まちづくりコンサルの独り言 さん プロフィール

  •  
まちづくりコンサルの独り言さん: まちづくりコンサルの独り言
ハンドル名まちづくりコンサルの独り言 さん
ブログタイトルまちづくりコンサルの独り言
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ta1951
サイト紹介文商店街支援やまちづくりを支援している中小企業診断士のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 135日(平均2.3回/週) - 参加 2018/03/09 16:44

まちづくりコンサルの独り言 さんのブログ記事

  • 巣鴨駅前商店街振興組合
  • 巣鴨駅前商店街振興組合 巣鴨駅前商店街ソーラーアーケード等整備事業 人にやさしい、地球にやさしいまちづくり! きれいな地球のおてつだい!巣鴨駅前商店街はJR巣鴨駅から南北に国道17号線(中山道)を挟んで国道沿いにある商店街です。国道17号線は道路拡幅事業によりユニバーサルデザインを取り入れた歩道整備されるなど人にやさしい商店街を実践してきています。商店街には、平成3年に設置した全長270mの勾配屋根型アーケ [続きを読む]
  • 佐伯祐三と同記念館 2
  • 佐伯祐三と同記念館 2この落合の地で佐伯が生活し、創作活動をしたのは、米子夫人と長女彌智子と共に、フランスに向かう大 正12年までと、大正15年に帰国し、再びフランスに渡る昭和2年までの合わせて4年余りにすぎません 。佐伯はその後満30歳で死去するまでの6年足らずの画家生活の間、2回パリに滞在し[2]、代表作の多くはパリで描かれている。第1回のパリ渡航は1924年(大正13年)1月から1926年1月までで、約2年の滞在であった [続きを読む]
  • 佐伯祐三と同記念館
  • 佐伯祐三と同記念館 新宿区中落合2−4−21 目白通りから聖母坂通りを下落合駅の方面に向かい、路地に入りしばらく歩き幅1メートル半ほどの小道の先に新宿区立佐伯祐三アトリエ記念館があります。 明治31年、大阪市北区中津二丁目にある光徳寺の男4人女3人の兄弟の次男として生まれた。大正6年、東京の小石川(現・文京区)にあった川端画学校に入り、藤島武二に師事しました。旧制北野中学(現・大阪府立北野高等学校)を卒業し [続きを読む]
  • 第31回 下町七夕まつり
  • 第31回 下町七夕まつり 日時:平成30年7月5日(木)〜9日(月)場所:かっぱ橋本通り商店街主催:下町七夕まつり実行委員会約1.2キロメートルかっぱ橋本通りには、彩り鮮やかな笹飾りやくす玉が飾られます。期間中にはパレードが行われ、観客が短冊に願い事を書いて笹竹に吊るす参加コーナーなど、楽しいイベントが行われます。中心の土日は、7日[土曜日]午前10時〜午後8時、8日[日曜日]午前10時〜午後7時の間、かっぱ橋本通りは [続きを読む]
  • 千葉市
  • 千葉市 千葉県のほぼ中西部に位置し、東京都心へおよそ直線で40kmの地点にあります。地形は、臨海部および各河川下流域に広がる平地と、周辺部の台地から構成されます。郊外や臨海部を中心に大規模な住宅団地が多くある一方、若葉区、緑区には自然が多く残されており、森林や田畑の広がる豊かな農村地帯と住宅地が共存しています。かつての海岸線は現在の国道14号・国道357号・国道16号が走る線にほぼ等しく、遠浅の海が広がって [続きを読む]
  • 栄町市場商店街振興組合
  • 栄町市場商店街振興組合 所在地 沖縄県那覇市安里381 那覇市安里にある「栄町市場」は、戦前、県立女学校(ひめゆり学徒隊)の校舎があった場所です。校舎は戦争でなくなってしまいましたが、復興時に“再びこの地域が栄えるように”と願いを込めて“栄町”が誕生しました。現在、当時とほとんど変わらぬ姿で、日本にただ一つ残された歴史の証人と言える市場です。 国際通りを安里方面へ、安里の三差路を右折すると、ゆいモノ [続きを読む]
  • 八軒通り商店街
  • 八軒通り商店街  那覇市内で観光客がもっともにぎわう公設市場の近く平和通りとむつみ通りをつなぐようにあります。近隣には入り組んだ路地がたくさんあり、多くの店が混在しています。細い路地で、この路地にある店は、洋品店、化粧品店、雑貨店など8軒があります。それが名前の由来、そのほかに戦後間もないころおいしい食堂が8軒あったのが由来ともいわれています。数ある路地の中で、このネーミングで印象を深くしています [続きを読む]
  • 泡盛ともずく
  • 泡盛ともずく泡盛といえば「残波」というぐらい定番の泡盛です。沖縄の居酒屋では、ほぼ確実においており「ザンシロ」の愛称で呼ばれいます。もう一つが、城(ぐすく)の5年物の古酒5千900円です。プレミアムと箱に書かれています。包装がとても良い。沖縄県産の太モズク500g350円、牧志公設市場近くの「ミヤギミート」というお店で購入した。他のお土産屋で買うより、値段が半分から3分の1といわれていて、地元の方々が利用して [続きを読む]
  • 「沖縄そば」と「ソーキそば」の違いは
  • 「沖縄そば」と「ソーキそば」の違いは普通食堂等で「沖縄そば」といえば一番ベーシックな形のもので、トッピングが三枚肉、かまぼこ、ねぎ、紅生姜等です。「ソーキそば」は「沖縄そば」と麺、スープは同じです。乗っているお肉が違います。「ソーキ」は豚のあばら骨の所の骨付きのお肉(スペアリブ)で甘辛の味付けになっています。「沖縄そば」より「ソーキそば」の方がお肉のボリュームはあります。どちらもおいしい買った。 [続きを読む]
  • ソーキそば田舎
  • ソーキそば田舎牧志公設市場そばにあるソーキそばが激安な店です。国際通りのドンキホーテ横の道から裏道風な商店密集地をを歩くと黄色に赤い文字で「ソーキそば専門 390円」の文字が見えます。初日の牧志一帯をぶらぶらを歩いていて発見しました。350円の上に390円の文字が張られていました。これはいかないではいられない。入口そばに番犬ならぬ番ゴリラのぬいぐるみがあります。何の意味かは不明です。中には50歳ぐらいのおば [続きを読む]
  • 第一牧志公設市場
  • 第一牧志公設市場沖縄県の食材が一同に集まり「沖縄の台所」として60年以上の歴史を持ち、沖縄の「食」を体感できる那覇最大の観光スポットです。経営者はほとんどが県外か、中国の方のようです。同市場は、第二次大戦が終わって間もない1951年に開設し、市場内のお店はほとんどが創業50年から60年と、歴史が長いのが特徴です。市場外のアーケードには、県産の野菜、フルーツ、お酒、お土産品が、「公設市場入り口」の扉を入った中 [続きを読む]
  • 同潤会アパート 清洲寮
  • 同潤会アパート 清洲寮 今日は創業を支援した足裏マッサージのお店を訪問した。清洲橋通りに面して、「清洲寮」 といい、都内でも数少なく残っている同潤会アパートの集合住宅である。 関東大震災の復興住宅として昭和8年(1933年)に造られた鉄筋コンクリート4階建てのアパートである。中まで訪問してきた。当時としては相当モダンであったお思われる。南側には霊岸寺のお墓が見える。江東区の下町エリアで、今、注目を集めてい [続きを読む]
  • &LOUNGE(アンドラウンジ)
  • 日本酒×生ワインバル&LOUNGE(アンドラウンジ)は、合同会社LIBが運営する美味しいお酒と体に優しいフードをカジュアルにお楽しみいただけるバルです。日本酒が初めての方や、飲み慣れていない方にも唎酒師がお好みの一杯を見つけるお手伝いします。選び抜かれた30種類近くの純米酒、地元深川ワイナリーさんのタンク直詰めの生ワイン等を取り揃えております。捕れた時だけご提供できる和歌山の猟師さん直送のジビエや自家製燻製な [続きを読む]
  • ハロー西荻
  • ハロー西荻2018年 5月26日(土)〜 5月27日(日)JR西荻窪駅は1日の乗降客数が約8万4000人で、杉並区内のJR4駅(高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪)の中ではもっとも少ないが、個性的な店が多く集まる街として今、注目されています。 西荻窪には駅を中心に23の商店街があり、飲食店だけでも約300店が軒を連ねています。それ以外にも趣味や暮らしにまつわる専門店が数多く存在し、入りやすい店が多いことも魅力になっています。西荻 [続きを読む]
  • 三社祭
  • 三社祭 東京・浅草の浅草神社の祭りで、5月の第3金曜日から週末の3日間(今年は18日、19日20日の金・土・日)行われ、百数十万人の見物客が訪れます。神社の三つの本社神輿が最終日の午前6時に境内から担ぎ出されるのが宮出し。地元44町内をそれぞれまわり、神社に戻る(「宮入り」)。もともとは「氏子」と呼ばれる地元住民の祭礼でしたが、後継者不足が続いた昭和30〜40年代ごろから、浅草外からも担ぎ手を集めるようになり、外 [続きを読む]
  • 池袋本町通り商店会の取り組み
  • マイナンバーカード 商店街で買い物OK池袋本町通り商店会の取り組み 豊島区は平成29年11月1日からクレジットカードのポイントや航空会社のマイルを自治体独自のポイントに交換し、区内の商店街で買い物に使える実証実験を始めました。東京都内では初の試みで、7商店街と協力し、マイナンバーカードの普及と地域経済の活性化を目的としました。 今回の事業は総務省が全国の自治体と連携して進める施策の一つで、クレディセゾ [続きを読む]
  • 下高井戸商店街 2
  • 下高井戸商店街 2(3)販促活動 ①しもたかステーション  平成17年7月「ずーっとしもたか」をキャッチフレーズに「しもたかステーション」を開設し、お客様のサービスの窓口、お休み処、冷水・温水の無料サービス、AEDの設置、バリアフリーのトイレ、おむつ替えベビーベットの設置、荷物の一時預かり、宅配、手ぶら便、イベント等の中心施設として、さらに商店街の情報発信基地として個店や地域情報を発信、組合員は無料で店舗 [続きを読む]
  • 下高井戸商店街 1
  • 下高井戸商店街 1(1)下高井戸商店街振興組合の歴史 大正2年に笹塚から調布まで京王線が開通し、下高井戸の駅ができました。大正12年の関東大震災では、被害を受けた人が郊外に移り、下高井戸の人口は増加しました。大正14年には東急世田谷線が三軒茶屋から下高井戸まで開業し、駅周辺には店舗が急激に増加し、昭和の初めには60店舗ほどに増加しました。昭和10年頃には商和会商店連盟を結成し、販促活動を行うようになり、昭和4 [続きを読む]
  • 中村彝(つね)アトリエ記念館とアートの小路
  • 中村彝(つね)アトリエ記念館とアートの小路 新宿区下落合3丁目に新宿区立中村彝アトリエ記念館があり、この記念館の前の小道を「アートの小路」と名付けていて、近くには佐伯祐三アトリエ記念館もあります。中村彝(つね)は大正期に活躍した洋画家で、大正5年(1916)、新宿区下落合にアトリエを新築しました。この下落合に残る彝のアトリエを復元・整備し、平成25年3月17日(日)から新宿区立中村彝アトリエ記念館として公開し [続きを読む]
  • 小松川公園のネモフィラ
  • 小松川公園のネモフィラ ネモフィラは北米原産のハゼリソウ科の一年草で約20種があり、代表的な栽培種はネモフィラ・メンジェシー(和名ルリカラクサ)で高さ20cmほどになり、全草に粗毛があり、分枝性に富み、株が広がります。小葉は7〜9枝分かれし、花は径2cm内外の杯形で青色になります。涼しく乾燥した気候を好むため日本では主に秋まき一年草として栽培されています。ネモフィラが咲いている場所としては、国営ひたち海浜 [続きを読む]
  • 亀戸五丁目中央通り商店街
  • 亀戸五丁目中央通り商店街 4月28日から5月8日まで商店街中にこいのぼりが泳ぐ商店街、亀戸駅の北側、明治通りから東武線踏切先までの東西660メートルに渡る商店街です。毎年4・5月の連休に開催される「こいのぼり祭り」では、LED街路灯が整備された商店街中にこいのぼりが泳ぎます。期間中にスタンプラリーも開催致します。 [続きを読む]
  • オーストラリアのデパートの現状
  • オーストラリアのデパートの現状 豪の老舗百貨店マイヤーが経営不振に陥っている。老舗の高級百貨店であるが、ネット通販の復旧で採算が悪化している。業績不振で引責辞任した最高経営責任者(CEO)の後任は不在のままで、4月に入ると同業のデビッド・ジョーンズによる買収報道が流れるなど環境が悪化している。デビッド・ジョーンズも20104年に南アフリカの小売り大手のウールワースにより買収されている。 マイヤーは1900年創 [続きを読む]
  • 亀戸天神「藤まつり」
  • 亀戸天神「藤まつり」2018年5月6日まで開催 昨日は仕事のついでに、天神の藤を見てきました。平成30年年4月15日(日)から5月6日(日)までの期間、東京江東区の亀戸天神で「学業講祭・藤まつり」が開催されます。開花状況は"満開"の見頃になっています。日没後にはライトアップも行われる、藤の名所・亀戸天神の初夏のお祭りです。2018年4月18日(水)現在の開花状況は、満開の見頃を迎えています。江戸の名所として五代将軍綱吉公、八 [続きを読む]
  • 平成29年度はばたく商店街30選
  • 平成29年度はばたく商店街30選 中野ブロードウェイ商店街が平成29年度はばたく商店街30選に選ばれました。地域の特性・ニーズを把握し創意工夫を凝らした取組により、地域の暮らしを支える生活基盤として商店街の活性化や地域の発展に貢献している商店街を「はばたく商店街30選」として選定されました。 [続きを読む]