カメラ散歩・ぐるぐる市川 さん プロフィール

  •  
カメラ散歩・ぐるぐる市川さん: カメラ散歩・ぐるぐる市川
ハンドル名カメラ散歩・ぐるぐる市川 さん
ブログタイトルカメラ散歩・ぐるぐる市川
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nemogeo1955
サイト紹介文還暦過ぎのオジサンです。地元市川市の歴史と景色を楽しみながらお知らせしたいと思います。
自由文市川市鬼高在住。還暦過ぎのオジサンです。歴史と写真が好きです。有名な観光地もいいですが、地元市川の歴史と景色をもっと楽しみたいですね。市川市は自然にも恵まれ、歴史的遺産も数多い魅力に溢れた街です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 198日(平均1.9回/週) - 参加 2018/03/11 13:49

カメラ散歩・ぐるぐる市川 さんのブログ記事

  • 市川大野 万葉植物園を訪ねて。風流だなぁ〜【3】 秋を探しに。
  • ●涼しくなってきました。久々の万葉植物園です。市川市万葉植物園 千葉県市川市大野町2-1857千葉県市川市が運営している植物園です。小さな庭園ですが、万葉集に詠まれている植物197種を集め、和歌とともに陳列されているのが特徴です。季節の草花を見ながら約1200年前の人々の色々な思いに触れることができます。JR市川大野駅から徒歩約5分 入場は無料です。↑ヤマハギのトンネルです。写真ではわかりにくいですが、ヤマハ [続きを読む]
  • 市川市行徳「野鳥の楽園」 長い夏が終わり秋の気配が・・・
  • いやぁ〜今年の夏は暑かったですね。真夏日や熱帯夜がこんだけ続くとブログの更新の街歩きも苦痛でした。さて暑さも一段落したようですので、秋を探しに街へ出てみましょう。今日は行徳の「野鳥の楽園」に来てみました。行徳近郊緑地は東京湾の埋め立てが進む中で、野鳥の生息の場所を保全する為に造成された緑地です。行徳鳥獣保護区と宮内庁新浜鴨場の二つに分かれており、後者は特別な開放日を除き一般は入場できません。↑:こ [続きを読む]
  • 市川市東山魁夷記念館。日本画が身近に感じられる美術館です。
  • 東山魁夷記念館は中山の法華経寺の裏、住宅地の中にある小さな美術館です。千葉県市川市中山1丁目16番2号洋館の白壁が夏の陽光に照らされています。日本画の美術館ですが洋風の建物です。今回は白黒写真でノスタルジックにまいりましょう。東山魁夷画伯は20世紀を代表する日本画家です。画伯は戦後まもない1945年から1999年に逝去するまで市川に居住していました。市川市東山魁夷記念館では嗜好をこらした企画展で画伯の色々な側面 [続きを読む]
  • 市川市、姥山貝塚、曽谷貝塚。遮光器2号と散歩してきました。
  • 姥山貝塚 千葉県市川市柏井町1丁目東西約130m、南北約120mの馬蹄形貝塚 縄文時代の集落が初めて発見された集落とのことです。↓この丘の上でたくさんの縄文人が生活していました。今日は遮光器2号がいっしょです。↓発見された竪穴住居のジオラマ(市川市考古博物館)成人男女各2名と子供1名、計5名の人骨、フグの骨も発見されており中毒死の可能性もあるが詳細は不明。↓発見当時の写真(市川市考古博物館)人骨が [続きを読む]
  • ぐるぐる市川・狛犬めぐり 国分 愛宕神社 どこかでお会いしたような?
  • 国分 愛宕神社 千葉県市川市北国分1丁目12−24この神社、狛犬さんもユニークですが参道入口の銀杏の木がスゴイ!社殿が建てられたころに植えられたとすれば、樹齢350年前後にもなります。「夫婦銀杏」と思いきやどちらも雄株だそうで「兄弟銀杏」ですね。どちらも直径2m近くあります。これだけ接近して植えられているのは珍しくありませんか?壮観な景色です。紅葉の季節にまた来てみましょう。兄弟銀杏が黄色に染まった姿 [続きを読む]
  • 土偶を作ってみました。50年ぶりの粘土こねこね!
  • 先日の縄文展(縄文1万年の美の鼓動)土器や土偶の美しさ・技術の高さに感動致しました。そして、自分でもなんか作ってみたくなったんですね。購入した縄文展の図録の写真を見ながら、50数年ぶりに手にした粘土で作業開始です。↑粘土はユザワヤさんで買ってきました。アーチスタフォルモ粘土(石粉粘土)500g 色は白・ブラウン・グリーンの3種ありますが土偶っぽいブラウンを選択。お値段は400円です。●できあがり〜(途中 [続きを読む]
  • 縄文展(縄文1万年の美の鼓動)に行ってきました。
  • 縄文展(縄文1万年の美の鼓動)に行ってきました。いつもは市川市とその周辺の話題なんですが、今日は遠出?して上野の東京国立博物館の「縄文展」に行ってきました。市川市にも多くの貝塚・遺跡があり、市の博物館にも土器、土偶の陳列はあるんですが、今回は全国から数多くの貴重な品が集合という事です。市川市の出土品も出店されています。↑上野駅です。外人さんが多いですね、半分ぐらいは外人さんかな。オリンピックに向けて [続きを読む]
  • 平和を見つめる写真展【市川市文化会館】
  • ●今日は8月11日。もうすぐ終戦記念日。市川市文化会館にて開催されてます「平和を見つめる写真展」を見てきました。●全世界で8000万人以上、日本でも300万以上が犠牲になった太平洋戦争。終戦から70数年経過して戦争経験者もだんだん少なくなってきてますね。私の父も赤紙で招集され外地を経験しましたが数年前に他界してます。以下は会場内の展示物です。↑出征兵士を市川駅に送る列。送る方も送られる方も本当はどんな気 [続きを読む]
  • 浦安市郷土博物館【思い出はモノクローム】
  • 浦安市郷土博物館 千葉県浦安市猫実1丁目2−7●今日は市川市のお隣、浦安市の郷土博物館を訪ねました。スクーターで20分程で着きます。今ではディズニーランドのイメージが強い浦安ですが元々は漁師町、高校の同級生で漁師の息子K君によくアサリを貰いました。また山本周五郎の「青べか物語」でも有名です。郷土博物館は市役所の隣にある近代的な施設です。施設の外には浦安の古い建物を移築したコーナーがあります。今回は [続きを読む]
  • 市川市納涼花火大会
  • 市川市納涼花火大会 8月4日(土)江戸川河川敷 千葉県市川市と対岸の東京都江戸川区合同の花火大会です。打ち上げ数は1万4000発。比較的おおきな規模の花火大会です。今日も昼間は35度の猛暑。さあ夕涼みに行きましょう。道路は渋滞中。始まったようです。土星のような花火も見えます。さあ先を急ぎましょう。会場に着きました。露店も出ています。あんず飴は大人気。夜空には見事な花火。次から次へと花火が打ちあがりま [続きを読む]
  • 原木中山駅近く、ミニストップ裏の田んぼに睡蓮?
  • 「アクア」さんから原木中山駅近くのミニストップの裏で睡蓮の花を見たとのコメントを頂きました。ミニストップの裏に睡蓮???、え〜睡蓮なんかあったっけ??裏はマンションだらけだと思ったけど・・・見に行ってきました「アクア」さんごめんなさい、ありましたありました確かに睡蓮の花が咲いています。原木中山駅から5分ほどのミニストップ。後ろはマンションが並びます。左はゴルフ練習場です。マンションとマンションの間に残さ [続きを読む]
  • 伊藤智通さんの写真展。市川市木内ギャラリーにて。(猫好きも必見)
  • 市川の四季風景の撮影を中心に活動されているカメラマン。伊藤智通さんの個展が開催されるとのことで早速お訪ね致しました。伊藤さんはwebサイト「まちメモ市川駅版」を主催されており、市川市の四季折々の風景写真を公表されておられます。ほのぼのとした猫の写真も多く猫好きの方は必見です。場所は市川市 木内ギャラリー 千葉県市川市真間4-11-4木内ギャラリー。木内重四郎氏の元私邸。木内重四郎氏は明治・大正期の政治家。 [続きを読む]
  • 市川市行徳の名刹。隠れキリシタンと七福神の全員集合。
  • 市川市行徳はその昔、行徳千軒寺百軒といわれたほどお寺の多いエリアだったそうです。今でも本行徳の寺町通り周辺にはたくさんの神社仏閣があります。今日はそのうちから特徴ある2軒(2山と数えるのが正しいのかな?)を訪ねてみました。日蓮宗妙覚寺。千葉県市川市本行徳15-20中山法華経寺の末寺。創建は天正十四年(1586年)。こちらに東日本で珍しい「キリシタン燈籠」なるものがあります。これが「キリシタン灯籠」下 [続きを読む]
  • 市川市に新名所。行徳ふれあい伝承館オープン。
  • ??国の有形文化財「旧浅子神輿店兼主屋」と休憩所のふたつが「市川市行徳ふれあい伝承館」としてオープンし、オープニングセレモニーがあるという事で早速伺ってきました。古くは塩の製造と海運の要として栄えた行徳。今は静かな住宅街です。この施設がきっかけで、皆が地元の歴史に興味を持つようになればいいですね。?建物は昭和4年の建築、木造2階建、切妻造桟瓦葺で後ろに背面に平屋建の居室。桟瓦のうねりが美しく、 [続きを読む]
  • 千葉県市川市の堀之内貝塚、考古博物館・歴史博物館
  • ??全国には約2300の貝塚があるそうです。そのうちの約700が千葉県にあり、市川市にも55の貝塚があります。貝塚と言えば縄文人が食べた貝の貝殻が集積した場所というイメージがありますが。その周囲には13000年〜2500年前の縄文人の生活の痕跡が見られます。住居の跡、埋葬した人骨、土器、石器、諸々の生活用具、食した貝、魚、獣、木の実・・・。??実は私、この5月から考古・歴史博物館の歴史カレッジを受講させて頂いておりま [続きを読む]
  • 市川大野 万葉植物園を訪ねて。風流だなぁ〜【2】
  • 千葉県市川市が運営している植物園です。小さな庭園ですが、万葉集に詠まれている植物197種を集め、和歌とともに陳列されているのが特徴です。季節の草花を見ながら約1200年前の人々の色々な思いに触れることができます。JR市川大野駅から徒歩約5分 入場は無料です。小さな池ですが鯉が悠々と泳いでます。女郎花(おみなえし)秋の七草のひとつで、奈良時代から観賞されていたという事です。黄色い花が印象的です。女郎花 [続きを読む]
  • ぐるぐる市川・狛犬めぐり 田尻【日枝神社】 5世代同居の大家族物語。
  • 雨の日が続きます。土日が雨だと散歩もできません。雨の中を撮影に行くほどの気力もありません(カメラ濡れるし)。雨がやみました。でもまたいつ降るかわからないような空模様です。そうだ近所の神社に行こう。ご近所の歴史を訪ねるのがブログの趣旨だ・・・という事で自宅から近い神社『田尻・日枝神社』を訪ねました。徒歩約5分です。このように入口が左が法栄山浄経寺、右が日枝神社となってます。このような場合はおそらく元々 [続きを読む]
  • 市川大野 万葉植物園を訪ねて。風流だなぁ〜【1】
  • ●市川市 『万葉植物園』を訪ねました。千葉県市川市大野町2-1857 JR武蔵野線市川大野駅から徒歩3分です。小さな植物園です。場所も少しわかりにくかったのですが、市川大野駅前交番のおまわりさんに丁寧に教えて頂きました。ありがとうございます。この植物園は万葉集に詠まれている植物197種を集め、和歌とともに陳列されているのが特徴です。市川市は伝説の美女・手児奈などが万葉集によまれていることもあり、この施設の他 [続きを読む]
  • ぐるぐる市川 狛犬めぐり 下総中山 安房神社 強面のシーズー犬?
  • ●千葉県市川市内には100を超える神社があり創建1000年を超えるものも存在します。市川市内とその周辺の神社をひとつづつ訪ねていこうと思います。神社自体を取り上げたサイトはたくさんありますので詳しくはそちらをご覧頂くことにして、参道の狛犬くん達に焦点をあてようと思います。●所説ありますが、おそらく狛犬はエジプトのスフィンクスをルーツとし、シルクロードを経由し、インドの影響も受け、中国、朝鮮半島を超えて渡来 [続きを読む]