお家で失敗なく作れるレシピ身近なおやつ、クレームキャラメル | プリン。たまご、牛乳、砂糖だけのシンプルな材料でできるとても身近なおやつ・・・なのですが簡単にできると思うと大間違い、キャラメルの焦がし方やソースの固さ、プリン生地の火の入れ方などちょっとしたタイミングで食感が変わる、奥の深いお菓子のひとつです。家庭でも失敗がなく作りやすいレシピを考えてみました。キャラ [続きを読む]
  • 材料6つ!濃厚レアチーズケーキ
  • オーブンを使わない+混ぜて冷やすだけ。 簡単超濃厚レアチーズケーキ のレシピ!ニューヨークチーズケーキのような焼いたチーズケーキに比べて、レアチーズケーキ はインパクトがあまりないふわふわのものが多くて、それはそれで美味しいのですが、ニューヨークチーズケーキに負けないようなもっと濃厚でリッチな食感のチーズケーキをずっと作りたいと思っていました。シンプル・濃厚なレアチーズケーキこのレシピは材料がとて [続きを読む]
  • アマルフィで習った、レモンとくるみのパスタ
  • イタリアを代表するレモンの産地、アマルフィで習ったレモンとくるみのパスタのレシピアグリツーリズモとはイタリアで語学学校へ通っていた頃、夏休みを利用してアマルフィのアグリツーリズモで働かせてもらったことがあります。アグリツーリズモとは agri=農業の、tourismo=観光、のことで農村などの田舎で休暇を過ごすことや、その施設をさします。美しい海岸が続き温暖で風通しの良いアマルフィにはたくさんの観光客がバカンス [続きを読む]
  • 【保存版】お菓子作りと砂糖 ? 砂糖の役割・種類と選び方
  • 砂糖の種類はたくさんあってどれを選んで良いのかわからないことがありますよね。どのお菓子にどの砂糖を使ったらいいのだろう?砂糖控えめにしたいけどどのレシピでどれだけ砂糖を減らせるだろう?いろんなお菓子を作れば作るほど疑問が湧いてきました。たくさんの疑問を解決するために、砂糖の種類や、お菓子作りに砂糖はどんな効果を果たしているのかまとめてみました!  砂糖の原料・サトウキビ・甜菜(ビート)・その他(砂 [続きを読む]