ナーリン さん プロフィール

  •  
ナーリンさん: スロベニア Slovenia
ハンドル名ナーリン さん
ブログタイトルスロベニア Slovenia
ブログURLhttp://sloveniaslovenia.blog.fc2.com/
サイト紹介文スロベニアの観光地、フェスティバル、イベント、グルメを紹介。周辺のクロアチアなどについても少し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 96日(平均2.8回/週) - 参加 2018/03/13 00:03

ナーリン さんのブログ記事

  • 中欧で最古のジーチェ修道院
  • にほんブログ村ジーチェ修道院予想以上に立派な修道院ジーチェ修道院(Žiče Carthusian Monastery)は1155年〜1165年にかけて創立された、スロベニア最古というより、中央ヨーロッパ最古の修道院です。その後、1531年にオスマントルコに襲撃されてから衰退が始まり、1782年に廃止となったので、現在は歴史的建造物として保存されています。友人がアドリア航空(スロベニアの航空会社)の機内誌で「ドイツ圏最古 [続きを読む]
  • リュブリヤナ城
  • にほんブログ村リュブリヤナ城全景お城の中庭リュブリヤナ城はリュブリヤナ観光の定番のひとつです。町の中心にあってアクセスもいいので、多くの観光客が訪れます。お城の歴史はガイドブックに任せて、ちょっと違った視点でお城を紹介してみます。展望塔の旗の違いお城の展望塔の上には通常は写真左の緑色のリュブリヤナ市旗が掲げられています。白と緑の地にユブリヤナ城とドラゴンを描いた旗です。しかし時々、白青赤のスロベニ [続きを読む]
  • ワイン祭り
  • にほんブログ村今週の土曜日6月16日11:00〜21:00、リュブリヤナの旧市街でワイン祭りが開催されます。毎年6月中旬と11月の2回、「リュブリヤナ・ワイン・ルート(Ljubljana Wine Route)」という名のワイン祭りが行われます。6月はサマーイベントとして、11月はその年に収穫したブドウのジュースがワインに変わるという聖マルティヌスの日(St.Martin‘s Day)に。ワイング [続きを読む]
  • スプリット(クロアチア)
  • にほんブログ村南仏ニースのイメージスプリットは古代ローマの遺跡が残る世界遺産の町。クロアチアで有名な3つの観光地と言えば、プリトビッツェ湖群国立公園、アドリア海の真珠といわれるドブロウニク(ドブロヴニクという呼び名は現地で通じませんので念のため)、そしてこのスプリットです。フヴァル島からの帰りを含めてこの町を3回訪れましたが、高速道路で山の方からスプリットへ下っていく時の景色が特に好きです。海辺の [続きを読む]
  • フヴァル島(クロアチア)
  • にほんブログ村フヴァル島はアドリア海に浮かぶ東西約80kmの細長〜い島。スロベニア人にとってクロアチアで最も有名な島となっています。最大の町がフヴァル(Hvar)、次がイエルサ(Jelsa)、3番目がスターリ・グラッド(Stari Grad)です。ラベンダー栽培が盛んで、ラベンダーの島とも呼ばれています。ザヴァラ(Zavala)というバスも来ない小さな村のペンションに滞在して、レンタカーも借りずにあちこ [続きを読む]
  • クロアチアの青の洞窟
  • にほんブログ村フヴァル港から出発青の洞窟といえばイタリアのカプリ島が有名ですが、クロアチアにも青の洞窟があります。場所はフヴァル島のすぐ近くビシェヴォ島(Biševo)。フヴァル港からツアーが出ていますが、スプリットからもツアーはあります。ペンションから同宿のスロベニア人夫妻の車に同乗させてもらって、フヴァル市へ出かけました。ペンションからは1時間の距離です。朝10時に到着して港を散策していたら、パラ [続きを読む]
  • クロアチアの島でバカンス
  • にほんブログ村スロベニアの人々は夏が近づくと、「夏休みはどこへ行くの?」と聞いてきます。どこへという質問の意味は、クロアチアのどこへという意味です。スロベニアの人々にとって、バカンスはクロアチアの島々で過ごすのが定番というか常識というか、それほどクロアチアは身近な存在で、結構多くの人がクロアチアに別荘を持っています。ということで、今回はクロアチアの島でのバカンス体験を。リュブリヤナからスプリットま [続きを読む]
  • ヨーロッパ最古の白馬牧場
  • にほんブログ村白馬を生産するリピツァ牧場エリザベス女王も訪問イタリアとスロベニア国境のすぐ近くにリピツァ牧場(Lipica Stud Farm)があります。この牧場は1580年創立のヨーロッパ最古の白馬生産牧場。オーストリア・ハプスブルグ家の白馬はここで生まれ育てられたという由緒ある牧場なのです。2008年10月にはイギリスのエリザベス女王も訪問されました。施設内には博物館、乗馬学校のほかホテル、 [続きを読む]
  • チェバプチチ料理レストラン
  • にほんブログ村炭火焼きチェバプチチスロベニア人が大好きなチェバプチチは、ひき肉をソーセージの形にして炭火でグリルしたもの。チェバプチチと生の玉ねぎとカイマックというサワークリームのようなものをボスニア風のパンにはさんで食べます。肉はビーフや豚やマトンなどが使用されますが、歯ごたえがプリっとして香ばしい。カイマックの代わりにアイバールという赤パプリカのペーストをつける場合もあります。バーベキューの時 [続きを読む]
  • 国立大学図書館
  • にほんブログ村プレチュニック設計の国立大学図書館ちょっとディープな観光スポット通常は非公開の国立大学図書館(National and University Library)が毎月1回公開されるので行ってみました。事前に予約すれば公開日以外でも説明つきで案内してくれるようです。三本橋から川沿いに南へ向かい、噴水のあるノビ広場(Novi Trg)を右折すると目の前にオレンジ色の図書館が見えてきます。オレンジ色のレンガと公爵宮殿の白い石窓は [続きを読む]
  • 最古の町プトゥイ(Ptuj)
  • にほんブログ村お城から見た旧市街とドラバ川カーニバルで有名プトゥイは歴史のある小さくてかわいい町。毎年2月のカーニバルでは「なまはげ」に似た衣装でのパレードが有名です。(2018年3月8日付けブログ「プトゥイのなまはげカーニバル」参照) 西暦69年には書物にこの町の名前が出ていて、スロベニア最古の町と言われています。場所はスロベニア東部、ハンガリーの国境までは30Kmほどです。旧市街と丘の上にはプ [続きを読む]
  • スロベニアという国
  • にほんブログ村スロベニアの場所スロベニアがあるのは東欧。周りをイタリア、オーストリア、ハンガリー、クロアチアに囲まれた国です。首都リュブリヤナからオーストリアのウイーンまで車で4時間、イタリアのベニスまで2時間半、クロアチアの首都ザグレブまで2時間、ハンガリーのブダペストまで4時間半という便利さ。短い海岸線ながらもアドリア海に面しています。豊かな自然 白い花はクリスマスローズ、紫はサフラン日本より [続きを読む]
  • 中世の日イベント
  • にほんブログ村市民有志が自前の衣装でリュブリヤナでは6月中旬頃の日曜日に「中世の日」イベントが行われます。市民の有志たちで自前の甲冑や衣装を持ち寄り、毎年パフォーマンスを披露しているのだそうです。リュブリヤナのイベントを知るには「Visit Ljubljana」というサイトのEventのページが便利です。https://www.visitljubljana.com/en/visitors/events/Today, This Week, Next Weekの項目でイベントがチェックできますの [続きを読む]
  • 温泉リゾート・モラウスケ(Moravske Toplice)
  • にほんブログ村ハンガリー国境まですぐ5つ星ホテル「リヴァダ(Livada)」4つ星、3つ星とホテルが連なっています1、2を争う温泉リゾートモラウスケ温泉(Moravske Toplice)はスロベニアで1、2を争う温泉リゾート。5つ星ホテルが1つ、4つ星が3つ、3つ星が1つあります。すぐ隣には大型のウオータースライダーのあるウオーターパークも。場所はスロベニアの東北の端っこ。ハンガリーはすぐそこで [続きを読む]
  • ワイナリー「シュチューレック(ŠČUREK)」
  • にほんブログ村ゴリシュカ・ブルダ地区のブドウ畑スロベニアワインの名産地スロベニアの北西の端。イタリア国境のすぐ近くに「シュチューレック(ŠČUREK)」という高級ワイナリーがあります。リュブリヤナからずっと西へ走って、トリエステの北でイタリアに入って、そこから北上してまたスロベニアに入るというルート。何とか2時間ほどで辿り着きました。http://www.scurek.com/www/index.php?lang=enこの地域はゴリシュカ・ブル [続きを読む]
  • 珍しい大使館
  • にほんブログ村リュブリヤナ大聖堂の南向いのマルタ騎士団大使館国旗は赤地に白の十字マルタ騎士団大使館リュブリヤナの珍しい大使館をご紹介します。観光ガイドブックには載っていない情報です。ある時、リュブリヤナ大聖堂の前を日本大使館の方と歩いていて、この旗知ってますか?と聞かれました。「ん?」。実はマルタ騎士団大使館なんですと教えてくれました。国旗はマルタ十字といって赤地を白の十字で抜いています。大使館の [続きを読む]
  • ヴェリカ・プラニーナ(Velika Planina)
  • にほんブログ村山道や放牧地を1時間以上歩く夏だけの牛飼いの村スロベニアの北東部、カムニック・アルプスの中腹に、夏だけ牛飼いが住む不思議な風景の放牧地があります。ヴェリカ・プラニーナ(VELIKA PLANINA)という名の村です。村まで道路はありますが、環境保護のためか一般客は車では行けません。一番近い駐車場からでも徒歩で1時間はかかります。山道を歩いたり、牧草地を登ったり。この日は誘ってくれた友人家族と実家の [続きを読む]
  • リュブリヤナのスイーツ
  • にほんブログ村リュブリヤナのスイーツの美味しそうなお店を選んでみました。スロベニア人や現地の日本人の皆さんに聞いたり、最後は自分の好みで順位を決めました。スイーツのお店の場所お店の名前とスイーツの種類Cukrček (ツックルチェック) チョコレートCacao   (カカオ)      ジェラート&ケーキ&カフェZvezda  (ズヴェズダ)    ケーキ&ジェラート&カフェDobnik  (ドブニ [続きを読む]
  • 巨大なショッピング・モール「BTC」
  • にほんブログ村広いBTCの敷地東京ディズニーランドより広いリュブリヤナ市の東部にBTCという名の巨大なショッピング・モールがあります。27番のバス「Letaliska行き」に乗れば、市の中心部から約15分で着きます。とにかく広い、こんなスケールの商業施設を日本で見たことがありません。リュブリヤナへ来たら一度は行ってみる価値があると思います。BTCの面積を地図から計算してみると約60万平方メートルになりまし [続きを読む]
  • ツェリエ(Celje)
  • にほんブログ村ツェリエ駅前とツェリエ・ホールツェリエ城第3の都市2010年にリュブリヤナに2か月間短期滞在した時、初めて訪れたのが第3の都市ツェリエ。その後、何度も訪れる機会があって、私にとって何となく懐かしい思いがするし、気に入っている町です。古代ローマ時代には「セレイア」と呼ばれて、古くから栄えていたようです。ツェリエ城は町を見下ろす山の上にあって、徒歩では大変なのでタクシーで行きました。お城 [続きを読む]
  • お花見
  • にほんブログ村300本の桜並木日本より1週間ほど遅いけど、毎年4月上旬にリュブリヤナでもお花見を楽しみます。動物園の近くのリュブリヤナ大学バイオ技術学部のキャンパスに桜並木があって、お花見にちょうどいいのです。参加するのはスロベニア人では日本文化好きな人や、リュブリヤナ大学日本語学科の生徒さんなど、それと日本人。多くても20〜30人ほどだから、場所取りの必要はないし、ゆったりと花見ができます。この [続きを読む]
  • ビレッジ・ライフ
  • にほんブログ村ボン・ファイアーボン・ファイア(Bonfire)5月1日と2日は祝日です。友人のお母さんからメーデーに遊びに来なさいと誘われて、友人の実家に出かけました。場所はリュブリヤナから車で東へ1時間ののどかな田園地帯。この実家には何度もお世話になっていて、この時は4度目の招待でした。メーデーは前日の夜のボンファイアー(Bonfire)というキャンプファイアーのようなイベントから始まります。昔、トルコ軍が攻 [続きを読む]
  • シュコフヤ・ロカ(Škofja Loka)
  • にほんブログ村シュコフヤ・ロカの旧市街、高い塔は聖ヤコブ教会市民広場(Mestni Trg)司教の町と呼ばれて街並みが美しいことで人気のあるシュコフヤ・ロカ(Škofja Loka)。スロベニアの中でも中世の建物がよく保存されている町として有名です。この町へ行くのは簡単。リュブリヤナ駅前のバスターミナルから路線バスに乗って、30分ほどでシュコフヤ・ロカのバスターミナルに到着します。バスを降りて橋を渡るともうそこは旧 [続きを読む]
  • ソチャ川(Soca River)
  • にほんブログ村ソチャ川と言えばスロベニアで最も美しい川として有名。ユリアンアルプスのトリグラウ山の西が源流で、イタリアのモンファルコーネ(Monfalcone)の近くでアドリア海に注いでいます。鮮やかなエメラルドブルーが本当にきれいです。コバリド(Kobarid)の街並み武器よさらばの舞台ソチャ川観光の拠点となるのはコバリドという小さな町。リュブリヤナから車で約2時間、イタリア国境まですぐのところ [続きを読む]
  • ノヴォ・メスト(Novo Mesto)
  • にほんブログ村写真:The urban municipality of Novo Mesto古い町?新しい町?リュブリヤナから南東へ車で1時間弱、ノヴォ・メストはクルカ川が大きくUの字に湾曲した場所にある美しい町です。ノヴォは新しい、メストは町で、新しい町という意味ですが、実は長い歴史があって、このあたりに最初の集落ができはじめたのは、紀元前10世紀ころとも言われています。市の人口は約2万3千人でスロベニア第7位、ドレンスカ地方の中 [続きを読む]