ボイストレーナー さん プロフィール

  •  
ボイストレーナーさん: 『腹式呼吸だからって、お腹に空気は入りません!』
ハンドル名ボイストレーナー さん
ブログタイトル『腹式呼吸だからって、お腹に空気は入りません!』
ブログURLhttp://www.prapass.xyz/
サイト紹介文テレビ出演のボイストレーナーが ミックスボイス、ビブラートを簡単にする! プロ歌手診断も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 66日(平均3.1回/週) - 参加 2018/03/15 10:01

ボイストレーナー さんのブログ記事

  • 西城秀樹さんのように歌ってほしい
  • とても残念なニュースです。西城秀樹さんが亡くなってしまいました。TVでたくさん流れている昔の映像を見て驚かれている方も多いかもしれませんがとんでもなく歌上手いんです、秀樹さん。歌手だから当たり前だろ…という方もいると思いますがそのプロの世界の中でもずば抜けて上手いと言ってよいと思います。特に、高音の伸びと太さ。これは本当に素晴らしかったです。最近では口先のテクニックばかり上手くなって「上手風」に歌う [続きを読む]
  • 正しい耳を持ちましょう!
  • 料理でも、しっかり味を感じられる正しい味覚の舌が必要なように音楽でも、良質なものを聴き分ける正しい耳が必要です。とは言っても、決して難しい話ではなく音楽をしっかり聴く!ということを意識してしてあげれば良いのです。電車の中で音楽を聴いている人はたくさんいますがスマホを見ながら…漫画を読みながら…ゲームをやりながら…と何かのついでに聴いている人がほとんど。これでは良質なものを聴き分けるのは難しいです。 [続きを読む]
  • 正しい耳を持ちましょう!
  • 料理でも、しっかり味を感じられる正しい味覚の舌が必要なように音楽でも、良質なものを聴き分ける正しい耳が必要です。とは言っても、決して難しい話ではなく音楽をしっかり聴く!ということを意識してしてあげれば良いのです。電車の中で音楽を聴いている人はたくさんいますがスマホを見ながら…漫画を読みながら…ゲームをやりながら…と何かのついでに聴いている人がほとんど。これでは良質なものを聴き分けるのは難しいです。 [続きを読む]
  • 高音は力を抜いて!は半分ほんとで半分嘘。
  • 「高音では力を抜いて〜」というボイストレーナーが結構いますが少し言葉足らずだと思います。力を抜くのは【上半身】逆に【下半身】では高い音を出すときに踏ん張る力が必要です。具体的にはおしりを締める。そこさえしっかりできていれば高音は出やすくなるはずなのです。漠然と力を抜こうとしてしっかりした高音が出なかった方。ぜひ上半身の力を抜いて、おしりを締めることを試してみてください! [続きを読む]
  • 自分が音痴だと思っている方へ。
  • あなたは音痴ではありません!なぜなら「音が違っているかも…」と意識ができているから。私は20年弱、ボイストレーナーをさせていただきておりますが自分から「私音痴なんです」という方で、本当に音痴だったという例は0です。逆に今まで2名だけ一般的に言う[音痴]という方に出会いましたがその方達はどちらも、音がずれていることに気づいていおりません。[音痴]とはそういうものです。また、生徒さんでたまに[音痴]=[歌ってい [続きを読む]
  • 高音が出ない理由。
  • 高音が出ない人の多くの場合は、出し方がどう…とかではなく単純に空気が足りてないと言えます。当たり前のことですが声は空気が吸えていないと出ません。大きく出すならよりたくさん。そして音の大きさと高さは基本的に比例します。遠くの誰かを呼ぶ時には声は大きく出す分、音も高くなり、ひそひそ声で話す時には小さく出すため音は低くなるものです。それであれば歌に出てくる高音はたくさんの声がどうしても必要。まずは難しい [続きを読む]
  • 歌は習えば絶対上手くなる!
  • 生徒さんで「習ったら上手くなりますか?」と質問して来られる方本当に多いです☆答えはもちろん「YES!!!」習えば絶対に上手くなります!!ただ、生徒さんによってこの【上手くなる】という感覚に違いがあります。・音痴を治す・カラオケでちょっと自慢できる・プロを目指すなど。ぜひ私たちインストラクターにどんなイメージかをぜひ教えてください!そこさえしっかりしていればあなたの歌は必ず上手くなります!! [続きを読む]
  • 【勝手にボーカル診断】『関ジャニ∞・渋谷すばる編』
  • 声量・・・★★★★☆音程・・・★★★★☆リズム・・★★★★☆音域・・・★★★★☆表現力・・★★★★★25点中21点一言で言えば『色気のある歌声』である。音程やリズムが完璧に歌えることを、上手いと表現することもあるがプロである場合はそこに色気という要素がないと厳しい。彼の場合は、その色気が非常に強い。ビブラートに関して言えば、一般的には少し大げさな面もあるがそれこそが色気の大きな要因のひとつになっている [続きを読む]
  • 【勝手にボーカル診断】3/23МステSP『西野カナ』編
  • 「もしも運命の人がいるのなら」三重高校ダンス部とのコラボ。正直、とても歌いにくかったと思う。ボーカリストとは繊細なもので湿度や空調、伴奏や自分の声の聞こえ方によって歌に影響が出てしまうことが多々ある。それが、すぐ後ろで高校生たちが全力で踊っている状況であれば普段の集中力を持って歌うことがかなり難しかったはずだ。もちろん、高校生たちが悪いわけではなく番組の企画であればしょうがない。いつもの歌唱よりも [続きを読む]
  • 【勝手にボーカル診断】3/23МステSP『石橋陽彩』編
  • 「リメンバー・ミー」オーディションを勝ち抜いた13歳の少年の歌声に、本当に驚いた。終始曇りのない非常にクリアな声質。Aメロの低音はかなりの低さだが安定感のある着地をして見せる。それでいて、ラストの「リメンバー・ミー」へ駆け上がっていくメロディではまったく無駄な力が入らないラクな状態のまま女性のようなきれいな高音を響かせる。そして最後の「ミー」のロングトーンからビブラートへの非常にスムーズな移行。さら [続きを読む]
  • 【勝手にボーカル診断】『いきものがかり・吉岡聖恵』編
  • 声量・・・★★★★☆音程・・・★★★★★リズム・・★★★★☆音域・・・★★★★☆表現力・・★★★★☆25点中21点一言で言えば、素の上手さだ。プロとなれば商品として声の特徴や歌い方のクセなどどこか色濃いものを売りにして個性を出すことが多い。例えばカバー曲を歌ったとしてもその歌い手独自の歌い回しを使い言わば自分のフィールドに持ち込んで歌いこなす方が断然楽だ。もちろんそれはインチキでもなんでもなく調味料や [続きを読む]
  • 【勝手にボーカル診断】『backnumber 清水 依与吏』編
  • 声量・・・★★★★☆音程・・・★★★★☆リズム・・★★★★☆音域・・・★★★★☆表現力・・★★★★☆25点中20点聞いていると簡単に歌えそうなのに実際に歌ってみると歌えない…というのが彼の歌だ。逆に言えば、とても難しいことを平然とやってのけてしまっている。特に特徴的なのは歌の中での地声と裏声の切り替えがとても多いこと。最近では珍しいことではないが、テクニックとしては難しい。実際に、レッスンでそこを習い [続きを読む]
  • 【勝手にボーカル診断】『May J.』編
  • 声量・・・★★★★☆音程・・・★★★★★リズム・・★★★★☆音域・・・★★★★☆表現力・・★★★★★25点中22点歌いまわしの技術、ビブラートの安定感、フェイクのクオリティ。どれも非常に高いレベルで、上手な歌い手であることは間違いない。カラオケ採点で高得点が出ることも頷ける。ただ、世間的には大きな支持を得られているとは言い難い。実際にレッスンで生徒さんが「これを歌いたい」と持っていくる曲の中に彼女の歌 [続きを読む]
  • 【勝手にボーカル診断】『松任谷由実』編
  • 声量・・・★★☆☆☆音程・・・★★★☆☆リズム・・★★★☆☆音域・・・★★☆☆☆表現力・・★★★★★25点中15点上記の星の数を見て、ファンの方は怒りを覚えるかもしれない。しかしながら、私は決して松任谷由実、通称ユーミンのことを悪く言おうとしているわけでは決してない。たしかに実際のところ、声量・音程・リズム・音域が特別他の歌手よりも抜けているか…と言われればそうではない。ただ、にも関わらずこれだけたく [続きを読む]
  • 【勝手にボーカル診断】『中居正広』編
  • 声量・・・★★☆☆☆音程・・・★★★☆☆リズム・・★★★★☆音域・・・★☆☆☆☆表現力・・★★☆☆☆25点中12点まず、なんで中居正広…と思われる方が多いかもしれないが私は皆さんが思っているほど彼を下手だとは思っていない。もちろん、現状では「上手い」とは言えないがもしもレッスン生徒として来たとすれば上手くなるまでに時間がかからないタイプだと言える。まず声の出し方。彼のように、司会やMCという立場で仕事をす [続きを読む]
  • 【勝手にボーカル診断】『Superfly』編
  • 声量・・・★★★★★音程・・・★★★★★リズム・・★★★★☆音域・・・★★★★★表現力・・★★★★☆25点中23点153cmという小さな身体の底からマグマのような勢いで湧き上がってくる迫力ある音がこの人の最大の魅力。ただ聞いている、または見ているだけにもかかわらずこちらが爽快感を味わえる歌い手というのはプロの中でも非常に稀。また、ロック色の濃い曲と柔らかいバラード曲の歌い回しの変化も絶妙。歌詞の伝え方も、 [続きを読む]
  • 【勝手にボーカル診断】『ONE OK ROCK・Taka』編
  • 声量・・・★★★★★音程・・・★★★★★リズム・・★★★★★音域・・・★★★★★表現力・・★★★★★25点中25点もう、どこを切り取っても聞いていて笑ってしまうほどの上手さ。完璧と言ってしまっても良いと思う。父、母ともにプロの歌手という血はこんなにも凄いものを生み出すのか…と驚くばかり。特に素晴らしいのは高音域。そもそも、男性キーの高音限界平均はラ(A)。そこから、ラ#(A#)=シ♭(B♭)、シ(B)と半音ずつ上が [続きを読む]
  • 言葉には元々メロディがある!
  • 生徒さんの中で「この曲歌いにくいんです…」と持ってくる曲。歌詞のせいだったりすることが多々あります。例えば・・・。コンニチハ。という言葉を発音するとコン。が音程高めでニチハ。が同じ音。スマートフォン。という言葉を発音するとマート。が高くてフォン。で下がる。そんな感じになると思います。それが、歌のメロディーと大まか同じように動くととても歌いやすくなり、逆の動きをすると歌いにくい…となります。なので、 [続きを読む]
  • 洋楽は歌詞を見てはいけない!
  • 歌の基本はメロディです。歌詞は二の次で良いと思っております。もちろん、歌詞は歌わなければいけないですがしっかり発音しなければいけないことで、出にくくなる音がかなりあります。濁点、ん、高音のウ行…など。ましてや日本人が歌う洋楽となると歌詞への意識がどうしても強くなってしまう。もっと言えば、歌詞を追うだけで精一杯になってしまうのです。洋楽をうまく歌うためには①まずはメロディをとにかく聞く。②覚えてきた [続きを読む]
  • カラオケでの、マイクの正しい役割。
  • カラオケで歌うときには当然マイクを使うことになると思いますが「マイクがあるとラクに歌える」というのは間違いです!マイクというのは、声を大きくする道具ではなく声を遠くへ届かす道具なのです。ですので、マイクがあろうがなかろうが歌い方は全く変わりません。そもそも、カラオケボックスの部屋というのは基本的に狭い部屋が多いです。その中でマイクを使って歌うということは部屋の中でバイクに乗るような感じで実はとても [続きを読む]
  • その10 リズム感を良くしたければ、1拍目を知るべし
  • リズム感というのはどのように鍛えたらよいのでしょう。よく聞かれる質問ですが正直なところそう簡単につくものではありません。ただ、うまく乗っているように歌うことは、そんなに難しくなくできます。意識は1拍目です。小学校や中学校で合唱コンクールを経験している方がほとんどだと思います。クラスから一人、指揮者で選ばれた子が4拍子を取るとき、上下に1回、そこから三角形を描く1、2、3、4は記憶にあると思います。それを [続きを読む]
  • その9 通る声にしたければ、遠くを意識するべし
  • 歌が上手い人の要素というものはたくさんありますが、非常に耳に馴染みの良い通る声というものが出せるようになると、歌っていてもとても気持ちの良いものです。最近では、いきものがかりのボーカル吉岡聖恵さんや、秦基博さんの高音などはとてもきれいに抜けている歌声です。どう出すのか。これは皆さんの想像力を使うことでかなり効果が期待できます。例えば電話ボックスの中で歌う時と、東京ドームのど真ん中で歌う時では自然と [続きを読む]
  • その8 ピッチを安定させたいなら、前歯を見せるべし
  • ピッチという言葉をご存知でしょうか。音程のもっと細かい音程のことです。長さに例えると、音程=センチ・ピッチ=ミリという感じです。このピッチというもの、プロの現場でもよく出てきます。そして大抵は、「ピッチが甘い、低い」という使われ方をします。私が教えさせていただいてきた生徒さんたちも例外ではありません。音が高くなればなるほど、ピッチが低くなる傾向があります。同じ音を伸ばしていると、徐々に下がってくる [続きを読む]