SMG社労士まっきー さん プロフィール

  •  
SMG社労士まっきーさん: 人事出身の社労士 SMGまっきーによる強い組織の作り方
ハンドル名SMG社労士まっきー さん
ブログタイトル人事出身の社労士 SMGまっきーによる強い組織の作り方
ブログURLhttps://ameblo.jp/makikoism/
サイト紹介文働くことを生きがいと感じる職場環境を日本中に広めたい。未来ある子供達のために。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 134日(平均7.3回/週) - 参加 2018/03/13 12:03

SMG社労士まっきー さんのブログ記事

  • ブログを見てくださっている皆様へ
  • ブログを見てくださっている読者の皆様、いつもありがとうございます。毎日更新することを目標にして、人事や社労士としてそして「人」として大切にしたいことを情報発信してきました。ブログを書くことで自分の気持ちが整理できたり、思ったことを素直に発信できる場は私にとって必要な場でした。そんなところから始めたブログでしたが、公式ハッシュタグランキングで一位をとることができるようになり、少しでも皆様のお力にな [続きを読む]
  • ステキな女性は素直に受け取る
  • 日本人でもレディーファーストという言葉が、定着している現代。男性がいくら紳士・ジェントルマンになったとしても、受け取る側の女性が遠慮して受け取らないケースがまだまだ日本の女性には多いと思います。遠慮すること、控えめにすることは、奥ゆかしくて日本の女性らしいですが、男性からのレディーファーストは、素直に受け取りましょう(^^)それがマナーです。しかし日本の女性らしさを少しだけ出すとしたら、車道を歩くよ [続きを読む]
  • 人は過去を繰り返すもの
  • 職歴が多くて転職回数が多いと、面接の際にマイナスになりがち。それは、今回も長続きしないんじゃないかと面接官に思われがちだからです。確かに、転職回数の多い人は、今回で履歴書出すのは最後!定年退職まで続けるぞ!と思って、毎回入社しているはずです。実は私もそうでした。今では随分とライフサイクルの変化によって、仕事を変わらないといけなくなる環境は少なくなったものの、結婚のときに辞めて、離婚した時にパート [続きを読む]
  • 幸せとは
  • 幸せとはどんな状況下でも自分で探すものたくさんの事情を抱えながら幸せを探すもの [続きを読む]
  • 人間の能力の発達と自己コントロール力
  • 今日は息子と一緒に映画を観に行った。まだ観ていない方のために内容はお伝えはしないけど、考えされられたし、泣いた。遺伝子研究や人工知能の研究がどんどん進み、人間が作り出したものなのに、人間がコントロールできない時代が来ようとしている。自己コントロールができない人間は、生きる目的を見つけることができず、欲にまみれる。クローン人間で死んだ人間が蘇ったり、寿命をコントロールしたり。神の領域に、人間が入り [続きを読む]
  • あなたが好きなモノ、ヒト、本当に好き?
  • 突然ですが質問。お金好きですか?大きな声では言えない人も多いかもしれないがだいたいの人は好きと答えるだろう。では次の質問。一万円札の縦の長さと横の長さ、知ってますか?ほとんどの人がわからないだろう。何が言いたいかというと…本当に本当に好きなものであれば、知っている。知ろうとする。一万円の例えは大げさだとしても、自分が好きだと言っているものに、好きだと思っている人に、当てはめてみよう。好きな人の好 [続きを読む]
  • 命と向き合う専門家②
  • https://ameblo.jp/makikoism/entry-12390772343.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=14553c71bb1941aabdacecc6e72c1874昨日のブログの続き心療内科が増える原因として、メンタルヘルス不調者の増加がある。そして、「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」世界の3大心理学者、アルフレッド・アドラー(アドラーは、個人心理学(アドラー心理学)を創始した人で、現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立)の有名な言葉がある [続きを読む]
  • 命と向き合う専門家①
  • 精神科や心療内科はどんどん増えていく。産婦人科はどんどん減っていく。国の政策とは真逆の減少が止まらない。うつ病だと正しく判断できる精神科医は、どれくらいいるのだろうか。バーンアウトとうつ病の違いを診断できる医師はどれだけいるだろうか。専門家だと言っても、本当に専門家なのかどうかを疑わないといけない今の時代。本物の専門家に出会うには、行動力と誰と出会うかである。引き寄せの法則で、自身がプロとして専 [続きを読む]
  • 経営理念だけでもだめ
  • 経営者が、理念浸透ばかり一生懸命やってもだめ。形のないものだからこそ、人と人を結びつける強い側面もあるが、離れるときは一瞬だ。形而下に落とし込む必要がある。形而下に落とし込むとは、徹底的に考え込まれた仕組みづくり。理念を形にした仕組みつくりが経営を強くする。理念浸透だけではだめ仕組みつくりだけでもだめ理念に沿った仕組みつくりも、結局のところ、何のために誰のためにの目的が軸となっている。SMGの頼りに [続きを読む]
  • 朝の出勤時の表情
  • 前職の人事時代には、一番に出勤し、みんなが出勤してくる顔を見るのが日課だった。悩んでいるのかな。疲れが取れてないのかな。なんかいいことあったのかな。とか、おはようございますの挨拶ひとつでいろんな表情や声のトーン、歩き方が毎日異なるものだ。次第に、歩いている足音で誰だかわかるときも 笑現在は…自分が事務所にいるときは、メンバーの顔を見る。 パートさんの中で、出勤時は顔が曇っている、というか、緊張した [続きを読む]
  • 士業は食えないって、ホント?!
  • 社労士の資格を取った時、都道府県社労士会に出た時、士業のコミュニティに参加した時、社労士として独立をしようとした時、いつでも先輩や周りから言われてきたのは、士業は食えない。 本当にそうだろうか?士業は食えないというその人の思考が、現実を作り出している。自分の発する言葉どおりになっていく。士業は食えないというのは、自利自欲の人。自分の人生はもちろん自分が主人公。しかし自利自欲の人は欲に支配され、本能 [続きを読む]
  • パレートの法則
  • 経営者として組織を活性化するには、パレートの法則。2割の優先事項を実行し、それ以外の8割を部下に任せる。自分の現在地とはまだほど遠い。しかし、決して2割を見失ってはいけない。何のために、誰のために、この命を使うと決めたのか。2割の中に、人生の目的、事業の目的がある。 [続きを読む]
  • 静かに黙々と
  • 心が乱れそうになる緊急度の高い仕事が増えていく優先順位が低めだったのが、時間が経ち、優先順位高めに上がってくる心臓がばくばくするけど、そういう時こそ、静かに波を立てない黙々と誰にも当たらず、ただ黙々と静かに無理に笑わなくてもいいし、感情的にならなくてもいいただただ黙々と心を静かに明けない夜はない [続きを読む]
  • 組織における3つの感動とは
  • ①個人の成長をみた瞬間一言だけアドバイスを言ってから、最初はたどたどしい感じだったけど、どんどんやっていくうちに成長していく。積極的な行動は、何かしらの成果がでるとわかり、本人のモチベーションもあがる。②チームであることの喜びを味わう瞬間個人の成長をその個人だけを褒めるのではなく、指導してきたチームメンバーへ、ありがとうを伝える。指導が実を結んでいることを知るほど、指導者としては嬉しいことはない [続きを読む]
  • 法律は守ることにフォーカスするのではなく…
  • 働き方改革法案が可決、成立に伴い、周りの中小企業の方々から、不安な声を聞きます。中小企業いじめだ!残業がすぐに減らせたら会社は回らない!人材不足を解消するのが先!たしかにそうですね。でも私はこう思います。守る、守らないにフォーカスするのではなく、今の法律、これから改定される法律を、いかに「使うか」を考えましょう。使うために法律はある。上手に活用するために、私たち専門家がいます(^^)恐れることはなに [続きを読む]
  • 過去の選択は最善だった
  • 誰がなんと言おうと、過去の選択は最善だった。誰も不幸になりたいとは思わない。少しでも幸せな選択をしようとするもの。だから、どんなにピンチな時でも、心が痛む出来事があっても、その時出した答えは最善である。堂々としていればいい。過去の自分があって今がある。全ての選択に自由があるように、選択の責任もある。選択した答えに後悔しない。選択したことを他責にしない。全て自分が源である。 [続きを読む]
  • 組織における考え方の統一は個性をつぶす?!
  • 理念から一貫した経営を目指し、全国の経営者とともに、企業訪問してきました。訪問したのは、株式会社沖縄電子 さん。遡ること昭和47年 沖縄帰還の年に、創業者であられる現社長のお父様が、モノのない沖縄の発展のため、沖縄電子を設立。以来、【沖縄の秋葉原】として世界中から人々が集まる会社を目指してきました。2代目にあたる現社長は、創業者の想いをさらに形にするべく、いろいろ取り組まれている企業でした。会社の理念 [続きを読む]
  • 信じ抜く
  • 相手によかれと思ってやったことでも、そのよかれと思ったことをする前に、相談してほしかったと思うことがある。身近で大切な人ほど、言ってほしかったと思うもの。しかしそれは自分視点での見え方。よかれと思ってやってくれたあなたの大事な人は、あなたの幸せを考えてやってくれたのだ。いつでも幸せにするために考えていてくれる。疑わず信じよう。真っすぐに綺麗な心で向き合っていれば、あなたを大事に思う人は、決してあ [続きを読む]
  • 資格試験の話
  • 菅原が税理士試験のことをブログで書いていたので、 ↓http://ameblo.jp/sannet/entry-12387303197.html?frm_src=favoritemail私も社労士試験のことを思い出してみた。 社労士を目指すと決めた時に、最初から2年と期限を自分で設けた。しかし1年目の受験は惨敗。子供と家を飛び出る、離婚調停始まる、パートからフルタイム勤務に変える、社労士試験を目指す、胆嚢摘出の手術する、すべてのことが一斉によーいドン!! 1年目は、 [続きを読む]
  • 私は見返りなんて求めてないですから!
  • ○○さんのことをすごく考えて、自分にできることをやったと思うのに!本気で○○さんのためになることを全部やってきたと思うのに!しかし結果は…裏切られる形となった。悲しみと消化しきれない思いの丈を私にぶつけてきた方がいた。私がその方に伝えたのは、『それを思った瞬間に、あなたはどこかで見返りを求めていたんだと思いますよ。本当に○○さんのことを考えるなら、なんでどうしてと考えることはしないですし、○○さ [続きを読む]
  • 笑い事じゃないハラスメントの話
  • 先日、ハラスメントのセミナーを行ったばかりですが、厚生労働省が、「平成29年度個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表しました。この調査は、都道府県労働局及び労働基準監督署に設置された総合労働相談コーナーに寄せられた民事上の個別労働紛争の相談件数 (計305,021件)について取りまとめたもの。これによれば、民事上の個別労働紛争の相談件数は以下のようになっています。いじめ・嫌がらせ 72,067件(102%)あいかわ [続きを読む]
  • 真実は結果の中にしかない〜キャプテン長谷部選手の言葉より〜
  • ポーランド戦残り10分間の日本の戦い方について、いろいろ物議を醸しているけど、彼らは何のために戦っているのか。目的は何か。日の丸を背負い、日本の代表として歴史に名を刻むこと。国民の夢と希望、勇気を与えること。彼らの活躍が子供たちの未来につながること。それ以外にも、いろんな想いを持って選手はプレーしているだろう。監督、選手、関係者がどんな目的を持って今回のW杯を戦っているのか。その目的から一貫性の通っ [続きを読む]
  • 全ては解釈だからこそどう解釈するかである
  • 幸せだと思うのも不幸だと思うのも楽しいと思うのも苦しいと思うのも満たされていると思うのも不足感を感じるのもすべては自分の解釈。自分がどう思うかだ。苦しい、しんどいという思考から、無理くりに幸せだと感じる思考にしようとすると頭と心、体が拒否反応を示す。そこでこれも解釈。拒否反応は成長の証と思うこと。自分が掲げる理想と現実のギャップが生じているから、苦しみとなる。理想があるということは、もっとよくな [続きを読む]
  • 女性のリーダーがいる会社はつよい組織!
  • あくまで私の経験によるものです。これから書くことは。女性社員の特徴として、自分が納得できないこと、マイナスを被ったこと、など、会社や職場の人への不満を、社内で発言することで、ストレス発散させる。しかしそのストレス発散方法は、派閥を作ってしまう原因となるだけでなく、職場環境の悪化となる。さらには女性社員同士のネットワークをなめてはいけない!!広まるのがとても早いからだ。ここで重要になるのが…①会社 [続きを読む]
  • あーやっぱり、と思わないようにする方法
  • 同じことを繰り返しそうだと感じた時に、まずは同じになるかも?と気づくこと。「このままいったら同じことになるな」これが行動変容を起こす大事なきっかけとなる。いつもと違う結果を求めるのであれば、気づいたあとは、いつもとる行動とは違う行動を選択する。違う行動を起こせば、結果も変わる。どんな結果を望んでいるのかわかっているのであれば、行動を変える!!自分と未来は変えられる。過去は変えられない。変えられな [続きを読む]