アルベルゲ長野 農家民宿 さん プロフィール

  •  
アルベルゲ長野 農家民宿さん: アルベルゲ長野 農家民宿
ハンドル名アルベルゲ長野 農家民宿 さん
ブログタイトルアルベルゲ長野 農家民宿
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/alberguenagano
サイト紹介文楽しいお食事もできます。ぜひお越しください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 161日(平均8.6回/週) - 参加 2018/03/10 17:40

アルベルゲ長野 農家民宿 さんのブログ記事

  • お盆休み最終日
  • 東京から来ている孫たちの盆休みも最終日になりました。今日はお昼にそうめん流しならぬ蕎麦を流そうということで、朝から近所の知り合いの竹藪から手ごろな竹を頂き、加工して設置して孫たちが起きるのを待っているところです。いま現在午前十時八分です。昨夜ちょっと遅くまで花火遊びをやっていたのでね。この分だと朝食兼昼ご飯になるね。蕎麦流しの後は、桃の食べ放題をやるらしい。昨年のことが強烈に記憶に残っているのだろ [続きを読む]
  • 送り火
  • 昨日少し遅くなってお盆の馬の向きを変えた、仏様たち無事帰れたかなーという思いで今朝を迎えています。ここで素朴な疑問?馬ってどこからどこまで乗るのだろうね、例の渋滞とかは無いのだろうか?でもよく考えると宗教が変われば、その移動手段も変わるのだろうね?でなければ偉いことだよ!なかには船で行く仏もいるだろうし。と言うことは上り下りが有るわけだよね!それとも穏やかな流れの川なのかなー!或いは天使に乗って行 [続きを読む]
  • 現在の我がふるさと ”有旅”
  • 今朝早く例の見回りに(罠)出かけた際、裏山から望む我が有旅の一角を眺めていて、そうだ写真に収めておこうと思って、パシャ、パシャと二枚撮った。見回りと言ったが、実は今日は孫と行く予定になってる、ところが普段は自分一人でバイクで行くのだが、孫と行くのだから軽トラックで行かねば、しかし罠のすぐそばまでは軽トラでは難しいので、やむを得ず先にそこの罠だけ見てこようとひとりで行った。そこで我が家の方を眺めてい [続きを読む]
  • 雨でお流れ
  • 待ちに待った待望の盆踊りが雨で中止となった、せっかく準備をして待っていたのに、残念!!役目を終えて妻が帰宅したのは九時前かな?その間、一人で孫たちを待っていた私は、することもなく、録画してあった洋画を観てました。妻が帰宅し今度は二人で息子達の着くのを待ちました、結局十時過ぎにようやくつきました。それから先ずは一杯ということになったのだが、なにせ疲れているのでお酒もそこそこにおやすみなさいとなりまし [続きを読む]
  • 迎え火?
  • はなから言い訳になるけど、海外生活が長かったせいで、日本の伝統文化というものをあまり理解していないのです。妻に聞いたり、見よう見まねで色々なことをやっている次第です。例えばお盆の行事とでもいおうか迎え火、送り火更には仏様を迎える馬と言うものを、野菜で、馬に見立て作るという風習なるほどなと思います。でも仏様って毎年間違いなく帰ってくるんだよね"GPS"でも備えているのかな?それから道中渋滞しないのかな? [続きを読む]
  • 明日は待望の盆踊り
  • 今年も又盆踊りがやって来た、今年は妻が役員を仰せつかったので何かと忙しいみたいです。午前中いっぱいでほぼ準備は済ませて、夕方から最後の仕上げに掛かり盆踊りは七時から開始で九時までつずきます。様々なアトラクションがあり、特に子供たちには盛沢山ではないかな。やぐらを組みライトをつけて提灯を下げて....私は孫たちが東京から来るのを家で待っていなければならないので、盆踊り会場には行けません。孫たちが早く着け [続きを読む]
  • 動物たちのつぶやき?
  • 今朝いつも通り罠を見回ったらば、依然はじいた罠がまたはじかれていた。そこで動物たちのこんなつぶやきが聞こえたような。フン!!こんなへぼ罠に掛かるか!!もっとマジに罠を掛けろよ!そんな掛け方だから獣にはじかれるんだよ!どうせ素人なんだろう?俺たちを捕まえたかったら、もっと罠の掛け方勉強しろよ!そんな掛け方だったらバレバレなんだよ!どんな間抜けな獣でも掛かりはしないだろうな。と言っている獣たちのつぶや [続きを読む]
  • 美味でございます。
  • ある住職の奥様からとても美味しい食パンを頂きました、以前にも頂いたことがあって、それはそれは美味しい美味しい食パンなのです。我が家ではピザは得意なのですが、パンは窯の温度調整が難しくてあまりうまく焼けません。と言うのも、ピザを焼く温度は約500度ですが、パンの場合はどのくらいの温度かわからなくて、あまりパンは焼いていません、小さなパン焼き器はあるのですが、最近使ってなくて、時々使ってみようと思って [続きを読む]
  • 動物たちのボヤキ
  • いつも思うのだけれど動物だって時々、或いはいつもぼやいているはずだよね、例えばさ、例のハクビシンたちがぼやいたとさ、例年通りあそこの畑へ行ってトウモロコシを食べるのだけど、今年のは甘みが少なかったとかさ。或いは今年のは粒がそろってないぞとか、まさか動物たちはトウモロコシが受粉不足で実が不ぞろいだったってこと知らないだろうからな。それも知らずに勝手ななことを言っているよ。ま〜それは置いといてぼやきの [続きを読む]
  • "ODONTO" 一年ぶりの歯の治療
  • 約一年ぶりに歯石取りに歯医者さんい行ってきた。、妻と二人で。本来は六か月に一度の頻度で通院しなければいけないのだけれど、どうしても何だかんだと用事があって、治療が後回しになる。当然歯に良い訳はないよね検査の結果一か所に虫歯になりそうな箇所があったよ。まだ治療は必要ないけど歯ブラシと歯間ブラシの併用で何とかなるとのことです、どうも手抜きをしてしまい歯間ブラシを使わず歯磨きを済ませてしまう。まだまだ歯 [続きを読む]
  • 夏休み作戦
  • 要約孫たちの夏休みの日程が決まりましたとメールが届いた。奇しくも上の子が滞在中に誕生日を迎えるので、一緒にお祝いをしてほしいとのこと、そこで色々とスケジュールを練っています。滞在中に出かける予定もあるようで帰って来てからパーティーをということです。初日は夜に到着するのでもう何もせず寝るだけです。二日目は孫たちと竹を切りに行って、割って、節を取って、それを流しそうめんではなく、蕎麦を流そうというわけ [続きを読む]
  • 仇討ち
  • 毎年の事なのだけれども,たぶん獣にやられるだろうと分かっていても、さほど事前の養生もろくにしないで作物を作ってしまうんだよね。そしてもうそろそろ養生をしなければと思いつつも意外とそれが後手後手になっちゃって結局被害にあってから悔やむんだよね。今年も先に蒔いた普通のトウモロコシをハクビシンにやられ、つずいて今度はポップコーン用のトウモロコシをやられがっかりする私です。しかしトウモロコシたちよ安心して [続きを読む]
  • 雨不足なのに水害
  • 思い起こせば一か月前に豪雨災害で被害を受けて未だにほとんど復旧作業の方が進まず被災者の方々はとてもつらい思いをされる中皮肉にも他の地域では雨不足で様々な被害を受けています。人は水がなければ何もできないのですが、その雨も均等にその地域に必要に応じて降ってくれればいいけど、そんな訳にはいかないでしょう、だって降るときはやたらと大雨になるし、かと思えば雨が足りなくて以前もあったように各地の貯水ダムの水位 [続きを読む]
  • 我が家の完熟桃
  • 今朝も早くに例の罠の見回りを終えて何にも掛かっていないのを確認してから,畑へいきいま現在採れているイチジクと桃を見に行ったらばイチジク3個と落下した完熟桃を8個ぐらいとれた。落下と言ってもペットボトルで養生をしているので地上には落ちていないけど、宮崎の完熟マンゴーと同じで、ネットの中に落ちたら収穫というかたちです。それはいいとして、孫たちがくるまで持つかなーと言うのが問題なのだ。ま〜読者の方々には関 [続きを読む]
  • 猟友会篠ノ井支部射撃大会
  • べらぼうに暑い中猟友会篠ノ井支部射撃大会も無事終わりました。30名前後の参加者でかなり賑わいました。こういう大会は初めてなのでとても嬉しく参加させていただいてそしてとてもエンジョイさせていただきました。先ず北川支部長以下役員の方々ご苦労様でした。普段銃を持っていても有害駆除の止めさしだけに月に数発撃つだけですと、腕もへったくれも無く、まして射撃の技術が上達するはずもなく、やはり定期的に射撃場に行き射 [続きを読む]
  • 新聞の反応
  • 先月の14日、21日、28日と上、中、下という形でわたしのことがシリーズで週刊長野紙に載せて頂きました。それおある知り合いの方が切り抜きとして取ってあるということを今日本人にお聞きしました。先日も病院と薬局の方に新聞を見たという話をお聞きしました。色んな方々にそういう話をお聞きすると本当にうれしいですね。かかりつけの先生には、あなたは有名人ですよと言われました。週間長野の方たちには感謝の気持ちでいっぱ [続きを読む]
  • 孫待ち桃とイチジク
  • あと十日しないと孫たちは来ない、それまで是非木に残しておきたいものですが毎日数個の桃が落下してしまいます。この調子だと孫たちが来るまで何個の桃が残っているかな?昨年は孫たちと一緒に桃を収穫したのですが、果たして今年はどうでしょうか。それからトウモロコシも昨年同様孫たちともぎたかったのだけれど,今朝畑へ行ってみたら、昨夜のうちにほとんど獣に食い荒らされてました、多分ハクビシンだと思う。こん畜生と思わ [続きを読む]
  • 放棄されたリンゴの木
  • 昨年までは耕作されていたリンゴの木ですがことしからある事情で放棄されたリンゴの木です。このようにどれだけのりんごや他の果樹の木が耕作を放棄せざるを得なかったでしょうか。そのほとんどが高齢化で後継ぎがいないというのがほとんどでしょう。ますますこのような現象が多くなっていくでしょう。この先どうなるのでしょうか?私が住む地域だけでもあと数年すればかなりの農家が耕作できなくなるでしょうね。ホームページ [続きを読む]
  • 定期健診
  • 今日は三か月ごとの定期健診で病院を訪れた、先生に新聞に載ったんだってねて言われびっくりしました。こんなところまで反響があるとは思ってもいなかったので意外でした。先日取った血液検査はすべて正常ですよと言われてうれしくなりました。治療を終えて薬局へ行き薬を待っていたら担当の方にやはり新聞のことを言われ再びびっくり。そんなこんなで色々と嬉しくなって、家に帰って今夜はお祝いだといって早速宴会です。でも健康 [続きを読む]
  • 秋の気配
  • 暦上ではもうすでに秋なのかな?最近網戸にしていると涼しげな風が吹き抜けることが多くなってきました。それに畑に行ってもなにとんぼかは分からないけれど、トンボが目立つようになってきました。今日畑で薪を切っているときに、小休憩の時にトンボがひざの上に止まってるのに気が付き早速パシャとシャッターを押していました。毎日暑い日がつずきますが間違いなく秋が迫っているのは間違いないです。赤とんぼじゃないのでま〜ト [続きを読む]
  • 早くも今年の冬の薪作り
  • 今日から本格的に今年の冬に使うストーブ用の薪作りを始めました。少し早めに始めないと間に合わないので、と言うのも我が家では十月からストーブを炊き始めますからね。かなりの量の薪を消費します。お陰様で近所のリンゴ農家の方々にリンゴの木を切らせていただいていますから本当に助かります。一冬に使う薪の量は相当のものです。炊き始めたら朝六時半から夜九時〜十時までですから、お陰様で寒さしらずの冬を過ごさせていただ [続きを読む]
  • カイロプラクティック
  • 昨日と今日の午前中にカイロの常連患者様が治療に来てくださってました。この写真は以前のものですが。様々な治療をしています。もうかれこれ40年以上も前から治療をしています。最初に始めたのが26〜27歳ごろでしたね、当時はブラジルにすんでました。今でも本業は治療師ですからね。治療の合間を縫って畑で野菜や果物の手入れをしているわけです。更にわなを仕掛けて有害鳥獣駆除の方もやっています。因みに妻も同じく罠と猟銃の [続きを読む]
  • 久しぶりの
  • 今日お昼ご飯を食べていると突然電話が鳴り出てみると、最近獲物が罠に掛かっていなかったのか連絡が途絶えていたキャプチャー会の仲間からでした。すると久しぶりにイノシシが罠に掛かったから済みませんが止めさしをお願いとのことでした。即ち罠に掛かった獲物を銃で撃ち殺してくれとのこと。早速出向いて行って止めさしをしてあげました。久しぶりのことに少し興奮していたみたいで、従来の手順を少し忘れていたみたいだった。 [続きを読む]
  • Sobrino de Santo domingo
  • La moyoria de los sobrinos viven en santo Domingo.Algunos viven en Japón,una sobrina en Rúsia y un sobrino vive en Miami.En Brasil también viven vários sobrinos.Con unos de ellos me comunico a traves de internet.Yo también vivia en la República Dominicana durante seis años desde 1957 a 1963.Vivia en La Vigia Dajabón Província Libertador.Una pequeña colonia japonesa cerca de la frontera [続きを読む]
  • 新聞記事
  • 今日で3週連続で投稿していただいた記事が終わりました。14日付けはドミニカ編,21日はブラジル編そして28日即ち今日のは長野編でシリーズのような記事が終わりです。編集長殿には大変お世話になりました。誠にありがとうございました。特に担当記者の方には本当にありがとうございました。何度も、何度も我が家に来ていただいて本当にありがとうございました。興味のある方はいらして下さい、お待ちしております。海外ならではの変 [続きを読む]