いんたん さん プロフィール

  •  
いんたんさん: 膵臓ガン4b 母を看取るまで
ハンドル名いんたん さん
ブログタイトル膵臓ガン4b 母を看取るまで
ブログURLhttps://ameblo.jp/taragogo-1245/
サイト紹介文あるきっかけで膵がんブログを拝見していましたが、母が膵臓ガン4bに。2年間の闘病生活を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 275日(平均1.3回/週) - 参加 2018/03/13 10:25

いんたん さんのブログ記事

  • 月命日
  • 一気にブログを書いた後は急に意気消沈。今日は月命日。後3ヶ月で一周忌。早いなあ。そんで明け方また変な夢見て。死んだはずの母が実は生きていて。でも病院に面会謝絶でガンの治療中という設定。火葬もしてお骨もなったのに!と妹とパニックに。何で会えないのとか。その病院を調べて電話しようとするけど、何回も番号を間違って打って。目が覚めました。何だか死んだ直後はあまり出てこなかったけど、最近よく見るなあ。でも死 [続きを読む]
  • S-1への変更
  • 1ヶ月も放置していたのに、急激な投稿の嵐。疲れてるからこそ、テンション上がってるようです。ようやく明日休みだー。仕事きつくて、終わってからガクンと母を思い落ち込む。。。季節のせいかな。。さて2クール追加でアブジェムやりましたが、腫瘍マーカーがCA19-9は190→360、CEAは2.8→4.8と動き始めました。4月の終わりくらいです。この頃から、診察を待つ私はピリピリし始めました。母はいつもと変わりませんが。ケモ受けれ [続きを読む]
  • 耐性が出来た
  • そんなこんなで4月までは前向きでした。ただ、2017年2月初旬のCTでは、ついにPD判定が出てしまいました。膵臓ガンは目に見えないくらいまで縮小。しかし肝転移の部分が増大していると。マーカーはまだ動きがあまりなかったものの、アブジェムに耐性が出来てしまったことは明らかでした。主治医は「後2クール様子を見よう。」と行ってくださり、治療続行になりました。母にはフォルフィリノックスは使えない事はわかっていたので、後はS-1し [続きを読む]
  • 思い出 ケモの日
  • 毎週火曜日はケモの日でした。スキップ無しなので、3週間連続で通っていました。8時半に受付して採血。採血室では常連なので和気あいあいと話をして。その後処置室で、看護師さんからのバイタルチェック。そして、九時開始の診察をイノッチを見ながら待つのです。そろそろかな?とか。その間にガン相談員の方が毎回母に声かけてくださり世間話。そして呼ばれて診察。1年以上血液検査も動かなかったから、「今日もできるね!」と [続きを読む]
  • 看とりまで辛かったこと
  • 絶対母が死ぬのはイヤ!と告知された時から思っていました。けれど2回目の余命宣告をされたときは、もう逃れることができないと腹を括ったと思います。食べれなくなったのは、本当に死の3日前。1週間前はしゃぶしゃぶ。チーズやおにぎり。バナナ。もう飲み込みが難しくなっていたけど、生きるために、食べていました。最後の方ではタバコも嗜んで。なので見ていて辛かったことは、母がもう自分の力で歩けなくなってしまったこと。 [続きを読む]
  • お母さんは特別だと思っていた
  • ガンが発覚したとき、何の症状もなく食欲旺盛だと言っていた母。偶然見つかったときはもう余命半年。膵臓ガンが難しいことはよくわかっていた。それでも大きな副作用もなく、スキップもせずアブジェムを1年以上できて、痛みも腹水も2年現れなかった。どこかで、母は助かるのかなとか、もしかしたら膵臓ガンとうまくやっていけるのではと淡い期待がよぎり始めました。けれど、膵臓ガンは甘くなかった。マーカーが万を越えても何も [続きを読む]
  • 膵臓がんの治療って本当に難しい
  • 25年以上前、友人の母が若くして膵臓ガンで亡くなられました。あのときも、確か半年位で亡くなられて、友人の間では「膵臓ガンだけはね。。」と恐れられた気がします。あれからあんなに経つのに、膵臓がんについては変わってない気がします。確かに、他のガンは初期なら手術すれば部位によって差はあるでしょうがほぼ完治が見込めます。けれど、膵臓ガンは初期などないと。主治医に言われた記憶があります。あんなに2?もない小さ [続きを読む]
  • 握れなかった手
  • 秋も深まり、母を亡くしてからもう8ヶ月経ちます。話がしたいなあ。ふと、在宅医療になってからの事思って。。あんなについ数週間前まで元気だった母が、日に日にできないことが多くなってく。介護ベッドで眠る母を、自分が普通に受け入れていたことが未だに信じられません。母がこんな姿になるなんて。見たくなかったし少しでも長く家で介護してあげられるって思っていたから。母も死を恐れてはいなかったけど、今まで元気だった [続きを読む]
  • 肝不全の時はケガに注意
  • 母が亡くなったのってやっぱり肝不全が大きな要因なのかなと思います。血液検査や、バイタルから心不全でもあり腎不全でもあり。。これが良く耳にする多臓器不全ですね。実際目の当たりにすると、その早さには心がついていけませんでした。肝不全になると血小板が極端に減ります。母はたった7日で30万位あったのが、5万くらいになりました。そうなることは知っていたので、とにかく不要なケガだけは注意していたのですが。。母は [続きを読む]
  • 介護のこと
  • 亡くなる前のこと書こうとするとめちゃくちゃメンタルが落ち込んでしまいます。でもやはり、記録だからと今下書きしています、週末にはアップしたいと思います。今日はふと介護ヘルパーさんの事を思い出して。訪問看護士さんも入浴看護の方たちも、母へのケア本当に良くやっていただきました。母も気持ち良さそうにしているときもあって。本当にありがとうございます。ただ訪問介護を取り入れたのですが、ちょっと上手くいかなく [続きを読む]
  • 亡くなるまでの数週間①
  • こんばんは。今思うと、本当に早い。これがすい臓癌なのかと恐ろしさを実感しました。もう一度辛くても、忘れないうち記録をしておこうと思い書きました。ここから先は辛い内容なので、ご理解くださる方のみお読み下さい。1/25 母とあそびにいく。帰りはタクシー使わないと息切れが辛いとのこと。これが母との最期の外出になった。この頃から、すぐに寝てしまう。眼が黄染されている気がするが、主治医はビリルビンはそこまで高 [続きを読む]
  • 緩和ケアに対する少し後悔
  • お久しぶりです。更新なかなかしていないのに読んでくださる方本当にありがとうございます。今日は緩和ケアをについて思うところがあり書こうと思います。私の近所は、高齢者が多いのでお世話になった訪問看護ステーションの車を毎日のように見かけます。その度胸が抉られます。そのステーションを選択したのは、病院からの紹介でした。母の病状が1日単位で悪くなったので選択する余地はありませんでした。看護師さん達はめちゃく [続きを読む]
  • もう半年。思い出したモルヒネ。
  • 母のオムツを代えてた事が遠い昔のようです。ようやく色々なことが一段落しました。はー。疲れた。過去闘病記書こう書こうと思ってもなかなか進まないです。思い出したくないだけかな。リアルタイムに書くこともずっと考えていましたが、抗がん剤が効かなくなってしまってもう腫瘍マーカーが下がる気配がなく、悪くなる母を記録するのがどうしてもできませんでした。実際は亡くなる3週間前まで、2年間普通に過ごして来ましたが。 [続きを読む]
  • 膵臓って言葉にアレルギー
  • こんばんは。このところまた体調不良で。しかも職場の先輩も辞めちゃうし、引越も考えていたりで、毎日しんどい日を過ごしています。でも生きていかなくちゃならないですね。本当に母が死ぬ前は、いなくなったら生きていけないって心の底から思っていました。色々諸問題もあったり、なにより、2年丸々一緒に闘って来たわけですから。でも人間って本当に不思議ですね。母を失うほど辛いものはないはずなのに、一喜一憂する自分がい [続きを読む]
  • フラッシュバックといろいろ
  • お久しぶりです。色々あってなかなか更新できず。。実は入院前日に、腎炎の病巣の扁桃腺が腫れてしまい41℃の熱がでて、検査入院キャンセルで10日間寝込んでいました。いやー人間って体調悪いと色々心も病んできますね。。一時的に蓋をしていた母の最期の瞬間が何度もフラッシュバックするんですよ。熱と苦しさでワケわかんなくなってきて。それだけでヘロヘロでしたね。これだけ医学が進歩しているのに何故膵臓ガンだけは。。と [続きを読む]
  • 過去闘病記 心がポッキリ折れた時
  • アブジェムを1年以上続けて、そしてマーカーが増え続けても元気だったから、セカンドラインを選択してそれでも全く効かなかったけど、それでももう少し時間を延ばせるのではと勝手に思っていた私。これだけ母が元気なのだから、きっとのらりくらりと過ごせていけるのでは?と勝手に思っていました。マーカーの数値も10000を超えても症状のでない母に対して奇跡を感じていました。けれど、先生に「余命2週間です。」と言われて看 [続きを読む]
  • 近況 来週入院
  • お久しぶりです。見てくださる方、ありがとうございます。実は仕事も忙しく更に私自身も、検査で来週から入院します。ガンではないのですが、生検することになり。。しかも今貧血酷くて、一日置きにフェジンを点滴しています。なのでなかなか更新する気力もなくて。慢性腎炎なんです。小さいときからずっと検診で引っ掛かっていて。検査してもわからずで、けれどここ最近蛋白尿が増えてしまい、腎生検に踏み切りました。結構、合 [続きを読む]
  • 魔法少女まどか☆マギカ
  • すみません。かなり落ち込んでいて更新もできず。。情けないです。ゆっくりゆっくり闘病記をアップさせて頂きますので、宜しくお願い致します。そんなわけで今すごく落ち込んでいるのと自分自身も検査入院が控えていて毎日大変です。そんな中、全く闘病と関係ない記事でごめんなさい。アニメが大好きな私は母の闘病中はアニメから遠ざかっていました。見ている余裕もなく。。最近眠れないので、妹が昔夢中になっていたアニメのBlu [続きを読む]
  • 死から目を背ける
  • すみません、新しく仕事も始まりなかなか更新できず。。というか落ち込みまくっているのが本音です。ここから先はネガティブなのでご容赦下さい。今の仕事は、もくもくとデータ入力の為のフォーマット作りなのですが、パソコンとずっとにらめっこでふとした瞬間に母のことばかり。亡くなった時以上にきています。精神的に。仏壇見るの辛いし、お供え物するのも辛い。母が通っていたときの病院の書類が目につくと涙がじわっと。あ [続きを読む]
  • 腹水のこと
  • お久しぶりです。ネット環境を整備していて、今テザリングで繋げていますがかなり重くて。ブログから離れていました。また、今まで在宅看護のため仕事辞めていましたが、そろそろ社会復帰をと思い来週から知り合いの会社で再出発です。有りがたい条件でしたので。。本当に人に支えられて生きています。なかなか過去のこと進みませんね。でも必ず書いていくつもりです。読んでくださる方、本当にありがとうございます。今日はふと [続きを読む]
  • 緩和ケアへの選択
  • こんにちは。すみません更新できず。。母の死が日が経つにつれてどんどん効いてきて。。また以前より闘病中だったブログの方の訃報、やはり堪えます。自分の悲しみがシンクロしてしまい。。ご冥福をお祈りいたします。緩和ケアを選択したか、そしてもっと標準治療終了後に何かできなかったか改めて考えさせられることがありましたので心を整理するために書きたいと思います。不快になられた方、また考えの相違などあるかもしれま [続きを読む]
  • 最期の瞬間ばかり。。
  • なかなか更新できずすみません。金曜日には四十九日なんですが、日に日に辛さが増してきて。人の死の瞬間を初めて、しかも自分の母で目の当たりにして。寝てると、あの瞬間がパッと浮かぶんですね。ここから先は辛い内容なので。。すみません、大丈夫な方だけお願い致します。本当に覚えていないんです。でも最期の瞬間ばかりが浮かぶんです。また別の記事に書きますが、母の死の瞬間、自分の声も体も固まってしまって。声もかけ [続きを読む]
  • 喪失感
  • こんばんは。すみません、闘病記がなかなか進まず。。それでも読んでくださる方ありがとうございます。母が亡くなってから1ヶ月以上経ちましたが。。今ごろひどく悲しいのです。1月下旬には二人で遊びに行ったなあとか。3月の頭までは生きていたのにとか。亡くなる3日前には美味しいものお腹イッパイ食べたいとかいってて。ご飯食べる夢を見たって、嬉しそうに話してくれていたのに。たった数日で、脳症起きて、訳がわかんなくな [続きを読む]
  • 過去闘病記 ERCP 内視鏡的逆行性胆道膵管造影
  • 2016年3月。PETCTを終えた母は翌日から検査入院となりました。ERCPを受けるためです。期間は2泊3日。何もなければ退院です。起こりうる合併症。膵炎ですが、頻度は少ないとの話でした。しかし色々調べている私は、何か嫌な予感が。高齢者はリスクが少し上がるらしいのです。主治医ではなく内視鏡センター長が担当です。検査方法を調べるだけで痛そう。。母はベッドのまま、検査室へ。キシロカインなどを使うそうです。看護師さん [続きを読む]
  • 初めての月命日
  • このところ忙しく更新をサボってしまいました。過去闘病記、頑張ってアップしますので宜しくお願い致します。昨日は、母が亡くなってから1ヶ月。。長かった。母が亡くなったことが遠い昔のようで。2ヶ月前まで普通に話して、買い物いってたのに。本当に本当に悲しくなります。母が闘病中に使ってた医療用の物は見るとキツいので処分しています。でも洋服や歯ブラシ捨てられません(>_母と行った近所のスーパーも号泣しそうで行け [続きを読む]