杏里 さん プロフィール

  •  
杏里さん: asidbのブログ
ハンドル名杏里 さん
ブログタイトルasidbのブログ
ブログURLhttps://asidb.muragon.com/
サイト紹介文健康は良いな (*^_^*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 126日(平均6.6回/週) - 参加 2018/03/14 11:01

杏里 さんのブログ記事

  • 耳の後ろの髪の毛に異変が!
  • 耳の後ろの髪がちぢれたら聴覚、平衡感覚に異常が起きているかもしれません。 耳の後ろに少し骨が出た部分があります。 生え際近くの髪がちぢれていたら、聴覚に異常が起きているよ・・と髪が訴えていると思って下さい。 円形脱毛症になりやすくなります。 例としてはヘッドホンステレオを、ヘッドホンを使いお仕事を使う人に見られます。 ★ アース美容研究所CM       https://youtu.be/Bzo_ [続きを読む]
  • 歩くのが・・原因は小脳?
  • 普通の生活をする上にも運動や動きの細部まで深いかかわりがあるし、生きていくために重要な役割を持っているのが小脳なのです。 小脳は、脳の後ろ側にあり、構造も大脳のそれと似ていて、小脳皮質と白質からなります。 小脳はその名が示すとおり大脳よりも小さいですが、大脳同様表面はしわが多く、その量は大脳よりも多く、細かいです。 どれくらい細かいかというと、しわをそれぞれ伸ばして広げたら小脳の方が大脳の2倍もの [続きを読む]
  • 温活法は熱中症対策にも関係してきます。
  • ストレッチやウォーキングなど、適度な運動。 仕事が忙しくて、運動している時間がないのだけど。という声が聞こえてきそうですが…。 やはり、温活においても運動は大切です。 しかし、日々のなかで、あえて運動の時間を取る必要はないのです。 取れるし、取りたいという方は、問題ないですが、家に帰ってからは、ゆっくりしたいという方が多いのではないでしょうか? 私もその1人です。 運動も、食事と一緒で、少しの心が [続きを読む]
  • 頭頂部から襟足にかけての異常毛は、腰・膝の痛みと関係する!
  • 頭頂部から襟足にかけての髪の異常は、腰、膝の痛みと関連する。 後頭部の中心、上下に伸びているのが背骨の異需を知らせる部位です。 背骨を圧縮したようなものだと考えて下さい。 背骨や腰、膝を痛めると、痛めた場所に相当する部分に、弾力のない毛髪、枝毛、切れ毛、ちぢれ毛などが起きます。 例としては足の部位を触ると相当する頭頂部へ ピーン 痛みのような刺激痛はしります。 と同時にその部位の髪もほかの部位の髪 [続きを読む]
  • 円形脱毛症と勘違いしがちな脱毛。
  • 丸く抜けたら円形脱毛症とは限りません。 トリコチロマニー(抜毛症)、男性型脱毛症、更年期脱毛症、牽引性脱毛症など、間違えやすい脱毛症があります。 ★ トリコチロマニー:抜毛症は、自分で髪の毛を引っ張って抜いてしまう病気です。手の届きやすい前頭部、側頭部から始まって、上や横に移動していきます。発症年齢は7〜8歳がもっとも多く、25歳くらいから見られるとも言われています。一種の癖とも言えますが、友達等 [続きを読む]
  • ギャンブルが髪に与える影響があるの?
  • ギャンブルは闘争本能を引き出します。 闘争本能は特に生命の中枢である脳を守ろうとするために、頭皮から大量の皮脂を分泌させます。 徹夜マージャンをした翌朝、顔が黒ずみ、顔をはじめ額から天頂部までベットリと脂汗が出ているのを経験した事があるかと思います。 これが闘争本能からくるアドレナリン作用による皮脂過多症で、これを続けると闘争本能が高ぶり、自律神経の疲労も極限に達します。 スレスの多い職場や受験生 [続きを読む]
  • 転んで頭を打った後に起こりえる慢性硬膜下血腫!
  • 夏のお出かけでの怪我から頭を強く打って、病院での検査で何も発見されなく、その後に起きてくる慢性硬膜下血腫の話の延長です。 慢性硬膜下血腫は、脳の外側に古い血がたまって、脳を圧迫する病気です。 圧迫が原因ですので、治療法もとってもシンプルです。血を抜くだけなんです。 たまった血を抜いてあげれば、脳の圧迫がとれて、症状がよくなります。 血をぬくだけで,麻痺や意識障害が劇的によくなることも少なくありませ [続きを読む]
  • 食による温活法も良いかもね!
  • 今日からでもはじめてみましょう! 食による温活法体を温める食品を食べる、飲むことです。 生野菜も、食物繊維や酵素がとれるため、体にいいのは確かです。 ですが、冷え性の方は注意してください。 よけいに体が冷えてしまう可能性があります。 そこで、冷えを感じる方に意識してとってほしい食材が、生姜や根菜類などです。 根菜類や生姜など、秋〜冬が旬の野菜は温め効果バツグンの食材なのです。 手に入りやすい野菜で [続きを読む]
  • 体温が35℃台の女性が増加している?
  • 貴女は大丈夫?冷えは万病のもと、体温が35℃台の女性が増加中?                 自分の基礎体温、把握していますか?現代人は、昔の人に比べ基礎体温が低い傾向にあるといわれています。 それは、クーラーやシャワー、冷たい食品など、現代社会の生活が影響していると考えられています。 特に、「自分は冷え性です。」と感じているのは、男性に比べ、女性の方が確実に多いようです。 女性が冷えやすい原因 [続きを読む]
  • 今日は七夕!!
  • 七夕の謂われを書いてみました。 今日は七夕、台風の影響で天の川を見られない地域がありますが七夕の謂われを書いてみました。 その昔、天の神様には、娘がいたというのです。 娘の名前は織姫といって、機織り(はたおり)が上手な働き者でした。 しかし ひとりぼっちだったので、神様は天の川の向こう岸にいる彦星と結婚することを許しました。 織姫も彦星も、最初はよく働きましたが、結婚させたら怠けてしまって、働かな [続きを読む]
  • 視力とは何でしょうか?
  • 筋肉の力は筋力、手を握る力は握力、足の力は脚力と言います。 そして眼の力は眼力というのが本来正しいのではないでしょうか。 でも、あえて視力というのには理由があるのかもしれません。 視力と似た言葉に、聴力があります。これも不思議ですよね。 耳の力なら、耳力にすればいいはずです。 そうしないのは、聴力は、耳だけの力じゃないからです。 例えるなら、耳という器官は単なる集音マイクのようなものです。 それを [続きを読む]
  • 髪の毛が異常毛になることで身体の危険信号を出している。
  • その人の髪を診ると、生活状態や体の弱い部分、悩みの有無・ときにはある程度の職業までわかります。 髪は、体の神経細胞と関連しています。 規則正しい生活をし、精神的にも安定していれば美しくつやのある髪を保っていられますが、反対に睡眠不足だったり、栄養失調だったりまた悩みを抱えていれば髪が細くなったり、ちぢれたり、抜けたりと、髪にも影響が出てきます。 手や足には体のツボが集まっているといわれており、昔か [続きを読む]
  • ゴルフに使える内転筋を鍛える!?
  • ゴルフに使える内転筋の鍛え方はどうするの? 内転筋を鍛えてゴルフを上達させる!? ゴルフに関してスイングと内転筋の関係が良く言われているそうですが、内転筋を意識し過ぎるとふんばってしまうそうですね。 踏ん張ったらダメなんかい!と言われそうですが、その通りです。踏ん張ったらダメだそうです。 踏ん張るだけで上半身は可動域の制限が生まれてしまうのです。 例えば、何も考えずに椅子から立ち上がるのと、下半身 [続きを読む]
  • 脳梗塞を発症してから身体の動きが悪くなってきた!
  • 脳梗塞を発症してしまって身体の動きが・・・! 脳梗塞を発症してしまったご婦人です。 身体の動きがだんだん損なわれてきてしまっているのです。 リハビリには通っているそうですが、動きが悪くなり体型の変化が著しく変化しています。 お部屋の中にはいろいろなリハビリにいいと言われている器具が置かれ、運動をしているご様子なのですが生活での動きがあまり芳しくないです。 髪の毛にもその変化がうかがえます。無理なく [続きを読む]
  • 子供の脳は叩いたり、揺さぶったりすると・・・!
  • 損傷しやすい子供の脳 子供の脳は頭部の打撲時、頭の中でどのようなことが起きているのか? 小児は脳が発達途上で軟らかく、頭蓋骨と脳との空隙も大人より大きいのが特徴です。 空隙は脳脊髄液という液体で満たされています。 分かりやすい例をとるなら、水を張ったお椀の中に豆腐を置いた状態と言えます。 この場合、お椀が頭蓋骨、豆腐は脳、水は脳脊髄液に相当します。 この例えでは頭部打撲時、豆腐はお椀の水の中で激し [続きを読む]
  • 女性の抜け毛
  • 円形脱毛、悪性脱毛、全頭脱毛、神経性脱毛、などで現代の脱毛の大半を占め、年齢・性別を問わず増え続けています。 これらの原因は複雑です。 放っておいて自然に治癒する軽度の円形脱毛もあれば、円形が全頭脱毛に発展する、悪性脱毛までいろいろです。 心しておかなければならないことに、病院での治療によっては起こりえる“薬害”によって脱毛症に拍車をかける場合があると言うことです。 薄毛、脱毛、ハゲを様々な角度か [続きを読む]
  • 内転筋とは?
  • 内転筋は先ほど述べたように、脚をクロスさせ、内側に閉じる時に作用します。 ということは、内転筋が弱くなると、脚を閉じる力が弱くなってしまいます。 ここが上手に働かないことが原因でO脚になってしまう方もいるくらいなので、内転筋の役割は骨盤の安定だけでなく、股関節の安定にも関わってきますね。 また、もちろんここの筋肉の弱りだけではありませんが、血液やリンパの流れが悪くなる可能性も出てきます。 血液のリ [続きを読む]
  • 足の臭いは気になりませんか?
  • 足の臭い退治には何に? 足のイヤな臭いはほんとうに靴やブーツを脱いだ時によく気になって悩みますよね! その場しのぎの方法で対応する事も出来ますが、やはりきちんと臭いを消して治していくには毎日のケアが大切です。 急な対応にその為には正しい洗い方で足を洗って行く事が大切だと思います。 今まで洗っているつもりが綺麗に角質を落していないかもしれないので参考にしてみてください。 手は毎日しっかりと除菌殺菌で [続きを読む]
  • 頭皮の炎症は夏には気を付けないと!!
  • 頭皮の炎症を改善するには? グリチルリチン酸ジカリウム(炎症改善成分) 抗炎症・抗アレルギー作用の働きで、頭皮炎症を改善し、フケ・カユミを防ぎます。 また、皮膚が外部から刺激を受け、炎症を起こすのを抑えます。頭皮の炎症まで抑えます。 AC−11(DNA修復成分) 傷んだ頭皮をDNAレベルで修復します。 このトリプル効果でニオイの発生をシャットアウト頭皮の悩み完全解消! 頭皮が硬くなってしまうと血行 [続きを読む]
  • ご自分の異常毛のチェックは?
  • 異常毛のチェックポイント  髪の異常というけれど、何が異常か分からないという方のためのチェックポイント。 ① やわらかくなった、かたくなった、きしむ、切れ毛・枝毛になったなど、毛質に変化はないか? ② 赤茶け髪(乾燥毛)や、白髪はないか? ③ 異常脱毛(シャンプーの時よりも、朝起きたときに枕元に髪が多く落ちている場合)、ちぢれ毛はないか? ④ 異常があった場合がどの部位か? ⑤ 頭皮が何時もより赤 [続きを読む]
  • 肥満を解消するには・・・?
  • 肥満を解消することって? 総カロリーを制限する、偏食を避け、多品目を少量ずつ、ゆっくり噛んで、食べることが大切ですね。 アルコール飲料を控えること、一気のみしない、たくさん飲まない、休肝日を設ける、ビールばかりにしないことに気を付けましょう。 積極的に水分を摂取すること、季節を問わず尿が一日2リットル以上になるようにすることが理想ですが、少なくとも毎日2リットル以上の水分をとること。 軽い運動をす [続きを読む]
  • これから困る頭皮の臭いは!
  • 消臭メカリズムとは? 頭皮のニオイの原因物質はひとつではありません! 頭皮悪臭原因その1に『汗』発汗した皮膚は塩分や重炭酸イオンによりアルカリ性に傾きます。 肌は酸性度が弱まると雑菌の繁殖が助長され、汗臭さを強める原因となります。 頭皮悪臭原因その2に『タバコ』タバコは、汗やワキガの原因であるアポクリン腺の活動を活発にする他、血液中の酸素飽和度の低下により乳酸が産出され、汗腺の中にアンモニアなどの [続きを読む]