まよっこ さん プロフィール

  •  
まよっこさん: 膝の脱臼と手術について
ハンドル名まよっこ さん
ブログタイトル膝の脱臼と手術について
ブログURLhttps://ameblo.jp/mayokko-party/
サイト紹介文反復性膝蓋骨脱臼の手術をします。 これまでの経緯や今後など、同じ症状の方と情報交換できれば幸いです
自由文子供のころから膝の脱臼を繰り返してきましたが、2018年4月ようやく手術となりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 129日(平均0.9回/週) - 参加 2018/03/12 14:39

まよっこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 術後4日目
  • 朝食は麺を8割くらい食べました。痛みが出て来るけど薬を飲んだら少し楽になりました。ロキソニンとトラムセット。 午前中、回診時に主治医による消毒があり。痛いですよね、すみませんと、先生(笑)服用のトラムセットの副作用としてむかつきなどがあるかもしれないと言われましたが、私は全く副作用はありませんでした。術後4日目にして、初めて傷を見ました。ものすごく腫れているし、変な色です。傷跡には血の塊がいっぱい [続きを読む]
  • 術後3日目
  • 消灯は22時です。動けないのでずっとベッドに横になっているのですが、とにかく痛くて眠れません。足だけではなくずっと仰向けの体勢でいるので、腰も痛いです。バスタオルを腰の下に敷いたりしていました。 0時頃、一人で少し右に寝返りをうちかけましたが、左ひざの持って行く場所が定まらず、やっぱりやめて仰向けに戻りました。が、動いたことで激痛が襲って来ました。あのガクガクと痙攣するような痛みが襲ってきます。本 [続きを読む]
  • 手術2日後
  • 前夜に飲んだ痛み止めが、朝の4時過ぎに切れてきました。再び強い痛みに襲われたためナースコールし、ロキソニンを服用。さらに1時間後、強い痛みが我慢できず、トラムセットを飲みました。 朝食に牛乳のみ飲みました。痛みで食べられません。この日は土曜日で、午前中に主治医ではない先生が来て、傷の消毒と膝のドレーンを抜いていきました。ですが、このときも足を持ち上げられるのが、めちゃくちゃ痛い。自分の足がどうなっ [続きを読む]
  • 手術翌日(入院4日目)
  • 手術翌日。 今思い出してもおぞましい痛みと闘いながら朝を迎えました。朝食はもちろん食べられません。寝返りを打とうとしても、激痛が走り断念。とにかく苦しくてつらい時間を過ごします。 午後になって初めて主治医と対面しました。傷の消毒があったのですが、包帯をほどくのがこれまた叫びたくなるほど痛い!足を動かすのがとにかくつらいのです。この痛みには、この先数週間、悩まされることになります。とにかく激痛で、耐 [続きを読む]
  • 手術当日(入院3日目)
  • 手術当日のこと。思い出される限り書きますが、あまり覚えていない部分が多いです。のっけからなんですが、とにかく激痛と闘う地獄の日々が始まりました。 6時過ぎ起床。ぐっすり寝たので頭痛は治ってました。血圧低め、微熱があり。 手術は午後の一番なので、8時から朝食が普通に出ました。昨夜もしっかりお風呂に入りましたが、9時にシャワーを浴びます。(しばらく浴びられないため)水分補給は9時までです。それ以降は絶 [続きを読む]
  • 入院1,2日目(術前)手術方法の説明と検査
  • 桜の季節、手術の2日前、午前中に入院しました。 案内された病室でまず、身長体重測定、血液検査、血圧、酸素脈拍測定、尿検査がありました。あとは、問診表の確認、入院生活についての説明や手術時の同意書など、色々な書類にサインをします。 その後、診察室へ向かい、主治医から手術の説明がありました。 まず、私の疾患について。(左)反復性膝蓋骨脱臼という病名をつけているけれども、習慣性亜脱臼かもしれない、もしくは [続きを読む]
  • 術後80日
  • ご無沙汰しています。手術から80日が経過しました。今の状況と、これから手術入院の様子を振り返って記していきたいと思います。 ひとまず今回は今の状態です。術後51日後に退院し、そのときは松葉杖の片方を借りて帰り、折り畳みの杖と併用していましたが、今は杖のみを使用しています。 お皿が外れるような感覚は今のところ全くありません。30度くらいの角度にしても、お皿が動く感じはなし。レントゲンも異常なしとのこ [続きを読む]
  • 持っていってよかったもの
  • 入院中です。術後15日目です。手術は想像以上の痛みでした。その後も痛みとの闘いで、本当につらいです。今はリハビリの痛みに苦しんでいます。詳しいことは後日まとめますが、 取り急ぎ入院生活に持っていって便利だったものを挙げますね。一般的な病院からのお知らせに書いてあるものなどは省いています。参考になれば幸いです。 ・S字フックと、・ベッドサイドにフックでかけておけるバッグや袋。 この2つ、動けない時間が [続きを読む]
  • 手術
  • 手術に行ってきます。午後一なので朝はご飯がでるそうです。9時から絶食、飲み物もダメ。その後シャワーを浴びて病衣のガウンと紙パンツに着替え、点滴が入り、時間まで待機のよう。 入院生活の詳しいことはまた後日アップします。 [続きを読む]
  • 入院の荷物
  • 明日から入院です。 別の病気で入院手術の経験があるのですが、前は入院前に術前検査をやりました。尿検査や肺活量など。あと、そこの病院で健診をやっていたので、その結果をみて血液検査や心電図などはやらなかったと思います。 けれども、今回はMRIやCTも入院してからやるようです。だから、2日前入院なのかなぁ? 入院の説明をしてくれた看護師さんも、前日に入院です……と言っていたので、基本は前日入院のようですが [続きを読む]
  • 今では珍しくない疾病
  • だと思うのですが、(タイトル)、ネットで検索しても、実際手術をされた方のブログがあまりないなぁ。 MPFLをされた方は見つかるのだけど。それでもそう多くないし、最近の方が少ない。 粗面を削って移動させた方になると、ようやく見つけた手術記などは、5年以上前のものだし、そもそもほとんど見つからない。 私のように毎日どこかに情報はないか?同じ手術をされた方はいないか? と日々捜している方はいないのだろうか? [続きを読む]
  • 手術まであと10日
  • 現状 ほとんど歩けない。痛みによるものではなく、膝の不安定感によるもの。少し曲げた角度から真っ直ぐまでの間が、ひどく不安定。いわゆる膝崩れを、二か月ほど前から起こしていましたが、筋力不足によるものといわれ、リハビリに勤しんでいました。けれども、一時期少しよくなった気がしていました(5分ほどの場所ならゆっくりでも歩いて買い物に行って帰ってこられるくらい)が、なぜか2週間前くらいから急激に悪化。どんど [続きを読む]
  • 脛骨粗面移行術
  • 手術方法については、脛骨粗面移行術だということがわかりました。 今、反復性膝蓋骨脱臼の手術として、よく用いられるのがMPFLという靭帯再建術だと、ネットで知りました。これが最新の手術らしいですね。 私の場合、どうしてMPFLじゃないのかな? そんな不安に苛まれていました。ですが、最初にかかっていた整形外科でも、脛の骨を削らないといけないかもしれないよと言われていたので、その通りの手術方法のようです。 自分な [続きを読む]
  • 手術のための受診
  • 近く整形外科のドクターから、膝の重鎮という先生を紹介してもらいました。ドクターは以前、そこの病院に勤務していたらしいです。 紹介状を持って受診しました。重鎮という先生の第一印象は、怖い!! でした。外来受付にその先生が一旦遣って来て、直接呼ばれました。物言いもかなり尊大な印象。 「これ何て書いてあるんだ!?」と紹介状を手に取りながら。(字が汚くて読めなかった模様)「膝のどこがはずれるの? お皿?  [続きを読む]
  • これまでの経緯
  • 初めて脱臼したのはおそらく、小学校の低学年。もう大昔の話で、それこそ30年以上前。初回については覚えていないけれども、記憶にあるのは体育の授業で鉄棒をしていたとき。片足を鉄棒にかけ、もう片方をぶらぶらとさせていた際、強烈な痛みを感じて脱臼しことを覚えています。おそらく左膝が脱臼した模様。私の脱臼というのは、一瞬外側に皿が外れてすぐに戻ってくるタイプのものです。強烈な痛みと腫れに襲われます。 その頃 [続きを読む]
  • 反復性膝蓋骨脱臼
  • 反復性膝蓋骨脱臼 小学生の頃から悩まされていた脱臼について、手術に至ってようやくそういう正式名称なのだと知りました。同じ病気で悩んでいる方、また手術をされた方など、情報交換をさせていただけましたら有難いです。 2018年4月に左ひざを手術予定です。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …