hfullife さん プロフィール

  •  
hfullifeさん: 日銀の仕組み
ハンドル名hfullife さん
ブログタイトル日銀の仕組み
ブログURLhttps://jpbank.muragon.com/
サイト紹介文日本の中央銀行である日銀のことについて
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 34日(平均1.6回/週) - 参加 2018/03/14 13:52

hfullife さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 黒田日銀2期目
  • 日銀は13日、2020年度の物価上昇率の見通しを、消費税増税の影響を除いて前年度比2%前後とする方向で調整に入ったようです。 26,27日に開く金融政策決定会合後に公表する最新の経済・物価情勢の展望に盛り込むようで、内外経済の堅調持続などを背景に、物価の上昇基調が続くとの見方を維持するようです。 2018年4月9日から、日本銀行の黒田東彦総裁の2期目がスタートしており、再任後の記者会見では、2%の [続きを読む]
  • 金融政策の目的
  • 日銀の金融政策決定会合での決定に基づいて行われる金融政策の目的は、物価の安定で、この金融政策を決定するのが、政策委員会の最も重要な仕事のひとつとなっていて、この政策委員会は9名のメンバーによる合議制の委員会となっています。 そのメンバー構成は、総裁1名、副総裁2名と審議委員の6名の9名となっていて、金融政策は多数決によって決定されています。 この金融政策決定会合は、1日〜2日の日程で行われ、この会 [続きを読む]
  • 金融政策とは
  • 日銀にとって、通貨価値の安定や金融システムの安定が大きな目的であり、そのためには金融政策が必要です。 中央銀行というのは、発券銀行として通貨を供給できることに加えて、銀行の銀行として民間銀行との資金のやり取りを行うことが出来ます。 ですので、日銀にとって自ら発行する通貨の信用を安定、維持することと同じく、安定した経済活動を支えるということが重要なことになってきます。 通貨価値の安定をはかるというこ [続きを読む]
  • 日銀総裁の決め方
  • 日銀総裁人事は国会同意人事となっていて、政府から人事案が衆参両院の議院運営委員理事会に提出され、衆参両院の議院運営委員会で総裁候補からの所信聴取のあと、衆参両院の本会議で採決されます。 日銀法第23条にも「総裁及び副総裁は、両議院の同意を得て、内閣が任命する」となっています。 上記のような流れとなっていますから、衆参両院での賛成が必要ですから、どちらか一方でも反対ということになれば、政府が任命する [続きを読む]
  • 日銀総裁の仕事
  • 日銀総裁は、日銀の最高責任者であり、物価の安定、日本経済を支えるという重要な枠割があります。 最も重要なもののひとつとしては、金融政策の決定というものがあります。 とはいえ、これは日銀総裁だけで決定できるものではなく、金融政策の決定は合議制となっていて、日銀総裁と言えども、他の制作委員と同じ1票しかもっていません。 しかし、日銀総裁は最終的に議長として制作委員の意見を取りまとめることになります。 [続きを読む]
  • 政府の金庫番
  • 日本政府は日銀に当座預金口座を持っており、この口座を通じ、制菌の収納や公共事業や年金の支払い、国債に関する入出金などの国の様々な資金の受払いに関する業務を行っています。 この政府の当座預金口座にある国の資金は政府預金として預けられていて、この国の資金のことを国庫金と呼んでいます。 とはいえ、この国庫金は、国に関わるすべての入出金に関わっていて、取引の種類や件数があまりに膨大となっているため、国庫金 [続きを読む]
  • 銀行の銀行
  • 日銀は民間の銀行などの預金を当座預金口座で預かり、この口座を使って預金・貸付の取引や債券・手形の売買に関する決済を行っています。 私達が民間銀行にお金を預けるように、民間銀行は日銀にお金を預けているわけですね。 ちなみに、都市銀行・地方銀行協会加盟行・第二地方銀行協会加盟行・信託銀行・外国銀行在日支店・信用金庫(預金残高1,600億円超の信用銀行のみ)・農林中央公庫などの金融機関は受け入れている預 [続きを読む]
  • 日銀は発券銀行
  • 日本銀行法第1条には、以下のように書かれています。 第1条  日本銀行は、我が国の中央銀行として、銀行券を発行するとともに、通貨及び金融の調節を行うことを目的とする。 2 日本銀行は、前項に規定するもののほか、銀行その他の金融機関の間で行われる資金決済の円滑の確保を図り、もって信用秩序の維持に資することを目的とする。 日銀には、日銀券という紙幣を発行するという重要な働きがあり、この発行する紙幣に対 [続きを読む]
  • 過去の記事 …