田中 さん プロフィール

  •  
田中さん: 名無しブログ
ハンドル名田中 さん
ブログタイトル名無しブログ
ブログURLhttp://fanblogs.jp/nanasi00/
サイト紹介文みないでいいよ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 55日(平均6.0回/週) - 参加 2018/03/11 18:44

田中 さんのブログ記事

  • 不老不死のサンジェルマン伯爵の謎。数千年生きた男!
  • 【都市伝説】サン・シ゛ェルマン伯爵サン・ジェルマン伯爵という、10ヵ国以上の言語を自由に話せたという人物がいるそうだ。彼は18世紀のフランスに突然現れた。1760年代、パリの食事会にも彼は現れている。この時彼と話した人物は「彼は特別な薬のおかげで何も食べる必要がないとか、三千年以上も前のエジプトのクレオパトラやルイ15世にあってきた、などと話していた。また、自分は300歳だとも言っていた。」と、語っているのだ [続きを読む]
  • ヨーロッパを支配した名刀「ウルフバート」に世界が震えた!
  • 【衝撃】ヨーロッパを支配した名刀「ウルフバート」に世界が震えた!ヨーロッパの広域の戦場を支配した剣、謎の名匠による1000年先の技術の剣「ウルフバード(Ulfberht)」西暦800年から1050年ごろ極限られた精鋭バイキングしか持つことができなかったと言われる名刀です。この名刀、純鉄でできていますが、当時に純鉄を作る技術はまだなくヨーロッパにおいて純鉄に改めてお目にかかれたのは少なくとも1000年後でした。何故、ウルフ [続きを読む]
  • 京都人が嵐山に近づかない本当の理由! 歴史に隠された怨念とは
  • 京都人か゛嵐山に近つ゛かない本当の理由! 歴史に隠された怨念とは京都人が嵐山に近づかない本当の理由。結界の外にある嵐山は魔界への入口である。さて、この結界の位置を見ると、保津川地区方面にある嵐山は結界の外になっている。そのために嵐山には様々な怪異の伝説があるのである。平安時代は鬼とは霊と同じ黄泉の国に行った人の変わった姿であると考えられていた。そして、これらの鬼は髪や仏法の保護を受けることが出来な [続きを読む]
  • 地底王国アガルタは○○にある!?
  • 【衝撃】地底王国アガルタは○○にある!?地球内部は巨大な空洞になっておりそこにはハチの巣状になった洞穴都市と高度な文明があり特異能力を持つ人々や動植物が住んでいるという。そんな地球空洞説と地底王国「アガルタ」について今回はご紹介しましょう。理想郷この地下の理想郷は仏教やヒンドゥー教の伝承では、アガルタと呼ばれチベットに秘密の入口があるとされています。中央アジアではサンスクリット語で「静香で穏やかな [続きを読む]
  • 豊臣秀吉の家紋の意味と現在も日本政府が使用している理由!
  • 豊臣秀吉の家紋の意味と現在も日本政府が使用している理由!豊臣秀吉の家紋の意味は?政府が使っている理由について。豊臣秀吉の家紋は「桐紋」と呼ばれるものです。他にもひょうたんの馬標や妻の実家の木下家の家紋を使っていた時期もありましたが、秀吉の家紋と言えばやはり桐紋の事を思い浮かべることが多いと思います。この桐紋ですが、一体どのような意味があるのでしょうか?また、桐紋は日本政府や首相官邸にも使われている [続きを読む]
  • エリア51で研究中のUFOの原動力『反重力リアクター』と新元素の関係!
  • エリア51で研究中のUFOの原動力『反重力リアクター』と新元素の関係!エリア51で研究されているらしいUFOの動力源「反重力リアクター」の駆動エネルギー源が新しい元素115と関係があるかもしれない?!物凄いスピードを出したり広い宇宙を旅すると言われるUFOですが、その動力源がどうなっているのか謎とされてきました。実はエリア51の中にあるセクションS-4というところでUFOの動力源の研究が行われているらしいのです。セクショ [続きを読む]
  • 古代エジプト神話に登場する神は実在するのか?
  • 【衝撃】古代エジプト神話に登場する神は実在するのか?エジプト・ルクソール西岸のシェイフ・アブデル・クルナのネクロポリス(墓所)で、古代神話オシリス神の墓を再現した3200年前の墓が見つかりました。神話上の神の墓が実際の墓の中に見つかったのです。一体、どういう事でしょうか?オシリスとは?古代エジプト神話に登場する生産の神、そしてエジプトの王です。嫉妬から弟のセトに殺されバラバラにされてナイル川に棄てられま [続きを読む]
  • 太陽に出現する謎のポータルに世界が震えた!
  • 【衝撃】太陽に出現する謎のポータルに世界が震えた!我々の地球が存在する太陽系の中心太陽。太陽がなければ我々は生きていけないし、太陽の存在を知らない者など存在しない。だが、太陽の環境は大変特殊でありまだまだたくさんの謎に包まれている。そして、不思議な現象もたびたび見受けられる。知っているようで実は知らないことだらけなのだ。今回はそのうちの1つをご紹介しよう。UFOとポータル2014年8月、NASAとESA(欧州宇宙 [続きを読む]
  • 伝説の生物の証拠と真実に世界が震えた!
  • 【衝撃】伝説の生物の証拠と真実に世界が震えた!伝説や未確認生物などと呼ばれるものが必ずしも全て空想の生物とは限らない。ゴリラやパンダも19世紀に発見されるまではUMA扱いだった。そんな不思議な生物をいくつかご紹介しよう。ユニコーン額の中央にまっすぐ一本角が生えている。馬に似た生物ユニコーン・・・英紙「Daily mail」が報じたところによると現在は絶滅してしまったが、シベリアにかつて「エラスモテリウム・シビリ [続きを読む]
  • ボスニアで発見された世界最古の巨大建造物に世界が震えた!
  • 【衝撃】ボスニアで発見された世界最古の巨大建造物に世界が震えた!ピラミッドと言えばエジプト。世界最古のピラミッドは紀元前2700年に建てられたエジプトのジョセル王のピラミッド。そんな既成概念を覆す発見があったのをご存じだろうか?古代エジプトのピラミッドより遥かも昔に建造され大きさも世界最大のピラミッドが2005年に発見され話題になったにも関わらず、何故か未だに仮説扱いのピラミッドが存在するのである。一体、 [続きを読む]
  • 地球は何者かに守られている!?
  • 【衝撃】地球は何者かに守られている!?私たちの住む地球をよく「奇跡の星」などと呼んだりします。絶妙な偶然とバランスが取れた存在だからこそこのように生命に満ち溢れた星となっていると言います。本当でしょうか?どう奇跡なのでしょうか?どうして地球に生命が生まれたのでしょうか?生命が誕生する確率色々例えがあります。「バラバラにした時計の部品を箱に入れて、それを振り続けて時計が正しく組み上がるくらいの確率」 [続きを読む]
  • NASAが発見した第二の月「ミニ・ムーン」に世界が震えた!
  • 【衝撃】NASAが発見した第二の月「ミニ・ムーン」に世界が震えた!我々が住んでいる母なる地球。その周囲を衛星として公転している月これまで月は地球で唯一の衛星だと考えられてきたが、近年なんと第二の月が現れたというのだ。今回はその第二の月について詳しくご紹介していこう。月ってどんな天体?月は地球の衛星であり半径は1738?で、地球の約4分の1、質量は約81分の1である。表面重力地球の約6分の1で大気はほとんどない。 [続きを読む]
  • NASAが撮影した「巨大な亀裂」がとんでもなくやばい・・・
  • 【衝撃】NASAが撮影した「巨大な亀裂」がとんでもなくやばい・・・いつも私達を暖かく照らしてくれる、あって当たり前と思っている太陽がなんと真っ二つに割れ始めている!?という情報が届いています。もし本当に太陽に何かあれば私達の生活はどうなってしまうのでしょうか?文明崩壊の危機もし太陽に異変があれば最悪の場合電力・給水・医療・交通等の生活インフラ更には経済や安全保障も含めた国家存亡を左右する事態に陥りかねま [続きを読む]
  • 地球に隠された「真の役割」がとんでもなくやばい・・・
  • 【衝撃】地球に隠された「真の役割」がとんでもなくやばい・・・「自分はこの世(この星)に属してはいないのではないか?」と漠然とした不安にかられたことは無いでしょうか?なんとなく違和感を感じる・・・その不安の答えがここにあるのかもしれません。進化論の誤りダーウィンの進化論、特に「ヒトは猿から進化した」とする説には疑問が呈されることが多々あります。進化論ではサルから分化した集団が猿人・原人・旧人という段階 [続きを読む]
  • 自転の低下に伴い,地球の環境が大きく変化する!?
  • 【衝撃】自転の低下に伴い,地球の環境が大きく変化する!?地球の回転が遅くなると、地震が増えるこの「風が吹けは桶屋が儲かる」的な理論、アメリカ地質学会がが、相関関係を探り当てたそうです。どういうことなのか見ていきましょう。2018年に大地震が多発するコロラド大学のロジャー・ビルハム博士とモンタナ大学のレベッカ・ベンディック博士らの研究チームは地球の自転速度の変化を理由に「2018年に大地震が多発する可能性が高 [続きを読む]
  • 世界が終わるシナリオ 5選。
  • 【衝撃】世界が終わるシナリオ 5選。人類は既に何度か滅亡と復興を繰り返していると言われている。古代遺跡・オーパーツ等が、それを物語っているからだ。今後も、いつか太陽が地球を飲み込んで地球が滅亡するまでの間に人類が滅亡する可能性は大いにある。いくつか語られる「人類滅亡のシナリオ」早速見ていこう。1.人工知能(AI)の暴走大ヒット映画「ターミネーター」の様に高度に発達した人工知能が人類を敵とみなし、攻撃して [続きを読む]
  • 地球に1番近くて生命がいそうな星
  • 【衝撃】地球に1番近くて生命がいそうな星僅か11光年離れた宇宙に地球によく似た惑星が見つかったそうです。ヨーロッパ南部天文台(ESO)によると、この天体は赤色矮星(せきしょくわいせい)「ロス128」の周りを9.9日かけて回っており太陽系に向かって接近中のためたった7万9千年後には地球に最も近い惑星になる見通しとのことです。ご近所さんになる前に予習しておきましょう。赤色矮星(せきしょくわいせい)宇宙で最も平凡な恒星で銀 [続きを読む]
  • 13歳の天才物理少年が警告する「CERN実験」がとんでもなくやばい・・・
  • 【衝撃】13歳の天才物理少年が警告する「CERN実験」がとんでもなくやばい・・・2017年5月YouTube上に衝撃的な動画がUPされた。アメリカに住む13歳の少年によるCERN(セロン)実験への警告だ。その内容もさることながら13歳という年齢でこの事実に気づいたことは世界中を驚かせた。しかも、その警告の仕組みや考えを非常にわかりやすく自身の言葉で解説をしているのだ。13歳にしては落ち着いた雰囲気を持っている彼はいったい何者な [続きを読む]
  • ビッグバン以前の「宇宙の姿」に世界が震えた!
  • 【衝撃】ビッグバン以前の「宇宙の姿」に世界が震えた!遥か昔宇宙はある一点に集まっていた。しかしある時大きな爆発を切っ掛けに突然膨張を始めたのだ。そのきっかけは何だったのだろうか。宇宙の始まりの真実とは?今回は宇宙最大の大爆発ビッグバンについてご紹介していこう。ビッグバンとは?ビッグバンとは1948年にジョージ・ガモフが提唱した宇宙は火の玉から始まった、という現在最も有力な宇宙の起源についての説である。 [続きを読む]
  • 膨張を続ける恒星「ベテルギウス」がとんでもなくやばい
  • 【衝撃】膨張を続ける恒星「ベテルギウス」がとんでもなくやばい・・・広大かつ謎の多い宇宙空間に広がる無数の恒星。そんな恒星たちは今もどこかで新生と消滅を繰り返している。現在オリオン座を形成している恒星の1つベテルギウスが近々超新星爆発を起こす若しくはもう起きているのではないかと予想され注目されている。今回はそのベテルギウスが超新星爆発を起こすとどうなるのかについて詳しくご紹介していこう。ベテルギウス [続きを読む]
  • 熱は最高何度まであがるのか?
  • 【衝撃】熱は最高何度まであがるのか?絶対零度と絶対熱が何かの間違いで出会ってしまったら凄いことになりそうだと思いませんか?最強の絶対マイナスと最強の絶対プラスの出会いですからね。でもどうなるかを想像するためにも温度とは何かをまず理解しておかないと話になりませんね。それでは早速ご紹介していきます。まず温度とは何か?全ての物質は原子と分子で構成されています。この原子と分子は絶えず振動を繰り返し振動エネ [続きを読む]
  • 南極に封印された「堕天使」に世界が震えた!
  • 【衝撃】南極に封印された「堕天使」に世界が震えた!なぜか何となく魅惑的な響きのする「堕天使」という存在。そんな魅惑の堕天使が南極で囚われの身になっていると驚きの情報が飛び込んできました。早速ご紹介していきましょう。天使は今なお生きている2006年NASAは人工衛星を使った調査で雪原の下に巨大な電磁気異常を検出したと発表しました。重力異常が見つかったのは凍結した地表から848mの深さで直径は約243?にも及ぶと言 [続きを読む]
  • ダ・ヴィンチの正体に世界が震えた!
  • 【衝撃】ダ・ヴィンチの正体に世界が震えた!「ダ・ヴィンチ」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?有名な画家・天文学者・発明家?もしくは、予言者・哲学者?なんとなくミステリアスで何者かよくわからない。全て正解と言っていいでしょ。あまりに多種多様な才能が有り過ぎて「万能人(uomo universale)」という異名を持つほどです。そんなダ・ヴィンチの謎を今回は追ってみたいと思います。その人となりレオナルド・ダ・ヴィン [続きを読む]
  • 38年前,すでに人類は火星に行っていた!?
  • 【衝撃】38年前,すでに人類は火星に行っていた!?今のところ人類が地球以外に行ったことがあるのは月だけのはずです。それが「火星で人毛を見た」という驚きの証言があります。しかも、30年以上も前の事です。どういうことなのか確かめてみましょう。衝撃の証言2014年、「35年前私は、火星で人間を見ました。」と衝撃的な証言をしたのは「ジャッキー」と名乗るNASAの元女性職員。NASAで火星探査機ヴァイキングから遠隔通信で地球に [続きを読む]